ベタな男女別学の法則

提供:chakuwiki

ベタな学校の法則 > 男女別学

保護解除
このページは、「荒らし防止」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

男女共通[編集 | ソースを編集]

  1. 男女それぞれ性別に合ったカリキュラムや行事がある。
  2. 生徒にとって異性がいないことがメリットでありデメリット。
    • 下ネタにオープンなだけでなく、オタクや同性愛が市民権を得る。
    • 異性と縁遠い環境だったことで異性に内気になりがちな人も。
      • 高校3年間だけと中高一貫6年間とでは次元が違う。
    • 更衣室なんて存在しない。
      • トイレも教職員用以外は片方の性別用しかない。
        • ただし、文化祭などの外部から人が来る行事になると一部のトイレが異性用になる。
  3. 共学以上に偏差値が両極端。
  4. 異性の先生が少ない。特に男子校。
    • 先生にとって同性の方が扱いやすく、距離も縮めやすい。
      • 生徒にとって同性の先生とストレートなコミュニケーションがしやすい。
      • 生徒指導の先生も優しい人と厳しい人の二極化する。
    • その異性の先生は特別イケメンor美人でなくても学校の人気者になりやすい。
  5. 特に男子校は大半が進学校。中高6年間を勉強に費やす。
    • 東大に現役合格した学生のほとんどが男子高卒である。
  6. 同性愛者がいるのではないかと思われる。
    • 女子校ならまだいいが、男子校でも稀に実際にいる時がある。
    • 男女ともクラスメートをラブとして好きかライクとして好きかの二通りいて、区別が付かない。
    • 異性に対する関心が薄い、クラスメートと仲が良すぎる、などという理由から同性愛疑惑をかけられることがある。
    • 実際はあまりいないが、「男女別学=同性愛」というイメージを払拭するのは極めて難しい。
    • ドラマでも度々ネタにされる。
  7. 異性の目を気にしないのでみんな調子に乗る。
    • みんなで馬鹿騒ぎする。
  8. 教室にゴミが散乱している。
  9. 入学して間もないころは男子しかいない(女子しかいない)のはつまらないのではないかと思うが、学校生活に慣れると楽しくなってくる。
    • 逆に「共学は異性がいるからつまらなそう」と感じるようになる。
    • 同性の友達といるのが楽しくなり、異性に興味を持つのが遅くなる人も。
    • 入学前は男だらけ(女だらけ)で怖そうと思っていたが、いざ入ると怖くなく楽しいしむしろ共学の方が異性も含めて怖く見えてしまう。
  10. フィクションにおけるそれと現実世界におけるそれは、もはや真逆といってもいい。
    • 特に女子校。
    • 男子校はフィクションではヤンキーだらけの底辺校ばかり。
  11. 下ネタを言いまくる。特に男子校。
    • 男子校だと、先生に×××な話をする。さらに先生からも下ネタを振ってくることがある。
      • 初体験はいつなのかを先生に聞いて怒られたやつがいた。
      • 生徒だけでなく先生もエロい。
    • 女子校でも下ネタ好きは結構いる。
    • 教室でエロ本を読むやつがいる。
    • 男女それぞれ変態・下ネタ好きの次元が違う。エロトークといい同性愛まがいなセクハラといい。
  12. オタクが多い。
  13. 偏差値は高い。
  14. 異性の教師は教え子たちに手を焼く。
    • 女子校だと、男性教師はみんなにいじられてしまうらしい。そして笑いものにされて余計いじられるようになる。
      • 共学以上に好き嫌いがハッキリ分かれ、教え子に振り回されやすい。
      • 若手は遊ばれ、中年は気持悪がられ、ベテランは可愛がられる。
    • 男子校の女性教師は散々なめられたり×××な質問をされまくったり…
      • セクハラまがいなことをしかける奴も。
    • 男女それぞれ若い異性の教師に「彼女いますか?」or「彼氏いますか?」と聞いてしまう。
      • 共学にもその手の質問する奴がいるが、別学の場合尚更「狙ってるのか?」と思われやすい。
  15. クラスに一人は面白いやつがいる。
    • 一人はものすごい変人がいる。
  16. 異性との接し方がわからなくなる。
    • 特に大学進学時にそれを痛感する。異性の友人がいればそこまでダメージは無いけど。
    • 学校内に異性がいないことが当たり前になりすぎて共学の高校に在籍している人は全員リア充だと思ってしまう。
    • 異性と距離を縮めるのが下手。
    • 異性と接するのが煩わしく感じるようになり、同性間で盛り上がっている方が楽しいと思うようになる。
