偽プロ野球選手の特徴/引退選手/や~わ行

提供:chakuwiki

分割済み[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

偽八重樫幸雄の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. メキシコオリンピックで銅メダルに輝いた「伝説のキャプテン」。
  2. 中居正広に物まねされるなど考えられない。
    • ごくごく平凡なバッティングフォームだったから。

偽八木智哉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2年目のジンクスはなかった。
  2. 1980年のレークプラシッドオリンピックのジャンプ70m級で銀メダルを獲得。
  3. 登録は投手だが実は「代打の神様」だったりする。
    • いーざーゆかーんやー♪もえたーつーだいーちにー♪さあ(ry
    • サバンナ・八木は兄。
    • 八木早希MBSアナウンサーは姉。
  4. 名前は「ともちか」と読む。
  5. 北海道豊浦町出身の世界チャンピオンだ。
  6. 「○○斬り~」で名を馳せた一発屋芸人だ。

偽八木沢荘六の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 作新学院で春夏とも甲子園優勝投手に。
    • 赤痢とは無縁。
  2. 完全試合などやっていない。
  3. マニエルの特製ヘルメットとは無縁だ。
    • 逆にマニエルに殴られアゴの骨を粉砕させられた。
  4. 試合中にと乱闘を起こし、そのシーンがここのCM(彼女の歌つき)に使われた。

偽屋鋪要の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名前の通り豪邸で生まれ育った。
    • のではなく、お化け屋敷で生まれ育った。
  2. 加藤博一、高木豊と「こぶ茶バンド」を形成。
  3. 横浜から巨人に移籍した際、球団の伝統にのっとってヒゲを剃り落とした。
  4. 巨人コーチ時代、ミーティングでは必ずと言っていいほどボードを叩いては差し棒を折っていた。
  5. 蒸気機関車がトラウマになっている。
  6. 大阪を代表するタレントの一人だ。

偽安田猛の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いしいひさいちにネタにされたことがない。
    • 本当に魔球(?)を投げる。
  2. 元大相撲力士のプロレスラーで借金にまみれて自己破産した。
  3. 現在はここの取締役。

偽柳沢裕一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「投手は三振を産む機械」と発言し投手陣から総スカンを食らった。
  2. 某元三流モデルと深夜の密会が発覚してファーム行きを通告されたことがある。
    • パスボールの理由が「急にボールが来たので」。
  3. 得意ネタは「警視庁24時」「山城新伍のモノマネ」。

偽矢野燿大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 弱肩。
    • 盗塁阻止率最悪。
  2. 捕手は諦めて外野手として生きる決意を固めた。
  3. 野村克也の影響は皆無。
  4. 水樹奈々が大嫌いな選手だ
    • 水樹の武道館ライブに嫌がらせを行った。
  5. 若いキャッチャーが成長した為、野口と共に安心してポジションを譲った。
  6. 今岡と肩を並べる俊足
  7. 不細工で、女性ファンは殆どいない。
  8. 女子バスケ日本代表の妹がいる。
  9. 中学時代ももちろん野球部だ。
  10. 城島が加入しても不動の正捕手。
  11. SHIHOは妹だ。
  12. ポプテピピックの登場人物だ。

偽矢野謙次の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ファイターズ最低!

偽藪恵壹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本生命野球部からプロ入り。
  2. 巨人軍とデトロイト・タイガースでプレーした。
  3. 名前の漢字表記にこだわりはない。
    • プロ入り以来一度も登録名を変えていない。
    • 「薮恵一」と書くのが正しい。
  4. 和歌山県出身。
    • しかし進学したのは三重県の高校。
  5. よく見たら「藪恵」だった。
    • 「やぶけいつぼ」と読む。

偽山井大介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 登場曲は「帰ってきたウルトラマン」だ。
  2. スペシューム光線を出すことができる。
    • いや、帽子の上にアイスラッガーを装着している。
  3. マウンドに3分しか立てない。
    • 8イニングパーフェクトなんてあり得ない。
  4. ファンから「マチャミ」と呼ばれている。
  5. 「光る笑顔が大好き」。
  6. 2007年の日本シリーズ第五戦で見事に完全試合を達成した。
    • 最後は流血のピッチングを見せてファンを沸かせた。
  7. 出身は池袋。
    • 鼻と耳にピアスをしており、チェーンでつないでいる。
  8. いつ先発かはだいたい予想がつく。「先発・山井」がコールされても誰も驚かない。
  9. 2008年、サンテティエンヌへ移籍が決まった。
  10. 本名は「病田 威助」である。
  11. 投球フォームがアイスラッガーそのもの。

