上海協力機構

提供:chakuwiki

上海協力機構加盟国[編集 | ソースを編集]

上海協力機構の噂[編集 | ソースを編集]

  1. ロシアと中央アジア諸国と中国が結成した現代のワルシャワ条約機構。
    • アメリカ一極支配に反対し、多極構造を作るための同盟らしいが…
    • 正直「独裁国家クラブ」と揶揄されてもおかしくない。
  2. 2017年にインドとパキスタンが加盟。イランも加盟したいらしい。
    • インドは基本的に中国と仲が悪いのに、よく加盟できたもんだ。
    • イランは現時点(2019年)でオブザーバーではある。
    • NATO加盟国であるはずのトルコも「対話パートナー」になっている。
  3. 当初は上記のうち上5か国で「上海ファイブ」と呼ばれていた。
    • ウズベキスタンがいなかったのは、当初は中国と国境を接する国に限定していたため。
  4. いかにもヤバそうな国の集まりだが、流石に札付きのワルはお呼びではないらしい。
    • そのワルに匹敵する独裁国家も。
      • そこは強硬な孤立主義を貫いているので、それが理由なのだろう。
      • 加盟国ではないが会議に参加したことならある。