偽海外アニメの特徴

提供:chakuwiki
保護解除
このページは、「LTAによる編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。


独立項目[編集 | ソースを編集]

偽アイス・エイジの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 舞台が現代だ。
    • もしくは新生代第四紀以前だ。
  2. 2以降も人間が登場する。

登場人物[編集 | ソースを編集]

偽マニーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アフリカゾウだ。
  2. 元メジャーリーガーだ。
  3. 喋る工具を連れて物を修理する。

偽シドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 頭脳派だ。
  2. 声:田中裕二。
  3. おもちゃを乱暴に扱う。
  4. バリゾーグに改造された。
  5. FFシリーズに登場するキャラだ。

偽ディエゴの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ティラコミルスだ。
    • もしくはピューマだ。
  2. サンディエゴ州のマスコットだ。
  3. 4以降も竹中直人が声をあてている。

偽スクラットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マスクラットがモチーフだ。
  2. ちゃんと喋る。

偽AEIOUの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 後にCGに移行された。
  2. 殺害シーンが一切、出てこない。
  3. 日本語吹き替え版も制作された。

偽アドベンチャー・タイムの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 複雑な絵柄に単純明快なストーリーを展開していく。
  2. 核戦争とは何の関係も無い。
  3. 脚本・メインライターが荒川稔久。
  4. ニコロデオンで放映。

登場人物[編集 | ソースを編集]

偽フィンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 冒険が大嫌いでよく家に引きこもっている。
  2. 大天才。
  3. 現実的な性格。
  4. 右腕がサイボーグ化している。
  5. 相棒の名前はランド。

偽ジェイクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体が硬い。
  2. フィンとは仲が悪い。
  3. 真面目で紳士的な性格。

偽プリンセスバブルガムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 科学が苦手。
  2. コスプレに興味が無い。
  3. 日本語版声優が加藤英美里。

偽レディレイ二コーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体の色が白黒。
  2. 中国語を話す。

偽マーセリンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 唯の人間。父親も普通。
  2. ボウガンを改造したバイオリンを所持している。
  3. 幼い頃アイスキングに襲われた経験がある。

偽アイスキングの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全ての黒幕。
  2. プリンセスには興味ナシ。
  3. 元から人間じゃなかった。

偽BMOの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 読みは「ビー・エム・オー」。
  2. BMOとはこの銀行のこと。

偽ヴェジテールズの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 聖書とは一切無縁。
  2. 人間も登場する。

偽トマト・ボブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ブーブーズと一緒に建設業界で働く。
  2. Mr.インクレディブルとして戦う。
  3. 花輪家のお坊ちゃま。

偽キュウリ・ラリーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. レーサーとして働いている。
  2. ウルトラマンエースやウルトラマングレートに変身する。
  3. 骨川家のお坊ちゃま。
  4. トラブルを起こすことはない。

偽アスパラガス・ジュニアの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 気が強い。
  2. 声優はキリスト教とは無縁。

偽ウォレスとグルミットの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 製作が非常に簡単。
  2. アメリカで製作された。
  3. 手描きだ。
  4. 原作は「ロミオとジュリエット」

キャラクター別[編集 | ソースを編集]

偽ウォレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 不眠症。
  2. チーズが嫌い。逆に野菜は大好き。
  3. 声の主が欽ちゃんでもNHK版の人でもない。
    • むしろ中村大樹だ。
  4. 髪がふさふさ。

偽グルミットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ただの犬
    • 字を読むことなど、できるわけがない。
  2. 編み物が下手糞。
  3. コーンフレークが大嫌い。

偽フェザーズ・マッグロウの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 指名手配犯ではない。
  2. 機械音痴。
  3. 実はニワトリだった。

偽ショーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体が大きい。
    • だが、少食。
  2. 彼が主役のスピンオフ作品など、存在しない。
    • むしろその作品が本編。

偽プレストンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロボットではなく、本物の犬だ。
  2. おとなしい。

偽ウェンドレンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ウォレスが大嫌い。
  2. 羊殺しではない。

偽怪盗グルーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ミニオンが主役のスピンオフ作品など存在しない。
  2. 短編集のDVDにも日本語吹き替え版のが存在する。
  3. ユニバーサルスタジオジャパンの中でも地味な存在の作品。エリアができるなんてあり得ない。

登場人物の特徴[編集 | ソースを編集]

偽フェロニアス・グルーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 子供好きだ。
    • 子供からはフェロニアスさんと呼ばれている。
  2. 悪さは赦さない。
  3. 劇中で落語も披露する。

偽ドルー・グルーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. こちらも笑福亭鶴瓶が声を当てている。
  2. フェロニアス同様、ハゲ。

偽ルーシー・ワイルドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 家事が上手。
  2. グルーが嫌いだ。

偽マーゴの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ウルトラマン80に登場した怪獣だ。
  2. 原語版の声優はエマ・ワトソンだ。
  3. 子供の蟻だ。
  4. ホグワーツ魔法学校に通っている。

偽イディスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. おしりを出している。
  2. プリキュアの妖精だ。
  3. 声優は小林由美子に交代した。

偽アグネスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. メルヘンチックではない。
    • ぬいぐるみが大嫌い。
  2. 中国人の歌手だ。

偽カペリートの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本で制作された。
  2. 現在も新作が制作されている。
  3. 手書きだ。
  4. Happy Tree Friendsと合同アニメだ。
    • 当然、グロアニメ。

偽スポンジ・ボブの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. カートゥーンネットワークで放映された。
  2. 映画版ではテーマ曲をブリトニー・スピアーズがカバーした。
  3. 舞台が地上である。
    • いや、の中だ。
    • 或いは空が舞台。

キャラ別[編集 | ソースを編集]

偽スポンジ・ボブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 性格が暗い。
  2. 実はチーズ・ボブだ。
  3. 怪力の持ち主。
  4. 強気な性格。
  5. ボートの免許を持っている。
  6. チーズだ。
  7. 初登場の時、他の登場人物にしゃべったぁぁぁぁぁ!と大騒ぎされた。
  8. 名探偵を祖父に持つ、IQ180の天才高校生。
    • 中の人。

