ポケットモンスター/第八世代

提供:chakuwiki

作品の噂 > ポケットモンスターシリーズ > 種類別 > 第八世代

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

ポケットモンスターソード・シールドが初登場のポケモン。

  • ポケモンの追加は図鑑番号順で。
目次(全国図鑑順)
No. 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81 サルノリ バチンキー ゴリランダー ヒバニー ラビフット エースバーン メッソン ジメレオン インテレオン ホシガリス
82 ヨクバリス ココガラ アオガラス アーマーガア サッチムシ レドームシ イオルブ クスネ フォクスライ ヒメンカ
83 ワタシラガ ウールー バイウールー カムカメ カジリガメ ワンパチ パルスワン タンドン トロッゴン セキタンザン
84 カジッチュ アップリュー タルップル スナヘビ サダイジャ ウッウ サシカマス カマスジョー エレズン ストリンダー
85 ヤクデ マルヤクデ タタッコ オトスパス ヤバチャ ポットデス ミブリム テブリム ブリムオン ベロバー
86 ギモー オーロンゲ タチフサグマ ニャイキング サニゴーン ネギガナイト バリコオル デスバーン マホミル マホイップ
87 タイレーツ バチンウニ ユキハミ モスノウ イシヘンジン コオリッポ イエッサン モルペコ ゾウドウ ダイオウドウ
88 パッチラゴン パッチルドン ウオノラゴン ウオチルドン ジュラルドン ドラメシヤ ドロンチ ドラパルト ザシアン ザマゼンタ
89 ムゲンダイナ ダクマ ウーラオス ザルード レジエレキ レジドラゴ ブリザポス レイスポス バドレックス アヤシシ
90 バサギリ ガチグマ イダイトウ オオニューラ ハリーマン ラブトロス  
第一世代/第二世代/第三世代/第四世代/第五世代/第六世代/第七世代/第九世代


No.810~[編集 | ソースを編集]

サルノリ[編集 | ソースを編集]

  1. ヤナップに続く、草タイプの小猿ポケモン。
  2. 全国図鑑ナンバーが...。

バチンキー[編集 | ソースを編集]

  1. ゴリラ禁止時代にいっときだけ流行ったがすぐに廃れた。
    • そもそもアタッカーとして優秀だったやつを輝石耐久で使うのは無茶があった。

ゴリランダー[編集 | ソースを編集]

  1. サルノリの最終進化。切り株をドラム替わりに叩く。
  2. 隠れ特性である「グラスメイカー」とグラスフィールド上で先制攻撃できるグラススライダーが併用可能に。その結果エースバーンと一緒にレートから出禁を喰らう羽目に。

ヒバニー[編集 | ソースを編集]

  1. アニメではゴウの手持ち。
  2. この系統はカートゥーンアニメのキャラクターっぽい。

ラビフット[編集 | ソースを編集]

  1. アニメから見て進化してぐれた印象しかない。
  2. アニメ「さよなら、ラビフット!」というタイトルから、本当に別れてしまうのかと思った。

エースバーン[編集 | ソースを編集]

  1. 乗るなエース!戻れ!
  2. サッカーが得意らしい。
    • 習得技にもサッカー選手のさながらの技が揃う。頭突き系の技をそろえて今日からジダンだ。相手のレッドカードにはくれぐれもご注意を・・・。
  3. かえんボールがどう見てもファイアトルネード
  4. 御三家でありながらまさかのレート禁止。
    • 隠れ特性の「リベロ」(効果:技使用時の技のタイプと同じになる)が強かった事情もある。

メッソン[編集 | ソースを編集]

  1. このポケモンの登場で、トカゲモチーフの御三家が遂に全タイプ揃うこととなった(炎のヒトカゲ、草のキモリ)。
  2. エリキテルに見えなくもない。
  3. とある女児向けアニメの主人公に似てることから、一部で「メッソン桃山」と呼ばれることも。
  4. アニメではゴウの手持ち2。

ジメレオン[編集 | ソースを編集]

  1. アニメに出てきそうな根暗ボーイ感。

インテレオン[編集 | ソースを編集]

  1. 泣き虫だったメッソンが頼もしいエージェントに進化した。
    • 専用技のモーションといい、どうみてもジェームズ・ボンド。
  2. ポケモンとしては夢女子と言われる女性ファンから異例の人気を誇っている。

