偽ラーメンチェーン店の特徴

提供:chakuwiki

偽味の時計台の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「味の守礼門」と「味のはりまや橋」というグループ店舗がある。
    • 「味の死刑台」…
  2. 配膳時のお盆がどう見ても壁掛け時計だ。
  3. ここにも店舗がある。

偽一蘭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. カウンターがとても開放的だ。
    • 集団見合い型の席もある。
    • 客席から厨房が丸見えである。ラーメンの仕込みに使う材料まで見える。
    • なにせ店舗名が「一覧」だ。
  2. 系列店として「二蘭」「三蘭」もある。
  3. 本店があるのは札幌
  4. ラーメンの単価は非常に安い。

偽神座の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本社はもちろん大阪市内にある。
  2. 本店があるのは梅田
  3. ここは関連会社だ。
  4. 京都市内にも出店している。

偽くるまやラーメンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 店舗が廃車を改造したものである。
  2. 実は「やぐるまラーメン」。
    • 客が談笑していると店員が「・・・あ゛ぁ? 今俺のこと笑ったのか?」とブチ切れる。
    • 一押しはやはり味噌と塩。
  3. 「ご来店の際は公共交通機関でおいで下さい」とのCMで有名。
  4. 店内BGMはいつも「車屋さん」。
    • しかも「ちょいと急ぎな」の方。
  5. 西日本でも積極的に店舗展開している。
    • 特に店舗が多いのは四国・九州地方だ。

偽幸楽苑の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「渡る世間は鬼ばかり」に登場した。
  2. よく見ると「後楽園」だった。
    • 水戸市には「快楽苑」、金沢市には「健六苑」という名前で出店している。
  3. 発祥の地は岡山
    • なので同じ中国地方の山口、特に長州にも多く出店している。
  4. 関西地方にも積極的に出店している。
  5. まずい、こら食えん。
  6. 東京ドームにも出店。もちろん前身の球場時代からである。
  7. よく見たら「楽苑」だった。
    • 激辛ラーメンを売りにしている。

偽寿がきやの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 店のシンボルはスーチー女史。
  2. 左党のためにビールと餃子のセットが全店にあり、甘いものは一切無い。
  3. 先割れスプーンは右利きの人のためだけにあり、左利きの人は箸で食べるしかない。
  4. 都内に1000店舗を展開。
    • 一方、名古屋には1店舗もない。

偽ちりめん亭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. チリからやってきた黒船ラーメン屋。
  2. マクドナルドは関連会社。
  3. 主に中国地方・四国地方に勢力を伸ばす。一方、都内では全く無名。
  4. 本店があるのは京都府の丹後地域
    • 店員の制服には丹後ちりめんが使われている。
  5. ラーメンには必ずちりめんじゃこが入っている。
  6. 名物はこってりラーメンだ。

偽天下一品の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 京都らしい薄味のラーメンである。
    • 「薄すぎて味がしない」という否定的な意見もある。
  2. 天下一武道会とタイアップした事がある。
  3. 北海道宮崎にも店舗がある。
  4. 社長が非常にシャイでメディアに出たがらないため、誰が創業者なのか未だに不明である。
  5. 店舗のロゴが一方通行の道路標識に似ている。

偽東大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 麺王とは無関係である。
  2. 本店は東京大学の構内にある。
    • 東大寺の境内にも店舗がある。
  3. 京都では「京大」という名前で出店。
  4. 沖縄ではラーメンではなくおでんを売っている(参考)。

偽博多一風堂の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 発祥の地は札幌市
  2. 郊外ばかりに出店している。
  3. 実は「福岡一風堂」だ。
    • あるいは「伯方一風堂」で、伯方の塩を使ったラーメンが名物だ。

偽8番らーめんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1番から7番、そして9番以降も存在する。
  2. 各店の店長はその地域の草野球チームの下位打線を任されている。
  3. 日本で8番目に誕生したラーメン屋である。
  4. 「∞番らーめん」だ。
  5. 東南アジアへの出店は消極的。
    • ましてや店舗数で日本がタイに負けるわけがない。

偽日高屋の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. すでに全国展開しているが、関東地方にだけ店舗がない。
  2. 最も店舗数が多いのは関西で、100店舗以上ある。
  3. 餃子の王将の子会社だ。
  4. 本社は北海道の日高地方にある。
    • 埼玉県日高市だ。
    • 和歌山県日高郡だ。
  5. ラーメンの値段が1000円以上だ。
  6. 終日行列が絶えない。

偽藤一番の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「富士一番」だ。
    • ラーメンより焼きそばだ。
    • 姉妹店として「鷹二番」「茄子三番」もある。
  2. ツルツルとした喉越しから「鶴」のマークで有名。

偽横綱の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく見たら「横」だった。
    • 本社はここにある。
      • 本店は両国国技館の中にある。
    • あるいは「横細」である。
  2. 店員は全て元力士だ。
  3. ちゃんこ鍋もメニューにある。
  4. グループ会社に「大関」「関脇」「小結」・・・・・・「序の口」がある。

偽よってこやの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 運営母体は王将フードサービス。
  2. 博多ラーメンを売り物にしている。

偽らあめん花月嵐の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 運営母体はもちろん吉本興業
    • よって大阪府が一番店舗が多い。
      • 逆に関東には1店舗も出店していない。
    • 福岡県や四国にも多数出店。
  2. ジャニーズグループ「嵐」のグループ名の由来はここでメンバー全員が働いてたから。
  3. よく見たら「ラーメン花月」だった。
    • 店内にはエンドレスで「六甲おろし」が流れている。
  4. 「らあめんババア」を生産していたのはこの会社だ。

偽ラーメン二郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ラーメン屋をうたいながら、中華メニューが豊富に揃っている。
    • 本店は餃子、◯◯店はチャーハンと得意メニューを競い合っている。
  2. 「食事はみんなで楽しく」をモットーに、2名以上で来店した客は並んで座らせるのが当然。
    • 一組のお客が平均して1時間近く在席するので、なかなか席が空かずに行列の原因となっている。
  3. 注文する際は「味噌ラーメンの大盛り、野菜300g、にんにく小さじ1杯、背脂小さじ2杯、スープは薄めに」と店員さんにわかりやすく伝える。
    • 略称を使うと「知ったかぶり」と常連客にバカにされる。
  4. 飲み物の持ち込みは禁止。店内で烏龍茶を頼むと1杯500円。
    • 最近はドリンクバーを設置した店も増えている。
  5. 神戸電鉄三田線二郎駅の駅ナカにも出店している。
  6. 「ラーメン一郎」は黒歴史。
  7. ラーメンは通常の店よりも少なめになっている。
    • 「大盛り」で通常の店の「並盛り」と同じくらいになる。

偽ラーメン大学の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 国立大学だ。
    • 外国語学部は中国語だけだ。
    • 看護学部や教育学部もある。
  2. ラーメンマンが教授だ。
  3. ラーメン高校・ラーメン中・ラーメン小もある。
  4. 大学いもが出てくる。
  5. 立ち食いだ。
  6. ラーメンしかメニューにない。
  7. 平日しか開いてない。
  8. 各店舗を「○○キャンパス」と呼ぶ。
  9. 入学試験ならぬ入店試験がある。

偽来来亭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本部があるのは神戸市中央区
    • ちなみに1号店はここにある。
  2. 主に都心の繁華街に出店している。
    • 首都圏第一号店が出店したのは新宿
  3. 社長は質素な生活で有名だ。
  4. 和歌山県にも出店している。
  5. 滋賀県内の店舗は琵琶湖底に沈んだため現存しない。

偽リンガーハットの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本部があるのは東京都の東長崎駅前
    • じゃなくて、ちゃんぽんの本場、長崎県だ。
    • あるいは滋賀県彦根市にあり、「長崎ちゃんぽん」ではなく「近江ちゃんぽん」を提供している。
  2. 店のマークの「R」の横に立っているのは「時計台」だ。
  3. 野菜の大盛りを頼むときは「野菜マシマシ」と言わなくてはならない。
    • 正しく言わないと、野菜はもやし3本と、キャベツ1片しか載ってこない。むしろ言わないほうがマシ。
  4. たいていの客はラーメンの上の野菜だけで満腹になってしまい、麺まで食べきると「リンガリアン」の称号がもらえる。
  5. 出店は都会の場末にある雑居ビルに偏っており、家族連れが利用しやすい郊外型店舗はない。
  6. 皿うどんに使用されているうどんは、うどん県から取り寄せた腰のある太い麺だ。
  7. 東京よりも先に大阪に進出した。
    • 全国でも関西地区が一番店舗数が多い。
  8. 発祥の地は佐賀県
    • それ故はなわにネタにされている。
  9. ちゃんぽんの野菜は100%外国産。
  10. キクラゲがちゃんぽんから姿を消したことなどない。