偽週刊少年マガジンの特徴

提供:chakuwiki

独立済み[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 名前の通り、読者は小学生が中心だ。

偽あしたのジョーの特徴[編集 | ソースを編集]

偽矢吹ジョーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 坊主頭。
  2. 力石と戦う為に無理な増量をする。
  3. 「立つんだ、ジョー!」といわれても立たないが、「ごはんよ〜」の一声で立つ。
    • 別の所が立つ。
  4. おそ松君のハタ坊が好きで、「ハタ坊だ、ジョー!」の一声で立つ。
  5. 黒くくすぶっている。
  6. 亀田○○である。
  7. おぼっちゃまで品行方正。
  8. 実は知欠ジョー。
    • ……ホンモノじゃねぇか……
  9. ボクササイズで一時代を築く。
  10. 師匠は丹下左膳
  11. 滅多にパンチを喰らわない。ヒラヒラとよけまくる。
  12. 力石がストロー級にいて大した選手でもないので、ジョーから無視されてる。
  13. これの作者。
  14. ボガード兄弟の相棒だ。
  15. 萌え尽きて白くなった。
  16. 稲中卓球部の部員だ。
  17. いつも燃え尽きていて外見が真っ白。

偽AKB49〜恋愛禁止条例〜の特徴[編集 | ソースを編集]

投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:吉永寛子の父親に関する投稿

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 「AKB0〜恋愛禁止条例〜」から「AKB48〜恋愛禁止条例〜」は黒歴史だ。
    • 実は「AKB48〜恋愛禁止条例〜」が黒歴史だっただけである。
  2. ドラマ、アニメ化されたことがある。
    • 映画化も「めちゃイケ」でのサプライズとして本当に映画化された。
  3. 特別編も単行本に完全収録されている。

キャラクター別[編集 | ソースを編集]

偽浦山実/浦川みのりの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 父子家庭で弟がいる。
  2. 女装時であっても男物下着を着用することはない。
  3. 元サッカー部。
  4. 運動音痴。
  5. クイズでは大健闘した。
  6. 自己中。
    • むしろしっかり者。

偽吉永寛子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 推しメンは大島優子。
  2. 運動神経抜群。
    • だが学力はあまり高くない。
  3. 母親からは厳しくされているが父親からは溺愛されている。
  4. 早寝早起き。
    • 夜更かしなんてもってのほか。
  5. クラスでは地味な存在。

偽岡部愛/エレーナ・エレジーの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ヤンデレ。
  2. 貧困な家庭環境であった。
  3. 一貫して日本で活動している。

偽水野春子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女らしくおしとやかな性格だ。
    • だが偽善者。

偽有栖莉空の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 家庭環境が貧困でアパート暮らし。
  2. 長身。
  3. 少女時代はしっかり者で真面目だった。

偽MAYA=鈴木のぶ子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 一人っ子で裕福な家庭環境だった。
  2. 元々は自己中だったが今は素直な性格だ。
  3. 母親が家を出て行って父子家庭になった。

偽吉永寛子の母親の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 超強気でヒステリックな性格だ。
  2. かかあ天下。
    • 父親を尻に敷いている。
  3. 吉永に厳しい教育ママだ。
  4. 発言力がとにかく強大。
  5. 父親には「あんたバカァ」と呼んでいる。

偽奥平学の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アンチAKBの1人だ。
    • AKBと事あるごとに対立する。
  2. 厳格で男らしい教師だ。
    • しかも体育会系。
  3. 頭髪がふさふさ。

偽浦山雅希の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 男性で実の弟だ。

偽ミス・アフロディーテ/岡部蘭の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 岡部愛とはなんの関係もない。
    • そもそも姓が岡部ではない。
  2. 貧乏タレントとして売り出している。

偽炎炎ノ消防隊の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 人名は基本的に姓+名と表記される。
  2. 主題歌はLiSAの「炎」だ。
  3. タイトルが「円円ノ消防隊」だ。
  4. 実はこの作品だ。

偽彼女、お借りします。の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく見たら「彼女、借民です。」だ。
  2. アニメはABCテレビ制作、ドラマはMBS制作だ。

偽巨人の星の特徴[編集 | ソースを編集]

偽星飛雄馬の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 事あるごとに一徹をボコボコにする。
  2. 「野球が出来るなら、12球団どこでもいいです」と公言する。
  3. 自らの魔球を「メジャーリーグボールNo.1」と呼ぶ。
  4. クールだ。
  5. 姉ちゃんとできている。
  6. さすがにこりて、ちゃぶ台が床に固定されている。
    • 一徹、それを知らずに切れて、腰を痛める。
  7. 親父が阪神ファン。(こんな感じ
  8. オープンカーで登場。
  9. 「巨人の星」を探す為、天文学者を志す。
  10. 父親に殴られると「ぶったね・・・おやじにも殴られたことないのに!」とワケのわからないことを言ってつかみかかる。
    • かと思えば、今度は得意げに車の解説をしている。
    • タキシードで華麗に登場。
    • 登板するたびに俺の小宇宙が燃えっぱなし。
    • 最初は活躍したのにどんどん弱体化。
      • お供のネコがいる。
    • ニュータイプ。
      • 「大リーグボールは伊達じゃないっ!!」
  11. 野球に最初から興味がない。
    • 途中から柔道漫画に路線変更。
  12. 思い込んだら、怠惰の道をひた走る。ニート。
  13. 引退後タレントとなり、いじられキャラとして大ブレイク。
    • 現役中からトーク番組、バラエティ番組で引っ張りだこ。
    • メッセンジャーの黒田や麒麟の田村と貧乏自慢で盛り上がる。
    • または日曜朝9時頃にTBSに出ていて、「喝」とかほざいている。
  14. 投球間隔が非常に短い。
  15. 大企業の御曹司。
  16. サッカー選手に転職した。
  17. 「父ちゃんは、日本一のフリーアルバイターです!」と放送コードを微妙に意識
    • 「~派遣社員です!」
  18. 長崎にある青雲高校の出身。
  19. トレーニングメニューはすべて自分で考えた。
  20. 実は「星飛 雄馬」だった。
    • 読みは「ほしとび ゆうま」。
  21. 自らが主催するクリスマスパーティーは毎年帝国ホテルを貸し切り、球団関係者や他球団選手、ファンなどが多数集まる一大イベントだ。
  22. ドコモまたはソフトバンクのガラケーを愛用している。

偽星一徹の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 資産家だ。
    • 借金を全くしていない。
  2. デストロンの破壊大帝だ。
    • 「この愚か者め!」
    • クライシス帝国の将軍。
    • ウルトラマンと対決した悪質宇宙人。
  3. 飛雄馬にダダ甘。
  4. 毎回必ずちゃぶ台返しをする。
  5. 実は「星一 徹」だった。
    • 読みは「ほしいち とおる」。

偽花形満の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実家が貧乏。
  2. 正体は宇宙海賊だ。
    • 怪盗団の一味だ。
      • 決めゼリフは「また、つまらぬものを斬ったか。」

偽金田一少年の事件簿の特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 金田一秀穂の少年のころの物語だ。
  2. 読みは「かねだ・にのまえ」少年の事件簿だ。
    • 「金田」姓の少年と、「一」姓の少年が事件を解決する物語だ
  3. アニメは今でも毎週放送されている。
    • 漫画も不定期連載なんかしていない。
  4. アニメは放送開始当初からデジタル製作だ。
    • しかも、アニメはコナンと抱き合わせで20年続いている長寿番組。コナンの放送日が月曜から土曜へ移動したときもセットでお引越し。
  5. ドラマ化されたことなんかない。
    • むしろドラマより先にアニメ化された。
  6. アニメ版は勿論、日本テレビ製作。
  7. 加害者は同情される過去をもつ人が多いが、被害者はこの上のないゲス人間ばっかりだ。
    • 犯人の自殺は当初は皆無だったが、近年はちらほらある。
    • 犯人が別の容疑者や高遠に殺されることも(ry
  8. 「金田一年の事件簿」だ。
    • 実は「金田一年の事件簿」も企画されていた。
    • さらに派生として「金田一年の事件簿」→「金田一年の事件簿」まで制作される。
      • 中年といえば、「金田一37歳の事件簿」ってのが実際イブニングで連載されててだな(
  9. 未成年の犯人は全くいない。
    • ましてや金田一や美雪の友達・同級生・先輩後輩が加害者や被害者になるなんてあり得ない。
      • そのため、不動高校への入学を希望する受験生が後を絶たない。更には不動高校に入学したがる読者までいる。

キャラクター別[編集 | ソースを編集]

偽金田一一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金田一耕助は父方の祖父だ。
  2. 読みは「かねだいちいち」だ。
    • あるいは「きんだいちマイナス」だ。
      • なので、金田一+(きんだいちプラス)も居る。
    • むしろ「金田 一」で「かねだ はじめ」と読む。
  3. 美雪とは高校で初めて出会った。
    • そのため美雪と行動を共にすることは少ない。
  4. 成績は優秀。
  5. スポーツが得意。
    • ただし卓球は大の苦手。
  6. 言葉遣いが良く、目上の人に対しては(剣持警部のような親しい間柄であっても)常に敬語で話す。
    • 後輩にも敬語で話すほど、とにかく腰が低い。
  7. 「ばっちゃんの名にかけて」が口癖。
  8. 「謎はすべて溶けた!」が口癖で、毎回事件の証拠品を溶かしてしまう。
  9. 「ジッチャンのナニかけて」が口癖。ナニをかけるかは察するがいい。
    • あるいは「ジッチャンに成りかけて」が口癖。そのためジッチャンに変身して事件を解決する。
  10. 日本一のYouTuber。
    • 「はじめん」、「もやし」の愛称で呼ばれている。
      • 「一社長」もお忘れなく。
  11. エッチなことに興味なし。
    • ×××なんか絶対にしない。