アーマーガア[編集 | ソースを編集]

  1. ガラルの空では敵なし。

ウールー[編集 | ソースを編集]

  1. メリープの二番煎じって言うな。
  2. 本編ではポップのパートナー的存在。ほぼ全てで繰り出し、またタッグ時の一番手としても出してくる。

バイウールー[編集 | ソースを編集]

  1. 序盤ノーマルらしからぬ種族値の高さ。

ワンパチ[編集 | ソースを編集]

  1. 「イヌヌワン!」
    • でもアニメではイヌヌワンと鳴かない。
  2. 名前といい、特性の「たまひろい」といい、絶対狙っているだろ。

パルスワン[編集 | ソースを編集]

  1. ゲームフリークのパルスマンをイメージさせる。
    • だがボルテッカーは覚えない。

カジッチュ[編集 | ソースを編集]

  1. リンゴのポケモン。
  2. 2種類のポケモンに進化する。
    • SVで更に1種類追加された。

ウッウ[編集 | ソースを編集]

  1. 特性の「うのミサイル」が特徴的。
    • が、たまにピカチュウを咥えてくる。
      • 条件は残りHP半分以下のとき。
  2. 色違いがホウオウっぽいことから通称「偽ホウオウ」
  3. 発音しにくい…。

サシカマス[編集 | ソースを編集]

  1. ウッウが咥えてくる魚の正体。

ストリンダー[編集 | ソースを編集]

  1. なんと性格によって姿が異なる。
    • ミントが登場したからこそか。
  2. 見るからにロック。

ヤバチャ[編集 | ソースを編集]

  1. 中身が本体。
  2. 贋作と真作がある。
    • ただし贋作の方が弱いと言うことはないのでご安心ください。

ポットデス[編集 | ソースを編集]

  1. ポットです。
  2. ポッデスではない。
    • 「どこへ行くんだぁ?」
  3. 味はまともになったらしい。

ミブリム[編集 | ソースを編集]

  1. なんかカービィに出てきそうなデザインだ。
  2. アニメではリコが3.4kgあるこいつをパーカーのフードに入れて平然と歩いていた。

ベロバー[編集 | ソースを編集]

  1. 発売前から存在が明らかにされていたポケモンの一体。
    • だがなかなか公式サイトで紹介されず、しばらくは「インプ」と呼ばれていた。
  2. 悪魔系のポケモンは珍しい。
  3. やはりヒバニーみたいにカートゥーン臭がする。

ギモー[編集 | ソースを編集]

  1. ロンゲになった。
  2. ちょっと伊藤カイジっぽい。

オーロンゲ[編集 | ソースを編集]

  1. 全身が毛で覆われた。

タチフサグマ[編集 | ソースを編集]

  1. ガラルマッスグマの進化系。さらにパンクな雰囲気に。
    • ただしこっちはパンクロックではないし特攻もそれほど高くない。

ニャイキング[編集 | ソースを編集]

  1. ガラルニャースの進化系。

サニゴーン[編集 | ソースを編集]

  1. ガラルサニーゴの進化系。
  2. 白骨化して見るに耐えない。

ネギガナイト[編集 | ソースを編集]

  1. 全国のカモネギファンの皆さん、お待たせしました。お待ちかねのカモネギの進化系です。
    • 但し進化できるのはガラル地方で暮らすガラルカモネギの中で、歴戦を潜り抜けた個体のみだそうだ。
    • 進化条件も非常に面倒。
      • GOではエクセレントスロー10回。人によってはデスバーン(レイドバトル勝利10回)よりは楽。

マホイップ[編集 | ソースを編集]

  1. 今作のマスコット的ポジション。マホイップかわいいよ。
  2. 進化時の組み合わせで姿が変わってくる。
    • リアル商品もそれ相応に多い。
    • 実際にニップンからマホイップがパッケージにあしらわれたホイップクリームが登場した。
  3. 進化系で0.3m。ちっちゃい。
  4. キョダイマックスは一転して巨大ケーキに化ける。
    • スーパーマリオRPGに登場した「ストロベリー&ラズベリー」(ケーキ型のボス敵)っぽい。

タイレーツ[編集 | ソースを編集]

  1. 毛虫系のポケモンかと思いきや、正体はカービィみたいな6体のポケモンが隊列を組んだ姿でびっくり。
    • 「はいすいのじん」という非情に独特な技を持つ(交代出来なくなるが全能力上昇)。
  2. 恐らく一番かわいい格闘タイプ。
  3. 名前がそのまんま過ぎる。

イシヘンジン[編集 | ソースを編集]

  1. ストーンヘンジモチーフ。
    • 間違っても「石変人」ではない。
  2. 特攻特防種族値「20」って……

コオリッポ[編集 | ソースを編集]

  1. 波平ペンギン。
  2. 頭はハリボテで、物理技を受けると割れるが霰が降り出すと復活する。

イエッサン[編集 | ソースを編集]

  1. ♂♀で姿と一部特性が異なる。
    • 「執事とメイド」と言われる。
  2. 英語名が某求人サイトみたい。

モルペコ[編集 | ソースを編集]

  1. 史上初?の二重人格ポケモン。
    • 固有技もこれを生かしたモノ。
  2. くうふくもようとまんぷくもようをニコイチにしたら完全にモノクマ。
  3. 「うらら♪」
  4. なお、特性が無効化(ガラルマタドガスの「かがくへんかガス」など)されると、まんぷく模様固定となる。

ゾウドウ[編集 | ソースを編集]

  1. 「像」であり「象」でもある。
    • もちろんタイプははがねである。

ダイオウドウ[編集 | ソースを編集]

  1. LEGENDアルセウスではライチュウの電撃に関する図鑑の文章で出てくる。

パッチラゴン[編集 | ソースを編集]

  1. なんですかこのバランスを間違えた感...。
    • これマジ?
    • 図鑑にも「下半身に比べて上半身が小さすぎる」と突っ込まれてるし...
  2. はりきり+先制でんげきくちばし=死。
    • しかも交代で出したときにもでんげきくちばしのダメージ増加補正は乗る。等倍では到底受けきれないため、レートでは要対策の一匹に。

パッチルドン[編集 | ソースを編集]

  1. だからバランスを間違えた感...。

ウオノラゴン[編集 | ソースを編集]

  1. もはや何も言うまい...。
  2. がんじょうあご+先制エラがみ=死。このせいで水無効特性の需要も上がった。
    • マックスレイドバトルでは「ダイマックスほうよりもモーションが短い」ことを理由に起用されることがある。
  3. さらにはサトシのポケモンにも。

ウオチルドン[編集 | ソースを編集]

  1. 一見違和感ないと思いきや、実は口が上に付いている。
  2. ガラルの化石勢は再生した際に別々のパーツがくっついてしまったという設定であり発売当時は批判の対象になった。
    • いずれかは正しい姿として再生してくれることを切に願う。

ジュラルドン[編集 | ソースを編集]

  1. 金属性のボディーだが、以外と軽い。
    • 図鑑では体重40kgだが、本当にこの体重になるのは隠れ特性の個体のみ。
  2. ジュラル星人!今度という今度は許さないぞ!
  3. 初登場の次の世代で何故か進化することに。

ザシアン[編集 | ソースを編集]

  1. 今回のパッケージ伝説はずいぶんと適当な名前である。
  2. ザマゼンタとの関係は「姉弟説」…♀なの?
    • 案の定Fateを思い出した人多数。

ザマゼンタ[編集 | ソースを編集]

  1. お姉ちゃんのほうがインファイトが強い。
    • というかお姉ちゃんと攻撃範囲がかなり被ってしまっている。
    • 補助役ではムゲンダイナとやれることが変わらない。
      • 伝説戦ではお姉ちゃんの真似をするかムゲンダイナの真似をするかという独自の動きがない悲しみを背負ってしまっている。
  2. ボディプレスを覚えない。
    • 覚えていればお姉ちゃんとの差別化ができたのだが……。

ムゲンダイナ[編集 | ソースを編集]

  1. 第三伝説なのにパケ伝より先に手に入る。
    • というかパケ伝と共闘して倒す。
  2. どく統一待望の禁伝。
  3. こいつのせいでクララ先輩戦が茶番と化す。
    • せっかくクララ先輩が念入りにどくびし撒いたのに。

ウーラオス[編集 | ソースを編集]

  1. エキスパンションパス「鎧の孤島」で新規に登場したポケモン。ダクマが条件を満たすことで進化できる
    • 「いちげきのかた」と「れんげきのかた」の2つフォルムが存在するが、ソードとシールドでフォルムが固定という訳ではない。
  2. どちらのフォルムでも種族値と特性は同じ。ただし追加されるタイプが「いちげき」は悪、「れんげき」は水であり、習得できる専用技の性能やタイプも違う。
    • どちらとも「必ず急所に当たる」という技特性は同じだが・・・
      • 「いちげき」は威力80(タイプ一致と確定急所を加味して実質180)という悪タイプの技の中では驚異の破壊力を有す。
      • 「れんげき」は3回連続で攻撃するためタスキやばけのかわを確実にはがし更に追撃も可能。(ただしゴツゴツメットやさめはだ・てつのトゲの反射も3回受けるリスクがある)
  3. すべてを砕く拳と水のように流れる拳、どこかで見たような・・・。

レジエレキ[編集 | ソースを編集]

  1. 冠の雪原で新規追加されたレジシリーズの一体。四世代ぶりの新顔登場である。
  2. 物質オンリーのレジシリーズから一転、電気エネルギーで身体が構成されており、エネルギーを押さえつける為の装飾が着けてある。サイズも他のレジシリーズより小さい。
  3. 尖った種族値持ちのレジシリーズの中でもこのポケモンは素早さ種族値200という驚異の数値。条件次第でトリックルームを受けても先行で行動できてしまうことも。
  4. さらに特性「トランジスタ」も相まってタイプ一致の電気技を高威力で確実に先手で撃ってこれるのは驚異。ただしサブウェポンに非常に乏しい。
  5. 下記のレジドラゴとは選択制。スイッチを合わせて一度戦うとレジドラゴを選ぶことはできない。

レジドラゴ[編集 | ソースを編集]

  1. 冠の雪原で新規追加されたレジシリーズの一体。四世代ぶりの新顔登場である。
  2. 物質オンリーのレジシリーズから一転、ドラゴンエネルギーの結晶に竜の両顎を模した両腕を取り付けたという異質なもの。サイズもレジギガスより小さいが他のレジシリーズより大きい。
  3. 尖った種族値持ちのレジシリーズの中でもこのポケモンはHP種族値が200。他のステータスは攻撃・防御・特攻・特防はレジエレキと同数。素早さも80で悪くはない。
  4. 特性「りゅうのあぎと」はドラゴンタイプの技の威力を高めるというもの。専用技「ドラゴンエナジー」は体力残量が高い程威力が高まる性能であり、理論上最大威力は337というもの。
    • 他にもりゅうせいぐんやドラゴンクローにも特性が乗るのでHPが減っても安心である。ただしサブウェポンに非常に乏しい。
  5. 上記のレジエレキとは選択制。スイッチを合わせて一度戦うとレジエレキを選ぶことはできない。

バドレックス[編集 | ソースを編集]

  1. 冠の雪原で新規追加されたポケモンの一匹。
  2. 元はこの地を治めていた豊穣の王だったが、信仰が薄れると同時に力も薄れてしまったという。往時の力を取り戻すために主人公を頼るのだが・・・
    • その際に、主人公が同行していたピオニーの意識を乗っ取り翻訳機にするという荒業を使う。二作連続で人間を乗っ取るポケモンの登場である。
  3. イベントを進めることで往時の力を取り戻し、逃げた愛馬(レイスポス/ブリザポス)も戻り、真の王としての威厳を取り戻した。
  4. 能力的にも素の状態では種族値500であり微妙。しかし愛馬(レイスポス/ブリザポス)に騎乗することで真の力を発揮できる形となる。
  5. 余談だが、ダイマックスをするとこのポケモンのみ「青い光」に包まれる。

「Pokemon LEGENDS アルセウス」から登場[編集 | ソースを編集]

アヤシシ[編集 | ソースを編集]

