リクルート

提供:chakuwiki

リクルートの噂[編集 | ソースを編集]

本社の入るオフィスビル
  1. 「住宅情報」や「タウンワーク」で有名。
    • 有名すぎて言葉まで生まれている。
      • 「とらばーゆする」、「ガテン系」「R25世代」など。
    • 「住宅情報」は「suumo(スーモ)」になった。
  2. 就職情報誌の巣窟。
    • つーか、常に日本の就職市場を牛耳ってきた企業。昔リクルートブック今リクナビ…
    • SPI2(適性検査)は子会社がやってる。
      • マイナビ日経ナビ等の就活サイトにはSPI対策情報が掲載されているが、リクナビだけはない。
  3. 日本第1位の売上数を誇る。
    • 雑誌の定価はメチャメチャ安い。広告掲載料だけで儲けが出るから。
  4. 「リクルート事件」ってここと関係あったっけ?
    • 事件に関わったのは、子会社のリクルートコスモスという不動産会社。
      • 現在はグループ離脱済み。(コスモスイニシア)
  5. ここのCMはかなり笑える。
    • 最近(2007年9月現在)では『マンションズ』シリーズは馬鹿馬鹿しくて笑える。
    • 流れない所とか、地域によって違ったりする。
    • ホットペッパー最近やらないなー。
    • タウンワークのCMが面白くなくなった。
  6. 「ゼクシィ首都圏版」や「カーセンサーEDGE」で殴られたら死ぬ。
    • でも腹に入れておくと庖丁で刺されても死なない。
    • 「住宅情報タウンズ」や「フロムA」でも同様。「タウンワーク」「ガテン」だと殴られても死なない。
  7. メディアファクトリーはかつてここの系列だった。
  8. 一時期ダイエー系列だったことがある。
  9. リクルートポイントなる独自ポイント制度がある。楽天Yahoo!Tポイントと張り合うため、近くPontaと統合する予定。
    • ポンパレモールとして通販も行っているが品揃え、価格競争は流石に上二者には及ばない。
      • 結局ポンパレは2024年にサービス終了に。
    • 統合どころか最近になってdポイントとも連携を始めた。一応Pontaとdポイントはどちらで貯めるか切り替えることはできる。

雑誌・フリーペーパーの噂[編集 | ソースを編集]

R25・L25[編集 | ソースを編集]

  1. 新聞がなくても、これがあれば大丈V。
  2. 今、話題のフリ-ペーパー
  3. 一週間の夜のTV番組表が地味に便利だったりする。
  4. 男性向けのR25と女性向けのL25に棲み分けされていた。
  5. フリーペーパー版廃刊後、Web版もサービス終了しいつの間にかサイバーエージェントに移っていた。

Hot Pepper[編集 | ソースを編集]

  1. 忘年会シーズンになると飛ぶように持って行かれる。
  2. デザインが明らかにスイーツ(笑)向き。
    • にもかかわらず、結構幹事役の中年のオジサンとかも読んでいるのを見る。
    • そりゃもう「居酒屋クーポン」なのでw
  3. 木村カエラの歌ったCMソングは最早伝説。
  4. 洋画風からSMAPに至る関西弁吹き替えCMも忘れちゃならない。
    • 居酒屋クーポン♪(あ、まだ伴奏です!)
    • 動画サイトにおいてはファンタ3年○組シリーズと並ぶ有名MADテンプレート。
    • 「あんなん出たらなっ、関西弁でアフレコされんねんで!」と自虐するものまであった。
    • 「食・べ・ま・し・たっ!」が一番有名と思われ、放映当時は色々な所で紹介されたような。
    • これを手掛けたのはやはり関西出身で関西にいた電通の人で、声もほとんどその人で全てを演じていたらしい。この人のCMは一癖ある物ばかり。
  5. オンラインサイトだと飲食店の他に美容室やエステの予約もできる「ホットペッパービューティー」もある。

じゃらん[編集 | ソースを編集]

