ベタな避暑地の法則

提供:chakuwiki
  1. ブナや白樺の原生林がある。
    • 湖もある。
      • 湖畔で油絵を描く純白のワンピースの美少女がいる。
        • 細身で病弱。
  2. カッコウが鳴いている。
  3. 金持ちの別荘がある。
    • その金持ちの娘と地元の青年が恋に落ち・・・・
      • 心中した場合、心中した池や森がミステリースポットになっている。
      • 泣く泣く別れた場合、それぞれの子供が運命の出会いを果たす。
      • 結ばれて結婚した場合、別荘の管理人夫婦やペンションの経営者夫婦やレストランのオーナーシェフ夫婦が、そのカップルの若い頃だったりする。
  4. オルゴール館とガラス工房は必須。
    • 最近はドッグカフェとドッグラン、アウトレットモールも。
  5. 「○○高原」と言う名がついている場合が多い。
  6. 帽子が風で飛ばされる。
  7. 海草とキノコが生えている。キノコが生息していない場合は洞窟がある。
  8. 冬は寒すぎて、とても来れるもんじゃない。
  9. 飲食店・衣料品店・土産店には「夏の価格」が存在する。
    • お店の人は、宣伝しなくても勝手に売れる時期に高く売って、冬の閑散期のために蓄える。
    • 地域によってはスキー客を当て込んで冬にも夏の価格が適用される。
  10. アウトドアの人ごみにまぎれることができる。
  11. テニスコートでロマンスが生まれる
    • ネットを一跨ぎ、白い歯キラリ。
  12. 乗馬が楽しめる。
  13. 大都市に近い