マンネリ化した漫画・アニメの展開の法則

提供:chakuwiki

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 視聴者「この展開前にも見たような気がする」。
    • ここの場合特殊なケースでほとんど同じ内容の話を8回も繰り返したことがある。
    • 幾度となく爆発オチ。そして次の話では既にみんなピンピンしており、建物も元に戻っている。
  2. スタッフが面白がってやっていることが逆に白ける。
  3. 他のアニメのパロディばかり使う。
  4. 原作を侮辱している。
  5. キャストに芸能人を多用する。
    • 劇場版やスペシャルで特に顕著。
  6. 何故かタイムスリップして江戸時代に行く。(それ以外の時代には絶対行かない)
    • もしくは息抜きの番外編などで世界の名作をアレンジした話を展開。
    • 欧米の作品だとタイムスリップ先は中世ヨーロッパか西部開拓時代のアメリカ。
    • あとはRPGパロディなんてのもある。
  7. 原作者がこの世にいない。
    • かつ、急に話を終わらせる必要がない。
  8. 何か知らんがトーナメントが始まってしまう。
  9. タイムボカンの三悪的キャラが邪魔しに来る。
  10. 変身用のグッズとか武器とか(劇中で)あまり使いそうにないアイテムが多数登場し、商品化される(バンダイがスポンサーである場合に顕著)。
  11. 主人公らの持つ目標が遠大過ぎる。
  12. 年中行事は何回も行う。
    • ネタが尽きたら温泉、水着、入れ替わり、年齢操作、記憶喪失、惚れ薬などの定番ネタをやる。
    • サンタクロースは実在する人物であり、主人公たちがクリスマスに身を削っていいことをするとプレゼントをくれる。
      • 絶対にクリスマスイブには雪が降る。
    • バレンタインでモテモテキャラに嫉妬する主要キャラにチョコを渡そうと躊躇するヒロイン。
    • 意味も無く草野球。
  13. 他国の王子やお姫様がお忍びで大使館を抜け出し、主要なメンバーとこっそり入れ替わる王子乞食ネタ。
    • そのお偉いさんが王位継承権絡みなどで暗殺者とかに狙われ、主要キャラが囮として入れ替わる場合も。
    • ワガママなお偉いさんが人間的に成長する。
      • そのことを知らなかった主要メンバーが、お偉いさんから貰ったとんでもなく高額なプレゼントを玩具と勘違いして捨ててしまい、「うお~! みんなで探すぞ~!!」でオチ。一体何回この展開を見たことだろうか。
  14. あ~また殺人事件が起きたよ。どうせ犯人はこの中にいるんだろ。
  15. 何度目の肉体の限界突破だよ。主人公がボスキャラ格とのバトルで突如覚醒し、パワーアップする。
  16. こいつら一年に何回旅行に行ってるんだ。
    • こいつら一年に何回福引を引いているんだ。
    • こいつら何回旅先で殺人事件に巻き込まれるんだ。
  17. 主人公以外のメインキャラの回想録が織り込まれる。
    • メインキャラを主人公にした、外伝の連載がスタートする。
  18. またこいつら手錠で繋がれてるよ。
    • またこいつら光の速さで動いているよ。
    • またこいつら分身しているよ。
    • またこいつらデスゲームに参加しているよ。
    • またこいつら幼児化しているよ。
    • またこいつら制裁されているよ。
    • またこいつら大地震の被害にあってるよ。
    • またこいつら最大の痛みを経験しているよ。
    • またこいつ風呂に何週間も入ってないよ。

作品別[編集 | ソースを編集]