偽プロサッカー選手の特徴/海外

提供:chakuwiki
お願い
  • 新規に選手を加える場合はファミリーネーム(または登録名)の五十音順でお願い致します。
  • 当ページでは日本以外の国籍の選手を扱います。日本国籍の選手は偽プロサッカー選手の特徴/日本へどうぞ。

現役選手(アジア)[編集 | ソースを編集]

偽イ・チョンス(李天秀)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2002年W杯ではフェアプレーに徹し、サッカーファンのリスペクトを得た。
  2. 欧州リーグで大活躍。
    • ホームシックにかかったりなんかしない。
  3. ファッションが極めて地味である。
  4. 甘いマスクで「アジアのロナウジーニョ」の異名を持つが本人は謙虚に「自分ではベッカムに似てると思う」と主張している。
  5. なべやかんとは異母兄弟である。
    • むしろ、なべおさみの異名を持つ。
    • 大学受験で替え玉受験をした事がある。
  6. 日本では浦和レッズでプレー。

偽キム・ヨンギ(金永基)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 好セーブをしたときはみんなで肩を組んで右へ左へ移動しながらの大合唱をする。
    • ♪き~むよーんぎ~グッドセーブき~むよんぎ~・・・

偽モハメド・サルミーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本戦で来日の際は必ず日光へ足を運ぶ。
  2. 泣き虫。

偽アラー・フバイルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本戦では必ずオウンゴールを犯す。
  2. 先祖はイスラム教の教祖である。

偽ペ・チョンソクの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ヴィッセル神戸に入団した後、吉本新喜劇で座長を務める。

偽リー・ウェイフォンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 非常に落ち着いている。
    • もちろん、カードでなくフェアプレー賞をもらっている。
  2. 携帯電話会社を経営している。

偽リャン・ヨンギ(梁勇基)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. コール時はみんなで肩を組んでラインダンスをする。
  2. 2010年のW杯に出場した。

現役選手(アフリカ)[編集 | ソースを編集]

偽サミュエル・エトーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は日本人で、「江藤サミュエル」と表記する。
  2. 南アフリカW杯では日本代表で出場し、祖国から勝ち星を挙げた。
  3. 江東区出身。
  4. サンフレッチェからヴェルディに移籍した。

偽アサモア・ギャンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は日本人で、「朝網慈安」と表記する。
  2. 南アフリカW杯では日本代表で出場し、祖国から勝ち星を挙げた。

現役選手(南米)[編集 | ソースを編集]

偽エメルソン(マルシオ・エメルソン・パッソス)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 浦和の町が大好きなため、永住を決断。ついでに日本国籍取得も検討。
  2. オイルマネーに目がくらんだりしない。
  3. 一度も遅刻をしたことがない。
  4. 愛車はトヨタのパッソ。

偽カカの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 好物は鰹節だ。
    • またはチョコレート。
  2. 多くの選手が母と慕う。
  3. 綴りは「CACA」。
  4. 金にくらんで結局ミランを出て行った。
    • これは本当。
  5. 無神論者。
    • 同性愛にも肯定的に捉えている。

偽ワルテル・サムエルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本でバンドを組んでいたことがある。
    • 代表作「ラストチャンス」。
  2. 非常に守備が貧弱でサイドにコンバートされてしまった。
  3. ノーベル経済学賞を受賞した。

偽ルイス・スアレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 紳士的な振る舞いで知られる。
    • ましてや、試合中に相手選手を噛み付く事なんてもってのほか。
  2. 咄嗟に手でゴールを決めたことがある。

偽ナジソンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ジョジョの末裔。
  2. ゲーム会社「NADSON」の社長。

偽パトの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本名。
  2. 由来は誕生当日に親父がおまわりに捕まったことから。
  3. フリーペーパーを発行している。

偽アルトゥーロ・ビダルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 飲酒運転で捕まり自国開催のコパ・アメリカに出場できなかった。
    • もちろん、恩赦なんてあるはずもなく、その後のコパ・アメリカ・センテナリオにも出場出来なかった。

偽フッキ(ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は日本人で、本当の名前は「復帰」。
  2. 良く見たらサッキだ。
  3. ホッキ貝。
  4. 市立船橋高校出身。
  5. ポルトガルのクラブからヴェルディに復帰した。
  6. 名前のスペルが”HULK"から「超人ハルク」のように筋骨隆々の人物かと思われがちだが、名前に反して枯れ木のような体格。

偽リオネル・メッシの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 神の孫。
  2. 神の子を批判し、代表チームを追放された。
  3. 身長は190㎝を超える。
  4. 病気とは無縁。
  5. 所属クラブでは主要タイトルには恵まれていないが、国代表においては数々のメジャー大会での優勝経験が豊富。だが、意外にもMVPを受賞した事がない。

偽ロナウジーニョの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 彼の名を知る人は少ない。
  2. 現所属クラブと終身契約を結ぶ。
  3. ブラジル代表以外では「ロナウド」と名乗っている。
    • もちろんロナウドが代表から引退したら彼が「ロナウド」になる予定である。
  4. 若干16歳でアトランタ五輪の代表に選ばれる。日本戦にも途中から出場した。

偽ロペス(ウェリントン・ノゲイラ・ロペス)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. モヒカン。
    • サポーターは全員モヒカンのズラをかぶっている。
    • 試合に勝ったときは選手もモヒカン。
  2. ロペスダンスの元ネタは「氣士團」。
  3. カープやホークスで活躍。
  4. ベルマーレやアビスパでプレーし、日本国籍も取得。ワールドカップにも出場した。
  5. 元ミニマム級世界王者で、無敗のまま引退。
  6. フランス革命後に恐怖政治を行った。

偽ジュニーニョ(カルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 当然、遅刻とは無縁だ。
    • 遅刻で罰金をめぐって「退団してやる!」とゴネることもない。
  2. 帰化しようとは考えず、日本へはビジネスと割り切って来ている。

偽カボレ(エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 亀屋万年堂が販売しているお菓子だ。

現役選手(ヨーロッパ)[編集 | ソースを編集]

偽アンドレス・イニエスタの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 色黒で大柄な体格。
  2. アニメオタク。

偽ズラタン・イブラヒモビッチの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. スウェーデン人の血を引いている。
  2. リーグ優勝とは縁がない。
    • しかしスウェーデン代表をほぼ一人でW杯優勝に導くなど代表の成績で報われている。
  3. 大柄な体格ゆえ競り合いでのヘディングには定評があるが、足裁きは不器用。

偽イケル・カシージャスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ハイボールの処理に定評がある。
  2. バルサでも長年正GKを務めた。

偽ロビー・キーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は壁の男。
  2. 「一般理論」を著した。
  3. かき氷を食べられない。

偽ピーター・クラウチの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小柄でガッチリとした体格。
  2. 実は「ピーター倉内」という日系人だ。

偽シャビ・エルナンデスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. シャビだけだとシャビ・アロンソと間違われるのでフルで呼ばれる。
  2. CLのタイトルは一度も取れなかった。
  3. バスク出身。

偽シャビ・アロンソの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 地元の発音からチャビ・アロンソと呼ばれることもある。
  2. 単にシャビといえばシャビ・アロンソのことなのでフルで呼ばれることは少ない。もちろんチャビでも通じる。
  3. 兄はF1レーサー。

偽ナイジェル・デ・ヨングの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 韓国人。
    • 漢字での表記は「羅大瑛」。
  2. 2010年W杯の決勝で、シャビ・アロンソに胸部を蹴られた。
  3. ナイジェリア代表の「ナイジェリア・デ・ヨング」だ。

偽ジャンルイジ・ブッフォンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 国歌を歌わないことで有名。
  2. 幾度と無くCLを征した。

偽ガレス・ベイルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 禿が気になってきたのでスキンヘッドにした。
  2. 植毛も経験している。

偽セルヒオ・ラモスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ブラジル人のセルオ・ラモスだ。
    • 祖父はセルジオ越後、父はラモス瑠偉。
    • 従兄弟はエスクデロ競飛王。

偽フランク・ランパードの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 南アW杯のドイツ戦で彼の放ったシュートは、映像からは明らかにゴールラインを超えてないように見えたが、ゴールと判定された。後に誤審と認められキャメロン英首相がメルケル独首相に謝罪する羽目になった。
    • なお44年前のイングランドW杯では、ハーストの放ったシュートが明らかに超えているのにノーゴールとされた。
  2. 代表でのジェラードとのコンビネーションには定評がある。

偽ウェイン・ルーニーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ドイツワールドカップで退場になった時「ウソぉ~ん!?」と発言した。
  2. バーでボコボコにされた。
  3. 植毛?んなことするか!

偽アルイェン・ロッベンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ボールタッチは右足で行うことが多い。
  2. 膀胱がんを患ったことがあり、その時の抗癌剤の副作用で禿げてしまった。
    • 今でこそスキンヘッドだが、禿げる前はちょんまげが結えるほどの長髪だった。
  3. クラブでは同じく禿のベイルと共に「ロベイル」コンビとして破壊的な攻撃力を発揮する。

偽クリスティアーノ・ロナウドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ポルトガルでのプレーを望んでいる。
  2. (大)怪我しやすい。
    • 怪我が治るまで辛抱強く待ってくれたチームをさっさと見捨てて移籍する。
  3. ついに念願のセレソン入りを果たす。
  4. 「クリスティアーノ・リバウド」、「クリスティアーノ・ロナウジーニョ」もいる。
  5. 全身にタトゥーを掘っているのを隠すために、常に長袖でプレーしている。
    • ゴールの際に上半身裸で感情を露わにすることは決してない。

引退選手・監督[編集 | ソースを編集]

偽ハビエル・アギーレの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ワールドカップのドイツ大会とブラジル大会で自国をベスト16に導いた手腕を買われ、ザッケローニの後任として日本代表監督に就任。
    • しかし、クラブ監督時代の八百長疑惑により逮捕されたため、JFAは彼を解任した。
  2. 法律事務所を経営している。

偽アルシンド・サルトーリの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. モヒカンヘアーで有名。
  2. 鹿嶋に永住した。
  3. 鹿島アントラーズでは英雄扱い。
    • コンサドーレ札幌でも。
  4. フランスの哲学者。
  5. 口癖は「あーしんど」。
  6. 「アルシンド・トリイーヌ」もいる。

偽アン・ジョンファン(安貞桓)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2002年W杯でオウンゴールを犯し、国に居られなくなった。
  2. 日本より欧州での活躍が光る。
  3. 顔が濡れると元気がなくなる。
    • その際はジャムおじさんに新しい顔を持ってきてもらう。
  4. ルックスに関してはあまり良い評価は聞かれなかった。

偽ティエリ・アンリの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 上背とフィジカルを活かしたヘディングで点を量産していた。
  2. 足元のコントロールは悪い。
  3. EURO2000の決勝ゴールを彼が決めて歓喜に湧く場面があった。
  4. ジダンとの相性が悪く、ジダンのセンタリングに合わせて得点したことは一度もない。
  5. 南アW杯の予選で手でシュートを止めたとしてレッドカードを食らった。
    • しかし相手のアイルランドはPKを外してしまった。

偽レネ・イギータの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 基本的にペナルティエリアの外には出てこない。
  2. ブラジルW杯の日本戦で47歳にして記念出場し、W杯の最年長出場記録を更新した。

偽イルハン・マンスズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本でしか活躍できなかった外国人助っ人タイプ。
    • 特にヴィッセル神戸では大活躍だった。
  2. 先祖は日本人で、入間藩の藩主だった。
    • 日本名は入飯万鈴。

偽パトリック・エムボマの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本より欧州での活躍が光る。
  2. そばが大好物。
  3. 旧中津江村とは無縁。
  4. 愛称は「パックン」。

偽アルパイ・オザランの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本でしか活躍できなかった外国人助っ人タイプ。
  2. Jリーグ時代は冷静沈着なプレーでチームに貢献した。
  3. W杯日本戦ではトルコの決定的チャンスを外したため破れ、国民からは「QBK」として非難された。

偽イビチャ・オシムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本代表の監督になる際、ジェフ千葉のファンは誰も止めに来なかった。
    • フロントも電話一本で快諾した。
  2. スポーツ紙で「名残惜しむ監督」と比喩される。
  3. 実は日本代表監督は、イビチャの方ではなく息子のアマル・オシム氏がなった。
  4. 言い訳を一切しない。ええ、記者会見でマスコミに突っ込まれそうなことを先に言ったりなんか、絶対にね。
  5. 口下手だ。
  6. 別名ジェフ古川で、イジリー岡田とギルガメを共演していた。
  7. 現役時代は気性が荒くて有名だった。
  8. 計算がすんごい苦手。
  9. 練習中、ビブスの色が多くてよくわからなくなる。
  10. コーチに怒られて泣く事数回。
  11. 日本を南アフリカに導いた。

偽オゼアス(・レイス・ドス・サントス)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登録名は尾瀬明日。
    • 明日は尾瀬で試合。
    • 座右の銘は「尾瀬、明日」
  2. 出場した試合は必ず負けるというジンクスを持っており、即刻解雇された。
    • クラブの暗黒時代の象徴で、入団した事実は無かったことにされている。
      • サポータの間でも戦犯呼ばわりされている。

偽オリバー・カーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は壁の男。
  2. 2002年のワールドカップではゴールを許しすぎて、味方はそれ以上にゴールを挙げる羽目になった。
  3. 私生活面でも偉大な選手であった。

偽カフーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜F・マリノスと契約に至った。
    • 帰化して「嘉風」の日本名を付ける。
  2. 中国語では「雅虎」。
  3. 登録名は「Kahoo!」

偽ファビオ・カンナヴァーロの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日韓ワールドカップでキャプテンを務め、世紀の誤審問題の中で優勝して脚光を浴びる。
    • その後は不調に苦しむが、ドイツワールドカップでは予選敗退して目から覚めた。
      • 南アフリカワールドカップでは開眼し、チームを2大会ぶりの世界一に導いた。

偽ロイ・キーンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は壁の男。
  2. 「一般理論」を著した。

偽グティ(ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. クラブ1のイケメン。
  2. 彼に似た選手が入団して来た際は、彼と見間違えたファンがキレて暴動に発展した。

偽ヨハン・クライフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 極度の高所恐怖症で、「飛ばないオランダ人」と呼ばれた。
  2. 極めて高い個人技を誇った。
  3. 西ドイツ大会では”ロンリーフットボール”を提唱したが、チームは大惨敗に終わり、国民から戦犯扱いを受けた。
    • もしくは西ドイツを粉砕し優勝に貢献することができた。
  4. 大の嫌煙家で有名だった。

偽デットマール・クラマーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 指導者としてより選手として実績を残している。
  2. 日本代表の監督も務めた。
  3. 大相撲の元関脇。

偽ティム・ケーヒルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ゴールの際はゴールポストに向かってシャドーボクシングするのがお決まり。
  2. ヘディングは苦手。

偽イバン・サモラーノの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 国歌を歌わないことで有名。
  2. ヘディングを好まなかった。

偽ジーコの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛称が「黄色いペレ」。
  2. 元韓国代表監督である。
  3. 現役時代、一部から「鹿島の河童」と呼ばれた。
  4. 今も住友金属サッカー部でプレーしている。
  5. 金のゴミ箱賞を受賞した。
  6. 今までに愛車を何台も事故廃車にしている。

偽シジマール・アントニオ・マルチンスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 服部年宏が飼っている犬だ。
    • 食いしん坊で特にチクワが好物だ。
  2. 短手。

偽ジネディーヌ・ジダンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 最後の最後にやらかさない。
  2. 和田一浩(中日ドラゴンズ)。
  3. 中国に対してとても好感を持っている。
  4. 当然「ルーレット」はカジノでしかしない。
  5. フランスワールドカップ決勝では決定的なヘディングを2本とも外した。
    • 外したと言うより滑っ(ry
  6. ファイナルファンタジーシリーズで主役をやっている。
  7. 頭突きが大好き。
    • 地団駄も。
  8. カップヌードルが主食。
  9. 社会奉仕活動が趣味。
  10. マテラッツィとは示談に至った。
  11. 煙草の銘柄としても有名。

偽サルヴァトーレ・スキラッチの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 秘技「テカテカシュート」。
  2. 実はワールドカップに出た事なんて無い。
    • 得点王を取った事も無い。

偽ドラガン・ストイコビッチの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「ピクシー」とは悪魔という意味だ。
  2. イエローカードやレッドカードとは無縁だった。
  3. 怠慢プレーで名古屋人から嫌われている。
  4. 日本でしか活躍できなかった外国人助っ人タイプ。
  5. ナゴヤドームには彼を記念してピクシーゲートがある。
  6. 実は未だ現役で昨年の横浜M戦ではゴールも記録している。
  7. 鮎や納豆が大の苦手。

偽イリアン・ストヤノフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 監督に歯向かうことなどありえない。
  2. 琴光喜とメル友だ。
    • ×××のハンデ師でもある。
  3. ストイチコフとは大の仲良し。
  4. 毛髪量が豊富。
  5. ロシア料理。

偽ズデネク・ゼーマンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 超守備的フォーメンションを布く穏健派監督。
    • いつでもどこでも「4-4-2」。
  2. ユーベのドーピング疑惑に対してユーベを擁護した。
  3. クララの父だ。

偽トニーニョ・セレーゾの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本嫌いで知られる。
  2. 金のゴミ箱賞を受賞した。
  3. 実はセレッソ大阪の監督経験もある。

偽ソクラテスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「悪法もまた法なり」の言葉を残して自ら命を絶った。
  2. Jリーグ黎明期に活躍した。
  3. 「教授」と呼ばれた。
  4. 金のゴミ箱賞を受賞した。

偽アリ・ダエイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 国際Fマッチどころか、代表にも選ばれなかった。
  2. ディフェンダー。
  3. 実はダイエーの選手だ。
  4. 現在は事業に失敗し借金まみれ。

偽チェ・ヨンス(崔龍洙)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元ボクシング世界チャンピオンで現在はK-1に参戦中。
  2. Kリーグで選手生活を全うした。

偽ラモン・ディアスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜フリューゲルスに所属していた。
  2. ほとんど右足だけでゴールを量産したが、現役最後のゴールは左足で決めた。

偽デコの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 広い額がトレードマーク。
  2. 何でも飾り立てるのが好きだ。

偽ドゥンガの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ブラジル代表の前にクラブチームの監督を経験している。
  2. 性格は穏やか。
  3. ブロック崩しが得意で、いつもチームメイトを負かしていた。
  4. 2010年のワールドカップで母国を優勝に導いた。

偽フランチェスコ・トッティの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女性のような顔立ちで有名に。
    • 王女様だ。
  2. 選手としては大成しなかったが、ウイニングイレブンの世界大会で優勝を収めた。
  3. かなりの秀才。
  4. ローマには縁も愛着もない。
  5. 取ってぃだ。
    • 取手ぃだ。
  6. 愛車は日産の軽自動車だ。
  7. 映画「トッツイー」の主人公だ。
  8. ドイツW杯を最後に引退。

偽フィリップ・トルシエの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 選手達には個人技重視の自由なサッカーをさせた。
  2. 実は素人で、某通訳が牛耳っていたことが判明。

偽ハオ・ハイドンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 移籍金200億円でイングランドへ行った。
  2. 欧州人。
    • 作曲家の子孫。

偽パク・チソン(朴智星)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. Kリーグでもプレーしている。
    • 国外はおろか、他クラブにも移籍せず、プロキャリアをスタートさせたクラブ一筋で現役を終えた。
  2. 欧州での評価はいまひとつ。
  3. 無尽蔵なスタミナと運動量から「ガスボンベ」の異名を持つ。
  4. 京都が嫌いだ。
  5. ワールドカップでは全然活躍できなかった。

偽カルロス・バルデラマの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リーガ・エスッパニョーラでの活躍が目立つ。
  2. 右サイドバックだ。
  3. 沖縄の無人島を購入して「把瑠照間島」と命名。

偽ビスマルク・バレット・ファリアの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ドイツ人。
    • 先祖はドイツの首相である。
  2. 鉄拳制裁で有名。
  3. イスラム教徒で、ゴールを決めたらメッカへ向かってお祈り。

偽ロベルト・ファルカンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本代表監督就任を打診されたが固辞した。
  2. 金のゴミ箱賞を受賞した。
  3. キャリアの終わりとリタイヤ後は日本で活躍した。
  4. 世界的フットサルプレーヤーだ。

偽ルイス・フィーゴの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. バルセロナのファンは彼が大好き。
    • レアル時代、コーナーキック時にビール瓶や豚の頭なんて投つけられない。
  2. ドリブルが苦手で、スピードも遅い。
  3. 「スシはちょっと・・・」
  4. 若林豪。
  5. 中華料理店を経営していたことがある。

偽ルディ・フェラーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 童顔である。日韓W杯で母国監督を務めた際の風貌は20歳に達するかどうかの青年と変わらなかった。

偽ギド・ブッフバルトの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本を去る時、白熊に乗って別れを告げた。
  2. クリンスマンとは犬猿の仲である。
  3. シュトゥットガルトとは縁もゆかりも無い。
  4. 日本に住んでいた時、最も苦手としていた食べ物がしゃぶしゃぶだった。

偽ミシェル・プラティニの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. フランス人は彼の姿を見ると「マンセー!」と叫ばなくてはならない。
  2. 試合前の国歌斉唱では「ラ・マルセイエーズ」を熱唱していた。

偽デイヴィッド・ベッカムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. フランスワールドカップではシメオネに報復され一躍ヒーローになった。
    • 大会後に後の奥さん(ヴィクトリア)とアメリカに逃旅行しない。
      • 長男の名前も「ブルックリン」にならない。
        • その後のワールドカップ予選で活躍しても国民は受け入れてくれなかったため、未だにアメリカにいる。
    • 日韓ワールドカップではシメオネと握手し和解した姿が全世界に中継された。
  2. 年々大人気なくなりキャプテンなんてとてもじゃないけど任せられない。
  3. プレースキックやクロスが大の苦手。
  4. ハードモヒカン。
  5. かなり目立たない。試合中もどこにいるか目を凝らしてみないとよくわからない。
  6. MLBドラフトで全体1位指名を受けた。
    • NFLドラフトでも全体1位指名を受けた。
    • NBAドラフトでも全体1位指名を受けた。
    • MLSドラフトでは指名どころか相手にもされなかった。
  7. 南アフリカでは監督兼選手兼主将としてチームの快進撃に花を添えた。

偽フランツ・ベッケンバウアーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. バイエルン・ミュンヘン一筋だ。
  2. 「ペンギン」と呼ばれた。
  3. 実はフランス代表の「フランス・ベッケンバウアー」である。
  4. ヘディングの時には上体を後ろに反らす。

偽デニス・ベルカンプの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「空飛ぶオランダ人」と呼ばれた。
  2. 飛行機なんて平気。
    • そのため、母国が日韓ワールドカップの出場を逃した時は飛行機に乗る機会が出来なかったせいか、とても残念がっていた。
  3. トラップが苦手。

偽ペレの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 王子様。
    • 王女様。
    • 日本名「王貞治」。
  2. 女性スキャンダルとは無縁だ。
  3. アメックスのCMに出て、「出かけるときは忘れずに」のセリフ。
  4. ヨーロッパのクラブで大活躍した。
  5. 祖国ブラジルではチームをどん底に突き落とした戦犯扱い。「サッカーの王様」と呼ばれるなど以ての外。
    • もちろん優勝に貢献することすらできなかった。
  6. 自身のワールドカップの予言は言っていいほど当たる。
    • ただし2006年の予言は外れた。

偽ホン・ミョンボ(洪明甫)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本ではジェフユナイテッド市原と川崎フロンターレでプレー。
  2. 2002年の日韓W杯には出場できなかった。

偽ヘニー・マイヤーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 記念すべきJリーグの初得点を挙げたが、後に相手のオウンゴールとされてしまった。
    • その後も活躍を続け、初代得点王に輝く。
  2. 実はスキー選手だった。

偽クロード・マケレレの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 道の掃き掃除が趣味。
    • ウクレレじゃない?
  2. スタミナに自信が無く、試合では真っ先にバテる。
  3. 彼がチェルシーへ移籍したお陰で、レアルの守備が飛躍的に安定した。

偽ローター・マテウスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. そのキャリアの長さから「超人」の異名を持つ。
  2. FWから始まりDFまで務めた。上述のキャリアの長さもあり日本では男版澤穂希とも言われている。

偽ディエゴ・マラドーナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高身長である。
  2. 麻薬に手を出さない。
  3. 現役時代は無名で指導者になってから頭角を現した。
  4. 「国富論」を著した。
    • 「神の見えざる手」を主張した。
  5. 現役時代よりスリム。
  6. エアガンで人を撃つなんてとんでもない。
  7. ブラジル人。
  8. 愛称が仏の子。
  9. 日本のクラブでもプレーした。
  10. 引退後はゴルファーに転進した。
  11. 右足しか使わなかった。

偽ユ・サンチョル(柳想鐵)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現役時代はトップ下で活躍。他のポジションは全くこなせなかった。
  2. 城彰二に前歯を折られた。
  3. 日本ではヴェルディ川崎とジェフユナイテッド市原でプレー。

偽フローデ・ヨンセンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日当4000円だ。
  2. 1ヶ月に4戦しか出場しない。
  3. 練習をサボって風呂ばっかり入っている。

偽ラウール・ゴンサレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. プロサッカーとプロテニスを掛け持ちしている。
  2. 2008年、ドーピング検査でシャブが発覚して所属球団から解雇された。
  3. ゴール前での嗅覚は異常で、どんな小さな痕跡でも見逃すことはない。
    • そのため、警察・災害現場での活躍が目立つ。
  4. アトレチコ・マドリードの選手だ。

偽ピエール・リトバルスキーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現役時代は専らドイツで過ごした。
  2. 引退後は日本で指導者経験を積み、代表監督を務めた後JFAにも入った。
  3. 愛称はヒッキー。
  4. 横浜FC・福岡の監督時代はチームを上位に導いた。
  5. 「リトバス」とはこの人の略称だ。
    • というか「リトルバスターズ!」のモデルになった。

偽ゲーリー・リネカーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 食らったイエローカードやレッドカードは数知れずギネス記録を持っている。
  2. 選手としての全盛期に来名。
  3. 日本でしか活躍できなかった外国人助っ人タイプ。
  4. 名古屋で英会話スクールを開いているという噂が出ている。
  5. 食用酢のことだ。
  6. ×××をする癖が多い。

偽リバウドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金獅子賞を受賞した。
  2. 黄金の中盤を支えた。
  3. アジアのクラブになど行かない。
  4. 減量してもまたすぐに太ってしまう。

偽イェンス・レーマンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 私生活でのスキャンダルが多く、人気・実力の割には代表でのキャリアは控えめ。
  2. 試合中に便意を催すクセがある。
    • 敵チームからは「×××野郎」と呼ばれ恐れられた。

偽アルバロ・レコバの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 毎試合、常に安定したプレイをするが飛び抜けたプレイもしない。
  2. インテルのオーナーであるモラッティには嫌われている。
    • その結果直ぐに他チームにレンタルに出された。
  3. 愛称のチーノ(中国人)を気に入っている。

偽ロナウドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ムック。
  2. 油断するとすぐ痩せる。
  3. インテルのファンは彼が大好き。
    • 日韓W杯で完全復活を果たすと、レアルへの移籍話を瞬く間に蹴ってファンを喜ばせた。
  4. これまで怪我とは無縁の現役生活を送っている。
  5. よくみたらドナルドだ。
  6. 美女を連れ込むことに成功した。
  7. 「子連れ狼」に出演したことがある。
  8. ポルトガル出身。

偽ロマーリオの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. フランスW杯落選を機に引退した。
  2. 社会問題には無関心で、政治家を志そうとした気は一切ない。

偽ワシントン(・ステカネラ・セルケイラ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 先祖は初代大統領。
    • またはアメリカ・ワシントンDC出身。
  2. 冷静沈着なプレーで評判だが、決定力不足。
  3. 健康体。
  4. 大阪エヴェッサのプロバスケットボール選手。
  5. ダイエーのプロ野球選手。