偽プロレス団体の特徴

提供:chakuwiki

※見易くするため追加の際は50音(頭にプロレス(リング)が付く場合はそれ以降)にてお願いします。

独立済み[編集 | ソースを編集]

偽アイスリボンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リングのロープが凍ったリボン。
  2. さくらえみ退団とともに解散した。
  3. 男子は試合どころかレフェリーすらリングに上がれない。
  4. 練習生は中卒以上25歳以下でないと採らない。
    • しかも厳しいオーディションとプロテストが課される。
  5. 興行は年に数回しかない。
  6. もちろん旗揚げ当初よりリングで試合している。

偽KAIENTAI-DOJOの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 創設者はこの人
  2. 道場なので練習しか見さしてもらえない。
  3. ここの資本が入っている。

偽JWP女子プロレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 社長は神取忍。
  2. 10周年目前に解散した。

偽スターダムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 井上京子が旗揚げした。
  2. 篠崎愛をスカウトした。
  3. 道場付きで旗揚げした。
  4. 所属選手はキャリア20年以上の大ベテランばかりで若手が皆無。
  5. 普段は新宿FACEで興行を打つ。
    • しかも観衆は50人を割る興行ばかり。
  6. ダークエンジェルは間違ってもここでは試合をやらないと決めている。
  7. 看板はカナアユ。
  8. 旗揚げと共に風香が現役復帰した。

偽SMASHの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 率いるは坂田"スマッシュ"亘。
  2. 実はプロ卓球団体。

偽CMLLの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 21世紀に旗揚げされた新しい団体。
  2. 読みはもちろんシーエムエルエル。
  3. タイトルマッチは1本勝負。

偽プロレスリングZERO-ONEの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 3・2・1・0・ドッカーン!
  2. ノアとの抗争が実現(?)した。
  3. 橋本亡き後みんな新日に帰った。
  4. 社長は火祭りをして逮捕されたことがある。

偽大日本プロレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 戦前から続く老舗団体。
  2. 純プロレスしか認めない。デスマッチ?何?それおいしいの?

偽TNAの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 旗揚げ当初より一貫して四角いリングのみ。

偽DDTプロレスリングの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アイドル事務所だ。
  2. 団体内でやりくりしているので、驚きがない。
  3. 試合ではDDTを使わなければならない。
  4. 日本武道館で華々しく旗揚げしたが、最近は北沢タウンホールを埋められるかどうかが精一杯。
  5. 副業などない。
  6. 中国に進出した。

偽DRAGON GATEの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「天下一武道会」を主催している。
  2. 藤波辰爾が社長だ。
    • 入場時は派手さを出すためドラゴンリングインで行う。
    • 一方、天龍源一郎とは無縁。

偽みちのくプロレスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東北以外では興行をしない。
  2. 本社を移転したことなどない。

偽WRESTLE-1の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ボブ・サップのために旗揚げした。
  2. 毎回必ずK-1の試合も提供される。
  3. 全日本を追われた白石が旗揚げ。
  4. 高木三四郎はDDTを辞めてCEOに就いた。