      • それゆえ、彼女欲しい(彼氏欲しい)とか言いつつも同性しかいない環境に居座りやすい。
      • のちに就く職場も自然と同性の多そうな業種に目が行きかねない。
  17. とにかく出会いがなくてつらい。
    • 男女それぞれ異性に内気な人と社交的な人が共学以上に極端になる。
    • 異性の兄弟がいないと、異性に幻想を抱いてしまいがち。
    • 異性の理想のタイプが高くなり、異性に女らしさor男らしさを求め過ぎる。
      • オタクに限らず、異性として可愛いorカッコいいと思う芸能人や二次元のキャラクターへのリアクションが分かりやすいくらい大きい。
    • 近所に共学校や異性の別学があると、そこへ通う異性が気になる。
    • 異性と知り合うのは友達の紹介か予備校かバイト先が多い。
    • 学校が学校で歳の近い異性が身近にいないため、近所の他校も含めよそで見かける歳の近そうな異性が気になって仕方ない。
      • 人にもよるが異性のストライクゾーンが広くなり、あまり可愛くない・カッコ良くない異性まで気になる。
  18. 共学の学校に進学しなかったことを後悔することがある。
    • 特に制服姿のカップルがデートしているのを見たとき。
    • 男子校だと確かにそういう奴もいるが案外そこまででもない。そういう事考えなくても二次元とかでやってけるし。
    • 異性がいなくて物足りないと感じることがあっても、なんだかんだ別学でよかったと思うし共学より楽しかった自信がある。
      • しかし常に男女混合である共学を羨ましがりライバル視する人がいる。
  19. 学校の教育方針は「男らしく」「女らしく」
    • でも生徒がそうだとは限らない。
    • 例外は「おぼっちゃま学校」
  20. カオスな事件が起こる。
  21. 休み時間になるとみんなはしゃいでいてカオス。
    • みんなで騒ぐ様子はまるで動物園だと先生が言っていた(by男子校出身)
  22. 文化祭で男装する女子と女装する男子多数。
  23. 子どもが別学の学校の受験を考えると、ほとんどの親御さんはその別学独特の雰囲気に馴染めるか心配する。
    • その子どもが元々同性の友達が多く異性の友達が少ない場合、その心配は皆無。
    • 女子校(それも堅いタイプの学校)卒の母親は娘も女子校に…と考えている人多そう。親子三代でOGとか。
      • そして娘の話を聞き「私たちの頃とは違うのね…」とギャップを感じてしまう母や祖母。
  24. 共学と比べていじめが少ないか多いかの両極端。
    • いじめよりも男同士のイジりと女同士の陰口がやばい。
      • 同性愛寄りのクラスメートからのスキンシップも激しい。
    • スクールカーストが緩い。特に男子校。
      • リア充や不良とオタクの距離が近い。
  25. 彼女のいる男子、彼氏のいる女子はそれぞれクラスメートから恋愛マスター扱いされる。
    • 但し最初からいる場合に限る。途中で彼女or彼氏が出来ると裏切り者扱いされる。
  26. 通ってる学校が共学に変わるとかなり複雑。在学中はもちろんだが卒業する自分と入れ違う後輩の代からだと尚更。
    • 異性と一緒に入ってくる後輩に対して「男/女だけの方が楽しいのに」と思ってしまう。
    • 在学中の1,2年下の後輩からの場合、その後輩の異性が気になって仕方なくなる人も。
  27. 高校生(一貫校なら中学生も)の異性を知らないので、大学の同級生や久々に会う小中の友達の異性がより一層大人っぽく見える。
  28. 同性だらけの環境にいるので銭湯などで裸になるのも抵抗がなく早かったりする。
  29. 恋人ができないのを男女別学のせいにする。
    • 在籍中ならともかく、卒業してから何年も別学だったからと言い訳し続けるのは痛いやつである。
    • 別学校だと、異性との交遊を校則で制限している場合が少なからずあるので、恋愛に対して及び腰になるのは致し方ないことではあるが。
      • 共学の校内以上に厳しく見える。
      • 卒業してから反動で積極的に異性と仲良くしたがる人もいるのはいるが、それまでがそれまでなので恋愛以前に異性との交遊自体控えめなままな人も多い。
  30. 同性しかいない学校にいたからか、卒業後も大学や職場で異性そっちのけなくらい同性の先輩・同期・後輩と仲良くなってしまいがち。
    • そもそも共学で同性の多い学校・クラスにいた人と同様、同性だらけな職場と縁がある人も多い。
  31. クラスで席替えがあっても盛り上がらない。
    • そもそも席替えをしようと言う人がいなく、4月の名前順の席順のまま1年間変わらないことも少なからずある。

