ベタな父親・母親キャラの法則

提供:chakuwiki

共通の法則[編集 | ソースを編集]

  1. 稀に名前が無い。
    • 「○○の母」「○○の父」「パパ」「ママ」。
      • 一部「○○の父ちゃん」「○○の母ちゃん」もいる(ジャイアンとか)。
        • 「親父」「お袋」もある。
    • 「kiss×sis」では、圭太の両親が夕月(圭太の担任)との初対面の際に「圭太の父です」「母です」「名前はありません」と自己紹介している。
  2. 一緒に暮らしていないか或いは既に他界している事も多い。
    • 近年は両親とも「海外赴任中」「長期出張中」で登場しないというケースがやたら多い。
  3. さほどキャラが重要視されない場合、声のみだったり顔が映らなかったりする。
  4. 父親と母親の性格が一致しないことが多い。
    • それでいて夫婦生活が長い。
    • どんなに泥沼化していても家族への愛は深く、離婚までするようなことはない。
    • 藤子・F・不二雄作品では大抵はかかあ天下。
      • 母親は口うるさく、息子の出来の悪さに辛辣しているが、時には心配したり可愛がっている一面もある。
      • 父親は温厚だがどこか頼りない。息子に甘いが自分にも甘い。
        • それが遺伝して息子の出来が悪くなる。
    • 昭和期のドラマでは亭主関白であることが多い。
    • そもそも父親か母親の独裁政権である。
  5. アニメだと大物声優がキャスティングされる傾向がある(重要キャラでなくても)。

父親キャラの法則[編集 | ソースを編集]

  1. 威厳があるか存在感がないかのどちらか。
    • 威厳はあるのだが、どこか抜けている場合が多い。母親キャラの方がしっかりしている。
      • 子供には厳しいが妻や孫には弱い傾向がある。
        • 自分には甘い。
          • それを妻子から弱みを握られていることもある。
      • いずれにせよ妻子からは煙たがれている。
        • そもそも、尊敬されていない。
          • 特に中高生の娘と相性が悪いが、大人になると見直し、陰では尊敬している。
            • 中高生の娘との衝突が絶えない。
            • そういう父親に限って中高生の娘に何かと付けて干渉したがる。
              • 干渉するかだらしないかで真っ二つ。
    • 母が最強キャラであることを指し示すための対比キャラになっていることも。
      • 父親だって最強キャラは母親ほどではないが、前者のタイプでたまにいる。
        • 最強キャラぶっているが、陰で愛しているか尻に敷かれているかで真っ二つ。
    • そもそも、長期連載作品であっても紹介が皆無という事例もある。それが亡くなっていようと健在であろうと。
    • 父子家庭だと厳しい傾向がある。でも根は優しい。
    • CMでは後者のようなキャラはあまり見ない。なぜか家族愛のあるキャラが多い。
    • 昭和の頃は前者のタイプが多い。
      • 亭主関白で父親の言うことは絶対服従。
      • 気に入らなことがあるとちゃぶ台を投げる。
  2. 普段何をしているのか(どんな仕事をしているのか)分からない。
    • 作者に聞いても「サラリーマン」とか適当。
      • 非常に稀だが「無職」の人もいる。
      • 職業を特定していないこともある。
  3. バトルものだと敵として立ちはだかることもある。
    • スポーツものだと敵チームの監督として登場する。
    • 恋愛ものの結婚を阻む敵として立ちはだかることもある。
      • その場合、日本刀、猟銃など物騒なオプションが付くことも。
    • 格闘技の師匠であり、倒すべき最強の敵
      • 子供はリスペクトするか憎悪するか両極端。
        • 後者はたいてい母親がらみ。
        • 後者では虐待以上の訓練を強いたことが原因ということも。
        • 後者では中高生の娘に多い。
    • トーナメントのイベントだと決勝進出最後の難関として準決勝で当たることが多い。
  4. 新聞を読んでいるのがお約束。
    • 禁煙しようとして失敗するのも日常茶飯事。
  5. ゲンドウは別。
    • あのオッサンは他人から見ればただの怖い人だよ・・・。
      • 育成計画でネタにされていたような…
    • そもそも本編では余り父親的側面は見れないはずだったような…
  6. 時たま回想する。
    • 昔は…だったんだ、が口癖。
    • 尊敬しているか否かで回想のエピソードが180度違う。
  7. 息子と下らない理由で喧嘩し、妻(母)に仲裁される。
    • 1.の前者のタイプに多い。後者のタイプだと温厚な良き理解者であることも少なくはないが、力関係では妻(母親)に敵わないほど頼りない。
      • そもそも人間性が頑固である。
      • 父親にとって面白くないことがあると息子に八つ当たりが理由。
        • そして息子が逆ギレし、親子喧嘩になる。
        • 思い通りにならないことがあると父親が息子を投げ飛ばすこともある。時にはちゃぶ台まで投げ飛ばすことも。
    • たまに妻が頭を冷やす目的で水をかけて「いい加減にしなさいよ!」と一喝することもある。
      • 仲裁で収まらない時の最後の手段として使われる。
    • むしろ中高生の娘との衝突が絶えない。
    • 昭和期のドラマに多い。
      • 昭和期は父親と息子、現代では父親と娘が衝突することが多い。
    • 失敗すると父親に投げ飛ばされる。
  8. 主人公が幼い頃(10年以上前)、敵組織に洗脳されて悪の幹部になった。
    • 偽名と仮面で正体を隠す
    • 母親や親戚は、主人公に「父は事故死or敵に殺された」と教え込んでいる。
      • 実は本当に死にかけて、サイボーグとして復活することも。
    • 主人公と同じような能力を持っている。そして主人公より強力。
      • 軽くあしらうが、とどめは刺さない。
    • 作品(特にストーリーに分岐があるゲーム)によっては、ストーリー進行によってそれを知られず死亡するという展開もある。
  9. 実は宇宙人だったり異世界人だったり。
    • 母親が普通の人間だと、当然だがハーフということに。
    • 子供に特殊能力が遺伝する。
  10. 巨大ロボットをつくるが、敵に攻撃されて命を落とす。その際、そのロボットは主人公に託す。
    • もしくは祖父がつくったロボットを改良したり、二号機をつくってくれる。
  11. 作中のどんなキャラより強いトランプにおけるジョーカー的な立ち位置の父親もいる。
  12. 家事ができない。というか家族をほったらかしにする。
    • 休日は寝てるか、パチンコに行く。
      • ゴルフもね。
        • 家族より接待を優先する。
          • それが元で妻から「家族と接待どっちが大事なの?」と言われることも。
    • しかし、例外で家でも完璧に家事をこなし、休日は子供と遊ぶ父親もいる。
    • 家族愛があるか自己中かで真っ二つ。
  13. トイレの時間が長い。
    • トイレの中では新聞を読んでいることが多い。
    • 入られてしまうと娘に「早くしてよね!」と憤慨される。
  14. CMだと父親がなぜか動物だったりする。
    • 母親はもとより、子供は何故か普通の人間。
  15. 単身赴任していることもあるが、子供にとっては天国か地獄かで両極端。

母親キャラの法則[編集 | ソースを編集]

  1. とにかく口うるさい。
    • 朝に叩き起されるシーンはお約束。
    • 子供の0点のテストを見つけてお説教もお約束。
    • 口うるさいのもいれば優しいのもいる。後者は子供にとっては良き理解者。
    • 夫は頭が上がらない。
  2. コンプレックスの元になっている事が多い。
  3. 息子・娘(主に思春期)と同年代の異性が家を訪れると、嬉しそうな表情で息子or娘をからかう。
    • 「あんたも隅に置けないわねぇ
    • その異性が長い付き合いであれば、すでに「義理の娘(息子)」扱い。
  4. 父親よりも亡くなっている確率が高い。
    • 既に亡くなっている場合、子供がまだ小さいうちであることが多い。
      • 回想でたまに出てくる
    • 母親の死によって父親が修羅道に堕ちることも。
      • 具体例「何があっても守るよ、お前と〇〇(息子の名前)を」→「今のが殺意を持った敵だったら、お前はもう死んでいる」
  5. 専業主婦が多い。
    • 働いている場合は、家を空けていることの多い職業がほとんど。
      • 反面、旦那の職業が「芸術家」とか「カメラマン」など収入が不安定な仕事をしている。
        • むしろサラリーマンが多い気がする。
        • 自営業も然り。
    • 日中はワイドショーを見て、煎餅を食べながらゴロゴロ。
  6. 長電話、長話。
    • 他人が非常事態に陥って家へ電話かけようとしたら話し中でそれが母親の長電話であってそれが原因で他人はさらなる非常事態に陥ることも。
  7. お金持ちの家の母親は「~ざます」を付けて話す。
    • 「-て(よ)」も多い。
  8. たまに本当に高校生の子供がいるのかってぐらい若い外見の人がいる。
    • ラノベに多い気がする。
    • エ◯ゲやエ◯マンガにも多い。無論エロ要員。
  9. ツンデレである。
  10. 通販にはまって変な物を購入する。
    • 使用の方は三日坊主。
      • そして夫に怒られる。
  11. 主人公である場合はお転婆の上に(色んな)意味で最強キャラ。
  12. 高校生時代はセーラー服を着ていた。
  13. 夫には敬語を使うことが多い。
    • 夫のことを「あなた」と呼ぶことが多い。
      • 外で「あなた」と呼んだら他人から「名前で呼びなさい」と怒られることも。
  14. これこれの場合、視聴者から憎まれる場合も。
    • 息子/娘が幼稚園の頃までは優しかったが、小学生になると出来の悪さに辛辣して走ってしまうことも。
  15. タイプは良妻賢母タイプと教育ママタイプに分かれる。
  16. 父親が厳格な家庭だと父親の前ではうまくごまかしてフォローすることもある。