偽パトリックの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 働き者。
  2. 頭がいい。
  3. 実はパトリック・ニセモーノだ。
  4. 超少食。
  5. 一人称は「おいどん」で、語尾に「ごわす」をつける。

偽サンディの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 非力。
    • 空手が下手。
      • カンフーが好き。
  2. 愛郷心がない。
    • テキサスの悪口を言い放題。
  3. 実は「はりもぐハーリー」のリス子だ。

偽カーニの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 従業員に対して優しい。
  2. お金にあまりうるさくない。
  3. プランクトンは今でも親友だ。

偽イカルドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イカをモチーフとしており、名前はタコルドだ。
  2. 温厚な性格。
  3. 被害に遭う回数が少ない。

偽プランクトンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 巨漢。
  2. カーニとは今でも親友。

偽ゲイリーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 鳴き声は犬に似ている。
  2. 靴紐を結ぶことが嫌い。

偽パフ先生の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 逮捕数がない。
  2. 怠け者。

偽パールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カーニより小さい。
  2. 贅沢なことは言わない。

偽チェブラーシカの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 正しくは「チェブラー鹿」だ。
  2. 初期も手書きだ。
  3. 最近のもロシア制作だ。

偽チェブラーシカの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ほとんど転ばない。
  2. 鹿のキャラクターだ。
  3. 家族がいる。
  4. ピカチュウだ。
  5. キャンディだ。
  6. 人面魚だ。

偽わにのゲーナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 凶暴だ。
  2. アコーディオンが弾けない。
  3. ニンジャブルーに変身する。
  4. テーマソングはパパパパパゲーナだ。

偽シャパクリャクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 犯罪から人を守る正義のヒーローだ。
  2. おむすびの形をしている。

偽ラリースカの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いたずらが嫌いだ。
  2. 喋る。

偽ガーリャの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. だらしなくて部屋が汚い。
  2. チェブラーシカを毛嫌いする。

偽レフ・チャンドルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 群れで生活している。
  2. 肉食で人をよく襲う。

偽トービクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 喋らない。
  2. 飼い主に捨てられていない。

偽アニュータの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 口数が多い。
  2. 友達がいっぱいだ。

偽チキチキマシン猛レースの特徴[編集 | ソースを編集]

偽ゼロゼロマシン(ブラック魔王とケンケン)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 搭乗するマシンの基本性能が低い。しかし正々堂々と勝負し、いつも逆転優勝している。
  2. 「スカイキッドブラック魔王」でも大成功している。
  3. 金がからむと簡単に鬼太郎を裏切る。
    • 中の人。

偽ガンセキオープン(タメゴローとトンチキ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 棍棒で叩くとブレーキがかかる。
  2. 車体が壊れたら一巻の終わりだ。

偽ヒュードロクーペ(モンスターとドラチビ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 非力。
  2. モンスターはキョンシーだ。
  3. ドラゴンは口から水を吐く。
  4. ドラチビはマシンガントークで喋り倒す。

偽マジックスリー(ドクターH)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 自己中。
    • 優勝への固執が誰よりも強い。
  2. 頭が悪い。
  3. 言葉が乱暴だ。

偽クロイツェルスポーツ(コウモリボス)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車体が緑一色で、地中をモグラのように掘り進むマシンだ。
  2. しばしば温泉にぶち当たり、地上に噴きもどされる。
  3. のんき者で、敵の標的になる事が多く、戦時中は被弾王と呼ばれた。

偽プシーキャット(ミルクちゃん)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. キザトト君と仲が悪い。
  2. 父親は今も健在だ。
  3. 家が貧乏だ。ツンデレの家政婦は怪女マスクメガホンに化ける。
  4. あまりモテない。
  5. 姉妹なのに全く似てないイイコンビという追っかけに付きまとわれている。
  6. 実は女装美少年だ。SM女王様が副業で、縛るのが好き。
  7. 赤いリボンつき雨傘を車体に装備し、白いゴム長靴を履いている。
  8. 超低温の液体窒素が動力源で 走行中にエンジンルームでアイスキャンディを作る。

偽タンクGT(軍曹閣下と新兵くん)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 背は高いが腰の低い上官の指揮で、不良上がりのチビ新兵がハンドルを握る。
  2. 「行けー!」「やだ!」、「撃てー!」「何でだよ!」、「進めー!」「知るかボケ!」など会話の多くが漫才である。
  3. 最軽量にもかかわらず、入賞回数が多い好成績のマシンである。

偽ギャングセブン(トラヒゲ一家)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 乗車定員が少ない。
  2. 底は絶対に抜けないようになっている。
  3. しょっちゅう警察に自首するが相手にされない。
  4. 全員大柄で窓や天井から体を乗り出して走る。

偽ポッポSL(ヨタローと熊八)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ヨタローは関西弁でしゃべる。
    • もしくは標準語でしゃべる。
  2. 熊八は仁王立ちしている。
  3. アメリカ西部出身だ。
  4. ボイラーは絶対に壊れない。

偽ハンサムV9(キザトト君)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ミルクちゃんと仲が悪い。
  2. 最も壊れにくいマシンのひとつ。
  3. オナベで、ガラの悪い男言葉で話す。

偽トロッコスペシャル(ドン・カッペと甚平)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 関西弁もしくは標準語でしゃべる。
  2. 非力。
  3. 悪路での走行に特化したマシンだ。
  4. ある回で首を伸ばしてゴールした結果、失格となった。
  5. 最も重いマシンで水に沈んでしまう。
  6. 甚平は歯が弱い。

偽ナレーターの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ゼロゼロマシンとの駆け引きがない。
  2. 原語版には存在せず、日本語吹き替え版オリジナルだ。
  3. 真面目。
  4. 「かめ」呼ばわりされた。