  1. オドシシの進化系。LEGENDSではライドポケモンとして主人公に力を貸してくれる。
  2. 進化させるにはオドシシの状態でバリアーラッシュを早業で20回使用するのが条件。
    • ただしSVではオドシシがバリアーラッシュを覚えないため、現時点では進化はできない。
      • 野生でもテラレイドバトルでも出ないため、現時点ではLEGENDSから連れてくるしか入手方法はない。

バサギリ[編集 | ソースを編集]

  1. ストライクの分岐進化のひとつ。体の一部が岩石に変化し、腕部分は鉞のように鋭くなった。
    • これのせいでカイロスはストライクとの差が開いてしまった。
  2. LEGENDSではくろのきせきというアイテムを使うことでストライクから進化可能。
  3. SVではストライクから進化させることはできないが、藍の円盤では野生やテラレイドバトルの★6で出現するため入手は楽。
  4. アニメ2023年版では「六英雄」という重要ポジションとして存在が明言され、ダイアナ(リコの祖母)によれば「もう見られないのでは」と言われている。

ガチグマ[編集 | ソースを編集]

  1. 原種リングマの進化系。
  2. なぜ現代の世界のリングマはガチグマに進化しないのだろうか。
    • GOでは満月の夜のみリングマがガチグマに進化できる。
  3. SVの「碧の仮面」では条件を満たすことで特別な個体が登場。専用の特性と専用の技を持ち種族値も特殊寄りとなっている。
    • なおリングマからガチグマに進化することはできないため、通常のガチグマを入手したい場合はGOやLEGENDSから連れてくる必要がある。
    • このガチグマはアカツキ(赫月)という特殊個体であり、通常のガチグマとは別の個体となっている。ちなみに戦闘BGMはLEGENDSの戦闘BGMとなっている。
      • 図鑑にも登録されるが、登録されるのはアカツキのみであり、移送してきた通常個体のガチグマは掲載されない。

イダイトウ[編集 | ソースを編集]

  1. バスラオの進化系。ただし進化できるのはヒスイ地方とキタカミ地方に生息する「しろすじのすがた」のバスラオのみ。
    • 進化条件は特殊であり、反動技で累計294ダメージ以上を受けてレベルアップすること。(ただしLEGENDSは条件を満たすことで即座に進化可能)
      • 瀕死になったまま戦闘を終えるとダメージ累計はリセットされるので注意。
      • また、イダイトウはテラレイドバトルにも出現するため、ヒスイ種ポケモンのなかでは比較的入手は楽。

オオニューラ[編集 | ソースを編集]

  1. ヒスイニューラの進化系。進化方法は原種ニューラと同様、するどいつめを持たせてレベルアップすること。
    • SVでは朝・昼にヒスイニューラにするどいつめを持たせてレベルアップすることで入手可能。
      • ただしヒスイニューラ自体がSVに出現しないためLEGENDSやGOから連れてくる必要がある。

ハリーマン[編集 | ソースを編集]

  1. 遂に登場したハリーセンの進化系。
  2. 現代のシンオウ地方では伝承でしか伝わっていない模様。
  3. LEGENDSではヒスイハリーセンがどくばりセンボンを力業で20回使用することで進化できる。
    • SVでは藍の円盤で野生でヒスイハリーセンが出現し、進化条件もどくばりセンボンを覚えるだけとなった。また、テラレイドバトルにも出現する。

ラブトロス[編集 | ソースを編集]

  1. まさかの第四の神。
    • ボルトロス青龍、トルネロス朱雀、ランドロス白虎で玄武枠だった模様。

関連項目[編集 | ソースを編集]

ポケットモンスターシリーズ
本編 赤緑 金銀 RS DP BW XY SM 剣盾 SV
派生作品 ポケスタ・バトレボ コロシアム・XD ダンジョン ノブナガ GO カード ポケスペ
アニメ 時代別(サトシ編リコロイ編) / 劇場版
生物として 種類別123456789 / タイプ別
ファンの噂 ポケスペファン
ベタの法則 ゲームアニメ
もしwiki 歴史のif:ゲーム作品別)・アニメ / もしも借箱ポケモン別
偽モノの特徴 全般 (ゲーム)|種類別:1(ピカチュウ)・23456789
ざんねんなモノ ゲーム作品キャラ/アニメ
その他 こんなポケットモンスターは嫌だ‎‎