偽マツダの特徴

提供:chakuwiki

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 本社は岡山県にある。
  2. カペラやクロノスが今でも販売している。
    • 最上級車種は今でもルーチェ。
      • ランティスも。
        • 新型ロードペーサーは開発中である。
    • フラッグシップ候補として、ソーラーカー「Ahura Mazda」を鋭意開発中。
  3. どの車種も下取り査定が高い。
    • 希少価値の高い旧型デミオは、ほとんど流通していない。
  4. 運転していてつまらない。
  5. とっくにロータリーエンジンを見限っている。
    • 逆にロータリーフルラインナップ化を達成している可能性も。
  6. 現在でもタクシー仕様車がラインアップにある。
    • 名称はアクセラ・タクシー仕様として販売されている。
  7. 値引きがモデル末期でも引き締めている。
    • 3月末の決算期は殿様商売である。
  8. 温泉に行くためだけの車。
  9. 車種によってCM曲がまったく異なる。
  10. スズキにロードスターをOEM供給する。
    • ロードスターの幌は、10年どころか20年経っても色はあせないし破れたりしない。
    • 雨の日は対向車の撥ねた水が顔にかかり眠気を覚ます(当然幌や窓は閉めている)
    • トヨタにもOEM供給している。
    • 今年からホンダにもOEM供給する予定がある。
  11. いまでもAZブランドの軽自動車を自己生産している。
    • アマティブランドでの販売も検討している。
  12. リセールバリューが抜群にいいので、マツダ車に乗ることを俗に「マツダ天国」という。
  13. 自動車生産は電球生産の片手間にやってる。
  14. スズキと経営統合する計画がある。
  15. 中国放送などの、広島の報道各社との関係が非常に悪い。
  16. 社名は「待ちます」を津軽弁にしたものからとった。
  17. 90年代中頃にはフォードを買収して黄金時代を築きあげた
  18. キャッチコピーは「Zoom-Zoom」ということでカメラのズーム機能の製造にも手を出してしまった。
    • そして自社ブランドのカメラを発売。
  19. 東洋ゴム工業は関連会社にあたる。
  20. MASTUDAだ。
    • マズダだ。
  21. 創業者は松田優作だ。
  22. 東洋大学はここの会社が設立した。
    • 卒業生は優先的に入社できる。
  23. ディーゼルエンジンとは全く無縁。
  24. Bリーグの広島ドラゴンフライズのスポンサーでもある。
  25. ロータリーエンジンの技術を手に入れるためNSUを買収した。
  26. かつてF1に参戦していたことがある。
  27. 中国語では「松田汽车」と表記される。
  28. 実は特殊ナットなどを製造している大阪の企業だ。

車種別の特徴[編集 | ソースを編集]

  • 現在生産されていない車種について「現在も生産されている」と書くのはご遠慮下さい。偽物なら今からでも生産できるじゃないですか(笑)。

偽AZオフロードの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マツダ独自で生産している。
    • もちろん開発もマツダ独自。
  2. オンロード仕様のAZオンロードもラインナップ。
  3. よく見たらロードだった。
  4. 「AZジープ」と名乗っていた。

偽AZ-1の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. AZブランドなのでスズキが生産していた。
  2. モデルチェンジ毎にAZ-2、AZ-3と素直に名前が変わっていく。
  3. ドアはガルウイング式ではない。
  4. マイルドなハンドリングと広々した室内が受けてバカ売れ。
  5. 事故率の低い安全な車として知られ、保険の料率は最も低いランクである。
  6. よく見れば「RZ-1」だった。

偽AZワゴンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 商用車として4ナンバーのAZバンもラインナップ。
    • 他にAZセダン、AZクーペもある。
  2. 偽AZオフロード同様、マツダ独自で生産している。
    • 偽AZオフロード同様、もちろん開発もマツダ独自。
  3. 初代からマツダ独自で生産していた。
    • もちろん開発もマツダ独自だった。
  4. 「AZワゴンR」と呼ばれている。

偽CX-3の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ボディは5ナンバーサイズ。
  2. 日本仕様にはガソリン車もある。
  3. 国内市場では別のカタカナ名で売られている。

偽CX-5の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ディーゼル車の設定はない。
  2. ロータリーエンジンを搭載しており非常に燃費が悪い。
  3. びっくりするほど馬力が無い。
  4. ガソリン車のモデルをXGにしようとしたが、某ゲーム会社からクレームが来たので断念した。

偽CX-7の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロータリーエンジン搭載車もラインナップ。
  2. よく見たらRX-7だ。
    • もしくはCR-Xだった。
  3. ターボ車のラインナップはない。

偽CX-9の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本国内で販売されている。

偽MPVの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ターボ車をラインナップしていない。
    • 2010年のマイナーチェンジでターボ車のみのラインナップに。
  2. 1ナンバーもラインナップ。
    • 車名は「Multi Purpose Van」の略称。
  3. よく見たらMVPだった。

偽MS-6の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ザクだ。
  2. 4ドアセダンもあった。
  3. ディーゼルの設定はなかった。

偽MS-8の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イフリートだ。
  2. 4WDの設定もあった。

偽MS-9の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ドムだ。
  2. 1995年まで販売していた。

偽MX-6の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 誰に聞いてもすぐにどんな形の車だったか思い出す。
  2. 4WDの設定もあった。
  3. 日本ではアンフィニブランドで販売していた。

偽RX-3の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本国内でも「RX-3」の名称で販売されていた。
  2. 実はココのSUVである。

偽RX-7の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. DOHCターボエンジンをラインナップしたことある。
    • 下級グレードにはSOHCのNAエンジンのラインナップもした事がある。
    • ロータリーエンジンはもってのほか。
  2. 生産中止になったことない。
  3. 走り屋に人気がない。
    • ドリフトと無縁だ。
  4. 初代RX-7(SA22C)もターボ車のみのラインナップだった。
  5. あるいはFC3S、FD3SにもNAのラインナップがあった。
  6. FC3Cのように、FD型にもFD3Cというオープントップのモデルが導入された。
  7. FD3Sの初期型は軽さとは無縁の超頑強な車体設計が成され、モノコックにクラックが入るなどといった量産車らしからぬトラブルとは無縁だった。
  8. 2代目後期のCM曲は「エーゲ海の真珠」であった。
  9. とても燃費が良い。
  10. 実はここのクロスオーバーSUVだ。
  11. 3代目(FD3S)の最終型に6MTのラインナップがあった。
  12. 3代目RX-7の後席は広い。
    • もちろん後席だけで大人3人乗れる。
    • ベンチシート、コラムシフトの6人乗り仕様もある。
      • もちろん5人家族、6人家族に大人気。
  13. 実はここのリズムマシンだ。
  14. 実はトヨタ・ビスタの後継車だ。
    • ライバルは日産・レパード。

偽RX-8の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ターボ車もラインナップ。
  2. DOHCエンジン(NA)を搭載している。
    • 直4・2.3Lのラインナップがある。
  3. 3ドアクーペもラインナップ。
  4. 馬力がカタログ数値よりも遥かに出ており危険だとアメリカで訴訟沙汰になった。
  5. 実はここのクロスオーバーSUVだ。
  6. 生産を終了したのは後継車種の「RX-9」を出すため。

偽アクセラの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車名がいまだに「ファミリア」である。
    • 「ファミリア・アクセラ」が正式名。
  2. 車体は5ナンバーサイズである。
  3. タクシー仕様車もラインナップ。
  4. ネスレのインスタントコーヒーだ。
  5. スバルのマークがついている。
  6. 現行アクセラスポーツにも5MT車の設定がある。
  7. の愛車である。
  8. 2011年のマイナーチェンジで3ローターロータリーエンジン搭載。リッター3kmの超高燃費。
  9. ハイブリッド及びディーゼルの設定がない。
    • もしくはアクセラスポーツにハイブリッド、セダンにディーゼルが設定可。
  10. 2代目からすでに1.5Lのスカイアクティブ仕様があった。
  11. Googleストリートビューの撮影用車両にも使われている。

