下松市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本中国地方 > 山口周防下松市

島根   広島

周南 岩国 和木  
 
防府   下松


柳井
      周防大島
  上関  

テーマ別[編集 | ソースを編集]

下松市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線の車両工場があるらしい。
    • 日立製作所 笠戸事業所。普通の電車も作ってる。
      • 笠戸事業所っていうから笠戸島にあるのかと(つい最近まで)誤解してました・・・
        • 笠戸島にあるのは造船所だった。
      • 阪急の電車も最近はここで製造されている。
    • オリエンタル急行が来た事もある。
      • オリエント急行だよ。オリエンタル急行だったら、みゃーみゃーいう人とカレーの匂いがするではないか。
    • 新幹線のふるさとが市のキャッチフレーズらしい。
  2. なかなか難読な市名。「くだまつ」なんて知ってないと読めない。
    • 社会の授業で教えられた、13個(?)位あった新産業都市の一つ、担当教師から「覚えろ」と言われたから、読めるのであって、そうでなければ覚束ない(いゃ--、古い話)
    • 阪和線には「下松(しもまつ)駅」がある。
    • もともとは降松と書いたらしい。
    • 長野県内の中央本線に「上松」駅があるがこちらも「あげまつ」となかなかの難読駅名。
  3. JR岩徳線が市の北部を走り、しかも3駅もある。しかしどの駅から乗っても市の中心街のある山陽本線下松駅への直行便はない。周南市の櫛ヶ浜駅で下車して乗り換えることになる。
    • 岩徳線周防花岡駅の付近には花岡八幡宮というそこそこ有名な神社がある。
    • 岩徳線沿線の地区から下松の市街に出るには小高い坂を越える必要がある。徳山方面の方が無難に出れる。
    • 周防久保駅を過ぎると再び周南市(旧熊毛町)に入る。初めて来た人はわけがわからなる。
    • 1時間に1本あれば上出来の路線なので住民は専らマイカーを利用。下松の中心街に出る時も別に不便は感じていない。
    • 滋賀県大津市湖西線の駅(大津京など)から大津駅へ行くためには、京都山科駅で乗り換えることになるのと似ている。まあ、あっちには京阪電車もあるが。
  4. 「ザ・モール周南」というショッピングモールがある。そこそこ充実しており、大抵の買い物には困らない。なぜか「下松」ではなく「周南」を名乗っている。
    • でも周南市とは仲が悪い。
      • その合併からも抜けた。
      • 合併賛成派と合併反対派が対立し、ネットでは賛成派が圧倒的だったが実際には反対派の勝利に終わる。
        • 賛成派を名乗るのは殆ど徳山人だろう。
    • モール周南は、まだ徳山市が周南市になる前からあるんじゃなかったっけ?いずれは下松も一緒に周南市になると読んでいたのかな。
      • もともと「周南地域」だから。むしろ一部でしかないのに周南を名乗る周南市の方がおかしい。
    • しかし核店舗だった西友が撤退。2018年7月末で閉鎖し建物跡地はイズミに買収された為「ザ・モール」の名前は消滅し、「ゆめタウン下松店」として改装後同年秋頃に開店する予定。
  5. 人口の割にショッピングモールの店舗数が多い。
    • そして、人口の割に道が広い。
  6. かつて財政が大変貧しい時期があった。
    • そのため当時豊かだった徳山市(現周南市)に合併を申し込んだが断られた。しかし、今は状況が逆転し下松市の方が断った。実に仲が悪い。
      • 合併の拒否は復讐なのだよ周南市。
      • つまるところ皆自分のことしか考えていない。
  7. 牛骨ラーメンで有名である。
  8. 「武居」と書いて「たけすえ」と読む名字の人が多くいる。なんでだろう?
    • 当然、あだなはぶっきょ
    • 「棟居」も「むねすえ」と読む。
  9. 平成22年の国勢調査では県内で唯一人口が増えた。
  10. やたらと星をアピールしている。市の施設とかにもごとごとく「星」とか「スター」とか付いている。
    • 「星ふるまち」だそうだ。
    • 下松SAの舗装も星型だったりする。
    • あれだけ星をアピールしているのに肝心の天文台やプラネタリウムは市内には存在していない。
  11. くだまつ健康パークがある。で、トロン湯って何だ。
    • CMソングは20年ほど不変。

花岡[編集 | ソースを編集]

花岡八幡宮
  1. 花岡八幡宮という神社がある。雰囲気がいい。
    • 神社なのに仏塔(多宝塔)がある。室町時代のものらしく、下松市民は貴重な文化財だと誇るが、正直知名度は低い。
    • 例大祭のときだけ公開される破邪の御太刀は日本一でかい日本刀らしい。レプリカで良ければ市の商工会議所でみることもできる。
  2. 華陵高校という高校がある。昔、春の甲子園に21世紀枠で出場したことがある。
    • 「はなおか」高校かと思わせておいて「かりょう」高校らしい。この高校のお陰で、岩徳線の周防花岡駅はそこそこ乗降客がいる。
  3. 毛利家が長州萩に入ってすぐの頃、都農郡一体を管轄する代官所(勘場)が置かれたらしい。
  4. 周防花岡駅の駅前にあるでっかい木は、駅開業記念で植えられたものらしい。
    • 成長に成長を重ね、いまや、駅の直上を通る新幹線の線路よりも高い樹高を誇る。
  5. サンリブ、ニトリ、Mr.MAX、ドラッグコスモスなんかがあって買い物には困らない。
    • なんだったら下松駅周辺よりも便利。なので、このあたりの人間は市役所くらいしか下松駅付近に行くことがない。

笠戸島[編集 | ソースを編集]

  1. 造船所がある。
  2. 笠戸島といえばヒラメの養殖。
    • 近年はトラフグの養殖も。
  3. 観光地としても有名。2016年オープンの国民宿舎が全室オーシャンビューで人気らしい。
  4. はなぐり海岸の近くにある海上遊歩道がいい。
  5. 夕日岬から見る夕陽がいいらしい。
  6. 夕日岬の近くにコンクリート製の船が置かれているが、半分以上朽ち果てている。