九州の廃駅

提供:chakuwiki
2024年2月25日 (日) 15:22時点における富士見野男 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{Pathnav|日本の駅|日本の廃駅|name=九州}} {{お願い/日本の駅|廃止された九州}} ==福岡== ===筑後大川駅の噂=== *所在地:大川市大字小保 #大川市の中心駅。2面3線のホームを持っていた。 #駅の跡地にはハローワークと記念碑が建っている。 *路線 - 佐賀線 ===志免駅の噂=== *所在地:糟屋郡志免町…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

日本の駅 > 日本の廃駅 > 九州

廃止された九州にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


福岡

筑後大川駅の噂

  1. 大川市の中心駅。2面3線のホームを持っていた。
  2. 駅の跡地にはハローワークと記念碑が建っている。

志免駅の噂

  1. 志免町の中心駅。
  2. 勝田線の廃線直前まで香椎線の旅石支線が接続していた。
  3. 旅客ホームの跡地は志免鉄道記念公園として整備されている。

歓遊舎ひこさん駅の噂

  • 所在地:福岡県田川郡添田町大字野田
  1. 同名の道の駅を参照。

佐賀

諸富駅の噂

所在地:佐賀市諸富町大字為重

  1. 旧諸富町の中心駅。地名は「もろみ」だったが駅名は「もろみ」。
  2. 駅の跡地には産業振興会館や小さな写真付きの記念碑が建っている。
  • 路線 - 佐賀線

鏡駅の噂

所在地:唐津市

  1. 初代久里駅。
    • 戦前までは東唐津駅と当駅の間に初代の鏡駅があった模様。
  2. 唐津競艇場の真向かいにあった。
  3. 駅の跡地には記念碑が建っている。
  • 路線 - 筑肥線

久里駅の噂

所在地:唐津市久里

  1. もともとは「上久里」と名乗っていたが、隣の久里駅が鏡駅に改称したことで2代目の久里駅になった。
  2. 駅の跡地には公民館と記念碑が建っている。
  • 路線 - 筑肥線

長崎

秩父が浦駅の噂

所在地:島原市秩父が浦町

  1. 1964年に「中央高校前駅」として開業。
    • その後職業訓練校前駅→技術専門校前駅を経て、1996年から秩父が浦駅に改称された。
      • 因みに「技術専門校前駅」だった当時はずっと不通だったので、果たしてこの駅名での駅名標はあったのだろうか?
  2. 現在もホームは放置されたままらしい。

深江駅の噂

所在地:南島原市深江町馬場

  1. 1991年の雲仙普賢岳の火山災害により、島原外港からここまで長期間不通になっていた。
    • 当初布津までだったが、のちに布津からここまでが復旧。ただ道路も不通だった頃は代行の海上輸送を島原外港~布津間で行っていたため、布津~深江間が微妙な存在になっていた。
  2. 廃線になるまで有人駅(業務委託駅)だった。トロッコ列車をあしらった駅スタンプもあった。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

布津駅の噂

所在地:南島原市布津町貝崎

  1. 1991年の雲仙普賢岳の火山災害で鉄道も道路も不通になった際、島原外港からここまで代行の高速艇が運航されたことがある。
  2. 旧布津町の中心駅だが、布津町自体の人口が少なかったせいか2000年に無人化されている。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

有家駅の噂

所在地:南島原市有家町中須川

  1. 旧有家町の中心駅。廃止時まで有人駅だった。
  2. 駅舎は現在も残っており、島鉄バスの待合所として使用されている。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

西有家駅の噂

所在地:南島原市西有家町須川

  1. 旧西有家町の中心駅なのに単式1面1線…。
  2. 駅舎には「そうめんの町」と書かれていた。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

原城駅の噂

所在地:南島原市南有馬町大江

  1. 旧称は南有馬駅。地元の要望もあり1962年から原城駅に改称された。
    • 島原の乱の激戦地、原城への玄関口だった。
  2. 旧南有馬町の中心駅。
  3. 当駅を出ると終点の加津佐駅まで列車の交換はできなかった。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

口之津駅の噂

所在地:南島原市口之津町西大屋

  1. 旧口之津町の中心駅。
  2. 廃線から1年後の2009年には駅舎も撤去され、跡地にはバスの車庫が建っている。
  3. 天草諸島への玄関口はこっち。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線
  • バス - 島鉄バス

白浜海水浴場前駅の噂

所在地:南島原市口之津町甲

  1. 1932年の開業時は「女学校前駅」と名乗っていた。
  2. その後廃駅になり、1973年の営業再開の際にこの駅名に改称。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

加津佐駅の噂

所在地:南島原市加津佐町水下津

  1. 旧加津佐町の中心駅。
  2. 2008年まではここが島原鉄道の終着駅だった。
  3. 駅前の海水浴場客のために、車両を転用したバンガローがあった。
  4. ここから諫早に行くには、小浜経由のバスの方が早かった。
  • 路線 - 島原鉄道島原鉄道線

熊本

泗水駅の噂

所在地:菊池郡泗水町(現:菊池市)豊水

  1. 旧泗水町の中心駅。
  2. 跡地は道の駅泗水となった。
    • 駅舎は営業時期末期から黒潮市場の店舗と併設されていたが、取り壊されドラッグコスモスが出店予定。

菊池駅の噂

所在地:菊池市隈府

  1. かつての熊電の終点。
    • 古くは「菊電」と言ったらしい。
    • 合志に向かう路線が「菊池線」なのもその名残。
  2. 宮原線が伸びてくる計画があった。
  3. 駅舎はバスターミナルと併設された菊池プラザが廃止後も残る。
    • 構内部分は裏手の幼稚園が移転してきた。
  • 路線 - 熊本電気鉄道菊池線

宮崎

日之影温泉駅の噂

所在地:日之影町大字七折

  1. 正直、ここに入れていいのか疑問に思う(温泉施設としては2005年以降も現役で営業している)
  2. 鉄道駅としての現役当時は、町役場の最寄り駅でもあった。
    • 現在(2021年以降)の町役場からの最寄り駅…でもある。一応は。

鹿児島

三文字駅の噂

所在地:曽於郡大崎町假宿

  1. 2021年ぐらいまで交差点の名称として現役だった。
    • いつの間にか単に「三文字」に変わっていた。
  2. 大隅大崎駅よりも、こっちのほうが大崎町役場や商店街に近い。
    • 実際、利用客も三文字駅のほうが多かったらしい(当時の大崎町の町勢要覧より)

東串良駅の噂

所在地:肝属郡東串良町池之原

  1. 東串良町の中心駅。
  2. 交換設備が設けられていたが、1985年に廃止され1面1線の駅に。
  3. 現在駅の跡地は東串良鉄道記念公園として整備されている。
  4. 大隅線では駅前の石倉が現存する駅跡のひとつ。他は吾平。
  • 路線 - 大隅線

串良駅の噂

所在地:肝属郡串良町岡崎(現在は鹿屋市串良町岡崎)

  1. 旧串良町の中心駅。
  2. 隣の東串良駅とは僅か600mしか離れておらず、乗り遅れても走って追いかければ間に合ったというエピソードもある。
  3. 現在駅の跡地は串良鉄道記念公園として整備されている。
    • 現在とはいうけど、鹿屋市との合併前に大部分が撤去されてます…。
  4. 串良から西は私鉄の軽便鉄道として建設された。そのため、東串良(志布志方面)と接続するのにタイムラグがあった。
  • 路線 - 大隅線

大隅高山駅の噂

所在地:肝属郡高山町前田(現在は肝属郡肝付町前田)

  1. 旧高山町の中心駅。
  2. 開業当初の駅名は「高山駅」だったが、国有化後に「大隅高山駅」に改称された。
  3. 現在駅の跡地は高山鉄道記念公園として整備されており、駅舎も現存している。
  4. 大昔にはロケットを輸送していたことがあったらしい。
    • でも高山からですら内之浦はまあまあ遠いよね…。
  5. 駅周辺の面影は、飲み屋街が駅寄りの場所に形成されていることくらい(高山の中心は駅からみて川の対岸にある)
  • 路線 - 大隅線

吾平駅の噂

所在地:吾平町麓(現在は鹿屋市吾平町麓)

  1. 当時の吾平町で唯一の駅。見方によっては初代姶良駅である。
    • 姶良郡に姶良町が発足する前に、姶良駅から吾平駅に改称していた(読み方は同じ)
  2. 鉄道が廃止された後に「駅前団地」(集合住宅)が建設されている。
  3. 町の中心からはやや北に外れている(麓集落からも徒歩10分ほど)だが、通学には利用されていたらしい。
  4. 駅跡には鉄道記念館が作られたが、合併後に「鹿屋市に2つもいらん」ということで他目的に転用された。
  • 路線 - 大隅線

鹿屋駅の噂

所在地:鹿屋市共栄町

  1. 鹿屋市の中心駅。初代の駅はもう少し北の向江町にあり、スイッチバック構造の駅だった。
  2. 現在駅の跡地には鹿屋市役所が移転し、更に近くには鹿屋市鉄道記念館も建っている。
  3. 1938年以前(軽便鉄道のスイッチバック駅だった時代)の駅跡は「鹿屋税務署に転用された」とあるが、肝心の税務署が1990年代に西原の合同庁舎へ移転したので、今やその場所がどこかさっぱりわからず。
  4. 駅舎とホームで高低差があった。現在でも市役所の構造に反映されている(1F入口がエスカレーターで昇る形になっている)
  5. 通学需要はたぶん鹿屋高校生くらいだったと思う。他の高校はバスや自転車、原付のほうが便利だし。
    • ついでに言うと当時の(本来の)鹿屋市中心街(リナシティがある辺り)からも1キロ程離れている。
      • 本来の鹿屋市中心街と鹿屋駅跡(今の市役所)の間は鉄道のおかげで市街化した地域だが、1990年代以降に移転が相次ぎ、今や見る影もない。
        • 商工会議所、税務署、郵便局、九州電力、NTT(大幅縮小)、タイヨー…。
  6. 日通の拠点が市役所前にあるのも、往時の名残といえる。
  • 路線 - 大隅線

大隅野里駅の噂

所在地:鹿屋市野里町

  1. 当時の駅舎が現存する駅跡の一つ。単なるコンクリの待合所でそれっぽくは見えないけど。
  2. 戦前は海軍航空隊への輸送も担っていた。
  • 路線 - 大隅線

大隅高須駅の噂

所在地:鹿屋市高須町

  1. 実は軽便鉄道時代と位置やルートが異なるらしい。
    • 軽便鉄道時代のルートは航空写真でみてもまだわかりやすい。
  2. 軽便鉄道時代の最初のターミナル。
  • 路線 - 大隅線

荒平駅の噂

所在地:鹿屋市天神町

  1. 地元民にとっては文字通り「荒平天神」の目の前にあった駅。2013年までは当時の待合所がそのまま残っていた。
    • 大隅線跡では大隅高山駅の次に往時の面影を残していたが、あっさり撤去されてしまった。
  • 路線 - 大隅線

古江駅の噂

所在地:鹿屋市古江町

  1. 当時の駅舎が現存する駅跡のひとつ。公民館にリフォームされているからそれっぽくは見えないけど。
  2. 軽便鉄道時代の2番目のターミナル。
    • ここから垂水へは国有化されてから延伸した。
    • 当時はこっから鹿児島行きの航路があった。
  • 路線 - 大隅線

垂水駅の噂

所在地:垂水市田神

  1. 垂水市の中心駅。素朴な木造の駅舎を持っていた。
  2. 現在駅の跡地は垂水鉄道記念公園として整備されている。
  3. 当時の需要としてはフェリー乗換や通学といったところだろうか。
    • なおフェリー乗り場は鉄道廃止後に移転している。
  • 路線 - 大隅線

沖縄

那覇駅の噂

所在地:那覇市旭町

  1. 仲島の大石の近く
    • 那覇駅時代から置かれている。
  2. 跡地は那覇バスターミナル。
    • 再開発時に転車台が発掘された。
  • 路線 - 沖縄県営鉄道与那原線

糸満駅の噂

所在地:糸満市糸満

  1. 本島最南端の駅
    • というか内地最南端の駅だった。
  2. トイレの壁が現存しているらしい。
  • 路線 - 沖縄県営鉄道糸満線

与那原駅の噂

所在地:与那原町与那原

  1. 戦争でほぼ全壊状態になったが、戦後は一部が利用されて与那原町役場→JAの建物となっていた。
  2. 唯一駅舎が復元されている駅。ちなみにかつての駅舎の柱の一部は復元された駅舎の後ろに残されている。
  • 路線 - 沖縄県営鉄道与那原線