偽アテンザの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 成人用紙おむつと勘違いして購入する老人多数。
  2. 初代に限り1ナンバーのライトバンもラインナップ。
  3. ディーゼル車の設定がない。

偽エチュードの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 誰に聞いてもすぐにどんな形の車だったか思い出す。

偽カスタムキャブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 4ナンバー仕様のライトバンのラインナップがあった。
    • 4ナンバー仕様のピックアップトラックのラインナップもあった。
    • 5ナンバーのステーションワゴンもあった。
  2. なぜかロータリーエンジンの設定もあった。

偽カペラの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 3代目以前にもライトバンの設定があった。
  2. アカペラだ。

偽キャロルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2代目の姉妹車種に「ユーノスシャンテ」があった。
  2. 現在もマツダ独自で生産している。
    • スズキ製はもってのほか。
  3. 2代目と3代目に5ドアの設定があった。
  4. よく見たらキャッスルだ。
    • もしくは「キャメル」だ。
  5. 生産を打ち切ったことない。
  6. 当初の予定通りロータリーエンジン搭載車も発売できた。

偽クレフの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 誰に聞いてもすぐにどんな形の車だったか思い出す。
  2. 1996年まで販売していた。

偽クロノスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 誰に聞いてもすぐにどんな形の車だったか思い出す。
  2. 黒酢だ。
  3. 5ドアハッチバックの「クロノスCG」もあった。
  4. 日本では大いにヒットした。
  5. ボディカラーは黒系統のみ。
  6. ディーゼルの設定はなかった。

偽コスモの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 未来的スタイリングが特徴だが、エンジンもドライバー自身の中の「小宇宙(コスモ)」を燃やすことによって走行できるという画期的メカだった。
    • マツダではコスモのドライバーを「聖闘士」と書いて「セイント」と呼んだ。
  2. 現在では4ローターのエンジンを搭載した5代目が販売中。
    • もちろん初代より一貫してロータリーエンジンのみが搭載された、マツダのスポートモデルのフラッグシップだ。
  3. 4代目もマツダブランドであった。
  4. 3代目に4ドアセダンの設定はなかった。
    • ルーチェとは全くの別ボディだった。
  5. こっちだ。
  6. コスモ石油のガソリンを入れないと走らない。
    • ただしハイオクを入れないと走らない。
    • ただし、V6エンジンを搭載している。
      • もちろんロータリーエンジンのラインナップはない。
  7. リッター30kmの超低燃費。踏み込んでも燃料計の針がなかなか下がらない。
  8. ウルトラ警備隊のポインターはこの車を改造したもの。

偽K360の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. もちろんマイクロソフトが開発に関わっている。
  2. 4輪車の設定があった。
  3. エンジンは空冷2サイクル単気筒だった。

偽サバンナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正式な車名は「サバンナRX-3」であった。
    • もしくは「カペラサバンナ」であった。
  2. スポーツワゴンの設定はなかった。
  3. 日本グランプリではスカイラインに負けてばかりだった。
  4. こっちのサバンナだ。
  5. 輸出名も「サバンナ」であった。
  6. その名の通りアフリカの平原のような道なき道を突破するための車だ。

偽シャンテの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロータリーエンジンを搭載していた。
  2. こっちだ。
  3. 800㏄エンジン搭載車のラインナップがあった。
  4. 参天製薬の目薬だ。
  5. 2代目はキャロルの姉妹車としてユーノス店で販売していた。
  6. シャソテだ。
  7. 5代目はデミオを軽枠に縮めて売っている。(初代スイフト=鈴木Keiの関係と同じ)

偽スクラムの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マツダ独自で生産している。
    • 開発ももちろんマツダ独自。
  2. 車名がいまだに「ポーター」または「ポーターキャブ」だ。
  3. 発売当初から一貫してマツダブランドの取り扱いである。
  4. スラムだ。

偽スピアーノの特徴[編集 | ソースを編集]

    • あるいはマツダ独自で開発・生産していた。
  1. 3ドアボディもあった。
  2. かつてのポーターの後継車として、ピックアップトラック仕様も発売された。
  3. グリルで魚を焼くことが可能。
  4. ヘッドライトは規格型の丸型あるいは角型である。
  5. SSも含め、全車に4ATだけでなく5MTも設定されている。

偽センティアの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「マンティア」もある。
    • 「オクティア」も。
  2. 2代目は窓枠を持つ4ドアセダンであった。
  3. 4WSの設定はなかった。
  4. 実は某社の目薬だ。
  5. ロータリーエンジン搭載。
    • 20B型の設定もあった。

偽タイタンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. トラックにもzoom!zoom!を徹底。もちろんボディはチタン製だ。
  2. カタログで間違って排気量40000cc書かれたことない。
    • むしろ誤植ではなく本当に40000ccだった。
  3. 1986年からエルフと同じエンジンが搭載された。
    • もちろんいすゞ製だ。
  4. よく聞けば×××だ。
  5. 実は日産の海外向けピックアップトラックであり北米で生産されている。
  6. 「大根とあげさんの炊いたん」だ。
  7. 2013年現在もマツダ独自で生産している。
  8. もちろん13B型を搭載した車種も発売されている。280PSのとても速い2tトラックだ。
  9. スポーツモデルの「マツダスピードタイタン」もある。
  10. キャブがオープントップになった「コージー」も設定。
  11. 1994年から2017年まで北九州市八幡東区で生産されていた。

偽タイタンダッシュの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく聞けばタータンダッシュだ。陸上競技で大活躍!!
  2. よく見たらタイタンラッシュだ。
    • トヨタの製品だ。
    • 兄弟車にタイタンビーゴもある。
  3. TOKIOが開発に関与している。
    • 村や島の開拓に適した車だ。

偽デミオの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 初代と2代目には4ナンバーのライトバンもラインナップ。
  2. 3代目も車高が高いワゴンスタイルである。
  3. 4ドアセダンもラインナップ。
  4. 初代にピックアップトラックの設定もあった。
  5. 現行では6MT、ターボ、ボンネットにエアインテークを装備した「マツダスピードデミオ」がある。
  6. 2011年のマイナーチェンジで3ローターロータリーエンジン搭載。リッター3kmの超高燃費。
  7. マツダ車の中で最も人気が無く会社を倒産寸前にまで追い込んだ。
    • 無論、街中で見かけることはほぼありえない、伝説の迷車だ。


偽パークウェイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロータリーエンジンを搭載したことない。
  2. 1989年から1997年まで3代目タイタンとそっくりなデザインで生産されていた。
    • もちろん3代目タイタンに合わせてマイナーチェンジもしたことある。

偽ビアンテの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 同クラス他車と比較して一番狭い。
    • もちろん5ナンバーだ。
  2. 実は「ビオランテ」だ。
  3. 実はホンダの耕運機だ。

偽ファミリアの特徴[編集 | ソースを編集]

    • もちろん5ナンバーも。
  1. ピックアップトラックの設定はなかった。
  2. シートのデザインは水色またはピンクのパステルカラーで、可愛らしい小熊のイラストで統一されている。

偽ファミリアアスティナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 4WDの設定もあった。
  2. 1993年のランティス発売に伴い絶版となった。
    • 断じてエスティマではない。

偽フレアの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車名がいまだに「AZワゴン」だ。
  2. マツダ独自で生産している。
    • もちろんマツダ独自で開発。
  3. 顔つきがベースのワゴンRと全く同じ。
    • たが、2014年8月のマイナーチェンジでXGを除き、全く同じとなってしまった。
  4. オリジナルカラー(ワゴンRに設定されていない色)がある。
    • もちろん、設定されていない「イノセントピンクメタリック」も設定。
  5. 追尾してくるミサイルから身を守れる機能が搭載されている。

偽フレアクロスオーバーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 没個性的なスタイル
    • それゆえ自分の車を見失うことがある。
  2. マツダ独自で生産している。
    • もちろんマツダ独自で開発。
      • ハスラーのOEMなんてもってのほか
  3. オリジナルカラーがあり、フロントマスクのデザインも変更されている。
  4. ハスラーにはある5MT車も設定
    • 「Gターボ」ももちろん設定
      • 特別仕様車である「J STYLE」や「Fリミテッド」も設定
  5. 内装色が変更されており、ハスラーとは別物に近い雰囲気になっている
    • インパネがホワイトからブラック、シートパイピングがカラフル、シート柄が迷彩からチェックなど多岐にわたって変更されている。
  6. ハスラーの社外パーツの互換性はない
    • ハスラークーペ風のロゴに倣って、CROSSOVERというロゴのパーツがあるなんてもってのほか

偽フレアワゴンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マツダ独自で生産している。
    • もちろんマツダ独自で開発。
  2. フロントマスクが大胆なイメチェンをしている。
    • それに加えフレアではされていないヘッドライト形状もイメチェンされている。
      • 3代目のカスタムは魂動デザインにイメチェンされ、マシーングレーやソウルレッドの設定もある。
  3. オリジナルカラーがあり、ベースのスペーシアのカラーをすべてを加えて設定がある。
  4. 内装色がフレアの標準車同様、標準車は変更されている。
    • 初代では下級グレードのみ変更されていたホイールキャップもフレア同様変更。
      • 若しくはアルミホイールがオリジナルデザインに変更。

偽プレマシーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 2代目も5ナンパーサイズ・後ヒンジドアを死守。
  2. 2300ccのDISIターボを搭載した「マツダスピードプレマシー」も設定されている。
  3. 6人乗りのモデルもある。

偽プロシードの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 一度も日本国内での販売を打ち切っていない。
  2. ディーゼルの設定はなかった。


偽ベリーサの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全幅は1,720mmであり、3ナンバーとなる。
  2. 実はこっちだ。

偽ペルソナの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 灰皿とライターは標準装備。
  2. 2代目はNB型ロードスターをベースにした4ドアピラードハードトップだった。
  3. CMキャラクターは浜田麻里だ
  4. 悪魔の乗車も想定して設計されている。

偽ポーター/ポーターキャブの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ボンネット型ポーターのほうは最後まで4気筒エンジンを搭載していた。
  2. ニューポーターキャブの550ccエンジンはスズキ製の2サイクル3気筒であった。
    • のちにスズキ製F5A型4サイクル3気筒に換装された。
  3. 燃料はこれ
  4. ポルターだ。
    • ポルターキャブだ。
  5. 吉田カバンと協業して開発された。
  6. ポーカーだ。

偽ボクサーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. その名のとおり水平対向エンジンを搭載していた。
  2. 実はこっちだったというのは内緒。
  3. 派生車種に「キミサー」「オレサー」「ワタシサー」「セッシャサー」「ソレガシサー」等がある。

偽ボンゴの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実はこれ
  2. 今でもワゴンの設定がある。
  3. エンジンは初代から運転席の下にあった。
  4. ボソゴだ。
  5. 大塚駅前でおにぎりを売っている

偽ボンゴフレンディの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正式な車名は単に「フレンディ」であった。
  2. 「ボンゴフレンディー」と表記するのが正しい。
  3. AGFのインスタントコーヒーだ。
  4. 4ナンバーの商用バンもあった。
  5. トミカではあのオートフリートップが再現できなかった。

偽ボンゴブローニイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 正式な表記は「ボンゴブローニー」である。
  2. 15人乗りのバスもラインナップ。
    • ただし、運転するには中型以上の免許が必要。
  3. かつては救急車のラインナップがあった。


偽ユーノス500の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 誰に聞いてもすぐにどんな形の車だったか思い出す。
  2. 500キュービック・インチ(約8,200cc)のエンジンを載せたフラッグシップ機だ。決して500ccエンジンではない。
    • 500馬力出ているわけでもない。
  3. ボディは3ナンバーサイズだった。

偽ライトバスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車名はライト兄弟に由来する。
  2. レフトバスだ。
    • もちろん左ハンドル仕様になっている。

偽ランティスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実はこっち
  2. CM曲を歌っていたのはこの人
  3. ステーションワゴンの設定もあった。
  4. CM曲は全部ここの楽曲。
  5. 正式な車名は「ファミリアランティス」だった。
  6. 5ドアのラインナップしかなかった。
  7. ホイールベースは2610mmだった。

偽ラピュタの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 幻のモデル。
    • 街で見かけると思わず、「ラピュタは本当にあったんだ!」と叫んでしまう。
  2. マツダ独自で生産している。
    • もちろん開発もマツダ独自。
  3. 動力は光ったり飛んだりする石。
  4. 何度も甦る。
    • 「バルス」と言うたびに車体がバラバラになる。
  5. 突然、「3分間待ってやる!」と叫びだす。
    • 若しくは光を浴びたりするとヘッドライトが「目が~目が~!」と言わんばかりに悲鳴を上げる。
  6. カラーはブラックのみ。

偽ルーチェの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく聞けば「フルーチェ」だ。
  2. 3代目と4代目にも2ドアハードトップの設定があった。
  3. ロータリーエンジン搭載車の設定はなかった。

偽ルーチェレガートの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 5ナンバーのステーションワゴンもあった。

偽ルーチェロータリークーペの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駆動方式はFRだった。
    • それゆえに「ルーチェFRクーペ」と名乗っていた。
    • もしくはMRだった。
  2. ATの設定もあった。
  3. 正式な車名は「ルーチェクーペ」だった。
    • それゆえにレシプロ1800ccの設定もあった。
  4. よく見たらルーチェロリータクーペだ。
    • さらによく見たらフルーチェロリータクーペだ。
    • あるいはフルーチェロータリークーペだ。

偽レビューの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 発売当初からマツダブランドでの取扱だった。
  2. 現在はデミオの4ドアセダンが後継車としての役割を果たしている。
  3. 某化粧品メーカーのファンデーションだ。
    • 後継車は「コフレドール」である。
  4. よく見たらデビューだ。

偽ロードスターの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ロータリーエンジンを搭載している。
    • むしろロリータエンジンを搭載。
  2. ロータスエランのパクリとかウーパールーパーに似ているなどと揶揄されない独創的なスタイリング。
    • ゆえに全く市場では認知されず人気のほうはサッパリ。
      • しつこくモデルチェンジを繰り返すが状況は好転せず、至上最も売れていないオープンスポーツカーとしてギネス認定された。
        • レアな車が好きな人には別の意味で人気がある。
  3. ろど☆すた
  4. スペック、600PS/80000RPM
  5. 直4・2.3Lのラインナップがある。
  6. 3ドアクーペのラインナップがある。
    • 4ドアセダンもラインナップ。
  7. もちろん4シーターもラインナップ。
  8. 非オープンカーもラインナップ。
  9. よく見たらロースターだ。
  10. ゲームメーカーとのコラボで「ロードスター戦記」なるゲームがリリースされた。

偽ロードペーサーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 車体はマツダ独自の設計だった。
    • いやフォードの設計だ。