偽プロ野球選手の特徴/引退選手/う~お

提供:chakuwiki

独立項目[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

偽上田次朗の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. オーバースローの左腕投手。
  2. 巨人戦でノーヒットノーランを達成。
    • しかし長嶋茂雄を全打席敬遠し、相当なバッシングを浴びる。更に長嶋との関係も悪化。
  3. 声帯模写の定番にもなっている、「馬鹿野郎」「てめえら、殺っちまえ!」が口癖の昭和の名悪役俳優だ。
  4. 日本科学技術大学の教授で、売れない女奇術師と行動を共にしている。
  5. 女子日本代表を率いて、その後湘南シーレックスの監督になった。

偽上原浩治の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 桑田の後の背番号18を狙っている。
  2. 高橋尚成と生年月日が同じである。
  3. イチロー(「偽イチローの特徴」も参照)。
  4. 雑草ではなくひまわりだ。
    • いや月見草だ。
  5. 運転免許取得以来無事故無違反だ。
  6. 新垣渚らとともにSPEEDを結成。
    • でも2ヶ月で解散。
  7. 1球ごとの投球間隔が長いため、登板する試合は常に時間がかかる。
    • 現在球団記録とセリーグ記録を持つ。年齢とともに時間は長くなりつつあり日本記録の可能性も出てきている。
  8. 魂が雑草ではなく栽培されていた高級草だったことが発覚して謝罪会見を行った。
  9. 小田急線代々木上原の駅長。
  10. 協栄ジムのボクサーで元世界チャンピオン。
  11. 東海大仰星高校時代は日本ハムの建山を差し置いてエース。
    • 現役で大体大に入学したが、当時アマチュア最弱だったキューバの連敗を止めてしまう大失態を犯した。
  12. ヤクルトをクビにされた。
    • その後西武へ。
  13. 上原美優は妹。

偽鵜久森淳志の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高校時代は道民に応援されたが、今は敵視されている。
  2. 肉まんが好物である。

偽牛島和彦の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 高校時代に数々の爽やかな伝説を残している。
    • キャッチャー「徳島」とのバッテリーで甲子園に出場。
  2. 審判に抗議しても昔の顔にはならない。
  3. フォークボールの投げ方がまともだ。
  4. 高校時代は香川照之とバッテリーを組んでいた。
  5. 金やんに匹敵する迷解説で有名。

偽内川聖一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 顔にこれといった特徴がない。
    • トレードマークであったあごは死球を食らい過ぎて削れてなくなった。
  2. 「どうぶつの森」に登場するキャラクターだ。
  3. もちろん、自分の打率<横浜の勝率。
  4. 軽快な守備から「今牛若」と呼ばれている。
  5. 「外川」だった。
    • 「中川」だったかも・・・
  6. 長野翼アナとのガセの結婚報道が出た
    • その代わりにめざましテレビのお天気キャスターと結婚。
  7. この選手とは年齢も出身地も違うため、全く面識がない。
  8. 横浜ベイスターズを褒めちぎっており、生涯横浜宣言。FA移籍なんてもってのほか。
    • そのため横浜ファンからは聖一の名に恥じぬ「聖人」として尊敬されている。
    • 「横浜に残って良かった」と言い、ファンの涙を誘った。
    • もしくは広島東洋カープにFA移籍、2014年に背番号1を引き継いだ。

偽内村賢介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 亀田大毅と戦った。
  2. 育成枠なんかで契約はしない。
  3. 相方が南原清隆だ。
  4. 北京オリンピックで銀メダルを獲った。
    • ロンドンオリンピックで金メダルを獲った。
  5. 現役選手の中で最も背が高い。
  6. 独立リーグ経験なんてない。

偽内海哲也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. オリックスに入ったはず。
    • もちろん今もオリックスの一員。
  2. 昼も夜もコントロールは悪い。
  3. 高校時代のキャッチャーは李承ヨプだ。
  4. 亡き祖父は元阪急の選手だった。
  5. 光GENJIの初代メンバー。
  6. 金田正一氏のことをよく知っている。
    • もちろん「金村さん」とは呼ばない。
    • 当然、小松辰雄氏のこともよく知っている。
    • それに関し、広岡達朗氏はとても関心していた。
  7. 名鉄内海駅に住んでいる。
  8. 本物の侍だ。
  9. 決して帽子には字を書かない。
  10. 祖母は内海桂子。

偽宇野勝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 珍プレー好プレーの珍プレーに出ることはない。
    • 捕球ミスを犯して以来、星野とは険悪な関係が続いている。
  2. 落合からの信頼は薄く、打撃理論にも長けていない。
  3. カードゲームUNOに強い。
  4. 今は球界を去り、故郷の千葉でお好み焼き屋を経営。
  5. 前妻の借金を全て前妻に支払わせた。
  6. 実は元サッカー選手。
    • 利き足は頭。
  7. 失策は殆どしていない。
  8. 日本を代表する総合格闘家だ。
  9. 実は「玉野勝」だ。
  10. 「燃えよドラゴンズ!」79年版で歌われたようにスクイズをする場面が多かった。

偽浦野博司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元SDN48のメンバー

[編集 | ソースを編集]

偽江川卓の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 巨人の「生え抜き」の選手である。
  2. スッチーと結婚したのは飛行機が大好きだから。
  3. ワインよりも日本酒党だ。
  4. 球団を選ばない。
  5. 今でも阪神OBの誇りを持って生きている。
    • 阪神に入団、阪神一筋で200勝を達成、背番号30は阪神の永久欠番。
    • 彼のおかげで阪神は黄金時代を築き、1985年の日本一にも貢献した。
  6. 耳が小さい。
  7. ロシア文学者
  8. 解説者や司会者としては表現豊かな表情と台詞で定評がある。
  9. 50歳まで現役を続けた。

偽江尻慎太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大学はスポーツ推薦ですんなり合格。
    • 仙台第一高校卒。
  2. 数々の浮名を流し、いまは東尾の娘と婚約している。
  3. この選手より2歳年下だが大学時代よりタメ口をきき、なおかつ彼の野球に対する態度を痛烈に批判している。
  4. ドラフトでは下位指名だったため、最後まで入団しないとごねた。
  5. 服装はオタクファッションで、思考は常にネガティブシンキングであるため、チーム内外の誰からも信頼されない。

偽江夏豊の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現在も名球会会員だ。
  2. ○○○
  3. オールスターに出たことはない。
  4. 1979年の日本シリーズでスクイズをはずすことができなかった。
    • そのため、広島は楽天を除き唯一日本一になったことのない球団となった。
  5. メジャー行きを実現させた。
  6. 「江夏の21g所持」で世間を騒がせた。
  7. 夏木ゆたか。
  8. 名前の読み方は「こうか ゆたか」が正しい。
  9. 実は江冬豊だ。
  10. 引退までずっと阪神でプレーした。
    • あるいは大リーグで成功した。
  11. 現在は教誨師として刑務所に定期的に行っている。
  12. 抑えから先発に転向した。
  13. 犯罪歴が災いしてかパワプロシリーズでOB選手として登場したことが一度もない。

偽江本孟紀の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. どんなことがあってもベンチを悪く言わない。
    • 阪神に恩義を抱きながらそこを去った。
  2. 現大阪府知事。
  3. コントロールが抜群な上、ボークは0。
    • 3連続ボークで1点を献上するなんてありえない。
    • 高校時代には4連続死球で1点を献上するなんてありえない。
  4. 王貞治は天敵中の天敵。
  5. 自ら「スポーツ平和党」を結成し、アントニオ猪木を誘った。

[編集 | ソースを編集]

偽大石大二郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 典型的な中日顔。
  2. 登録名をそのまま本名で通した。
    • 背が小さいので小石小次郎に改名した。
  3. 監督を3位で引き継いだが、その後低迷し最下位に転落した。
  4. オールスターで江川のカーブに空を切り、江川の9連続奪三振をアシストした。
  5. 討ち入りに行った。
  6. 鈍足で、ファンから野次られた。
  7. 実娘は「恵」という名で女優業をやっている。

偽大家友和の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「おおや」だ。
    • 「おおいえ」だ。
      • 「たいか」だ。
  2. 自ら旗上げしたOBC高島で監督兼任選手としてプレーしていた。
  3. 妹はAKB48の大家志津香。

偽大久保博元の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「デーブ大久保」が本名だ。
  2. 元阪神の井川とはこれと言って関わりは無い。
  3. よく見たら小久保だった。
  4. 気性が激しく、反則行為で何度も退場処分にされた。
  5. 引退した理由は正捕手の座をゴキブリに奪われたから。
  6. 渡辺久信監督が打撃投手を努めているところで、打席に入りビーンボールを食らった。
  7. コーチになってから減量に成功、負傷なんてあり得ない。
  8. 隠し子はいない。
  9. 解説者としては、思慮深いコメントで好評。

偽大熊忠義の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 関ジャニ∞のメンバー。
  2. 彼が来ると周囲は皆死んだ振りをする。
  3. 元全日所属のプロレスラー。
  4. 本名は「小熊」だが、迫力がないという理由で「大熊」を登録名とした。
  5. 槙原寛己とは親密な関係。

偽大島裕行の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でも高校通算本塁打記録を所持している。
  2. 浦和学院高校出身。

偽大田阿斗里の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄の高校出身だ。
  2. 実はハーフで、「アトリー」だ。
    • 元イギリス首相。
  3. ストーカーと呼ばないで」という持ち歌がある。
  4. 永六輔や黒柳徹子から絶賛されている。

偽大竹寛の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「おおたけひろし」だ。
    • 本業は声優で、アニメ「パーマン」でブービーの声を演じた。
  2. 三村敏之氏の相方だ。
    • 中村悠平とバッテリーを組みたがっている。
  3. ファンからの期待は小さい。
  4. 初体験は早かった。
  5. 試合で乱調があったことがない。
  6. 広島県大竹市出身だ。
  7. 死球すれすれの内角攻めを得意としており、「殺意様」の異名をとる。

偽大谷智久の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ここの卒業生。
  2. ロン毛でヒゲ面。
    • 通称「幕張の山賊」。
  3. ドラフトでの遠回りとは無縁。
  4. 大谷翔平は弟。
    • いや、吉見祐治の異父弟だ。

偽大友進の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 双子の弟も西武に入団した。
  2. 大友康平は兄。
  3. 元妻は秋本理央

偽大西崇之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 審判を骨折させるなんてありえない。
    • その紳士的な態度から、高木守道の再来と言われた。
  2. 守備はお粗末で野口茂樹の無安打無失点試合をフイにした。
    • 鳥越、コールズ、大西で「魔の三角地帯」を形成していたこともある。
  3. 横浜に移籍して活躍。
  4. 現在は画家として活躍。

偽大沼幸二の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 安定感抜群のピッチングだ。
    • 2ちゃんねるでは「僕達」の一員。
  2. メンタルが強い。

偽大野奨太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 笑点のレギュラー。
    • めがねをかけている。
  2. 登録名が「春風亭」だ。
    • 守備につくときには座布団に座っている。
      • 好ブロックで座布団5枚
      • エラーやパスポールをすると座布団を取り上げられる。
  3. 登録名を「北斗」に変えた。

偽大引啓次の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ものすごく寒いギャグを言うのが好き。
  2. 実家は寺。
    • 若しくは教会。
    • またはモスク。
    • あるいはシナゴーク。

偽大松尚逸の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. パチンコ屋を経営している。
  2. ロードゲームで相手投手のノーヒットノーランを許してしまったことがある。
  3. バレーボールの世界では伝説とされる名将の血を引いている。
  4. 非常に空気が読める。

偽大道典嘉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 南海ホークスに在籍した事なんかない。
  2. 常にフルスイング。
  3. 常に18mのバットを使用し、グリップエンドまでしっかりにぎっている。
  4. ネクストにいるときに戦力外通告を受けた。
  5. 木村拓也と仲が悪かった。

偽大嶺祐太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 沖縄出身ということはひた隠しにしている。
    • もちろん地元企業のCM出演歴などあるはずがない。
  2. 弟の不祥事が原因で他チームに放出された。
  3. 小さい頃からのロッテファンで一も二もなく入団を快諾した。

偽大村三郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登録名は「サボロー」だ。
    • すぐに練習をサボる。
  2. 後ろにつなぐことより自分で決めることを優先する。
  3. 北京五輪予選の台湾戦ではスクイズを失敗し、日本の五輪行きの切符を逃す。
    • 国民総ブーイングで帰国できず、いまだに台湾に滞在。
  4. もちろんマリーンズ一筋だ。
    • ジャイアンツに一時期いた同姓同名の選手は何者なんだろう?
  5. 谷保さんの選手コールがシンプルになっている。

偽小笠原孝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 厳つい顔に似合わず性格はおとなしい。
  2. 川上憲伸の1年先輩だ。
    • 筒井壮と同級生だ。
  3. 小笠原村の観光親善大使。
  4. 存在自体が奇襲。
  5. トレードマークはヒゲ。
    • バントをしない9番打者。
  6. 3人兄弟の次男。
    • 兄が道大、弟が満男。
  7. なんJでしょっちゅうネタにされている。

偽岡島秀樹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2007年のオールスターではセットアッパーとして活躍。
  2. たった1年でファイターズから「脱北」するなんてありえない。
  3. 上を向いて投げよう。

偽岡田彰布の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 監督として日本初のワールドカップ出場を果たした。
    • その後、コンサドーレ札幌のJ1昇格、横浜マリノスのJ1優勝を監督として達成。
    • メガネがトレードマーク。
    • 2007年12月、日本代表の監督に再就任。
  2. 松竹の芸人だ。
  3. 藤山寛美。
  4. 弱小チームだった亜細亜大学を箱根駅伝で総合優勝させるなど、監督として育成能力に長けている。
  5. リーダーとしての素質を買われ、民主党の代表にも就任したものの、郵政選挙で惨敗し、退陣を余儀なくされる。
  6. 監督としての腕は一流で、別名は「平成の諸葛孔明」。
  7. 「どん兵衛」のCMに出演した。
  8. 監督に就任して2年目、2002年の巨人と同じく阪神を日本シリーズで4連勝させて日本一とした。
  9. 民主党の党首を務めたこともある。
    • 2009年5月の党首選では惜しくも敗れた。
    • 同年、政権交代にともない外相に就任。
  10. イオングループの御曹司だ。
  11. オリックスの監督に就任することなどありえない。
  12. 鑑定団に「ヤンキースだけど誰のサインか分からない」と持ち込んだボールには伊良部秀輝のサインが書かれていた。

偽緒方孝市の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「マイクを持った盗塁王」の異名を持つ。
  2. 奥さんは榎本加奈子。
  3. 走攻守、何をとっても全く駄目で丈夫さだけが取り柄。
  4. 元々、巨人にいた。
  5. 現役時代に「神ってる」と表現されたことがある。

偽尾形佳紀の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イッセー尾形の息子だ。
  2. 緒方孝市の弟だ。
  3. 声がかすれた歌手だ。

偽岡本真或の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 苦労なんて知らない。
  2. YBにドラフト指名されて入団。
  3. 今は亡き破壊王。
  4. 安定したピッチングで中継ぎの要として期待されている。
  5. デビュー曲「TOMORROW」が大ヒットした高知出身の歌手だ。

偽岡本直也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2008年よりライオンズでプレー。
    • 2011年は楽天でプレイ。
      • その際「尚或」に改名。

偽長内孝の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「まだ3歳でちゅ。」
  2. ボタンは絶対押さない。
  3. 選手生活はずっと赤ヘルだった。
    • 大洋ホエールズでプレーしたことはない。
  4. ケイダッシュを設立した。

偽小田幸平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 伊集院光に「中日に来なかった方が良かった」と言われた。
  2. 打撃は良いが、守備は全然ダメ。
  3. 谷繁の陰に完全に埋もれてしまっている。
  4. 左門豊作。
  5. 眼鏡をかけてない
    • 最近眼鏡をかけ始めたのは老眼が進んだため。
  6. 織田信長ゆかりの地に移籍したのを切欠に登録名を「織田幸平」にした。
  7. 絵のセンスは折り紙つきで、彼のデザインによるTシャツも発売された。

偽小田智之の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元オフコースのメンバー。
    • 「東京ラブストーリー」の主題歌を歌った。
  2. 札幌ドームでは一度もホームランを打てなかった。
  3. 実写版左門豊作。

偽越智大祐の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. コントロールと多彩な変化球で打たせて取るタイプ。
  2. 2009年から背番号を「59」に変更。
  3. Superflyは妹。

偽落合英二の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 徳島商業からドラゴンズに入団。
    • 通算77勝。
    • ゆで卵が好物。
  2. FA権取得時は父親のお告げによりドラゴンズ残留。
  3. すべての関節に宝石が埋め込まれている。
  4. 霊感が全く無い。
  5. まさか一球で勝利投手になったことなんて無い。
    • 同様に1球でセーブ投手や敗戦投手になったこともない。
  6. 落合博満の息子。
  7. 「俺流」で有名。
  8. うまい棒大好き。

偽小野晋吾の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 浦和レッズのMFだ。
    • 清水エスパルスに移籍
  2. マンデー晋吾と呼ばれていたことがある。

偽小野寺力の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「りき」と読む。
  2. 本名は「進藤力」だ。
    • プロ契約時に母親の旧姓を登録名にした。
  3. 常にストライク先行の強気の投球。

偽小山桂司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「こやま」だ。
    • 2009年に良男から改名。
    • 高校時代松坂大輔とのバッテリーで甲子園春夏連覇に貢献。
    • もちろん祖父は小山正明だ。
  2. 打席時の出囃子はここのCMソング。
    • 2011年からはこの人の「ありがとう」に変えた。

偽プロ野球の特徴
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ

偽埼玉西武ライオンズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ

偽横浜DeNAベイスターズ 偽中日ドラゴンズ 偽広島東洋カープ 偽読売ジャイアンツ 偽阪神タイガース 偽東京ヤクルトスワローズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ・いう~お | か行 | さ行 | た行 | な行
は行 |ま行|や~わ行
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム