ロンバルディア

提供:chakuwiki
FR CH AT
VA PI LO TAA FVG SN
SB VE HR
LI ER
TO MA SM



Co




CdV LA UM I
T
A
L
I
A
AB
SA CAM MO
  BA
CAL PU
SI
Malta イオニア海
地 中 海

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ南欧イタリアロンバルディア


ロンバルディアの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ロンバルディアとは、この地に建国した「ロンゴバルド族の土地」という意味。
    • ロンゴバルドとは「長いあごひげ」。部族の象徴として、成人男性はあごひげを伸ばしていた。
  2. 事実上欧州最南端。ここから南は実質アフリカ
    • ベルルスコーニ首相の発言「ローマや南部ナポリは欧州というよりアフリカのようだ」
      • 日本の首相が「九州や沖縄は東南アジアだ」って言ってしまうようなもんじゃないかw ベルルスコーニがトンチキなのか、よほど南イタリアが北部からすると厄介者なのか。
  3. ここの郷土料理はイタリアンにありがちなオリーブオイルよりバターの方がよく使われる。
  4. ロンバルディア・コロシアム」があると聞いたのですが・・・?
    • サンシーロのことじゃないの??
  5. ティラミスの材料として知られるクリームチーズ、マスカルポーネの原産地。
    • ポピュラーになった現在では、輸出に対応するためイタリア全土で生産されるようになった。
    • ティラミス発祥の地は、お隣ヴェネト州のトレヴィーゾだと言われている。
  6. 具だくさんのスープ「ミネストローネ」はロンバルディア発祥らしい。
  7. 1文字変えるとボンバルディア。
  8. UCIプロツアーの最終戦会場。
  9. イタリア一の働き者。工業・農業・金融、全部強い優等生。
    • 伊GDPの2割強をこの州が生産。
    • イタリアの愛知。経済力が拮抗、製造業が盛ん、西部に大都市(ミラノ・名古屋)、北東部に山地がある。

町の噂[編集 | ソースを編集]

ブレシア[編集 | ソースを編集]

  1. ミラノに次ぐロンバルディア州第二の都市。人口19万人。ウィキペディア認定
  2. 赤い屋根がとってもきれいな街。
  3. 中世からの生産が盛んだった。
    • 近くで鉄鉱石が取れるので、鉄鋼業が古くから発達していた。
    • 武器博物館がある。
    • 毎年武器の見本市が開催されている。
  4. 喧嘩上等。いい武器持ってるからか知らんが、ローマ帝国の時代はかなりの強豪だったようだ。
    • 現在遺跡となっている建造物への攻撃も最小限に食い止め、非常に保存状態がいい。
  5. サッカーチーム。
    • ロベルト・バッジョが選手生活の晩年をここで過ごした。

モンツァ[編集 | ソースを編集]

  1. ロンバルディア州第三の都市。人口は12万人。
  2. サーキットが有名。
    • その影響でインディアナポリス(アメリカ)とは姉妹都市。
  3. ここのサッカークラブのオーナーはベルルスコーニ。