偽プロ野球選手の特徴/セ・リーグ

提供:chakuwiki

偽プロ野球選手の特徴 > セ・リーグ

中日ドラゴンズ[編集 | ソースを編集]

偽伊藤準規の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元々はサッカーをやっていたが、父親の指導方針に反発して野球に転向した。
  2. 最初に好きになったプロ野球選手は野中徹博投手だ。
    • 彼の母校と間違えて、岐阜の中京高校に入学した。
  3. 阪神の中継ぎエースだったことがある。
  4. CBCのスポーツアナウンサーだ。

偽大島洋平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父親は勿論、'82年のセリーグ制覇に貢献し、後に日ハムに移籍して名球会入りを果たしたあの人だ。
    • 妹はAKB48の(ry
  2. 入団当初から背番号5を与えられた。
  3. AKBの大島優子・涼花は妹である。

偽小笠原慎之介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小笠原諸島出身である。
  2. 「あずきちゃん」に登場する。
    • CV:宮崎一成
  3. トークが大の苦手でバラエティ番組には一切出ない。

偽髙橋宏斗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 侍ジャパン最年長。
    • もちろんシャンパンファイトには参加出来た。
  2. 高校卒業後は最初からプロ入りするつもりだった。
  3. 高橋由伸が大好き。
    • なので彼のバッティングフォームを真似したことがある。
    • 逆に山本由伸を蛇蝎の如く嫌っている。
  4. アメリカのメジャーリーガーについてとても詳しい。

偽中島宏之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. グリップエンドをベルト付近で構える。
  2. チーム内に中島姓の選手が複数いるが、ユニフォームの表記は「NAKAJIMA」。
  3. Hey! Say! JUMPのメンバー。
  4. ベガルタ仙台の選手。
    • 鹿島アントラーズからの期限付き移籍だったが、完全移籍になった。
  5. 「中島らも」の名前を初代の死後に引き継いだ。
    • 「ひろし」と読む。
  6. キラッ☆

偽中田翔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「白い恋人」が大嫌い。
    • 「北海道の印象は?」と訊かれたときには「マルセイバターサンド」と答えた。
    • 「白い恋人」を一気に5箱食べるなんてありえない。
    • 「白い恋人」賞味期限1ヶ月先延ばし問題が、自分の高校が甲子園に出場できなかった理由だと思っている。
  2. 高校時代のヒットはほとんどが内野安打、本塁打なんてありえない。
    • 87本打ったのは、内野安打だ。
  3. 30手前で引退して、世界を旅しようと思っている。
    • その「旅人」は親戚だ。
  4. 決しておバカではない。
  5. 朝青龍を野球に誘い、例の事件の火種を作った。
  6. 別名「ブログの王様」で、「飛び出せ!!科学くん」にも出演。
    • アニメにも精通し、猫が大好き。
  7. 天性の走塁技術を持つ。
  8. 月の小遣いは3千円。
    • それでも余ってしまう。
  9. 母親は元バレーボール選手だ。
  10. AKBの中田ちさとは妹である。
  11. とにかく弱弱しい

偽根尾昂の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 投手と内野手の二刀流に挑戦し見事失敗した。
  2. 地元飛騨の無名校に進学し中日に一本釣りされた。
  3. ルーキーイヤーから一桁背番号にふさわしい大暴れだ。

偽ダヤン・ビシエドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. キューバ政府の許可を得てNPB入りした。
    • もちろんMLBでの出場歴などあるわけがない。
  2. 阪神戦で全く打てない。
  3. 今なお単身赴任状態。
  4. 登録名は母方の姓の「ペレス」を使っている。

偽涌井秀章の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 松坂大輔を軽蔑している。
  2. 完投する気がさらさら無い。
  3. 和久井映見の弟だ。
  4. 顎のラインがスッキリしている。
    • 典型的なツリ目。
    • 目を見開いた猛獣のような眼力である。
  5. 松戸に住んでいる。
  6. 倉本聰のドラマ「優しい時間」に出演した。
  7. ダルビッシュ有と犬猿の仲。
  8. ヒーローインタビューでは常にテンションが高く、愛嬌を振りまく。
  9. 明るいキャラクターをかわれて、映画「踊る大捜査線THE MOVIE」にいかりや長介演じる和久さんの孫であるが極悪な少年犯罪者役で出演
  10. 平井理央
  11. 交流戦で、勝手に予告先発はしない。
  12. つくってあそぼに出演していた。
    • 本名は久保田雅人である。
  13. 妻は蛯原友里だ。

偽柳裕也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2023年、ホームでの試合で全勝した。
    • ノーヒットノーランも達成出来た。
  2. 中日イケメンランキングで2位にランクインし、小笠原から納得の2位と評された。

東京ヤクルトスワローズ[編集 | ソースを編集]

偽青木宣親の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 阪神鳥谷とは慶応大学の同級生。
  2. 打撃が悪くシーズン100安打がやっと。
    • 鈍足だが強肩。
    • 打球は外野に飛ぶのがやっとだが、投げればホームベースからスタンド上段まで余裕でいく。
  3. イケメンプレイヤーとして女性誌になんか出ない。
    • 出るのは○○ドキュメ(自主規制)といった雑誌だ。
  4. 球団公認女子マネジャーのグラビアアイドルと結婚。青木姓となったその妻はお笑い芸人に転じ「どこ見てんのよォー!!」のギャグで大ブレイク。
  5. 入場曲は「バカサバイバー」
  6. 名字の読み方は「おおぎ」だ。
  7. 青木さやかは姉だ。
  8. 京都でタクシー会社を経営している。
  9. 背番号1を若松氏から断られる。
  10. 実は三兄弟の長男と三男の合体。合体前は2人ともオートバイレーサーだった。

偽石川雅規の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「おーい磯野~!」(中島
  2. 長身から投げ下ろす速球が武器。
  3. ノーコンピッチャー。
  4. 良く見たら若松だった。
  5. アンインストール
  6. 登録名は「タージン」だ。
  7. 身長199センチだ。
  8. このクラブの右サイドのアタッカー。
  9. 「越冬つばめ」がヒットした。
  10. 兄はタージン。

偽石山泰稚の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪城の近くで生まれ育った。
    • 実家は浄土真宗の寺院。
  2. 下の名前をよく見ると「泰雅」だ。
    • 「たいが」と読む。
  3. 入団からずっと中継ぎ一筋だ。

偽小川泰弘の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マウンドに立った時の喜怒哀楽の差が激しい。
    • そのため実況パワフルプロ野球の選手データの特殊能力で「短気」がしょっちゅうついている。
  2. 高校時代から創価高校に通っていた。

偽田口麗斗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 阪神戦にはめっぽう弱い。
    • 阪神戦になるとノーコンぶりを発揮する。
  2. 読み方は普通に「たぐち れいと」。
  3. 2mを超える長身だ。
    • その割にガリガリ。

偽西川遙輝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 守備の人でエラーは0。
  2. 打撃はからきしダメ。
    • 鈍足で、盗塁・走塁もド下手だ。
  3. 不細工
  4. 母親が西川峰子だ。
  5. アウトカウントやボールカウントを間違えるなんてありえない。

偽村上宗隆の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 水軍衆の末裔だ。
    • あるいはかつて阪神電鉄を乗っ取ったファンドの主。
  2. 2019年シーズンには大活躍したが近本に新人王をさらわれた。
    • しかもまだ10代ということで4番は務められなかった。

偽山田哲人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登録名では山田「てつじん」と読む。
  2. ホームランは多いが鈍足。
  3. どんな球でもすぐ振ってしまう。
  4. 遊撃手として侍ジャパンに召集されたことがある。
  5. トリプルスリー達成を記念して背番号を33に変更した。

読売ジャイアンツ[編集 | ソースを編集]

偽岡本和真の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ルーキーイヤーに4番として起用されたことがある。
  2. NPB史上最年少でのトリプルスリー達成者。
  3. 自分で自分のことを「ビッグベイビー」と呼んだ。
  4. 自らは関西人なので巨人からの指名を拒否し、1年浪人して阪神に入団した。

