偽ベガルタ仙台の特徴

提供:chakuwiki
  1. 我らが聖地、宮城スタジアム。
    • 交通アクセスがユアスタよりも抜群にいい。
  2. 宮城野原陸上競技場がメインスタジアム。
    • ネーミングライツを取得して、しかもスタジアム周辺でのイベントが満載。
    • 宮城球場と隣接しているため、プロ野球との掛け持ち観戦をすることが容易に可能。
  3. 未だにブランメル。
    • チームカラーは緑のまま。
  4. 未だにカニトップ。
    • そんでもって、仙台サポーターは他チームサポーターからいまだに「蟹」と呼ばれている。
  5. サポーターの数が非常に少ない。
    • サポーターの数は楽天の10分の1以下
    • それでも負け試合の後は選手への示威行動として「バス突撃」を行う。
    • モンテディオ山形とのみちのくダービーでも毎試合ホームジャックされる。
  6. 応援が非常にしょぼい。
  7. ベガッ太はバク転などアクロバティックな運動をこなすことができる。
  8. ベガッ太はコンコースやスタンドに滅多に出没しない。
  9. 岡山は試合に勝っても挨拶せずにそそくさとロッカールームに戻ってしまう。もちろんファンサービスは全然しない。
  10. ユニフォームの首元にある2つの星は優勝の勝ち星。
  11. 運営会社の名前は「東北サウザンド」。
  12. 選手入場時に歌われるカントリーロードは、映画「耳を澄ませば」で使用された日本語バージョンがうたわれる。
  13. コミュニティFMのラジオ中継にて、対戦相手から失点を食らったときは、「ノォォォォォーーーーーーーーーーッ!何ということでしょう!」という叫びを聞くことができる。
  14. ベガルタが勝ったら金利が上がる、七十七銀行の「ベガルタ定期」が仙台で人気。