偽メジャーリーガーの特徴

提供:chakuwiki

日本人現役選手[編集 | ソースを編集]

偽今永昇太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 滑舌が極めて悪い。
    • ヒーローインタビューなどで「それじゃあだめじゃん」とよく発言している。
  2. 通称「投げる科学者」。
  3. 打撃能力はないも同然だ。
  4. 晴れ男だ。

偽大谷翔平の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 銃砲刀剣類登録証を二口分持っている。
  2. 初めての一軍は投手としてだった。
  3. 浄土真宗大谷派の一門だ。
    • 実家は東本願寺。
    • 高校卒業後大谷大学に進学する予定だったがプロ入りに進路変更した。
  4. 石田三成の片腕として活躍。

偽菊池雄星の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「遊星」だ。
    • 因みに名字は「菊」が正しい。
  2. 大阪出身で、岩手には野球留学で来た。
  3. 民営化されている。
  4. 母は菊池桃子。
  5. AKBの菊池あやかは妹である。

偽鈴木誠也の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 聖闘士だ。
  2. 元フィギュアスケート選手と結婚した。
  3. 入団当時の背番号は後の主砲にふさわしく55。
  4. 滑舌が悪い。
    • 当時の監督に「噛みってる」と評されたほど。

偽千賀滉大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪市旭区で古書店を経営している。
    • その店はアイドルの本で有名だ。
  2. ドラフト1位だ。
    • 甲子園にも出場している。

偽筒香嘉智の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「不都合嘉智」だ。
  2. 神奈川県出身で和歌山の高校に野球留学。
  3. 背番号の「25」の隣に小さく「2」が付け加えられ「225(つつごう)」になっている。

偽藤浪晋太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 身長が150cm台だ。
  2. 神奈川県の桐蔭学園高校出身。
  3. マウンドに上がる時や打席に立つ時の出囃子が本人歌唱による「マッチョ・ドラゴン」。
  4. もちろん大の阪神ファンだ。

偽前田健太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. AKB48の左腕エース。
  2. 松浦亜弥のモノマネで有名な×××芸人。
  3. 前田智徳選手と区別するためユニフォームの背中の英字は「MAEKEN」。
    • あるいは「K.MAEDA」。
    • または「KENTA.M」。
  4. 「ヒャダイン」名義で音楽活動をしている。
    • 「ももいろクローバーZ」のプロデューサーもしている。
  5. 阪神戦には圧倒的に弱い。
  6. エースたるもの巨人戦で積極的に投げるのが当然だ。
  7. 宣伝活動とは無縁。ステマなんてもってのほか。
  8. グラビアアイドルと噂になったことはない。
  9. 絵がとてもうまい。

偽松井裕樹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 下の名前は「ひろき」と読む。
  2. ネットを介した株取引がうまい。
  3. 打たせて取るピッチングに定評がある。
  4. 結婚相手は無名の一般人。

偽山本由伸の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 中継ぎをやったことはない。
  2. 以前は打線の大量援護に恵まれる試合が多かった。
    • だがタイトルは獲ったことがない。
  3. 名前の由来が本当に高橋由伸だ。
  4. 西武戦に非常に弱い。
  5. フォームを他の選手に真似されたことはない。

偽吉田正尚の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 腰だけは異常に頑丈。
  2. 背番号34をつけているのは金田正一を尊敬しているから。
  3. 筋肉に注目が集まることをよく思っていない。
  4. 身長は高い方だ。
  5. 長いことオリックス打線のオアシスと言われていた。
  6. 大きく振らず当てに行くスイングが特徴。


引退した選手[編集 | ソースを編集]

独立済み[編集 | ソースを編集]

偽ハンク・アーロンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. リーディングヒッター。
  2. いまもなおホームラン世界記録を持つ。

偽ティム・ウェークフィールドの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ナックルは投げられない。

偽王建民の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 王貞治は遠戚。
  2. 日本に四川料理を広めた。

偽エリック・ガニエの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. NHLで活躍するアイスホッケー選手だ。
  2. いつも半袖。

偽ホセ・カンセコの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 薬物使ってることをいまもなお隠し通している。
  2. 双子の兄の方が活躍した。
    • 一方、自身は近鉄に入団するも一軍入りは果たせず。
  3. 投手転向に成功した。

偽ケン・グリフィーJr.の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父親とは違う道を歩んだ。

偽ジェイソン・ジアンビの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. とにかく当てにいくバッティングが売り。
    • 初球から積極的に打ちにいく。
    • ローボールヒッター。
  2. 野手が左寄りに偏るシフトを敷かれる。
  3. 不二家のマスコットキャラクター。
  4. アイスホッケーのキーパーマスクにチェーンソーという出で立ちで打席に入る。
  5. ステロイド疑惑とは無縁。
    • 証人として法廷に呼ばれない。
  6. 怪我しにくい。
  7. オークランド時代からマグワイアを軽蔑している。

偽デレク・ジーターの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 打席に入ると世紀末が来るので守備専門。
  2. 2009.3.23.(JST)のWBC対日本戦で福留孝介の打球をはじいた。
  3. よく見たら「森下仁丹」だ。
  4. 熊本県水前寺町出身。

偽ランディ・ジョンソンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 身長170cm未満。
  2. いまだにヤンキース所属。
    • またはマリナーズの選手で、イチローが入団しても背番号51を譲らなかった。
  3. 写真を変な機械と取り違われる。
  4. 間違ってもボディブ○ードなんかプルプルしない。
  5. 鳥が留まれるほど遅い球を投げられる。
  6. 右投げ左打ち。

偽ジョン・スモルツの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. WBCにも参加した。
  2. 個人スポンサーはサントリー。ビールのCMに出たのが縁で契約結んだ。

偽サミー・ソーサの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マグワイヤを破りホームラン記録を樹立。
  2. バットからおかしな物が出てこない。
  3. 薬物で全く疑われない。
  4. キューバから来た。
  5. 「寒みぃそうさ」

偽ジョー・ディマジオの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 井上和香との婚姻歴がある。
    • 来日した際、彼女よりも彼の方がマスコミのフラッシュを浴びていたため、彼女がすねて離婚した。
  2. 米版小鶴誠と呼ばれた。
  3. よく見たら「城島次郎」だ。

偽ボビー・バレンタインの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ナイジェリア出身。
    • 最近、日本国籍を取得した。
  2. バレンタインデーは彼のためにある。
  3. 退場処分を食らった後に変装してベンチに座ることはない。
  4. 日本代表監督に就任するため、ロッテ監督の座を息子に禅譲した。

偽マイク・ピアッツァの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イタリア人の血はない。
    • 当然WBCも米国代表として出場。
  2. 良く見たら「Pizza Margarita」だった。
  3. ロジャー・クレメンスと非常に仲が良い。

偽バリー・ボンズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 薬物で全く疑われない。
  2. 読売ジャイアンツの選手だ。
  3. 父親とは全く違う道を歩んだ。

偽マーク・マグワイヤの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「マクガイア」。
    • 日本では「冒険野郎」の愛称で親しまれている。
  2. 薬物で全く疑われない。

偽ペドロ・マルティネスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. かつて西武・巨人でプレーしたこともある。
  2. 元「ペドロ&カプリシャス」のメンバー。

偽ケビン・ミラーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. すんなり中日と契約した。
    • 中日との契約を蹴ってボストンに行ったのはイバン・クルーズだった。
  2. 選手会から追放されることはない。

偽メルビン・モーラの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小さい頃から野球一筋。
    • ボクシングやサッカーなどやってない。
  2. 台湾でプレーした事などない。
  3. スラッガータイプ。

偽ノーラン・ライアンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現役時代はずっとノーコンだった。
    • ノーヒットノーランはありえない。
    • 実際、元々からノーコン。
  2. 新人時代から球威はないものの正確なコントロールだった。

偽トム・ラソーダの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 中国代表の監督。
    • 「俺にはチャイナレッドの血が流れている」の名言は余りにも有名。
    • かつてロッテでもプレーした。
  2. 監督としてより選手時代に実績を残している

偽カル・リプケンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ちょっとした軽傷でも試合を欠場する。
  2. 某総合毛髪企業のコマーシャルに出ていた。

偽ベーブ・ルースの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. レッドソックスで現役を全うした。
  2. 非常に喧嘩が強かったのでボクサーとして大成した。
  3. 野手に転向することはなかった。
  4. 監督に就任する。

偽ピート・ローズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 野球賭博とは無縁
    • もちろん永久追放になっておらず、永久欠番も認められている。
      • と思いきやレッズの永久欠番は2016年に取り消されてしまった。
    • 当然、野球殿堂入りも果たしている。WWE殿堂?あるわけないだろ。
  2. 怪我をしやすく毎年のように故障者リスト入りしていた。
  3. 日本のCMに出たことはない。
  4. 実家はバラ農家。
  5. かつて日本の近鉄などで活躍したタフィ・ローズと血縁関係がある。
  6. イチローが日米通算で自らの最多安打記録を塗り替えたことを手放しで絶賛した。

偽アレックス・ロドリゲスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. WBCにドミニカ代表として出場した。
    • 2009年はアメリカ代表でプレーする意思を表明した。
  2. 愛称は「i-Pod」。
  3. MLB最低年俸。
  4. 中日で活躍後、今年から広島で活躍。
  5. 日本国籍を取得し「呂度利下主アレサンドロ」とした。
  6. ドーピング問題の責任を取って引退した。

偽ジャッキー・ロビンソンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ドジャースでさえ永久欠番になってない。

偽ビリー・ワグナーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実はビリー・ラブライバーだ。
    • 実はビリーPだ。
  2. 野球を始めてからずっと左投げ。

オーナー・球団関係者[編集 | ソースを編集]

偽ジョージ・スタインブレナーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金満からはかけ離れている。
  2. 地元ファンから愛されている。
  3. 成績が悪くてもスタッフを切らない。
  4. ○邉恒○。

偽ピーター・オマリーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 外国人は嫌い
    • どんなに素晴らしい活躍をしていてもアメリカ人でなければ認めない
  2. MLB史上最低のオーナーだった
  3. 「ハンシンファンハ、イチバンヤー」
    • 「六甲颪」をCD化。
  4. 歌唱力はプロレベル。