偽オコエ瑠偉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ブラジル出身。
    • Jリーグカレーを食べると変身できる。
  2. パワーはあるが足が遅い。
  3. 想像を絶する音痴。

偽小林誠司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 広島県出身で、大阪桐蔭卒業後プロ入り。
  2. 見た目が阿部慎之助と瓜二つ。
  3. 肩が弱い。足も遅い。
    • しかしその代わりパワーがあり、4番打者に抜擢されるほどのホームランを打つ。
  4. 元阪神の某外国人のように脚での死球を狙う。
  5. セ界にしか通用しない男と呼ばれる。

偽坂本勇人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. けがから復帰した二岡にあっさりポジションを奪い返された。
  2. 全試合代打で出場した。
    • 勿論、スタメンには一度もなっていない。
  3. ペリーヌに片思いされている。
  4. 双子の弟「寿人」は、広島で主力として活躍中。
  5. 阪神には非常に相性が悪い。
  6. 谷佳知の養子となり「谷勇人」に改名した。
  7. 名字の正式な表記は「坂元」だ。
    • 「坂下」かもしれない。
  8. 幕末志士の片割れで、「坂ちゃん反転」でよく好守備を見せる。
  9. 同級生の楽天田中将大とは何も接点がない。
  10. 平成になってから生まれた。
  11. さかもとゆうと
  12. 坂本九の孫。
  13. 青森県八戸市出身。
    • 兵庫県の高校へ野球留学。
  14. 右投げ右打ちなので、普通に右利きだ。
  15. 宮本慎也が大嫌いだ。
    • というより、先輩遊撃手に対する敬意がまるでない。
  16. 巨人ファンで、アンチ阪神。

偽菅野智之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本当は巨人に入りたくなかった。
  2. 親戚にプロ野球選手は誰もいない。
  3. ノーコンで悪名高い。
  4. アーケードゲームをこよなく愛している。
  5. かんのともゆき。
    • 野智之。

偽大勢(翁田大勢)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「おおぜい」だ。
    • 当然のように複数名いる。
  2. 登録名が本名だ。
    • 「大」が名字で「勢」が名前だ。
  3. 緊張しやすい性格で「大勢はガチガチ」と皮肉られている。

偽長野久義の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 巨人が大嫌い。
    • でも巨人があまりに熱心なので3度目の指名でついに入団することになった。
  2. 無論「ながの」。
    • 松本」が異様に敵視してくるが無視。
  3. 入団前から女子アナと浮き名を流すなんてありえない。
  4. 黒のカリスマである。
    • 大晦日には某芸人に強烈なビンタをかませるのが恒例になっている。
  5. 三宮で信州そばの店を経営している。
  6. 英語が全く話せない。

偽戸郷翔征の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1年目にCSと日本シリーズで勝ち投手になるという快挙を成し遂げた。
  2. 2020年シーズンには森下と新人王を争い惜しいところで敗れた。
  3. 「どげんかせんといかんボール」の使い手だ。

偽丸佳浩の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小顔。
  2. 背番号が「0」になった。
  3. 登録名は「○」である。

偽吉川尚輝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 腰の状態には無頓着だ。
  2. ショートとしては使い物にならないと各方面から酷評されている。
  3. 人生は結果だけでは評価できないと思っている。

横浜DeNAベイスターズ[編集 | ソースを編集]

偽東克樹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1年目はさっぱりだったが2年目に大ブレイクした。
  2. 苗字は「ひがし」と読む。
  3. 「ハマのアザラシ」という愛称がある。

偽大田泰示の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本ハムでも背番号55を付けたことがある。
  2. 普段から気性が荒い。
  3. 巨人時代には大暴れしていたが日ハム入りしてからさっぱり打てなくなった。

偽大貫晋一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 阪神尼崎駅の近くでラーメン店の経営を経営している。
    • そのため、本人は阪神への移籍を強く望んでいる。

偽京田陽太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通り強打しか取り柄がない。
    • 守備はボロボロだ。
  2. かなりの練習嫌い。
  3. 入団時の背番号51を今後も背負い続ける意向を明らかにしている。
  4. 某監督から「戦う顔をしている」と褒められたことがある。

偽桑原将志の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でも時々セカンドで起用される。
  2. 下の名前はもちろん「まさし」と読む。
  3. とにかく地味でムードを盛り上げることなど全くできない。

偽佐々木千隼の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 背番号72。
  2. 佐々木朗希の入団により登録名を「千隼」に変更した。
  3. パクチーの香りを好む。
  4. ドラフトでは1巡目の最初の指名で5球団が競合した。

偽佐野恵太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 入団当初は背番号にちなみ「バースの再来」と期待された。
  2. 筒香がメジャー入りした後はチコちゃんのお気に入り選手になっている。
  3. キャプテンになろうが4番を務めようが応援歌は作ってもらえない。

偽筒香嘉智の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「不都合嘉智」だ。
  2. 神奈川県出身で和歌山の高校に野球留学。
  3. 背番号の「25」の隣に小さく「2」が付け加えられ「225(つつごう)」になっている。

偽トレバー・バウアーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 沢村賞を受賞したことがある。
    • このため、横浜移籍前もNPBに在籍していた。
  2. YouTubeと無縁。
    • いや、自身のチャンネルは持っているがゲーム実況がメインだ。
  3. 全くと言っていいほど日本に興味がない。
    • 休日は日本観光なんぞせずに練習に専念している。
    • 特に日本のゲームや漫画を徹底的にバカにしている。
  4. 一般客に混じって自分のチームの試合を観戦するなんて有り得ない。
  5. イナバウアーができる。
  6. 牽引車だ。
    • スクラップ寸前でエドワードに助けられた。

偽牧秀悟の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2021年のセ・リーグ新人王。
  2. 平成最後のサイクルヒット達成者となった。
  3. ウクレレの名手として知られる。
  4. 学生時代から時々外野も守っていた。

偽宮崎敏郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ハマのミッキーだ。

偽森唯斗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 未だにアナウンスで森福と間違えられる。
  2. サファテとは犬猿の仲だ。
  3. プロ入り後にジャンボ尾崎からゴルフへの転向を勧められたことがある。

偽山﨑康晃の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父親がフィリピン人で母親が日本人。
    • 一時期フィリピンに住んでいたこともある。
  2. 登場時にはスタンドが静まり返る。
  3. やたらと牽制球を投げる。
  4. 「公式はもっと煽れ。バカチン。」とツイートしたことがある。

偽大和(前田大和)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 宇宙戦艦だ。
    • あるいは艦娘。
  2. かつて銀行を経営していた。
  3. 本名の「前田大和」で活躍している。
    • ちなみに読み方は「だいわ」。
    • あるいは苗字が「大和」である。
  4. 神奈川県大和市出身。
  5. 石川県金沢市百貨店を経営している。
  6. 体重130キロを超える巨漢。
    • 2013年現在で現役最重量の選手だ。
  7. 兵庫県姫路市屋敷を保有している。
  8. 守備がヘタ。1シーズンと通算のフィルダースチョイス最多記録保持者で投手に迷惑かけまくり。
  9. 2017年にDeNAから阪神にFA移籍した。

広島東洋カープ[編集 | ソースを編集]

偽會澤翼の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ファンには一般的に「会沢翼」として認識されている。
  2. 選手会長就任時から「キャプテン翼」というニックネームが付いた。
  3. どう頑張っても打力が伴わない。

偽秋山翔吾の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父はもちろん秋山幸二。
  2. 高校時代は軽音楽部だった。

偽大瀬良大地の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 顔がハムスターに似ている。
  2. 背番号14は過去の着用者が若くして没したため早く変えたいと思っている。
  3. 体がセラミックのように頑丈で負傷離脱歴など一切ない。
  4. トータテのCMに出ている。

偽菊池涼介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 守備が壊滅的な有様だ。
    • そのエラーはMLB関係者にも嘲笑されたほど。
  2. 超が付くほどの堅物。
  3. 背番号変更を打診され入団当初に希望していた7へ変えた。
  4. メジャーよりも巨人に行きたい。

偽九里亜蓮の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 純日本人だ。
  2. くり」だけに秋口にならなければ活躍しない。
  3. 実は阿波踊りの連の1つだ。

偽栗林良吏の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 先発でも問題なく使える。
  2. 東京五輪では炎上を繰り返しチームの足を引っ張ってしまった。
    • 一方、WBC2023では決勝戦まで大活躍。
  3. 「クリリン」という愛称がある。

偽小園海斗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 外れ1位で獲得した選手だ。
  2. この人の声を使ったVOCALOIDがある。
  3. 1年目から開幕戦のスタメンに入るなどかなりの大活躍。
  4. 趣味は凧上げ。

偽田中広輔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「かっとばせー田中」と応援される。
  2. 本名は違う字だが広島にちなみ「広」輔にしている。
  3. 2019年シーズンには特に大活躍した。

偽堂林翔太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 投手として広島に入団した。
  2. 2016-18年のリーグ3連覇に大きく貢献した。
  3. 一時期の不調が原因で背番号7を剥奪されてしまった。
  4. 地元局のアナウンサーと結婚した。

偽中﨑翔太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 兄も大活躍した。
  2. 豚小屋で生活している。

偽野村祐輔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛称は「ノスケ」。
  2. もともと右利き。
  3. 野村スコープで自らの投球を分析している。
  4. 大手証券会社のCMに出演したことがある。

偽松山竜平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ばいきんまん。
    • ヒーローインタビューでは「バイバイキーン」で締めるのが常。
  2. 入団時にもくろんでいた通り登録名を「竜平」にできた。

偽森下暢仁の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 前田健太の復帰を考慮し背番号18はもらえなかった。
  2. この人が登板すると打線が異常なまでの爆発を起こす。
    • 乱調気味でも打ち勝ててしまう。
  3. 高校時代に甲子園のマウンドに立ったことがある。

阪神タイガース[編集 | ソースを編集]

偽青柳晃洋の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 家族に阪神電鉄のグループ企業に勤めている人がいた。
  2. 奪三振が多い。
  3. 雨天中止とは無縁だ。
  4. 下の名前は「あきひろ」と読むのが正式。
  5. ふさふさ。
    • もちろん、実年齢よりも遥かに若く見える。
    • 帽子を脱いだらヤジを飛ばされるなんてあり得ない。

偽梅野隆太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実家は梅農家。
  2. プロで活躍する姿を母親に見せることができた。
  3. 盗塁阻止率は高いが自身はほとんど盗塁をしない。

偽大山悠輔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. チャンスになるとことごとくホームランを打つ。
    • そのため他球団から恐れられている。
  2. 守備も鉄壁でホームランになる球をジャンプして捕球する。
  3. もちろん関西人である。
  4. 「大山」だけに「アイリス」という愛称が付いている。

偽佐藤輝明の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小兵なのであまり打力には自信がない。
  2. 1年目には4番として大した実績は残せなかった。
    • 阪神の4番の重圧に押しつぶされたのは誰の目にも明らか。
  3. 切り餅やパックご飯にこだわる。
  4. AKBの大ファン。
    • ももクロには一切興味なし。

偽近本光司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元東京ガス社員。
  2. セ・リーグの新人最多本塁打記録を樹立した。
  3. 小豆島の出身。

偽西勇輝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東京都立西高校出身。
    • その後大学を経て、国税庁に入庁した。
  2. けん制がド下手。
  3. 則本昂大とは犬猿の仲だ。

偽原口文仁の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 白血病を乗り越えて一軍復帰を果たした。
  2. 大病を経験するまでは1年目からずっと順風満帆の野球人生だった。
    • ルーキーイヤーから一軍昇格も果たしている。
  3. 捕手には早い段階で見切りをつけ一塁手に専念している。

偽プロ野球の特徴
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ

偽埼玉西武ライオンズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ

偽横浜DeNAベイスターズ 偽中日ドラゴンズ 偽広島東洋カープ 偽読売ジャイアンツ 偽阪神タイガース 偽東京ヤクルトスワローズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ・いう~お | か行 | さ行 | た行 | な行
は行 |ま行|や~わ行
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム