ミュージシャン

提供:chakuwiki
  1. 売れるのはほとんど宣伝量に比例する
    • でもシングルを数枚同時発売などの大胆な売り出しをすると古参のファンから叩かれる。オリコン20位以内に入らないようなミュージシャンでさえも。
    • 海外では、顔がイケメンなだけで売れるということはありえない。
  2. 大半の連中は近所への騒音公害で一生を費やす。
  3. 売れないうちはライブをガンガンして「ライブミュージシャン」「ライブバンド」と呼ばれるようになることを目指したほうがベター
  4. ちょっと名前が売れてメジャーデビューしたら「●●のパクリだろ!」とほとんどの場合言われる
    • オリコン圏外のミュージシャンでも
    • それに慣れなきゃやっていけない
      • 露骨にパクった某レンジは速攻で下火になった…。
  5. 駅で歌うのは自由にしてくれって感じだけどアンプ使うのは勘弁してくれ。そこまでやるとマジで騒音だ。どんなに歌がうまくても。
    • 風邪で体調崩して頭痛いときなど最悪
  6. 環境問題、教育問題等の社会問題に対するチャリティー活動には精を出すくせに、てめぇーの家族や嫁には無関心か、堂々と別の異性と同姓、妊娠、再婚・・・ホントの身内は泣くしかない。
  7. この業界で活躍する人達、案外高学歴な方が多かったりする。どう見えても高卒にしか見えない人が…だったり。興味のある人は、調べてみると面白いかも。
    • それも割と理系卒の人間が多い。
      • 結局売れなくなればただの道楽扱いなので、キッチリと資格や教育免許を取得しておくよう事務所から忠告されるらしい。
  8. 曲作りでは他方の方達と協力してもらうから、役者と違い同業者でも仲がいい人が多いらしい。俺はとあるミュージシャンのファンクラブにて知った。

流し[編集 | ソースを編集]

  1. ギター一本持って居酒屋を訪ね歩き、そこのお客さんに音楽を披露する仕事。
    • 行った先の店にプロダクションやレコード会社の偉い人がいて認められるとプロ歌手になれるかも知れない。北島三郎氏が好例。
  2. ほろよい気分のお客さんからお金を受け取って演奏する。
  3. カラオケ設備のあるお店ならお客さんとのセッションもできる。
  4. お店側の理解が欠かせない。