男子校[編集 | ソースを編集]

  1. 仏教校がほとんど。
    • あるいは戦前からある名門私立大学の附属校。
    • 関東(東京を除く)、東北の戦前からある公立高校にも多い。そのほとんどが進学校。
    • 元々陸軍・海軍将校の候補生を育成する学校だった名残で男子校となっているところも割かしある。
    • キリスト教系の学校も多く、都道府県によっては、中高一貫男子校の御三家の一角を占めているところもある。
  2. 文武両道を謳っているところも多い。
    • 部活動の強豪校が多い。
  3. 制服はブレザーより学ランが多い。
    • 私服通学である場合も。
  4. 現実では進学校、フィクションでは底辺校が多い。
    • むしろフィクションだとBLのイメージが強いんですがそれは。
  5. 理系や体育会系が目立って、文系の肩身が狭い。
    • 工業高校や共学の体育科クラスに親近感が沸く。
  6. 大学生と同様、バレンタインデーにチョコをもらえるかどうか心配する必要なし。
    • もらえてもホモっぽい(失礼!)友達からなので素直に喜べない。
    • 女教師からもらえればラッキーだ。
  7. 生徒同士の絆が強い。
    • 同窓会の出席率が高い。
    • 共学出身者以上に男友達を大事にしていて、うっかり彼女よりも友達を優先してしまいがち。
    • 恩師との絆も強い。
      • 女子校や共学以上に、先生として母校に戻る卒業生が多い。
        • 生徒と親しみやすい先生に限って、その学校のOBだったりする。
    • 非オタクがオタク趣味をいい意味で面白がり、オタクと非オタクが仲良くなることも。
  8. 無茶をするのが好きな人が多い。
    • やりすぎて停学処分をくらう馬鹿がいることもある。
  9. 外向きのコミュニケーション能力が身につきやすい。
  10. 恋愛で揉めることが少ない。
  11. 体育会系男子が女子にモテると信じている人が多い。
  12. 水泳や体育の合間でなくても裸でふざけ合う。
    • 夏場は裸で洗いっこする。
    • 授業中にクラスの半分以上が×××を丸出しにし、何人か退学になりました。
  13. 体育の格技で怪我人が出るのは当たり前。
  14. ぽっちゃりな人がクラスメートから胸を触られる。
  15. クラスメート同士のイジリがひどい。
    • 関節技をかけたり、ひどいときは絞め技をかましてくる奴もいる。
    • 傍から見たらいじめだと思うようなことをする奴もいる。
      • 卑猥なあだ名をつけたり、寝転がらせてのしかかったり…
    • 挨拶代わりに肩の殴り合いする人も。
  16. 文化祭でやってきた女子をナンパする人がひとりはいる。
    • 女子の姿が見えただけで興奮してしまう人も多い。
  17. 教師がなめられやすい。一度チョロいと思われると一年間ずっとなめられ続ける。
    • 女性の教師はもちろん、男性の教師も弱そうだとなめられる。
      • フィクションだと教師の威厳がなさそう。
    • 授業中みんな寝ていたり、内職していたり…
      • 授業中に紙飛行機が飛び交っていることがあった(by男子校出身)
    • 先生が休みで自習時間になると教室がカオス。
      • みんな大きな声でおしゃべりしていて隣の教室で授業している先生が怒鳴り込んできたことがあった。でも先生がいないともはややりたい放題。(by男子校出身)
  18. 一年に一回、文化祭の前だけはみんな必死に掃除する。
  19. スポーツ推薦専用のクラスが設けられていることもしばしばある。
  20. 部活で女子マネージャーのいる共学が相手だと尚更負けられないと張り切る。
    • 公立、または同一学校法人に女子校がない男子校のなかには、他校からチアリーダーの派遣の申し出を受けても断り、応援団と吹奏楽部、野球部の補欠部員を中心とした応援を伝統とするところまである。
  21. 東京にやたら多い
  22. 田舎の場合、アクセス性が悪く辺鄙な場所に立地されているが為、生徒が集まらず、軒並み偏差値が低かったりする。
    • そして結局共学化してしまいやすい。

女子校[編集 | ソースを編集]

  1. キリスト教校がほとんど。
    • そして、公立の女子高校が数を減らされている。
  2. 校名に「女子」「女学院」「女学園」がつく。
  3. 共学と比べてブレザーよりセーラー服が多い。
  4. 進学校からお嬢様学校、戦前は洋裁学校だった庶民派と幅広い。
    • フィクションだとお嬢様学校率が高い。しかも制服の色遣いがものすごい。
  5. 商業高校や共学の国際科クラスに親近感が沸く。
  6. バレンタインデーはお菓子の交換会が行われ、この日だけは先生もお菓子の持込を暗黙の了解で認めている。
  7. 彼氏持ちじゃない限り女子力が低下しやすい。女を捨ててしまってる人多数。
    • 体育祭で皆本気になっていてクラスの団結力が半端ない。
      • 下手すりゃ体育祭だけでなく、普段の体育の授業での試合形式の練習ですら本気になりやすい。
    • 下手すりゃ男子校男子が女々しく見えるくらい雄々しい。
    • 男性に引かれそうな趣味や言動がある「残念美人」が女子校出身者に多い。
    • 文化祭などで笑いを取るような格好をする。
    • 「見た目はお嬢様、中身はオジサン」という自虐ネタになるほどである。
  8. 男性に頼る概念がなく男性への甘え方が分からなくなる。兄がいない人や母子家庭の人は尚更。
  9. 女子校での生活が充実し過ぎで、「男性がいなくても生きていける」と感じてしまい結婚願望が低い、
    • リーダーシップの発揮できる女性が育ちやすいので、男性から可愛げがないと思われる。
      • 将来、職場でも男性の同僚に頼らなくなる。例としては男性に混ざって普通に力仕事を出来てしまう。
        • 良く言えばしっかりしている人が多いので、男性よりも有能扱いされやすい。
    • 共学出身の女子よりはるかに自立している。
  10. 将来、息子が思春期を迎えたときに、「子供が理解できない」と悩む。
    • 思春期の男子を知らないだけに自分の彼氏→夫以上に「男心って難しい」と思って悩む。
      • 真逆の男子校男子が娘を持つ父になった時も、女心の難しさに悩みがち。
  11. 女子しかいないのに「彼氏にしたい人ランキング」があったりする。体育会系のシュッとした先輩なんかはやっぱり人気があるらしい(by妹がランク入りしてた人)
    • 割とマジで同性間の告白とかもあったりするらしい。
  12. 男子校男子同様、オタクっぽい趣味に寛容な風潮がある。
    • 例としてはクラスの中心的な子含めジャニヲタが多い。
  13. 小学校から女子校に通っていた人もいる。
  14. 異性の目がないからか、スカートに生パンでも平気で股を開いてパンツ丸見え。それを電車内でも卒業後もずっと
    • 同じく異性の目がなかったからか、咳払いやくしゃみがうるさい人も少なくない。
  15. 文化系よりも体育会系が目立つところだってある。
    • そういうところは女子サッカーが強そう。
  16. 文化祭が近づくと「男の子が来る!」と喜ぶ人が少なからずいる。
    • しかし実際には近親者や卒業生のみの来校で、後からそれを知ってガッカリする。
    • そして男の子が来ない分、男子校の文化祭を見に行く。
  17. フィクションではお嬢様学校か底辺校がほとんど。前者はあいさつが「ごきげんよう」。
  18. 運動会の目玉はダンス。
    • なぜか学年対抗というところが多い。当然高校3年が勝つが、それで不公平はないとか。

元別学の共学[編集 | ソースを編集]

  1. 元々男女別学だったが生徒数などの影響から共学に変わった学校も少なくない。
    • そういう学校は一部クラスが別学のままだったりする。
    • 他の系列がまだ別学のままだったりする。
    • そして別学になる前の性別(元男子校は男子、元女子校は女子)のほうが多い。
  2. 女子校から共学になった学校は男子の運動部(野球やサッカー)が急激に強化される。
    • サッカーの場合、女子校時代から女子サッカー部があって強豪だったケースは珍しい。
  3. 現実だろうとフィクションだろうと制服は女子はブレザー、男子は今時学ランwww
    • 元男子校ならそういう傾向がある。
      • 福島では元女子校でも男子はなぜか今時学ランのところがある。
    • 女子の制服は可愛らしいものが多いが男子の制服は古臭いものが多い。
    • 男女共学化に際しては女子の制服の導入/刷新が優遇される。一方、男子は放置されることも多い。
      • 男卑女尊の典型ですね。わかります。
      • 女子の制服はブランド制服を導入したりデザインを重視するなど力を入れたりしているが、男子の制服は未だに地味なものばかり。
    • 伝統的なところでは男子/女子の制服をそのままの形で引き継がせる。
      • 女子は伝統的なジャンパースカート、男子は現代的なブレザーのところもあった(by 仙台市の元女子校の某私立校)。
        • そういうところは女子制服の改造防止の意味合いもある(ジャンパースカートは安易にミニスカートにすることが困難であるため)。
        • 女子は男子よりもおしゃれを追及されるから学校側にとって悩みの種になってしまうからな。
      • 合併による共学化だと両方引き継がれることも。
        • むしろ刷新するか引き継がせるかで真っ二つ。
    • 私服校だと女子はなんちゃって制服を着ることが多く、男子は服装がバラバラ。
    • 逆も然りである。女子はセーラー服、男子はブレザーのところだってある。
    • ブレザーのところであっても男女で極端すぎるところだってある。
  4. やはり共学化当初は先生・上級生共々別学気分が抜けていない人が多い。
    • 共学化反対派だった人なら尚更。
    • 異性の教え子の接し方に悩む先生多し。

関連項目[編集 | ソースを編集]