主婦キャラの法則[編集 | ソースを編集]

  1. バーゲン大好き。
    • 日曜日にはデパートのワゴンセールに突撃する。
      • 良さそうな商品を見つけるもライバルの主婦と手に取ったのが同時で引っ張り合いになる。
    • 毎日スーパーのチラシを赤チェック。
    • 一人限定○個の商品を大量に得るために、家族を動員する。
      • ときにはペットさえも動員。
        • 店員が困惑して咎めると、「○○はうちの大事な家族です!」
  2. 家計はおおむね火の車。
    • 常に家計簿をチェック。
      • 現実世界であるならば、決して貧しくはない環境(旦那の勤める企業、役職、収入etc・・・)なのだが、毎月給料日前は金欠になる七不思議。
      • 家計簿をつけながら「今月も赤字だわ~」とぼやくのがお約束。
    • ボーナスが命綱。
    • 旦那の小遣いを削りまくる。
    • その割に自分は美容院やレストランに足しげく通う。
    • 旦那の安月給に文句を言う割に、自分も働くという発想は何故かない(専業主婦の場合)。
      • 仕事を始めたとしても長続きしない。
  3. 流行に流されやすい。
    • 特にダイエット法。
    • そして飽きっぽい。たいてい三日坊主。
    • 情報源は、「テレビ」か「口(くち)コミ」。
  4. 基本は運動音痴だが、バーゲン会場では健脚でタフ。
    • 子供の送り迎えのため、ヒルクライム(自転車で坂を上る)が日課だったり。
  5. 不出来な子供を叱ってばかりだが、なんだかんだで親バカ。
    • 説教ばかりしてるようで、案外甘い。
    • 子供が家出すると取り乱す。
    • 時には心配したり可愛がったりしているので憎めない一面もある。
  6. 旦那には容赦がない。
    • 旦那の趣味のコレクションをいつの間にか捨てている。
    • でも機嫌がいいときには妙にしおらしくなる。
      • つまり・・・ツンデレ
      • 機嫌がいい日=旦那の給料日
        • 「今日は給料日の祝いにステーキよ♪」で、明日からはまた粗末な料理。
        • 旦那がパチンコで使い込んだor給料袋を落としたとなると、お祝いのステーキ没収。
    • 旦那が午前様になると玄関で角を出してほうきを持って待っている。
    • 旦那がキャバクラに行って背広からマッチや名刺などが落ちると鬼のように怒る。
      • 「どこ行ってたの? コレは何!!」 旦那 「いや… それは…」
        • そして旦那の小遣いで高い服やバックを買う。
      • 浮気チェックには容赦ない。
        • ワイシャツに口紅をつけていたたけでも容赦なく折檻する。
    • かくゆう旦那も大人の嗜みとは思えない趣味に熱中したり言動が子供っぽかったりするとかで、主婦と言うよりも保護者的なキャラになっていたりする。出来の悪い子供を持った母親のようなものか。
      • 仕事に関しても優秀とは言い難かったりもする。
        • 職場では厳しい上司に睨まれ、家ではこちらも厳しい妻に睨まれて肩身の狭い思いをしているが、現状打破する努力をしているようには見えなかったりする。
        • 収入もそこまで高くない。
          • なお、現実の専業主婦は夫が高収入であることが多い。
    • そもそも自分には甘い。
    • 場合によっては子供にも容赦がない場合も…
  7. 若い頃は案外美人。
    • 姑とはあまり敵対関係にならないケースが多い。
    • 独身時代は夢見がちだったが、結婚したら現実主義に変身。
    • でもときどき抜けてる。
    • 旦那(子供の父親)との馴れ初めを回想する回がある。
    • この項目だけは、現実の主婦像とは違うな。
  8. 内弁慶。
    • キレると(キレなくても)家族の誰もかなわない。
    • 大黒柱を差し置いて一家の独裁者化している。
  9. 時には、天才科学者とか凄腕スイーパーとか格闘技の達人とかの裏技を持っていることも。
    • この場合、家事も超人的にうまく速いことが多い。
    • しかし、稀に家事に関してはドジっ子キャラであることも。
      • そういう時は子供がしっかりしていたりするが、ママの裏技には気づいていない。

参考[編集 | ソースを編集]

参考キャラ追記禁止
このページへの参考キャラ追記は禁止されています。トークページのアーカイブへの編集も禁止されています。
ベタなキャラクターの法則の投稿規定を確認し、むやみなキャラ名の列挙防止にご協力ください。


関連項目[編集 | ソースを編集]