偽テネシー・タキシードの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 子供向けにしては、テーマがとても難解だ。
    • フロンティア電子論とか、ひも理論とかが、さらっと出てくる。
  2. 日本で放映されたことはない。
    • ただしネット動画で評判になり、日本語バージョンがDVD化されている。
  3. 米国放映時の原題は「タキシード・ペンギン」。
    • しかし、邦題は「テネシー・タキシード」に変更された。

キャラクター別[編集 | ソースを編集]

偽テネシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ぐうたらで好奇心ゼロ。
  2. タキシードサムとは兄弟。もちろん、サンリオキャラの一員。
  3. ひらめきとアイディアは本物。決して失敗しない。
    • その割に全然自信がなく、”Maybe, Tennessee Tuxedo will fail” が口癖だ。
  4. メトロポリス動物園の生活に安住していて、脱走したことなどない。

偽ダボさんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. テネシーよりずっと活動的で、行動力がある。
    • その代わり、先走りすぎて失敗することが多い。
  2. スリムな体型が自慢である。
  3. 米国版の名前はチェリーだ。

偽ナンデモ博士(Dr. Whoopee)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は、「トンデモ博士」で、まことしやかに嘘八百をテネシーたちに吹き込む。
  2. イギリスのSFテレビドラマの主人公である。
    • いや、アニメ版「キングコング」に登場する悪役だ。

偽リビングストン園長の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 放任主義で、テネシーたちが動物園内外を行き来するのを容認している。
  2. いつも笑顔を絶やさない。
  3. 亭主関白で、奥さんに崇拝されている。

偽ジャコバマウスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. テネシーと大の仲良し。困ったときの相談役だ。
  2. タイガー・トルネードにこき使われている。
  3. とても善良だが、少し知恵が足りず失敗ばかりしている。

偽ロッキー・マニノフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 義賊である。自分のための悪事は働かない。
  2. 知能犯罪が得意。マシンガンはもちろん、暴力などいっさい使わない。
  3. いつもテネシーたちを出し抜いて、逃げおおせている。

偽フランキーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リビングストン園長を裏で操る動物園の陰の実力者だ。
  2. テネシーたちの良き理解者で、いつも脱走を手助けしている。
  3. 身長190cmを超す長身の大男だ。
  4. もちろん、ONE PIECEにスピンオフで出ている。

偽タイガー・トルネードの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 気は優しくて力持ち。
  2. 意外と知能は高く、ジャコバに陰から指図している。
  3. 実はプロレスラーだ。

偽ナレーターの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ナレーターの立場にもかかわらず、いつもテネシーたちとやりとりをしている。
    • 場合によっては博士に替わって、知恵をさずけることもある
  2. プロレスの実況中継ばりにエキセントリックなしゃべり方だ。
  3. もちろん、予告編の解説もしている。

偽トムとジェリーの特徴[編集 | ソースを編集]

全般の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 初期はモノクロだった。
  2. 正しくはトモとジェリー
    • またはトマトゼリーだ。
  3. セリフが多い。
  4. たいていはトムが勝利するお話が多い。

偽トムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ネズミ捕りのプロ。
    • ジェリーなどを必ず捕食する。
  2. 飼い主からいつも褒められている。
  3. 藤田だ。
  4. 武藤だ。
  5. たいてい彼が勝利する。
  6. 飼い主は白人の回が多い。
  7. スポーツが苦手。

偽ジェリーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いつも捕えられてしまう。
    • トムなどに必ず捕食される。
  2. 自分の罪をトムに擦り付けない。
  3. 他の小動物を助けることはない。
  4. スパイクにいつも怒られている。
  5. 英語であそぼにも出演していた。

偽スパイクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 猫恐怖症だ。
  2. 子供に厳しい。
  3. 息子の名前はチュンソフトだ。

偽ニブルス/偽タフィの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前が変わることなんてない。
  2. ジェリーとの血縁関係はない。
  3. 少食だ。

偽イナズマのジョーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. トムの親友
  2. ジェリーにもやさしい。
  3. イナズマイレブンのマスコットだ。

偽ブッチの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体の色は白い。
  2. テニスが下手糞だ。

偽トランスフォーマーの特徴[編集 | ソースを編集]

偽物の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 変形しない。
    • 変形できるのは第一世代のみ。
      • アクションマスターで一度変形機構を復活させたが、不人気だったのですぐに戻した。
        • しかも実質分解して組み換えな総差し替え変形。
  2. ロボットじゃない。
    • なんだかよくわからないゴテゴテしたオブジェが、なんとなく人型っぽく見えなくもないようなゴチャゴチャしたものに変形する。
  3. おもちゃはアメリカの会社によって開発され、アニメの第1作目は最初に日本で製作・放送された。
  4. スタースクリームが忠烈の漢。
    • 謙虚で思慮深い。
    • メガトロン「この忠義物が!」。
    • 「デストロン戦士!弾幕薄いぞ、何やってんの!」
    • マイクロン伝説は?
      • 逆にG1スタスクっぽい性格になっていた可能性大。
    • なお、シャッタード・グラスのスタスクはまさしく忠臣である。
    • 一方、メガトロンは無能な暴君。無計画なため作戦失敗は日常茶飯事、微罪だろうと全て死刑。小者で全く人望がない。
  5. 「コンボイ様ぁ~」が常套句。
  6. デストロンが解体業者だ。
    • 実はV3と戦っている。
      • トランスフォーマーたちも改造人間である。
      • ところがどっこい、アメコミにどう見てもV3や電王にしか見えないモブのTFがいるんだよこれが。
  7. アニメは、ツッコミどころがないほど完璧な作画だ。
  8. ●産「●ュアリス」は、発掘(氷結)メガトロンを元に設計された。
  9. ビーストウォーズのセリフが全て台本通りになっている。
  10. 自律した意思を持っていない。
    • 人間が搭乗して操縦しないと動かない。
    • というか全部人造だ。
  11. マシンロボが紛れ込んでいる。
    • 勇者ロボやダイアクロンも混ざっている。
      • それどころかあらゆる作品の変形・合体ロボットが紛れ込んでいる。
    • 実際にアメコミではマシンロボがチョイ役として出ている。
  12. よく見てみると「モーファー」だったり、「フォーサー」だったりする
  13. サイバトロンはコンボイの「いい考え」に、デストロンはスタースクリームの奮戦に頼りっきり。

偽作品の特徴[編集 | ソースを編集]

偽G1の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 完全に資源の奪い合いの戦争だ。
  2. 3話でデストロンが勝利して終了。リジェ?誰それ?
  3. 作画ミスが起こるなんてありえない。
  4. 死人が続出する、殺伐とした作風が特徴。
  5. 一人称で「おいら」って言わないバンブルビーなんて、バンブルビーなんかじゃないやい!

偽2010の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ガルバトロンは最初から精神病院に送られている。
  2. キャラクターの全員が宇宙ペストに感染している。
  3. 2010年に放送されている。
  4. ユニクロン戦争の結果、デストロンのニューリーダーがスタースクリーム。
    • メガトロンは宇宙に放逐されたまま。
  5. ウルトラマグナスが敵の弾一発当たっただけで爆死。
  6. サイクロナスの性格が、続編のヘッドマスターズそのもの。

偽ザ・リバースの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本でも放送された。
  2. コンボイやガルバトロン、ナレーター以外の声優は全員初代や2010、HMと同じ配役である。
    • ロディマスコンボイは石丸博也が声を担当している。
  3. ファイヤーボットやツーインワン、トレインボットも登場する。
    • サウンドブラスターも登場する。
    • ツインキャストも登場する。
  4. 固有名詞が2010までと一緒である。

偽超神マスターフォースの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 最初から最後までプリテンダーが主役。
    • 当然ながら玩具も日本で大ヒットした。
  2. コンボイ司令官が途中で復活する。

偽Vの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 主題歌の作曲は菊池俊輔だ。

偽Zの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. TVシリーズとして制作。

偽ビーストウォーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アドリブが一切ない
    • しかも最初からリターンズのようなグロテスクなデザインである。
  2. 野獣先輩の語源となった作品だ。
  3. セル画のアニメーションである。
    • 製作:葦プロダクション。

偽カーロボットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今までのシリーズとは別世界。
  2. デジモンとコラボした。
  3. 葦プロダクション制作。

偽マイクロン伝説の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. タイトルの通りマイクロンが主役。
  2. 玩具の可動範囲が非常に広い。
    • 変形も非常に複雑なものが多いが、ユニクロンだけは適当に設計されていた。
  3. 今までのシリーズの続編であると明言されている。

偽スーパーリンクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マイクロン伝説の続編ではない。
  2. SL機関車が登場する。
  3. ゼルダの伝説とコラボした。
  4. ロボは基本セル画で描かれ、ごくまれにCGになる

偽ギャラクシーフォースの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スーパーリンクの後番組である。
    • 製作:テレビ東京。
  2. スポンサーがセガである。
  3. 玩具は飛ぶように売れ、それを受けて取扱店舗も爆発的に急増。
  4. ロボは基本セル画で描かれた。

偽キャラの特徴[編集 | ソースを編集]

  • 新規追加はサイバトロン→デストロンの順でお願いします。
    • 各作品の先頭は両陣営の総司令官・破壊大帝になるようにして下さい。

偽G1のキャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽コンボイの特徴
  1. 口が良い。
  2. ユニクロン戦争を生き延びることができた。
  3. エヴァの色になるなんてありえない。
偽マイスターの特徴
  1. 海外でも設定は副官である。
  2. 一人称は「俺」。
  3. 2010以降には登場しない。
    • 「ザ・ムービー」で戦死したため。
偽ホイルジャックの特徴
  1. 悪人である。
    • マッドサイエンティストであるから。
  2. 東北弁で話す。
  3. 「トランスフォーマーV」には一切登場しない。
偽ラチェットの特徴
  1. アイアンハイドとは違う形である。
  2. ホイルジャックの手伝いは一切しない。
  3. 同型にクランクがいる

偽2010のキャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽ロディマスコンボイの特徴
  1. 以前の姿もロディマスコンボイという名前である。
  2. ザ・リバースでも石丸博也が声を担当している。
  3. ホットロディマス時代もロングライフルを装備している。
  4. 謙虚で出しゃばらない。彼のおかげでコンボイがユニクロン戦争を生き延びるきっかけとなった。
偽ウルトラマグナスの特徴
  1. 初代トランスフォーマーにも登場した。
  2. No.1である。
  3. 地球人とは親しくない。
偽スカイリンクスの特徴
  1. 玩具は未だに日本未発売である。
  2. 人間型のロボットモードが存在する。

偽Vのキャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽スターセイバーの特徴
  1. おねしょして叱られたことがある。
  2. ヤバい宗教に傾倒し、後にダイアトラスを不心得者として惨殺。

偽ビーストウォーズのキャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽コンボイの特徴
  1. G1のコンボイとは関係がある。
  2. マトリクスを所有している。
偽チータスの特徴
  1. コンボイの命令をちゃんと聞いている。
  2. 一人で走ることはない。
  3. スナック菓子だ。
  4. 褒め言葉だ。
偽ラットルの特徴
  1. チータスより年下だ。
  2. 軽口や冗談を言わない。
トークに、偽海外アニメの特徴に関連する動画があります。

偽ノディの特徴[編集 | ソースを編集]

作品全般[編集 | ソースを編集]

  1. 手書きだ。
  2. 今でも新作が制作されている。

偽ノディの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ゆで卵が大嫌い。
    • または卵アレルギーだ。
    • あるいは漫画家のゆでたまごが好きだ。
  2. 星のカービィの敵キャラクターだ。
  3. 女だ。

偽ビッグイヤーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正しくはブックイヤーだ。
    • もしくはグッドイヤーだ。
  2. ノームだ。
  3. 耳が小さい。

偽プロッドさんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ノディとトラブルを起こすことは一切ない。
  2. 自転車を盗まれることもない。

偽テシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 冷酷だ。
  2. ポケモンのテッシードだ。

偽バンピー・ドッグの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正しくはバンビだ。
  2. バンビーノのメンバーだ。
  3. 喋る。

偽タビー・ベア一家の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 息子を甘やかす。
  2. 正しくはダビー・ベアだ。
  3. ノディを助けない。

偽タビーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いたずらが大嫌い。
  2. ルールを守る。
    • 親やノディの言うこともちゃんと聞く。

偽スライの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. メフィラス星人だ。
  2. いたずらが大嫌い。
  3. 犯罪は赦さない。
  4. スライムでできている。

偽ゴボーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正しい表記は牛蒡。
    • なので牛蒡で作られた。
  2. 偽スライ同様、いたずらが大嫌いで犯罪を赦さない。

偽ダイナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ウルトラマンだ。
  2. 科学戦隊の一員だ。

偽マーサの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高橋という苗字がある。
    • あるいは須藤。
  2. ノディと仲が悪い。
  3. リョコウバトのマーサを元にしたキャラクターだ。

偽バーバパパの特徴[編集 | ソースを編集]

全般の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登場人物には変身能力がない。
  2. アニメもフランスで制作された。

偽バーバパパ本人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 肉食だ。
  2. 子供の名前はサザエ、カツオ、ワカメだ。
  3. 初期の声優は永井一郎だ。

偽バーバママの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 料理が下手。
  2. 娘はめぐみ。

偽バーバブラボーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 結構、力がない。
  2. BE-GOにでてくるキャラクターだ。
  3. イザヨイ島で生まれた。
  4. ズズという妹がいる。

偽バーバズーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 動物嫌いだ。
  2. 自然科学より、電子工学に詳しい。

偽バーバピカリの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. バーバたなちゅーという相方がいる。
  2. Z95星雲出身だ。

偽バーバモジャの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 内気な性格。
  2. 毛は剃っている。

偽バーバリブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. コンタクトレンズを着用している。
  2. 本を読まない。

偽バーバベルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ベル食品のマスコットだ。
  2. 後にアダム王子と結ばれる。
    • 声:昆夏美。

偽バーバララの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ララちゃんランドセルのマスコットだ。
  2. 声:清水らら。
  3. ポケモントレーナーだ。
  4. キュアビートに変身する。

偽Happy Tree Friendsの特徴[編集 | ソースを編集]

作品全般[編集 | ソースを編集]

  1. かなりソフトなストーリーだが、逆に絵はリアルだ。
  2. グロテスクな表現が全くない。
  3. 全年齢対象。
    • Flashアニメですらなく、普通の子供向けアニメである。
      • そのため、日本ではNHK教育で放送されている。
        • 或いはテレ東の朝か夕方で放送。
  4. 毎回ハッピーエンドで終わる。
  5. よくみたらハッピーツリーフレンドだった。
  6. 30分番組。
  7. ちゃんと英語を話す。
    • 世界各国の吹き替え版も制作されている。 ex)日本であれば日本語 など。

偽スプレンディドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ヒーローではなく実は殺人鬼。
  2. ライバルのスプレンドントも本編に登場。
  3. 死亡数が多い。
  4. 泣き虫。
  5. 死亡回数は主要キャラクターの中では最多。
  6. 他のキャラクターを殺害したことは一回も無い。

偽フリッピーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 当然、覚醒はせずキャラクターを殺さない。
  2. ただの軍人の格好をしている。
  3. スプレンディドと一緒に登場することがある。
  4. 覚醒はしない。
  5. 死亡回数が多め。

偽フレイキーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. まつ毛が付いているので女の子であることが判明した。
    • 実は男でオカマかもしれない。
  2. 実は強くて怖いものなし。
  3. 針がない。
    • フケもない。
  4. 耳がある。
  5. 決して臆病な性格ではない。
  6. 熱血漢。

偽スニッフルズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. メガネを掛けていない。
  2. 実はゾウ。
  3. 基本的に馬鹿。
  4. 発明が出来ない。
  5. アリが大嫌い。

偽リフティ・シフティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. どっちかが死んでどっちかが生き残る。
  2. 実はタヌキ。
  3. シフティが弟で、リフティが兄。
  4. リフティは帽子をかぶっている。
  5. 泥棒ではない。
  6. リフティは利府町に住んでいる。

偽ラッセルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 彼は元海賊である。
  2. 海に入るのが怖くて泳げない。
  3. 膝から下がある。

偽マイムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 超能力者でマジシャン。
  2. しゃべる。
  3. パントマイムが下手。

偽カドルスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登場回数が主要キャラクターの中で1番多い。
  2. ふわふわの毛がない。
  3. ピンクのウサギのスリッパは履いていない。
  4. 死亡回数ゼロ。
  5. 見た目が角張っている。

偽ギグルスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カドルスと仲がものすごく悪い。
  2. 現在もクマという設定。
    • 実際に当初はクマという設定だった。
  3. 登場回数は少ない。
  4. 赤いリボンを付けていない。
  5. 母親は毎回出演している。

偽トゥーシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 顔にそばかすなんてない。
    • 前歯もない。
  2. 現在も2本の髪の毛は生えている。
    • 実際に最初やシーズン1のOPではそうだった。

偽ランピーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 主要キャラクターの中で身長が1番低い。
  2. 目や鼻、出っ歯の形が他のキャラクターと同じ。
  3. 頭が非常に良い。
  4. 幸運が強い。
  5. 主要キャラクターの中で登場回数が1番少ない。

偽ディスコ・ベアーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ダンスが大の苦手。
  2. 目はぱっちり。
  3. ギグルスとペチュニアのことが嫌い。
    • ただし、2人からは片思いされている。

偽ポップの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カブを殺害したことは一度も無い。
  2. 死亡率はやや高め。
  3. 死亡回数も二桁のキャラクターの中では一番多い。
  4. 妻は今も健在。
  5. 愛車はスーパーカブ

偽カブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. Happy Tree Friendsのキャラクターの中の長老。
  2. 主要キャラクターの中の身長は最も高い。
  3. 母親は今でも健在だ。
  4. 主要キャラクターの中で1番殺害数が多い。
  5. 実はバイクだ。

偽ハンディーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 両腕がある。
  2. 手先は不器用。
  3. 死なない話は多め。
  4. ペチュニアから嫌われている。

偽ペチュニアの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 汚物や臭い物は平気だ。
  2. ハンディーが大嫌い。
  3. ギグルスとは犬猿の仲。

偽ナッティーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 甘いものが大嫌い。
    • 逆に辛いものが大好物。

偽ザ・モールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. お喋り。
  2. 目が見える。
  3. ショッピングモールを経営している。
  4. ホクロがない。

偽クロ・マーモットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登場シーンはかなり多め。
  2. 黒い。
    • シロ・マーモットもいる。

偽ラミー&ミスター・ピクルスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 多くのキャラクターを殺害したことはないない。
  2. 自身のミスなどで死亡する場合もない。

偽パワーパフガールズの特徴[編集 | ソースを編集]

全般の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カートゥーンネットワークの不人気な番組の巨頭の1つ。
  2. ボーカロイドとコラボしていない。
  3. 略称が『PG』だ。(本:PowerpuffGirls→PPG 偽:PowerpuffGirls→PG)

偽パワーパフガールズ(ヒーロー)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 目が小さい。
  2. 空を飛ばない、力が凡人並み、特殊な攻撃が出来ない…むしろ普通の女の子だ。
    • 普段は普通の女の子だが、妖精の力を借りて魔法少女に変身して悪に立ち向かう。
  3. 悪の見方。
  4. 各メンバーごとのカラーは光の三原色ベースのパステルカラーではなく、色の三原色(CMY)だ。

登場人物別[編集 | ソースを編集]

偽ブロッサムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 頭が悪い。成績も最悪。いわゆる、劣等生だ。
  2. リボンが小さい。
  3. ショートヘアーだ。
  4. プリキュアだ。
  5. ナースエンジェルに変身する。

偽バブルスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 邪気だ。
  2. メンバーの中で一番パンチ力がない。
  3. 感受性が欠けている。
  4. 2016年のリブート版でのCVは諸星すみれが担当。
  5. キュアコスモに変身する。

偽バターカップの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女の子っぽいことが大好き。
  2. ロングヘアーだ。
  3. 落ち着いている。
  4. 目と服の色が黄色だ。
  5. キュアジェラードに変身する。

偽ピーターラビットと仲間たちの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. CGのアニメは制作されていない。
  2. 日本オリジナルエピソードもある。
  3. 人間は登場しない。

偽ピーターラビットのおはなしの登場人物の特徴[編集 | ソースを編集]

偽ピーターラビットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ペベンシー一家の長男だ。
  2. 深海怪獣だ。
  3. 香港の人気俳優だ。
  4. いたずらが大嫌い。
  5. 父親は健在。
  6. 仮面ライダーサイガだ。
  7. ゴセイレッドだ。

偽フロプシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正しい表記は風呂プシー。
  2. 他の姉妹と同時に喋らない。
  3. 子供にはちゃんと名前がある。

偽モプシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 松本家のウサギだ。
  2. モプちゃんと呼ばれている。

偽カトンテールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正しくはコットンテール。
  2. CGでも姉と同じサイズだ。

偽マクレガーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ウサギを食べない。
  2. 愛妻家だ。

偽ベンジャミンバニーの登場人物の特徴[編集 | ソースを編集]

偽ベンジャミンバニーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元てれび戦士だ。
  2. 子供にはちゃんと名前がある。
  3. いたずらが大嫌い。

偽ベンジャミンバニーの父親の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ベンジャミンバニーを甘やかす。
  2. 猫には勝てない。

偽ピーナッツの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 初期はモノクロだった。
  2. CGアニメは制作されていない。
  3. 現在もセル画のアニメだ。
  4. 吹き替え版の主題歌はザ・ピーナッツが担当していた。
  5. 谷川俊太郎が翻訳を担当することなんてほとんどない。
    • ましては全話日本語に翻訳されるなんてあり得ない。

偽チャーリー・ブラウンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スヌーピーとは敵対関係だ。
  2. ペパーミント・パティには好意を持たれていない。
  3. 野球の試合ではいつも勝っている。
  4. 凧揚げが上手だ。
  5. 以上の事から、完璧だけど嫌味なやつとして嫌われている。

偽スヌーピーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ウッドストックとは敵対関係だ。
  2. 視力が良い。
  3. スヌーエーからスヌーオーまでの兄弟がいる。
  4. 想像力に乏しい。
  5. 単細胞。

偽ウッドストックの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体の色は緑。
  2. スヌーピーとは仲が悪い。
  3. はっきりとしたセリフを喋る。

偽サリー・ブラウンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ライナスには好意を持たれていない。
  2. ちゃんと学校へ通っている。
  3. 髪の毛の色は黒。

偽ルーシー・ヴァン・ペルトの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ライナスを溺愛する。
  2. わがままではない。
  3. 野球チームの敗因の一番の原因が自分であることを認めている。

偽ライナス・ヴァン・ペルトの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 指を咥えない。
  2. 毛布を持たない。
  3. 今でも眼鏡をかけている。

偽リラン・ヴァン・ペルトの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アニメでも出番が多い。
  2. スヌーピーと仲が悪い。

偽シュローダーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 苗字が判明している。
  2. ベートーベンが嫌いだ。
  3. ピアノが下手くそだ。
    • 壊滅的な音痴。

偽ペパーミント・パティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 劇中でパトリシア・ライクハートを名乗る。
  2. 母親は健在だ。
  3. チャーリー・ブラウンが嫌いだ。

偽マーシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ペパーミント・パティを呼び捨てにする。
  2. 実は男で本名は田代まさしだ。

偽フランクリンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 他のキャラクターと同じく肌の色は白だ。
  2. チャーリー・ブラウンとは仲が悪い。

偽ベルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リボンをつけてるけど、オス。
  2. つぶらな瞳だ。
  3. 子供はいない。

偽マーブルズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 体毛は真っ白。
    • アルビノだ。
  2. スヌーピーと仲が良く、同棲している。
  3. 裸足。

偽オラフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スヌーピーのきょうだいのなかで一番小さく、痩せている。
  2. 「イケメン犬コンテスト」で優勝した。
    • しかし本人は自分が美形だと微塵も思っていない。
  3. アンディと不仲。

偽ピングーの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. ちゃんとスイス語を話す
    • 世界各国の吹き替え版も製作されてる。
  2. 手書きだ。
    • もしくは今でもクレイアニメだ。
    • フォトリアルなCGでピングーがただのペンギンとして描かれてる。
  3. in ザ・シティもスイス制作だ。

偽ピングーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いたずらが大嫌い。
  2. おじいさんも大嫌い。
  3. 先生にいつも優しくされてる。
  4. CV:冨永みーな

偽ピンガの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 力がない。
  2. 卵の時から落ち着いてる。
  3. 影絵が苦手。
  4. CV:大谷育江

偽パパの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ニートだ。
  2. 運転が苦手。
  3. 怒っても怖くない。
  4. CV:置鮎龍太郎

偽ママの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 外部で働いてる。
  2. 料理が苦手。
  3. CV:鷹森淑乃

偽おじいさんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ピングーやピンガに対して厳しい一面が多い。
  2. 今でも運動神経はいい。
  3. アコーディオンが苦手。
  4. CV:稲葉実

偽ロビの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アシカだ。
  2. 頭良くない。
  3. ケロビンと言う相方がいる。
  4. 洗脳能力を持っている。
  5. ピングーと仲が悪い。
  6. CV:矢島晶子

偽ピンゴの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ボール遊びをほとんどしない。
  2. ピンクと遊ぶこともほとんどない。
  3. ピングーの良きライバルと称されることもない。
  4. ンゴだ。
  5. CV:関智一
    • 初期は難波圭一が声を担当していた。

偽ピンクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 嘴が丸い。
  2. ピングーより後に作られた。
  3. ピンク色だ。
  4. CV:草尾毅

偽ピンギの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ピングーが大嫌い。
  2. キスをされるのも嫌がる。
  3. CV:佐久間レイ

偽ポンギの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ピングーのクラスメートの中で一番目立ってる。
  2. メガネじゃなくてコンタクトレンズを所持している。
  3. 親の姿が明らかになっている。
    • 父親らしきキャラは登場したが。
  4. CV:中尾隆聖

偽パンキーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 陰気な性格。
  2. ピングーと同じ学校に通っている。
  3. たくさん登場する。
  4. CV:江原正士

偽学校の先生の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前がある。
  2. 彼以外にも先生はいる。
  3. 教室は外ではなく中。
  4. ピングーに優しい。
    • ピングー以外の生徒にもちゃんと注意する。
  5. 後に先生をクビになり名前もミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシンになる。

偽フィリックス・ザ・キャットの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. ディズニーで制作された。
  2. 日本の雑誌でのタイトルは現在も「黒猫フェリックス」だ。
  3. 後にCGに移行された。
  4. ベイビーフィリックスもアメリカ制作だ。

偽フィリックスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「はひふへほー」が口癖だ。
  2. クロネコヤマトのイメージキャラクターだ。
  3. あまり出かけない。
  4. 正しくはフィリップスだ。
  5. 忍術学園の先生だ。
  6. ドラえもんの原型ではない。

偽大博士の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「まさる」と読む。
    • 声:永井大。
    • かなりの長身。
  2. 「ばかもーん」が口癖だ。

偽豆博士の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 豆の形をしている。
    • あるいは豆しば。
  2. 必殺技はメロメロパンチ。
  3. 四次元ポケットを持ち歩いている。
  4. 悪事を働かない。

偽ロックの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ピーターパンの敵だ。
  2. ディスダークの一員だ。

偽爆弾小僧の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 子象をモチーフにしている。
  2. 石やダイアモンドを食べられない。

偽テレビ人間の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 天てれにも登場する。
  2. てれびくんやテレマガのマスコットだ。
  3. ドクタケ忍者の首領。
    • 笑うと倒れるが自分で起き上がれない。

偽タコ将軍の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イカ将軍もいる。
  2. 海に住んでる。

偽キティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. サンリオのキャラクターだ。
  2. ミミィという妹がいる。
  3. 短編映画にもいっぱい登場する。

偽ベティ・ブープの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ミュージカルシーンがほとんど出てこない。
    • もしくはミュージカルシーンすべて吹き替えられている。
  2. 身の回りの日用品などが動き出したり、喋ったりすることが絶対にない。
  3. 動物が喋ることも一切ない。

偽ポパイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現在も新作が制作されている。
  2. 最初からカラーだ。
  3. 最初からポパイがメインのキャラクターだ。
  4. ピコ用ソフト化もされた。

偽ポパイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ほうれん草を食べても弱いまま。
    • あるいはほうれん草を食べなくても強い。
    • あるいはほうれん草を食べると弱体化する。
  2. 葉巻タバコが嫌いだ。
  3. 副業をしない。

偽オリーブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. デブで背が低い。
  2. ブルートが好きだ。
    • または本田速人が好き。
    • 逆にポパイを嫌う。
  3. 本名は「乙姫菜々」だ。
  4. リーブ21のマスコットだ。

偽ブルートの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. オリーブが嫌いだ。
    • ポパイ以上に倒したがっている。
      • 逆にポパイとは仲良し。
  2. 髭は剃っている。
  3. 正しくはプルートだ。

偽ウィンピーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ハンバーガーが大嫌い。
  2. ウィンエーからウィンオーまで黒歴史。

偽ボブとはたらくブーブーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現在もストップモーション。
  2. 今でも日本語吹き替え版が製作されている。
  3. キャラクターの外見はずっと変わってない。

偽ボブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. Mr.インクレディブルの名義でスーパーヒーロー活動をしている。
  2. 声:三浦友和

偽ウェンディの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ジャカンジャの4の槍だ。
  2. パートナーはピーター・パンだ。
  3. 声:土井美加
  4. コクッパ七人衆の一人。

偽スクープの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. おんぼろで力がない。
  2. 新聞記者だ。

偽マックの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スピードが遅い。
  2. 潔癖症だ。
  3. マクドナルドで働いている。
  4. Macのパソコンを使っている。

偽ディジーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アヒルだ。
    • もしくはサラサランドの(ry
  2. ディーゼル機関車だ。
  3. ブーブーズの中で一番大きい。

偽ローリーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 機関車を馬鹿にするトラックだ。
  2. スピーディだ。
  3. エヴォリアンの無限の使徒だ。

偽ロフティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 熱血漢だ。
  2. 高いところが平気。

偽トラビスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スパッドとの相性が良くない。
  2. メジャーリーガーだ。
  3. Travis Japanのメンバーだ。

偽スパッドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いたずらが大嫌い。
  2. ちゃんと仕事している。
  3. ピクルスさんからいつも褒められている。
  4. 声優は変わってない。

偽マイリトルポニーの特徴[編集 | ソースを編集]

偽作品の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. Mane6のメンバー全員が雄。

偽キャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽トワイライトスパークルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 魔法が苦手で、賢くもない。

偽ピンキーパイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いたずらが大嫌い。
  2. 天才。

偽レインボーダッシュの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 一人称は「わたし」。
    • もしくは「あたし」。
  2. 女の子らしいことが得意。

偽アップルジャックの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リンゴが大嫌い。
  2. すぐに嘘をつく。

偽ラリティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 緑色が大好き。
  2. すごく醜い。
    • そのため、皆に虐められている。

偽フラッターシャイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 熱血漢。
  2. レインボーダッシュとは仲がものすごく悪い。
  3. 飛ぶことが得意。

偽ミュータントタートルズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「カメ忍者」と名乗ってるくせに、スピードは亀の半分。
    • 甲羅をキャストオフすると、クロックアップが使える。
  2. 普段は富士の樹海(青木ヶ原樹海)でひっそりと暮らしている。
    • USJに潜んでいる説もある。
  3. メンバー全員の名前は、本来のミュータントタートルズのメンバー名に偽がつくだけ。
  4. メンバー全員、北朝鮮生まれ。ミュータント(突然変異)起こしてから、日本に亡命してきた(アメリカに行かなかった理由は、面倒だったから。)
    • 脱北かいwww
  5. メンバー全員、けんかはかなり弱い。握力も筋力も体力もまるでボロボロ。
  6. 偽レオナルドは松茸、偽ラファエロは砂糖がふんだんに混じっているごはん、偽ミケランジェロはビビンバ、偽ドナテロはじゃがいもののったほうとうがそれぞれ好き(外国版では、全員ほうとうが好きだと設定されている。)
  7. 偽レオナルドは、天の邪鬼で、弱いくせに意地を張ってばっかりいる。事実上、彼が主人公だと言われているはずだが、彼以外のメンバー一同は、ただ傲慢なだけの奴だといっている。
  8. 偽ラファエロは、冷静だが、とっさのボケをかますのがものすごく下手で、お笑いには99%不向きだと言われている。
  9. 偽ミケランジェロは、かなり無口な性格で、食事も好き嫌いが多い。
  10. 偽ドナテロは、理系の事がかなり苦手で、たったの5個の化学式を覚えることもままならないくらいである。
  11. 原作が日本人によるもので、日本製のアニメ。
    • OVAで実現。当然ファンから黒歴史扱いだけどね。
  12. ティーンエイジミュータントなのは、ネズミの師匠だけ。
  13. メンバー全員ローゼンメイデンの人形である。
  14. 亀たちは元人間。
  15. 正式な番組名は単に「タートルズ」だ。
  16. 無論、サワキちゃんは本名である。

偽LEGO ニンジャゴーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. LEGOとは全くの無関係なアニメだ。
  2. 現実の世界が舞台だ。
    • ニンジャゴーシティがあるのは日本のどこかだ。
  3. 日本で製作されたアニメだ。
    • 或いは韓国や中国で製作されたアニメ。
  4. 完全に和風な世界が舞台だ。
  5. 女児向けのアニメだ。

偽キャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽カイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字で甲斐と書く。
    • 山梨出身だ。
  2. いつもクールで冷静な性格。
  3. ビビりな性格だ
  4. ウォーターマスターだ。

偽ジェイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ニャーの事を嫌っている。
  2. 雷に撃たれても死なない訳がない。
  3. ジョークを言う訳がない。
  4. いつも真面目だ。

偽ニャーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カイとの血の繋がりはない。
    • 或いはカイの姉だ。
  2. 猫がモチーフのキャラだ。
  3. ファイヤーマスターだ。

偽ゼンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 人間だ。
    • 或いはサイボーグだ。
  2. 水を飲む。

偽ロイドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でもヤンチャで不真面目な性格だ。
    • 今でも悪党を目指している。
  2. 最弱のニンジャだ。

偽カーロフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 片言で喋る訳がない。
  2. 自らの身体を石化させる能力を持つ。

偽グリフィン・ターナーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. フルネームが判明していない。
  2. いつも鈍足だ。

偽ダレス師匠の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本当にブラウンパワーを持つ。
  2. 最強キャラだ。
  3. キザな性格かつギャグキャラな訳がない。

偽ドラゴンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 破壊を司る。
  2. エレメントパワーを宿すドラゴンなど存在しない。

偽ONIの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 創造を司る。
    • 破壊を行う事を嫌っている。
  2. エレメントパワーを宿す個体も存在する。
  3. 某漫画に登場する。

偽ロボッツの特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 現在も続編が制作されている。
  2. 人間も登場する。
  3. 吹き替え版の主題歌はSMAPが担当していた。