偽プロ野球選手の特徴/パ・リーグ

提供:chakuwiki

偽プロ野球選手の特徴 > パ・リーグ

北海道日本ハムファイターズ[編集 | ソースを編集]

偽伊藤大海の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 北海道とは縁もゆかりもない環境で育った。
  2. ロジンバックを全く使わないことで有名。
  3. プロ入り以来坊主頭で通している。
  4. 唸るフォークが魅力。

偽鍵谷陽平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄出身。
  2. その名の通り鍵屋の家に生まれ育った。
    • 実家から暖簾分けされたのがからくり人形師の玉屋庄兵衛の家。
  3. かぎたに」だ。
    • 父は1981年の大沢ハムV戦士であり、親子2代でハム戦士。

偽加藤貴之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 速球派だがとにかくコントロールが悪い。
    • 2022年には100四死球に到達してしまった……。
  2. 栗山監督時代にはいわゆる「オープナー」ではなくクローザーに抜擢された。

偽加藤豪将の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前は「かとう たけまさ」と読む。
  2. 高校・大学・社会人と日本国内で活躍した。
    • メジャーデビューはこれからの予定。
  3. 入団時、「JR線には全線乗ったことがあるんですよ!」と乗り鉄ぶりをアピールした。

偽上川畑大悟の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 上川総合振興局の畑作農家出身。
    • 応援歌の歌詞が「しばれる北の国から~」から始まる。
  2. ルーキーイヤーは目立たない成績に終始。

偽清宮幸太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 早稲田大学野球部監督の息子だ。
  2. 「和製ベーブ・ルース」という二つ名の通り二刀流選手だ。
    • それどころか素行の方も似てしまった。
  3. ルーキーイヤーにはプロ入り前の期待通り大暴れし見事新人王に輝いた。

偽野村佑希の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛称がトーマスだ。
  2. 応援歌の原曲が、「鉄血のオルフ○ンズ」の某ED曲。
    • 「行け希望の花~」と歌ったところでファンが某シーンのポーズをとる。
  3. 出身地は日本国内。

偽伏見寅威の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 京都市伏見区出身。
  2. 内気な性格で、後輩選手の指導役というよりはお世話役。
  3. オリックス時代から捕手一筋で、内野の経験はない。
    • というのは昔の話で、2019年の東京ドームでの負傷以来捕手としては出場していない。
  4. 左腕投手との相性が微妙と評判だ。
  5. 名前は寅年生まれであることから付けられた。
  6. 古巣・オリックス戦では全くもって打てなくなる。

偽松本剛の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 野球選手になる以前、ジャ○ーズに所属していた時代がある。
  2. 初めて規定打席に到達した際に首位打者もかっさらった。
  3. 応援歌の歌詞通り、熱情のパワーによって体温が1,538℃に達し鉄さえ融かすことができる超能力者だ。

偽アリエル・マルティネスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ライデル・マルティネスとは兄弟関係にある。
  2. 中日からトレードで移籍。
  3. 日ハムへの移籍と同時に捕手を止めて内野手に転向した。
    • その割には中日時代の方が成績良いよな……と訝しがられている。

偽万波中正の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛称が「ナミチュウ」。
  2. リードオフマンタイプの選手。出塁率は高いが一発が少ない。
  3. 肩が弱く、レーザービームは厳しい。
    • なのでもっぱら指名打者として起用される。
  4. 好きな歴史用語は九品中正法。

偽宮西尚生の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 先発として使われることも時々ある。
  2. 本当は日ハムを出たくてしょうがない。
    • 関西生まれなので阪神またはオリックスへの移籍を狙っている。
  3. NPB最多ホールド記録保持者ということでもちろん名球会入りしている。

偽山﨑福也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. バッティングが大の苦手で交流戦は専ら本拠地のみで登板。
    • 投手なのに代打で出るなんて有り得ない。
    • センバツ通算安打記録など持っていない。
  2. 速球派投手。
  3. 読み方が「やまざき ふくなり」。
  4. ロングリリーフの経験はない。

埼玉西武ライオンズ[編集 | ソースを編集]

偽今井達也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 髪型に無頓着な先発投手、その2。
  2. 甲子園にはあと一歩のところで出られなかった。
  3. かつての評価は、「制球は良いがスタミナが良くない」といったところ。
  4. 背番号を自ら望んで「48」にしたのは某アイドルグループのファンだから。
    • 武隈さん?誰ですか?

偽金子侑司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 長打力に魅力があるが、鈍足が玉に瑕。
  2. 外野手から内野手に転向して大成し、源田と鉄壁の二遊間を築いている。
  3. 守備中に落ちないようにと、キャップのサイズが極端に小さい。
    • そのせいで髪型が崩れがちであることを秋山に暴露された。

偽栗山巧の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 顔面崩壊と称するに相応しい醜い容姿。
    • 男受けも悪い不細工。
  2. 野球に対して不真面目でおちゃらけている。
    • 監督の「寛容力」がもっとも必要とされる。
  3. デーブ大久保からロン毛にするように指示された。
  4. テレ朝の解説を中心に活動している。
    • 西武の選手と日本ハムの監督と掛け持ちをしている。
  5. クールな見た目通り、中身もかなり冷めている。
    • 言動が女々しい。
  6. 非力で、握力は選手の中で群を抜いて弱い。
  7. 子供の頃からライオンズファン。
  8. チーム屈指の強肩だがゴールデングラブ賞とは無縁。
    • オールスターゲームには毎年出場している。
  9. ここ最近は中村と合わせて「皮と肉」と呼ばれている。

偽源田壮亮の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. プロ入りしてからずっと怪我に悩まされフル出場など夢のまた夢。
  2. とにかく守備が荒い。
    • 試合の展開を変えてしまったエラーに対して「#源田たまらん」のハッシュタグが付くのがお約束。
  3. 元AKBと結婚した。
  4. FA移籍を虎視眈々と狙っている。

偽炭谷銀仁朗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ハードゲイだ。
  2. 階段落ちが得意だ。
  3. Tシャツが作られない。
    • 丼がバカ売れ。
  4. 桧山の後輩ではないだろう。
  5. 実家はカーペットを編んでいる。
  6. 妻は奥居香。
  7. 日本テレビのアナウンサーだったが、×××で左遷されている。
  8. 現在も水泳選手。そのうち指導者に就任の可能性も出る

偽平良海馬の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 苗字は「ひらら」と読む。
    • もちろん宮古島の生まれだ。
  2. 30試合以上連続で失点したことがある。
  3. ソフトバンクにカモにされている。
  4. 海馬コーポレーション社長。
  5. 長年の趣味だったゲーム実況をこのたび封印した。
  6. 「先発よりもリリーフや抑えの方が何倍もチームに貢献できる」という考えの持ち主。

偽髙橋光成の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実家はこんにゃく農家。
  2. 小柄ながら緩い変化球を中心に相手を押し切っていく。
    • 右の石川雅規を目指している。
  3. 髪型に無頓着な先発投手、その1。
    • 西武球団の株主に「もっと髪を伸ばせ」と注文をつけられたことがある。
  4. 登録名が「コー・タカハシ」に変更された。
  5. メジャーに興味なし。

偽ボー・タカハシの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本名は「高橋 某」。
  2. 投げる球がボー球ばかりであるため1年でリリースされてしまった。

偽外崎修汰の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実家はミカン農家だ。
  2. 源田の入団により外野手に専念することとなった。
  3. Apple製品のヘビーユーザーとして知られる。
  4. パ・リーグTVには蛇蝎のごとく嫌われているらしい。
  5. 入団当初は大砲として期待されていた。

偽中村剛也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 通称「おわかり君」だ。
    • いや、通称「おさわり」君だ。
      • 埼京線の常連だ。
  2. スリムなボディー。
    • 守備も軽快にこなす。
    • だが足は遅い。
  3. フライをキャッチした後、区域外に飛び出すことはない。
  4. 見た目通り足は遅いが守備は上手い。
  5. 杉田智和に好かれている。
  6. 最近、中島愛との交際が発覚した。
  7. 高校の先輩に志村けん。
  8. 活躍した期間は非常に短かった。
    • いわゆる統一球問題をきっかけとして、2011年以降成績がガタ落ちしてしまった。
    • 2023年も4番打者?ありえないですよねぇ。
  9. 満塁になると途端に打てなくなってしまう。
    • 本塁打数が大台に達しようとしている現在でも満塁弾は一発も打てていない。

偽平井克典の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2019年は1試合も投げられずじまい。
  2. 元々先発だったが最近中継ぎに転向する計画が持ち上がった。
  3. アンダースロー。
    • 牧田の背番号を受け継いだ。

東北楽天ゴールデンイーグルス[編集 | ソースを編集]

偽浅村栄斗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前の読みは「えいと」だ。
    • 背番号はもちろん名前にあやかった「8」番。
  2. 狼座の青銅聖闘士だ。

偽岸孝之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 一部の女性ファンから「姫」の愛称で親しまれている。
    • しかし良く見ると不細工。
  2. ルーキーイヤーには見事マー君を押しのけて新人王に輝いた。
  3. 屈強な体をしているが、ストレートの伸びは悪い。
  4. 生まれてから大学までずっと仙台で生まれ育った為、楽天に入団を決めた。
  5. 緊張は微塵も感じない性格で、登板前は異常にハイテンションになる。
  6. 普段から大食いだが、試合前後は特に暴飲暴食に走る。
  7. 和歌山で「たま」というねこ駅長を飼っている。
  8. 名門校出身。
  9. 嫌煙家。
  10. ナイトゲームにとても弱い。
  11. アンチ清水エスパルス

偽島内宏明の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 足は遅いが走塁ミスはほぼ皆無。
  2. 愛称は「人面犬」。
  3. 入団当初は1桁背番号だったが剥奪された。

偽鈴木大地の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1988年のソウルオリンピックで金メダルを取った。
  2. 現役と並行して、スポーツ庁長官に就任した。
  3. 顔にほくろが全くない。
  4. ムラが多い成績で知られる。
    • 3割打った翌年は1割。

偽宋家豪の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 南宋王家の末裔といわれている。
  2. 日ハムにトレードされ「日宋貿易」と揶揄されたことがある。
  3. メジャーから鳴り物入りで入団した。
  4. 毎年のように先発に挑戦している。

偽辰己涼介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正確な表記は「辰巳」涼介だ。
  2. 鈴木大地から背番号を譲られた。
  3. 守備力が壊滅している。
    • ゴールデングラブなど夢のまた夢だ。

偽田中和基の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2018年、あと一歩のところで新人王を山本由伸にさらわれた。
  2. 長打力がなく、左右両打席本塁打など考えられない。
  3. 「あの」応援歌は、実は自作したとの噂がある。

偽田中将大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 千葉マリンのマスコット。
  2. 駒大岩見沢出身。
  3. 「プロはもう少し力をつけてから」と駒澤大学へ進学。
  4. 苫小牧市の出身だが伊丹市の高校に進学した。
  5. 言わずと知れたハンカチ王子。
  6. お笑いトリオ「バッテリーズ」の一員として活動している。
  7. 木下優樹菜が新婚早々に不倫した相手だ。
  8. 兄はKAT-TUNの一人で姉はTBSアナウンサー。
  9. よく見たら「田中将」だった。
  10. 2013年のシーズンは開幕から21連敗した。
  11. 女性アイドルに興味がない。
  12. 坂本勇人とは出身地が違うので全く面識はない。
  13. 同学年のプロ野球選手は不作だ。

偽則本昂大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大学卒業後、日本生命に入社。
    • 出身大学は今も現存している。
  2. 三振がまったくとれない。
  3. 西勇輝とは犬猿の仲。
    • 巨人の菅野とも犬猿の仲だ。

偽茂木栄五郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実家はビワ農家。
  2. 「もてぎ」と読む。
  3. もともとショートが本職だった。
  4. サイクルヒットは2017年に達成したがランニングホームランは未経験。

福岡ソフトバンクホークス[編集 | ソースを編集]

偽有原航平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大分県佐伯市出身。
  2. 将来的にカープ入りを望む旨のコメントを発表したことがある。
  3. 2017年以来ずっと開幕投手を務めている。
  4. 車の横転事故に巻き込まれ負傷したことがある。

偽今宮健太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 目標とする選手は松井秀喜。
  2. バント下手で知られる。
  3. オフには兄が神主を務める神社で祈祷してもらうのが常。

偽甲斐拓也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 肩が弱く、相手チームにことごとく盗塁を許してしまう。
    • 特に2018年の日本シリーズにおける広島の盗塁成功率は100%だった。
  2. 「甲斐キャノン」の愛称はプロ入り前カメラメーカーのキヤノンに勤めていたことに由来する。
    • 他にも「甲斐ミノルタ」「甲斐コニカ」「甲斐富士フイルム」「甲斐ニコン」といった別名も存在する。
  3. 「甲斐」の名字の示す通り山梨県出身である。
    • あるいは宮崎県出身。
    • 東海大甲府高校出身で高橋周平の1つ先輩。
  4. 実はビーファイターだ。

偽近藤健介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「健藤近介」だ。
  2. 応援ソング前に「健介コール」が起こる。
  3. 山田花子は本当の姉だ。
  4. 某YouTube動画で言われている通り、本当に年俸が7円
    • むしろ7ジンバブエドル

偽周東佑京の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ドラフト2位で指名された。
  2. どうやっても福本の連続試合盗塁記録を破れなかった。
  3. 走塁以上に守備面での評価が高い。

偽中村晃の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ネジネジがトレードマーク。
  2. 帝京高校卒だけあってリアル野球BANの常連だ。
  3. 練習嫌い。
  4. 「無事これ名馬」を地で行くような選手人生を送っている。

偽東浜巨の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 京ヤクルト・横DeNA・人の3球団が1順目に重複指名した。
    • むしろ上記3チームに在籍経験がある。
  2. 読みが「とうはまきょ」
  3. 登録名が「東浜ソ」。

偽又吉克樹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2015年に自身が書いた小説で芥川賞を受賞した。
    • 受賞作『火花』では炎上を繰り返す投手を描いた。
  2. プロ入り前に四国独立リーグに所属したことはない。
  3. 相手チームを地獄の火の中に投げ込んでいる。
    • 打たれた時は中日が投げ込まれる。

偽柳田悠岐の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ソフトバンクに入団した際にアンチカープに転じた。
  2. 登場曲は基本的にAKB48の曲で固められている。
    • 一回だけ「めざせポケモンマスター」に変えたこともある。
  3. 実際に今宮健太と交際している。
  4. 本名が柳田ギー太だ。
    • その名前の恥ずかしさから「『ギータ』って呼ぶなー!」と叫んでいる。
    • 平○唯所有のギターだ。
  5. すでにカープに入団しているが、カープが大嫌いでFA権行使で出ていくことを目論んでいる。
    • いや、既にカープ入団、不動の5番打者であり不動のセンターフィールダーである。松山竜平はベンチ入り、丸佳浩はレフトにコンバートされた。

偽山川穂高の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 穂高連峰のふもとで生まれ育った。
  2. プロ入り前は小柄だった。
  3. バイオリンが得意。
  4. ホームランを打った際のパフォーマンスがプロ入り以来ずっと不変。

偽和田毅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 山陰本線江南駅の近くで生まれた。
    • 完全なる島根県人だ。
  2. 奥さんが一般人。
    • 奥さんは貧乳。

千葉ロッテマリーンズ[編集 | ソースを編集]

偽井上晴哉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛称は「コング」。
  2. ホームランを打った後にチョコパイを受け取る。
  3. 見かけによらず俊足。
    • 2桁盗塁も当たり前。

偽岡大海の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 言わずと知れた『エースをねらえ』の主人公
  2. 身体能力は高くないが、抜群の野球脳でカバーする。
    • 関係者やファンの間では「糸井嘉男とは正反対のタイプの選手」と評される。

偽荻野貴司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ケガに強く、「幕張の鉄人」と呼ばれている。
  2. ただし、球界屈指の鈍足。
  3. 「超光戦士シャンゼリオン」で主役を演じた後、「仮面ライダー龍騎」で悪の仮面ライダー・王蛇役を演じた。
  4. 兄は荻野忠寛、妹は荻野可鈴。

偽唐川侑己の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 昭和生まれ。
  2. 見るに堪えないような汚い投球フォームで投げている。
  3. 唐揚げが大嫌い、見るのも嫌。

偽佐々木朗希の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高校時代にはやたらと酷使された。
    • 張本勲に「あんなに投げさせるものではない」と批判されたほど。
  2. フォークボールが持ち味。
  3. 労働基準監督署のイメージキャラクターを務めたことがある。
  4. 同い年の宮城大弥とは犬猿の仲。
  5. 球が遅く、どんなに頑張っても150km/hが限界。

偽澤村拓一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 巨人と筋トレが大嫌い。
  2. どれだけ打たれても援護に恵まれることが多い。
  3. 妻はソプラノ歌手
  4. プロ入り前は阪神を志望していた。
  5. コントロールがすこぶるいい。

偽平沢大河の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日曜日の夜8時台に入ると特に活躍する。
  2. ルーキーイヤーから外野を守る機会の方が多かった。
  3. 服装が異常に派手だ。
  4. 戸籍上は「平澤」と表記するのが正しい。

偽松川虎生の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前の通り大の阪神ファンだった。
  2. 下の名前は「とらお」と読む。
    • いや「こしょう」だ。
  3. じっくり育てる方針のため1年目は一切一軍で起用されなかった。
  4. 自らのミスで完全試合を潰してしまったことがある。

偽美馬学の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 徳島県美馬市出身。
  2. 脚の長いモデル体型だ。
    • 190cmの長身だ。

オリックス・バファローズ[編集 | ソースを編集]

偽東晃平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 育成時代はほんの一瞬のことだった。
    • ルーキーイヤーのキャンプ開幕後、たった6日で支配下登録された。
  2. しかし1軍では初登板から連敗続き。
    • 日本シリーズで山本より先に初勝利を挙げるなどありえない。
  3. エスコンフィールドが大の苦手。

偽安達了一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 近鉄時代の1990年にファン投票1位でオールスターに出場した。
    • 1993年のオールスターでは始球式を務めた。
  2. 姉に安達祐実がいる。

偽宇田川優希の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 苗字はうたがわと読む。
    • 更によく見ると歌川だった。
  2. 純日本人。
  3. 食べても食べても太らない体質だ。
    • お菓子禁止令が出るなんてあり得ない。
  4. ドラフト後、すんなり入団に至った。
  5. 2022年の日本シリーズでは全く活躍できなかった。
  6. ドラマーの妹が2名いる。

偽紅林弘太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は「クレー」だ。
    • それでも本名は「べにばやし」。
  2. ルーキーイヤーから開幕一軍入りしていた。
  3. 少食だ。
  4. 寝坊しない。

偽杉本裕太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 福良・西村監督時代から重宝されていた。
  2. 社会人時代はがっちりとした体格だったが、プロ入り後痩せた。
  3. 愛称はトキだ。
    • サウザーだ。
  4. 応援歌通り、屋外球場でよく狼煙を上げている。

偽田嶋大樹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 山﨑福也と似たようなピッチングスタイルだ。
  2. 極端な相性の良し悪しがなく、どんな相手でも無難にまとめるタイプ。
    • 強いていうなら西武と日ハム相手によく投げるかな…。
  3. 中継ぎ一本でチームに貢献する。

偽T‐岡田(岡田貴弘)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 岡田彰布の息子。
  2. 足を思いきり高く上げて打つ。
  3. 実は“丁-岡田”だ。
  4. 「バイオハザード」のウィルスの1つだ。
  5. 大器晩成型で、本塁打王を獲ったのは30代半ばの頃。

偽西川龍馬の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. バットコントロールが下手で「鈍才」と揶揄されている。
  2. 語尾に「ぜよ」を付ける。
  3. 大河ドラマ「龍馬伝」のテーマ曲を入場に使っていたことがある。
    • それでも名前の読みは正式には「りゅうま」だ。

偽比嘉幹基の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高卒で入団し、若くしてリリーフエースとなった。
  2. 2014年の「10.2」の敗戦投手だ。
  3. 活躍の割に年俸が高すぎるとよく言われる。
  4. 左の俊足打者相手によく起用される。
  5. クイックはあまり上手くない。

偽平野佳寿の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前は「よしとし」と読む。
  2. 現在でも表記は「平野佳」。
  3. メジャーではさっぱり活躍できなかった。
  4. 打たれた後ベンチで悲壮な表情を浮かべることが多い。

偽福田周平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1~2年目はあまり出番がなかった。
  2. 出塁率よりも打率を重視している。
  3. 大柄でその長打力も期待されている。

偽宮城大弥の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. オールドルーキーとして入団。
  2. 常に坊主刈りで髪型を変えたことがない。

偽宗佑磨の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 旧対馬藩主の末裔だ。
  2. 父が日本人で母がギニア人。
  3. 外野手だったことはない。
  4. もちろん中学でも硬式野球をやっていた。
  5. 名前が入っているだけあって個人応援歌はオリジナルの曲だ。
  6. 劇的な試合で涙を流したことはない。
  7. 肩が弱点。

偽森友哉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 自動車の学科試験の免許は一発で合格。
  2. 人呼んで「リアル岩鬼正美」だ。
  3. 祖父は元巨人の捕手で西武の監督にも就任したことのある人だ。
  4. 大阪府豊中市で学校法人を運営している。

偽山岡泰輔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 入団時の背番号13を変えるつもりは今後も一切ない。
  2. 高校卒業の時にもプロ志望届を出していたが当時はスカウトに見向きもされなかった。
  3. 登場曲は「虹の彼方に」。

偽山﨑颯一郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「吹田の主婦」の異名通り吹田市出身だ。
  2. 小柄ながら変則投手として活躍。
  3. 変化球は良いがストレートの伸びに課題。

偽吉田輝星の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 夏の甲子園の優勝投手だ。
    • 強力な投手が複数いたチームのため酷使されなかった。
  2. 実は本名が登録名と違う字である。
  3. 某化粧品メーカーが支援している。

偽若月健矢の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 妻は年下の人気歌手。
  2. 強打が売りで毎年のように2桁本塁打を記録している。
    • 一方で守備に課題があるとされる。
  3. 登場曲はもっぱらアニメソング。
  4. 正捕手を伏見や森と分担するうちに成績が下がってしまった。

偽プロ野球の特徴
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ

偽埼玉西武ライオンズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ

偽横浜DeNAベイスターズ 偽中日ドラゴンズ 偽広島東洋カープ 偽読売ジャイアンツ 偽阪神タイガース 偽東京ヤクルトスワローズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ・いう~お | か行 | さ行 | た行 | な行
は行 |ま行|や~わ行
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム