偽バス事業者の特徴/東海

提供:chakuwiki

偽あおい交通の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 宮崎あおいが経営するバス会社だ。
  2. 愛知県最大のバス会社だ。
  3. 名古屋駅から中部国際空港への直行バスを運行している。
    • 名鉄のミュースカイはこのバスに利用客が奪われ、2両編成に減車された。
  4. やおい交通だ

偽岐阜バスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大垣市内がメインである。
  2. 岐阜駅方面と大垣駅を結ぶ路線が健在。
  3. 岐阜市内線については岐阜市営バスに路線譲渡した
  4. 名鉄との資本関係はない。
  5. 「岐阜バス」が正式な社名だ。
  6. 名鉄岐阜市内線・揖斐線・谷汲線・美濃町線の経営を引き受けている。
    • 同時に社名を「岐阜交通」に改称。
    • あるいは、大野町方面に向かう系統の名前が、「黒野線」だ。
      • 大野バスセンター行き、谷汲山行き、揖斐川町役場行きが毎時一本づつ運行されている。
  7. 岐阜県全域に路線網を持っている。

偽東海自動車の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 社名の通り東海地方全域に路線を展開している。
    • さらに茨城県東海村にも路線がある。
  2. 親会社はJR東海。

偽濃飛乗合自動車の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 濃飛倉庫運輸は系列会社だ。
  2. 高山から松本まで鉄道路線を運営している。
  3. アルピコグループだ。

偽三重交通の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 路線を持つのは三重県内だけである。
  2. 近鉄との資本関係は一切ない。
    • 独立系の企業である。
    • むしろ名鉄系だ。
    • 近鉄・名鉄・JR東海による三重支配だ。
  3. 日産ディーゼルのバスを多数導入している。
  4. 兵庫県にも路線を持っている。
  5. 近鉄から枝線を引き受けて、鉄道線を営業している。
  6. よそで路線車の教習などもっての外だ。
  7. 奈良県で不動産会社を経営している。

偽名鉄バスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でも名古屋鉄道の直営だ。
  2. 岐阜県にも路線を持っている。
    • もちろん三重県、静岡県にも路線を持っている。
  3. 主に日野自動車のバスを購入している。
  4. 基幹バス専用の道路に玉砂利が敷き詰められている。
  5. ゆとりーとラインも運営している。
  6. 前乗り後降りだ。
  7. 北海道網走市の網走バスとは犬猿の仲。

偽名阪近鉄バスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でも親会社は近畿日本鉄道だ。
  2. 名古屋市内にも多くの路線を持っている。
  3. 塗装は路線・観光とも大阪の近鉄バスと同一。
  4. 中古車を一切購入していない。
  5. 東名阪道・名阪国道・西名阪道をひたすら走る路線がある。

偽名古屋市営バスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 3扉バスが多かったが、最近は向かって右側にも扉を付けた6扉バスが導入されている。
  2. 市バスのマークは未来に羽ばたく公共交通機関をイメージした、斬新なものだ。
  3. 高速バスを運行している。(特に東京方面)
    • もちろん、大手民間バス会社と共同運行している。
  4. 鳴尾営業所があるのは兵庫県西宮市
    • 最寄駅は阪神鳴尾駅。
    • 野並営業所の最寄は当然野並駅だ。
基幹バス
  1. 窓の形は「ねずみ」を形どったものだ
    • 車両ごとに塗色が異なっている。
      • ただし名鉄バス運行車はすべて青
    • つり革には黒い耳が付いている。
    • 車内はJ字型のロングシートだ。
    • 専用レーン内で撮影した画像をWikipedia日本語版に投稿することは禁止されている。
  2. 専用レーンは玉砂利が敷き詰めてある。
    • よく見たら路面電車だ。
  3. 基幹3・基幹4もある。
  4. 基幹1は緑営業所・御器所営業所、基幹2は中川営業所などが担当している。
  5. 専用のバスレーンは歩道だ。

偽遠鉄バスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車に対抗するため、路線バスの新車は見晴らしの良いスーパーハイデッカーやダブルデッカーだ。
  2. 路線は地区ごとにまとまっていて、浜松駅に乗り入れるのはほんの数本にすぎない。
  3. 浜松は新幹線のぞみ号が停まらなくて非常に不便な街なので、東京や大阪方面に多数の高速バスを運行している。
    • 飛行機利用も不便なので、福岡や仙台・広島などに夜行高速バスを運行している。
      • 夜行高速バスの利用を推進する為、セントレア開港を機に空港リムジンバスe-airから撤退した。
  4. グループでは豊橋鉄道や豊鉄観光など、愛知県内の名鉄グループの私鉄やバス会社を傘下に収めている。
  5. 観光バス部門では、「ンビツアー」というパック旅行が大人気。
    • 車体には、かわいらしいンビのイラストが描かれている。
  6. かつていすゞ車もすべて富士重工ボディで導入していた。
  7. 日産ディーゼルのバスも多数導入している。
  8. 日野自動車製は昔から純正ボディのみの導入で、富士重工ボディは存在しない。
  9. 三菱ふそう製は西工ボディのエアロスター-Sとエアロミディ-Sのみ。
  10. 全て中古車で形成され、新車は一台も存在しない。
    • 当然ながらハイブリッド車は存在しない。
  11. 経営の合理化の為、遠鉄バス株式会社に分社した。
  12. 路線図や時刻表は有料販売であり、インターネットの検索システムも月額有料の会員制である。
  13. アイドリングストップ中の更なる快適性を追究した結果エンジン停止中にはノイズキャンセル機能で外からの雑音を打ち消す逆周波がスピーカーから流れる
  14. 遠鉄バス株式会社
  15. バスカードが存在せず、紙回数券だ。
  16. あっという間に運賃が1000円を超える。
  17. 低速ギアでレッドゾーンまで引っ張る。

偽しずてつジャストラインの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 静岡県内全域に路線があり、愛知県、神奈川県、山梨県にも一般路線がある。
  2. 走行中は気分を盛り上げるためと言って、ある一定速度を超えると車内でメタルBGMを流す。赤信号などで停まると音楽が止む。
  3. 新静岡〜浜松間、新静岡〜三島間、新静岡〜甲府間など、安くて早い急行バスが大盛況。メタルBGMと相まって一般のお客さんや、バスヲタにも好評である。
  4. PASMO協議会に加盟している。
  5. 車両の入れ替えは15年単位で行われている。
    • 他社からの中古は入れていない。

偽東濃鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 親会社は西日本鉄道
  2. 現在でも鉄道事業を展開している。
    • 名鉄から広見線の事業を譲受した。

偽秋葉バスサービスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通り秋葉原を拠点に展開している。
偽鉄道事業者・バス事業者の特徴
鉄道事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
バス事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州