偽はなまるうどんの特徴

提供:chakuwiki
  1. 山田うどんはこれにより撤退。
  2. ドライブスルー。
  3. 香川県他西日本のみ。
  4. 実はナゴヤドーム内にも出店。
  5. 全部の商品がお高め。
    • かけが割と高い。
      • トッピングがかなり高い。
        • 水が一番高い。
          • かけ小で1050円するので、ホテルのバーによく行く麻生太郎のような人じゃないとなかなか行けない。
            • よって、ライバルは赤坂の料亭である。
  6. ドリンクバー設置。
  7. ヤンキー、暴走族入店禁止。
  8. 24時間営業。
  9. 高速道路SA・PAにも出店。
  10. メインはそば。
  11. フルサービス。
  12. 製麺所。
  13. 持ち込みOK。
  14. 長野に最も多く出店。
  15. おかわり自由。
    • または西武ドームに出店。
  16. 鼻から食べるのがデフォ。
  17. 細麺。
  18. 純国産。
  19. 立ち食い。
    • 駅にも出店。
      • 新大阪駅の立ち食いうどんもある。
    • お座敷もある。
  20. お弁当スタイル。
  21. てんぷらによく当たる。
  22. マークが花○じゃなくて鼻×。
  23. サイドメニューはおつまみのみ。
  24. お持ち帰りができる。
  25. サンドウィッチもある。
  26. 全席喫煙席であるため、きつい。
  27. 親会社は餃子の王将だ。
    • あるいはゼンショーグループだ。
  28. 経営者は博多華丸だ。
    • 相方は「だいきちうどん」を経営している。
  29. 実は「はなペケうどん」だ。
  30. 東京より大阪への進出の方が早かった。
  31. ラーメンもメニューにある。
  32. 店員は、岡江さんと薬丸さん。
  33. 水間鉄道の親会社である。
  34. 本社は今でも香川県にある。
  35. はなまる繋がりで「はなまるマーケット」とのタイアップ商品も販売する。
  36. 実は「ずらまるうどん」だ。
  37. 那覇空港内にある店舗の看板も「はなまるうどん」だ。