偽山内壮馬の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 祖父は山内一弘だ。
    • 妻はイギリス出身のマラソン選手だ。
      • 任天堂創業家の血を引いている。
  2. 明治大学出身だ。

偽山内泰幸の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ジャイアンツキラーであった。(対巨人戦10連勝記録)
  2. セ・リーグの新人賞を獲得した。
  3. 当初UFO投法で投げる独特のフォームであった。のちエッサッサ投法にして肘が壊れた。
    • ついたあだ名は「ヤバ内」
  4. ピンクレディーのミイちゃんと結婚する予定である?。
  5. 広島東洋カープのエースであった。
  6. 尾道商業高校~日本体育大学卒
  7. 妻はイギリスのマラソン選手。

偽山口和男の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 球は130km以下。
  2. 故障しづらい。

偽山口俊の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父親も元プロ野球選手。
  2. 驚くほどストレートにノビがない
  3. 2010年から抑えに転向する
    • が、結局先発に戻った。
  4. 背番号は「47」

偽山口鉄也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 鳴り物入りで入団した。
  2. アマチュア時代から150kmを超える速球で鳴らしていた。
  3. いつ投げているのか誰も知らない。
  4. 遅い球ながら鋭く変化するボールで見逃し三振をよくとる。
  5. 横浜高校からプロ入りした。
  6. 背番号は「42」

偽山崎武司の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 投手以外の守備はすべてこなす。
  2. 非常に男前。
  3. その昔火事場泥棒をしたことがある。
  4. マイコンが得意。
  5. 苗字は「やまざき」。
  6. ラジコン大会に誘われても、野球のためと断る。
  7. ジェレミー・パウエルとは仲が良く対戦の度に堅い握手を交わす。
  8. 外国人に死球をぶつけられても、気が弱いため抗議しようとは思わない。
  9. 自家用車は全て日本車。
  10. 右投げ右打ちなので、普通に右利きだ。
  11. 高木監督から徹底的に嫌われており、口論は日常茶飯事。
  12. 酒豪でヘビースモーカーだ。

偽山崎憲晴の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 親御さんが、牽制の巧い投手になるようにとの願いを込めて「けんせい」と名付けた。
  2. デビュー戦は浅尾拓也の前に3打席3三振。

偽山下勝充の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 見た目がど根性ガエルにでてくる「うめさん」にそっくり。
  2. これまた、NEWSのメンバー
  3. 愛称はやまピー
  4. サヨナラ打を打ったとき監督はもちろんベンチにいた。
  5. 名参謀だったが、名指揮官にはなれなかった。
    • ギャグがよく滑る。
    • 頭もスキンヘッドでよく滑る。
    • かつてはイケメンプレーヤーだったらしい。

偽山下大輔の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 髪がフサフサ。
  2. 機関車トーマスのいるソドー島の鉄道の局長だ。
  3. あの頭で横浜の夜を彩っている。
  4. 横浜の大桟橋のオーナーだ。
  5. 実家は非常に貧しく、悲壮な決意で野球選手の道を歩みだした。
  6. ジャズピアニストで、タモリを発掘した。
    • 筒井壮を崇拝している。

偽山本浩二の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 北島三郎の弟子で「みちのくひとり旅」を歌っている。
  2. 「ミスった赤ヘル」だ。
  3. 元巨人で、後に千葉ロッテの監督になった。
    • 宇野のヘディングを生んだ打球を打った。
  4. モントリオール五輪バスケ日本代表
  5. 大河ドラマで土方歳三役を演じた。
  6. 星野や田淵とは犬猿の仲なのは広く知られている。
  7. ブラックバラエティに出るなんてありえない。
    • ましてや、野球モノマネで自分自身をやるなど考えられない。
  8. 廿日市高校卒業後、山崎邦正と烏の格好をしてサンバを踊った。
  9. 元祖ヘディング男。「珍プレー好プレー大賞」のきっかけをつくり、彼のおかげで宇野勝のヘディングは完全に霞んでしまった。