  1. 雑誌は半分以上が広告。
    • 当初は雑誌が主だったのだが、今は予約サイトの方が主になってしまっている(雑誌も一応出ているが)。
  2. 予約サイトはポイント還元率がハンパない。
    • が、そのお陰で旅館の旦那衆や女将達にはすこぶる評判が悪いらしい。
    • 半端なかったが、リクルートポイントに変わって半減以下の超改悪。それでもポイント面では楽天よりよかったが、その楽天もスーパーポイントで変わらなくなり、やむなくPontaの門下となりましたとさ。
  3. にゃらーん
  4. ライバルはKADOKAWAの東京ウォーカーシリーズ。

SUUMO(スーモ)[編集 | ソースを編集]

  1. 「住宅情報」の生まれ変わり。
    • 住宅情報は当初有料だったが、直接の前身「住宅情報タウンズ」がフリーペーパー形式になったためこちらもフリーペーパーに。
      • しかし最近はWeb版を推しており、フリーペーパー版は影が薄い。
  2. 当然日本国技とは関係ない。
    • しかし2014年ニコニコ超会議の大相撲超会議場所大会への協賛をしたりも。
  3. 地元の不動産店と提携して「スーモカウンター」なるコンシェルジュサービスも行っている。
  4. 東京都内のマンション高騰のあおりで紹介される物件は郊外ばかりに…。

タウンワーク[編集 | ソースを編集]

  1. アルバイト情報誌と思われがちだが会社員になれるバージョンもある。
    • 「社員」には横に「+ガテン」と書いてある。
  2. アルバイト情報誌といえば200円ぐらいが相場だったが、これの出現でタダか100円じゃないと受け入れられなくなってしまった。
    • しまいには身内のFromAにトドメを刺してしまった。
  3. 全国にあると思われがちだがそうでもなく、地方はタウンワーク自体が無かったりする(そういう所は、地元のフリー情報誌がメイン)。
  4. 最近は松本人志のCMでおなじみ。
    • 神様になる前のひたすら「バイトするならタウンワーク」と叫ぶだけのものはどのバージョンも印象深い。
  5. 新垣結衣はこのCMで知名度が上がるきっかけになった。
    • ブレイク前のAKB48を起用していたこともある。
  6. 東海地方版は何故か一時期「北斗の拳」とコラボしていたことがある。
    • それ以前には何故か「タウンワーク758」という独自のタウンワークも同時に発行していたこともある。

B-ing[編集 | ソースを編集]

  1. ショッカーが出ていたCMが話題に。
  2. かつては女性向けのとらばーゆと区別して男性向けに特化していたが、男女雇用機会均等法の成立を機に女性向け求人も掲載するように。

ケイコとマナブ[編集 | ソースを編集]

  1. あなた、今日のごはんはさばずしよぉ~♪
    • 全国で流れていると思ったら北海道限定だった。
  2. 内容はカルチャースクールなどの習い事情報を扱っている。

じゃマール[編集 | ソースを編集]

  1. 今のニコニコ動画をやっている主な層とか、未成年は知らない人もいるだろうが、ネット時代が来るまで一世を風靡した情報交換誌。
  2. ヤフオクがこれの発展形になるのだが、偽物を送りつけたり、性犯罪などとこれも一時期社会問題になったりした。

FromA[編集 | ソースを編集]

  1. かつてアルバイト情報誌として一世を風靡していた。
    • 80年代の全盛期はインディーズバンドにCMソングを公募したり、レーシングチームのスポンサーを務めたりしていた。
    • 河内家菊水丸の歌うCM曲「カーキン音頭」が話題になり、その後CD化もした。
  2. しかし90年代後半から他社の情報誌にシェアを奪われ始め、更に身内のタウンワークにトドメを刺される形で雑誌版は廃刊となった。
  3. 現在はWeb版「FromA Navi」のみ存続。
  4. 「パン田一郎」なるパンダのマスコットキャラクターがいる。
  5. 創刊から廃刊まで一貫して同じサウンドロゴを使っていた。

カーセンサー[編集 | ソースを編集]

  1. 初めて統一したフォーマットを導入した中古車情報誌。
  2. おとり広告を排除するために広告出稿時に車両番号を記載しないと掲載しないこと、売買契約が成立したら即掲載終了といったルールを設けたところ、おとり広告が激減して質が上がった一方で広告出稿そのものは減った。
    • 一時期は電話帳並に分厚かった。

とらばーゆ[編集 | ソースを編集]

  1. 女性向けの求人情報誌。
    • かつてはとらばーゆは女性用、B-ingを男性用として棲み分けていたが、男女雇用機会均等法の成立に伴い一応男性向けの求人も載せるようになった。
  2. 転職の代名詞として「とらばーゆする」なる言葉が生まれるほどだった。

ゼクシィ[編集 | ソースを編集]

  1. 女性の意思表示にも使われる結婚情報誌。
    • 交際している彼女が買い始めたら彼氏側は身構え、一方彼女側は「そろそろ結婚したい」という意思表示になる。
  2. ここ最近はファッション誌並に付録を充実させ始めている。
    • 中でも目を引くのは実際に役所への提出・公的証書として実際に使用できるオリジナルの婚姻届。
      • 中にはアニメとコラボしたものも。

じゅげむ[編集 | ソースを編集]

  1. メディアファクトリーが作ったというイメージが強いが、創刊当初はリクルートが出していた。
    • 「ファミ通」よりは角川書店の「Game Walker」に対抗して作られたが、今やじゅげむを出していたメディアファクトリー側が角川の軍門に…。
  2. 任天堂SCE(当時、プレステなど)セガの主要ハードのみならず、マイナーなPCゲームも取り上げるなど全てのゲームハードを取り上げる雑誌だった。
  3. 刊行当時までに発売された全てのゲームソフトの中から選抜した「じゅげむの100選」など、今で言う「総選挙」ブームを先取りしたような企画が行われていた。

リクナビの噂[編集 | ソースを編集]

  1. リクナビは他社に比べ掲載料が圧倒的に高い。オプションにもよるが、年間でマイナビ100万リクナビ300万だとか…。
    • しかも、掲載料は年々上昇する一方。そりゃ儲かるわ…
  2. 利用者数が圧倒的に多いので、マイナビ共々死の商人呼ばわりされている。
  3. 内定式が近づいて来ると「残り採用人数」を表示して学生を煽りに煽る。
    • 似たような機能だとキャリタスの「この企業に興味を示している人数」があるが、こっちは解禁時から表示されるのでまだ目安としては使いやすい。
    • ちょっと前には「あなたの先輩はもっとエントリーしています!」と言う煽りで無茶苦茶な表示をやらかして問題になった事も…。
  4. 実は中小・零細企業専門の採用サイトが別にあるのだが意外と知られていない。
    • 所謂就活エージェントとも異なる。何故か説明会が「訪問会」に代わっているのが大きな特徴。
      • エージェントと並立しているので、ここを使っているとリクルートエージェントが使えなくなるなんて事は決してない。
  5. 利用者(就活生)に無断で内定辞退率を企業側に販売していた事が発覚し、大問題になってしまった。
    • 一応「合否判定には使用しない」という条件付きではあったものの、やはり一部の企業は辞退率を合否判定に使ってしまい…。
    • 最終的には厚労省も激怒し、当然厳重注意が下る。同時に購入した企業側にも個人情報保護委員会から指導が入った。

Airペイの噂[編集 | ソースを編集]

  1. リクルートの電子マネー。
    • 正確には電子マネーではなく、クレジットカードや電子マネー決済をできるようにする加盟店側のためのシステム。
      • リクルート自体はPontaを導入しており、Pontaの方を推奨している。
  2. あのCMは「外国人のために導入しろ」と言っているようにしか見えない。
    • じゃいいです~。
    • 仮面ライダーつながりでとうとう藤岡弘、まで出てきた。
  3. さまざまな決済に対応といいながら、2020年現在、クレジットカードのタッチ決済(Type A/B規格)に未対応。
    • その代わり銀聯のICチップでの取引が可能。
    • 2020年9月末にサービスインした。