京阪の駅

提供:chakuwiki
萱島駅のクスノキ
  1. 萱島駅の上りホームでは、クスノキが突き出ている。
    • 高架下に神社がある。
    • 地元住民の願いだそうで・・・。
  2. 光善寺駅では電車が傾いて停車する。
    • 中書島駅でもそうなる。
      • どちらもカーブ上にホームがあるため。
        • 優等列車が高速で通過することを前提に造られている。
    • 中書島は別に無い。最悪なのはホーム自体傾いている丹波橋だ
    • 御殿山も八幡市もカーブ上
    • Wikipediaにある写真を使って車両基準に背景を傾けてみたところ、7度傾いていることが判明。車両の左端と右端では約21.6cmも高さが違う計算となる。
  3. 淀屋橋駅と北浜駅は地下街で繋がっており、歩いても苦にならないらしい。
    • その地下道でホームレスが寝てる。
      • 大阪ではデフォでは。梅田とかでも見かける。
        • っつーかそれは東京でもデフォ。東京駅上野品川新宿etc……
        • そして、忘れ去られる河原町駅と烏丸駅間の地下道・・・。
        • 高速神戸駅と新開地駅間の地下道(メトロこうべ)の事も、たまにでいいので思い出してあげて下さい。
  4. 出町柳駅とか淀屋橋駅に特急到着時の風景。
    1. 車内整備のため乗車位置と違うところにドアが来て止まる。
    2. そのあと車掌さんが車内を端から端まで走りぬける。
    3. 向きを変えられるイスの向きが一斉に進行方向に変わる。
      • テレビのついている車両はテレビが見やすいように...
      • オバハンは声を上げ
    4. その後列車が乗車位置まで移動し、乗車可能となる。
    • 慣れないうちは車内整備のときに乗り込もうとして、車掌および駅員さんに止められる。
    • ギリギリで乗り込み取り残された(恥ずかしい)
      • ちなみに上野駅では、茨城のイナカモンが常磐線で同じことをやって構内放送で「お客さ~ん、まだご乗車にならないでくださ~い」と言われ大恥をかく。
        • 東京駅でも東海道線でやろうとした人がいたらしく「まだご乗車にはなれませ~ん!」と駅員の叫ぶ声がアナウンスでホームに響き渡った。
    • 最近登場した3ドア車両の特急の場合、一部方向の変えられないイスがあり、進行方向逆向きに座ってしまうことが良くある。
      • 一部じゃなくて全部変えられません。
    • 3ドア車の停車位置に立っているときに限って、2ドアの特急が着いたりする。なので特急を待つときは2ドア車(足元オレンジの停車位置)で待っておけば間違いない。
      • 枚方市行き特急を除いて昼間3扉の特急は来なくなったけどね
        • 2011年5月28日のダイヤ改正で、昼間の特急に3000系も使用されるようになった。それにより昼間3扉の特急が復活した。
    • ロングシート特急の場合はどうしているのだろうか?
      • ただ進むだけ。ごみとかは拾うみたいだけど。
        • 現在、入れ替えはなくなりました。8000と3000は座席転換、それ以外はドアが閉まり、また開く。
    • 中之島駅での快速急行でも同じ光景が見られるようになった。
  5. 停車位置から列の並ぶ位置を示す点線が延びている。
  6. エスカレーター付近に「急ぐ人のために左側を開けましょう」と書かれた板がある。
    • 別に関西では普通だと思うが
    • 本当は歩かずに真ん中に乗るのが全国統一の公式ルールだと言うが・・・
      • ルールというより機械の寿命が縮まるかららしい。
    • こっちではエスカレーターに「走るな」と書いてある。ようは急ぐなって事。
  7. 北浜駅を淀屋橋行きの電車が発車する時、駅構内を抜けきれずに最後部の1両だけはみ出てしまう。
    • 7両編成はギリギリ抜け切れる筈。
  8. 「ナントカ橋」にはでかい駅が多い。淀屋橋、天満橋、京橋、丹波橋・・・・
    • かわいそうな古川橋。
    • かわいそうな観月橋。
      • かんげつ「きょう」なので...。
    • 「橋の付く駅」と言われて最後まで思い出してもらえない橋本。
      • 石山坂本線の唐橋前駅もあります。
    • 今度開業する玉江橋・渡辺橋もよろしく
    • というか、中之島線は中之島以外全部「橋」がつく。
    • そもそも大阪は「八百八橋」と呼ばれたのでなぁ・・・大阪地下鉄も多いよ。
    • 因みに今の京橋駅は実は三代目で、初代は明治から大正にかけて、天満橋駅の近くにあった(数年で廃止)。二代目は蒲生駅を改称した地上駅で環状線の東側にあった。
  9. 香里園駅東側に、次に阪神大震災級の地震が再び起きたら、駅に崩れてきそうな病院があったが、無事解体。
    • ダイエーがつぶれ、寝屋川市駅の方が賑やかになった。
    • しかし、飲み屋の数は寝屋川市駅よりはるかに多い。
    • 両駅とも駅前の道路事情が悪い、いつも駅前で渋滞してイライラする
  10. 2007年6月に運行システム更新、発メロがカシオペアの向谷実作曲になった、各駅のを繋げると一つの曲になるらしい
    • サンプル
    • 特急上り下り、普通急行上り下りで別れている。地下駅と地上駅を意識して京都へ向かうイメージで作ったらしい(本人のライブより)
      • ちなみに曲名は一般上り「KIRAMEKI」、特急上り「MIYABI」、一般下り「AKOGARE」、特急下り「GENKI」
        • それとは別に、京橋駅と出町柳駅には快速特急(旧:K特急)用の曲がある。
    • 作ったはいいけど、一度も使われたことがない曲が存在する(宇治駅特急用)。永遠に使うことがないような気がする。
      • 私市特急用と出町柳快速特急用は2008年秋改正でお蔵入り。都合3曲が現在お蔵入り中。
    • 淀駅の競馬臨時特急用メロディとして、まさかの特急用初代発車メロディ(フィガロの結婚)復活。
    • 向谷氏の発車メロディが採用されていない駅の発車ブザーはどこか東京メトロ(一部路線除く)のに似ている。
  11. 2008年秋頃に、「五条」・「四条」・「丸太町」の駅名を変えるらしい
    • 清水寺に近くもないのに清水五条はひどい。祇園四条はありだと思うが、三条は変えなくていいのか?神宮丸太町はよく分からないから放置
      • 地下鉄と名前が被っているところを変えたんじゃないか?それにしてもこれらのネーミングにはがっかり。今出川をして、出町柳と名付けたネーミングセンスは何処へ?
        • それは叡山電鉄が最初から出町柳だったから、それに合わせただけのこと。
      • ぎおん四条」とか「きよみず五条」にならない分はマシでしょう…。
        京都方面側駅舎にて撮影
        • 「牛若五条」「弁慶五条」w
        • 一番無難なのは「五条大橋」だろうね
          • だったら三条も四条も同じような名前にせにゃならんので、意味がない気が。因みに本当に決闘をやった五条大橋は、今の五条大橋ではない(現・松原通=旧・五条通)
      • 新京阪線(現:阪急京都線)保有時代は「京阪京都駅(現:大宮駅)」があったんだから、区別のためなら単純に社名をつけてもよかった気がする(そして一緒に宇治線各駅も)。名鉄も昨今やったばかりだし。
      • 大阪からの観光誘致も目的なので、現実には遠かろうとバス乗継だろうと「市内各駅からの観光スポット」を強調したかったという所でしょうね。地下鉄の鞍馬口駅とかよりは遥かにマシだと思いますが。
        • 鞍馬口駅は駅付近で烏丸通と交差している通りの名前からとっているんですが・・・
      • ちなみに「神宮丸太町」は平安神宮が由来。
  12. 淀駅は高架化工事の影響で、上り下りホームがひどく離れている。
    • 競馬終了後に京都方面に帰ろうとすると、その道のりの長さに泣きたくなる。
    • まるで以前の新三郷駅みたい…。
      • もっと近くにもそんな駅あったぞ(大和路線の久宝寺)。
    • 駅舎については高架化工事もほぼ終わり。競馬場とは専用通路で直結。
      • という事で「競馬開催日」以外は開かない出入り口と改札が出来ました。
  13. 社名を付けた駅名は自社線になく、他社線にある。
    • 三条京阪駅。
    • 六地蔵も木幡も黄檗も宇治も、本来は区別すべきところだが。関西の文化(阪神間と同様)的に受け入れられないのか…近鉄を見習って欲しい。
      • 木幡は区別あるぞ。宇治線は(こわた)JR奈良線は(こはた)、まあ漢字表記は変わらないんだが…
        • 神鉄の木幡はこばた。
    • 「京阪」を冠した駅はなぜか全て大津線にある。
      • しかも宇治線と逆で、乗換えが容易なところにある(石山と膳所)のに駅名を区別している。いかにも理不尽。残る山科は確かに区別しないと問題だとは思うが…
    • 阪神もそう(野田阪神駅)。
      • あとは阪神国道駅もね(ちと意味が違うが)。
  14. なぜか他社線との乗り換えが中途半端な駅が多い。
    • 祇園四条⇔阪急河原町・七条⇔JR・近鉄京都・守口市⇔地下鉄守口・中之島⇔阪神福島。
      • 河内森⇔河内磐船も
        • 野江⇔JR野江は上記よりはマシではあるが、双方共に普通しか停車しないので、やっぱり中途半端。
  15. 京橋駅、乗り換え案内の系譜。(誤り是正歓迎)
    1. 「国鉄環状線と片町線はお乗り換えです」
    2. 「JR環状線と片町線はお乗り換えです」
    3. 「JR線と地下鉄鶴見緑地線はお乗り換えです」
    4. 「JR線と地下鉄長堀鶴見緑地線はお乗り換えです」
    5. 「JR線とOsakaMetro長堀鶴見緑地線はお乗り換えです」(←今ココ)
  16. 香里園…、なんとなく某女優のファンが目をキラキラ輝かせて食いつきそうな駅名だ。
    • 観月橋もお忘れなく。
    • 逆に女優の香里奈の名前を見て香里園駅を思い出してしまった京阪沿線民。
    • 観月ありさも香里奈も、京阪の駅とは読み方が異なるんだなあ…。
    • 最近は声優の香里有佐(こうりありさ)が知られるようになってきた。しかも大阪出身。
  17. 天満橋駅と淀屋橋駅と北浜駅は大阪市内の中心部の地下駅であるにも関わらず、1990年代の後半までトイレはボットンだった。
  18. 北浜駅は特急停車駅であるにもかかわらずバリアだらけ。
    • 今はホームと改札間のエスカレーターがあるが、それが設置される前のその場所は時間限定の階段だった
  19. 天満橋駅の発車メロディーはいつもフライングする。列車が停止する前には鳴り始めてる気が…。
    • 運行管理システムの仕様で信号が開通する8秒前に発車メロディーの放送を始めるためこのような事に。
  20. 淀屋橋・北浜両駅のコンコースは天井が異常に低い。身長の高い人だったら手が届くと思うほど。
  21. 公式には駅ナンバリングはまだ施されていないが、最近駅の運賃表に駅番号が表示されるようになった。
    • 2014年11月に駅ナンバリング導入。
  22. ホームドア設置は関西大手私鉄で最後発になるらしい。
    • 他社管理駅も含めば実は1997年の時点で御陵駅に導入済み。それを考えるとむしろ逆に関西大手私鉄では最初にホームドア設置駅ができたということになる。
  23. 関西大手私鉄で唯一「新」が付く駅名なし。
    • ただ昔はあった。現在阪急に奪われた路線名と一部駅名。
  24. 一部の無人駅などで券売機が撤去された。乗車整理券を改札機に入れて降車駅で精算する。

京阪電気鉄道
京阪本線系統中之島線 京阪大津線
列車種別(京阪特急) | 車両形式別 大津線)|