偽山本功児の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 王貞治からファーストのレギュラーポジションを奪った。
  2. 「ミスター赤ヘル」だ。

偽山本省吾の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 速球派。
  2. 「悲しみは雪のように」等のヒット曲を持つ。
    • 大のカープファン。
  3. ↑の物マネはしない。
  4. 富山県出身だ。
  5. 横浜生え抜きの選手だ。

ゆよ[編集 | ソースを編集]

偽ユウキ(田中祐貴)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金属泥棒をしたことがある
    • 元EE JUMPだ
    • 強盗傷害で逮捕歴がある
    • 妹は後藤真希だ
  2. 実はニートだ
    • 口癖は「打たれたら負けかなと思ってる」
  3. 2004年、近鉄から分配ドラフトでオリックスに入団した
  4. 2008年、ベガルタ仙台に完全移籍
    • 元の所属は鹿島アントラーズ。
  5. ドリームボールを投げる。
  6. 「アブラゼミ」という曲を作曲した(作詞・カシアス島田)。
    • 「青春 僕(or俺)」も。

偽雄平(高井雄平)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2010年以降も投手としてプレーする。
  2. 高校時代はエースとして甲子園で活躍した。
  3. ベッキーとは無関係。
  4. いくら成績が伸びないからって契約更改で球団から野球教本を渡されたりしない。

偽吉井理人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 観客に向けてレーザー光線を照射した。
  2. 好きな天気は雷雨。
  3. 亀田ジムのトレーナー。
  4. 東京オリンピックバスケットボール全日本の監督だった。
  5. 登板後はベンチ裏で他の選手にお構いなくタバコをスパスパ。

偽吉川輝昭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. あまりにも痩せすぎているので心配されている。
  2. ヤフードームの浴室に本人専用の風呂桶がある。もちろん「五右衛門風呂」。

偽吉田義男の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現役時代は「阪神の武蔵坊弁慶」と呼ばれていた。
  2. 現役時代の背番号は現在他の選手が付けている。
  3. スペインで野球の指導を行っていた。
    • その時に付けられたあだ名が「セニョール」。

偽吉野誠の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 某牛丼チェーン店でバイトをしていた。ちなみにに対抗意識を燃やしている。
    • あるいは札幌を中心に展開する某餃子チェーン店でバイトしていた。
  2. 不適切発言により1シーズンの謹慎処分を受けたことがある。

偽吉見一起の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 生粋の薩摩隼人だ。
    • 「桜島のような男になりたい。」
  2. 砺波工業高校から東北福祉大学に進学。
  3. フジテレビ平日13時の顔だ。
  4. 2008年の新人王争いでは得票数で坂本勇人を上回る。
    • しかし山口鉄也に僅差で敗れたため、中スポでは吉見に対し「惜しくも新人王に選ばれなかった悔しさをバネに…」という言葉をマクラにしている。
      • 以後吉見の夢枕には「残念!!」と叫ぶが現れる。間違っても「さんぴょー!」とアホになるではない。
  5. 兄は千葉ロッテマリーンズのピッチャーだ。
  6. 2009年に2年目のジンクスに陥りシーズンを通して1勝もできなかった
    • あるいは2009年の沢村賞選考の議題に上がったものの、最後の最後に僅差で西武・涌井に敗れた。
  7. だめみかずき」だ。
  8. ニンニク注射は打ったことがない。
  9. チェンから白星を奪ったりはしない。
  10. コントロールがメチャクチャ悪く、四球を頻繁に出す。

偽吉見祐治の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 佐々木主浩に22番を譲らなかった。
    • いや、入団当時は21番で、佐々木の引退後に22番を譲り受けている。
  2. 中日の吉見一起は実の弟だ。
  3. 2002年の新人王争いでは悲惨な得票数で石川雅規に惨敗。
    • 以降、TBSグループでは吉見に対する「新人王」という枕言葉がタブーとなった。
  4. バッティングが非常に下手である。
  5. 2009年の最多勝。
  6. 球質が重く、長打を打たれにくい。

偽吉村禎章の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1988年のシーズン、札幌円山球場で、栄村と激突したあと100号ホームランを放つ。
  2. 1990年はサヨナラのチャンスに三振し、セ・リーグ優勝を逃がした。
  3. 和田アキ子のモノマネがすごい上手い。
  4. 自己管理能力に優れ、体重も上手にセーブしている。
  5. 米軍基地にいたプロボクサー。

偽吉村裕基の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 元大関。二世力士。

わ行[編集 | ソースを編集]

偽若井基安の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. まだまだ20代。
  2. ドラフト指名を受けたときにはすでに南海球団はなかった。

偽若松勉の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ホームランか三振のどちらかという豪快な打者。
    • ただバットコントロールが下手で生涯打率は低い。
    • 性格も豪快そのもの。
  2. 背がダルビッシュより高い。
  3. 出身地が出身地だけに萌えキャラ好き。
  4. 監督で日本一になったときは普通に「ファンの皆様、ありがとうございます」と挨拶。
  5. 体重が重すぎて、胴上げで体が一回転するするどころか、そのままドスンと落ちた。
  6. 複数の球団を渡り歩いた。
    • ヤクルトへの貢献度はあまり高くないが厚遇されている。
      • 当然背番号「1」は永久欠番。
  7. 若松部屋を引き継いだ。
  8. この人はいとこ。

偽和田豊の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 命懸けでボールに食らいついた結果、もろに死球を食らって選手生命を絶たれた。
  2. 日本一を味わったことがない。
  3. 井川スペシャル(特殊なラーメン)を絶賛。
  4. ブログなんか付けていない。
    • 本にもしない。
  5. アントラーズなどでプレーし、ワールドカップにも出場した。
  6. 左打ちが得意

偽渡辺俊介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 危険球すれすれのボールを投げる。
  2. 危険球退場になっても謝らない。
    • 「よけれんやつが悪い。」
  3. 降板後はマウンドに変な溝ができる。
    • ゆえに彼専属のグラウンドキーパーが帯同している。
  4. 典型的なオーバースローの速球派投手。
  5. まーくんは俺の嫁だ」
  6. 現在セルティック所属。
    • エスパニョールに移籍
      • Fマリノスに帰ってきた
  7. 俊介。
  8. AKBの渡辺麻友は妹である。

偽渡辺直人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 栃木出身。
  2. 社会人時代は親会社の不祥事でチームが都市対抗野球を出場辞退、以降同大会に出場できず。
  3. ビヨンセの物真似でブレイク。
  4. 楽天ファンには蛇蝎のごとく嫌われている。
    • Kスタに姿を見せようものなら聞くに堪えないような罵詈雑言を浴びせられる。

偽渡辺久信の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「ドカベン プロ野球編」で岩鬼にホームランを打たれる場面を描かれたからと言って、漫画家を訴えたりはしない。
  2. 選手時代、女性ファンは皆無だった。
  3. 渾身のストレートでホームランを打たれたことが一度もない。
  4. はげてない。
  5. 現役時代に旧人類トリオの一角をなしたことが、「ナベキュウ」の由来だ。
  6. 監督一年目は、あと一歩というところで日本一を逃した。
  7. オフの自主トレや休養を除いて日本から出たことがない。
  8. 娘はAKB48のメンバー。

偽渡辺博幸の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「リ×ビタンD」のコマーシャルに出ていた。
  2. 幼い頃からトラクターに憧れていて社会人になって初めて買った車がトラクター。
  3. ドラゴンズに入団していつしか「スーパーサブ」と呼ばれるようになったが、これはダジャレが極端にさぶかったため。
    • さぶ」という雑誌を愛読していたため。
  4. すでに引退が決まっていたので日本一のパレードには参加させてもらえなかった。
  5. 守備が極端に下手であり、引退してからチームのエラーが半減した。

偽渡辺正人の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2005年のアジアシリーズ第4戦で空振り三振の連続
    • 結局彼のおかげでアジアチャンピオンは逃してしまった
  2. サッカー日本代表を率いた事がある。
  3. このクイズ番組の上位常連。

偽プロ野球の特徴
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ

偽埼玉西武ライオンズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ

偽横浜DeNAベイスターズ 偽中日ドラゴンズ 偽広島東洋カープ 偽読売ジャイアンツ 偽阪神タイガース 偽東京ヤクルトスワローズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ・いう~お | か行 | さ行 | た行 | な行
は行 |ま行|や~わ行
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム