三岐鉄道

提供:chakuwiki

三岐鉄道の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 近鉄の放り出した路線を受け取って、バス撃退とか。
    • 内部・八王子線をどうぞ再建したげてください…(by沿線民)
  2. 公式には「さんぎてつどう」かもしれないが、地元では「サンキ」と濁らず発音。「サンキで行ってくるわー」的な。
  3. 1時間に一本しか来ない、幻の青いバス。
  4. 三岐線より北勢線ばかり投資している印象がある。
    • どう見ても北勢線の車両の方がきれい。
      • 外観は綺麗ですが、車両そのものは50年代から70年代製なんですが
        • 正直いって三岐線と大差ない。
      • 北勢線の車両はたまに「雨漏りしているので座らないでください」札が座席に置いてあることがある。
    • 北勢線には自動改札&券売機がある駅もある。ヘタな名鉄や近鉄の駅より充実している。
      • 名鉄は広見線と蒲郡線以外、全駅自動改札設置になりました。
  5. この手のローカル線にはベタなサイクリング列車が走っている。
  6. 270系は何故かここの人達に人気で、と呼ばれている。
  7. 北勢線では自動券売機 自動改札機が導入されたが、三岐線では硬券が現役。
    • そしてなぜか三岐線でのみ近鉄と連絡運輸を実施。この連絡乗車券も(ry
      • 三岐線の場合近鉄富田駅が近鉄と改札を通らずに乗り換えられるのに対し北勢線の西桑名駅は近鉄・JRの桑名駅とは全く別の駅ということもあるのではないだろうか?
  8. あまり知られていないが、実は御在所SA(下り)も経営している。そのため、SA内は鉄道会社らしい光景がちらほらとか。
  9. 社名は三岐鉄道だが、路線は三重県内に留まっている。
    • 岐阜県の関ヶ原への延伸構想があったため。
    • ある意味養老鉄道の方が「三岐鉄道」を名乗るのにふさわしいと思う。
  10. JRと三セクを除くと三重県内では珍しい近鉄と無関係の交通事業者。
    • セメントの貨物輸送を行っており、筆頭株主もセメント会社である。もし貨物輸送がなかったら間違いなく近鉄の1路線になっていただろう。
    • でも北勢線は旧近鉄線なので全く「無関係」というわけではない。
  11. 扇風機は近鉄ロゴのまま。

三岐線・近鉄連絡線の噂[編集 | ソースを編集]

元西武
  1. 何故か保々駅で強制乗換される列車がある。
    • だいじょぶだァ~。JRや大手私鉄でも同様事例は多々あるから。
  2. 丹生川駅の近くには貨物鉄道博物館がある。
    • 月1でしか開館していないので行くときには注意。
      • 基本は毎月第1日曜日。1月だけは第2日曜日。
    • 開館しているときは、元名古屋市バスの車両を使った丹生川駅~阿下喜駅の無料シャトルバスが走る。
      • 博物館職員と思わしき人が車掌を務め、ちょっとしたクイズを出しくれることも。なかなか乗りのいい。
      • 北勢線の終点阿下喜駅にも軽便鉄道の博物館があるらしい。
    • 2004年には、調子に乗って三里駅2階に鉄道博物館を設置。しかし、わずか2年で閉館し地元住民の失笑を買うことに。
      現在でも、プラットホームから見える駐輪場には博物館を宣伝するペイントが残っており、哀愁を誘っている。
  3. 三岐線の車両は全て西武鉄道のお古である。
    • しかも塗装も黄色系なので、あまり違和感はない。
    • かつては自社製造車もあったが、後にことでんに譲渡された。既に廃車済みだが。
  4. 昔は旅客列車もJR富田駅発着だった。
    • しかし近鉄まで伸ばしてくれと住民が頼み込む→近鉄連絡線を建設して近鉄富田駅に乗り入れる→完成当初は富田駅への旅客列車乗り入れも継続する→しかし、客は近鉄に流れる→旅客列車の国鉄乗り入れは廃止になったとさ。
    • 「三岐鉄道」なのに「近鉄富田駅」が起点なのはこれが理由。
    • なんと、今でも方向幕には「JR富田」が入っている。
  5. 貨物輸送、西武のお古、同一県内のみ走る、硬券が現役、終点駅に鉄道公園を設けているなど、SLが走っていない以外は秩父鉄道とほぼ一緒。
    • バス事業の影が薄い、太平洋セメントと関わりが深いという点も。

近鉄富田 - 大矢知 - 平津 - 暁学園前 - 山城 - 保々 - 北勢中央公園口 - 梅戸井 - 大安 - 三里 - 丹生川 - 伊勢治田 - 東藤原 - 西野尻 - 西藤原

北勢線の噂[編集 | ソースを編集]

  • 元近鉄北勢線
こちらは北勢線
  1. 軽便鉄道だけあって車両の上ではなく横にクーラーが積まれている。
    • 経年劣化でクーラーが壊れました(2013夏)。
    • 同じナローゲージの近鉄内部・八王子線は未だに非冷房だが、これを見たらやろうと思えば冷房化できるのでは?と言いたい。近鉄が放置していただけか?
  2. 北勢線の終点阿下喜駅と三岐線の伊勢治田駅は意外と近く(直線距離で約1.6km)、北勢線が近鉄だった時代から掛け持ちで訪れる鉄道ファンもいた。
  3. 三岐線の車庫のある北大社は近鉄時代には駅があり、折り返し電車も運転されるなど主要駅だったが三岐鉄道に転換されてからは廃止された。
    • 北大社は三岐線ではなく北勢線の信号場です。
  4. 駅舎は新しかったり古かったりとまちまち。

西桑名 - 馬道 - 西別所 - 蓮花寺 - 在良 - 星川 - 七和 - 穴太 - 東員 - 大泉 - 楚原 - 麻生田 - 阿下喜

三岐バス[編集 | ソースを編集]

  1. 自社鉄道線の南側から四日市市西部の団地群を主なエリアとして、結構な路線を抱えている。
    • 本数の多い路線もあり、路線バス事業者としても規模は小さくない。
    • 近鉄富田駅~四日市大学~キオクシアでは連節バスも運行されている。
  2. その割に影が薄いのは高速バス路線を持たないのもあるが、かつてあった大安駅~宇賀渓の路線が無くなって以来、バス会社として全国版の時刻表に載らなくなったというのもある。
  3. JR富田駅の東側が車庫になっているらしく、貸切を中心に車両がずらりと並んでいるのが列車の車窓からも見れる。