偽七瀬美雪の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金田一とは高校で初めて出会った。
    • 故に金田一と一緒にいる事は稀であり、作中で出番はかなり少ない。
  2. 貧乳でブス、おまけに背が低い。
    • そのため金田一以外の男から言い寄られる描写は全くない。
  3. 金田一のことは「金田一君」と呼ぶ。
    • 決して「はじめちゃん」と呼ぶことはない。
    • むしろ金田一から「美雪ちゃん」と呼ばれている。
  4. 瞳が赤い男を信奉する快楽殺人者。
  5. 作中に似てる人物は一人も登場したことがない。
    • 遠野英治の妹や楊蘭とは似ても似つかない。
  6. キュアパインに変身する。

偽剣持勇の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 原作で初登場したのはかなり後。
    • 仏蘭西銀貨殺人事件か魔神遺跡殺人事件あたり。
      • アニメ、ドラマには登場しない。
  2. 明智の上司だ。
    • 明智の上司どころか、警視総監→警察庁長官にまで出世する。
  3. 独身。
  4. インテリアデザイナーだ。
  5. 金田一からは「アニキ」と慕われている。
  6. 金田一に頼らず一人で事件を解決したことがある。

偽明智健悟の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 嫌味なことは言わない。
  2. 剣持の部下だ。
  3. スポーツが苦手。
  4. コンタクトレンズを愛用。
  5. ドラマは全シリーズに登場している。
  6. 名字は明智光秀からとられた。
    • むしろ明智光秀の末裔である。
  7. 初登場時から有能。
    • 金田一よりも先に事件を解決してしまった。
  8. 飛行機の操縦なんか出来やしない。
  9. 誰にでもタメ口で話す。

偽佐木竜太の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アニメでも死亡している。
    • その為、弟の竜二が普通にアニメに登場している。
    • 事件ではなく子供を庇ってトラックにはねられて死亡した
      • 金田一が死んだ佐木の顔を美雪に見せて「きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。」と言うシーンはあまりにも有名。
    • むしろ、アニメ・漫画ともに兄弟揃って出演。どちらかが出ない、ましてや死ぬとかもっての外である。
  2. 一や美雪と同級生だ。
    • むしろ先輩だ。
  3. よく見たら名字は佐々木だ。
    • あるいは木佐だ。
  4. ドラマでは初代の堂本剛版にしか登場しない。

偽いつき陽介の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いつき陽介は本名。
    • 漢字では『五木陽介』と表記する。
  2. 初登場は剣持や明智よりも先。
    • ただしアニメでの初登場は明智よりも遅い。
  3. 大の嫌煙家。
  4. 既婚者。
  5. 本業は恋愛小説家である。
  6. 初登場回ではいい人だった。
    • しかし回を追うごとに嫌な奴になってしまった。
  7. その正体は麦わら一味のコックである。

偽高遠遙一の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. とてつもないおバカである。
    • 「地獄の傀儡師」と名乗ってるがまずまともに名乗れた試しがない。書けたことは一度も無い。
  2. 自分の名前もちゃんと書けない。
  3. 犯罪に芸術性なんて必要ないと思っている。
    • むろん、計画性なんて皆無である。
    • しかも、殺人を自ら犯そうと他人に唆そうとお粗末なトリックで未遂で終わることが多い。
  4. 犯罪の手助けをしているが、ついつい手を貸した人より先に手を出してしまう。
  5. 毎度逮捕されてしまうがそのたびに力づくで脱走している。
  6. そして変装もせずに普通に金田一の前に現れる。
  7. 一応マジシャンだがそのマジックは大概笑点でマギー審司やマギー司朗がやるようなネタである。
    • 作中で耳をでっかくしたりトランプを口から出したりした。
  8. 一人称は主に『俺』。
  9. 海外に住んでたことなんかない。
  10. 実は魔術列車殺人事件以外の「地獄の傀儡師」は高遠を名乗る偽者。それもそのはず、高遠は魔術列車の一件で死刑になり処刑された。
  11. 名前の読みは「こうえん はるいち」。

偽金田一二三の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 一の妹。
  2. 一は理想の兄だと思っている。
    • 一を尊敬している傍ら、美雪は馬鹿にする。
  3. 金田一家に居候はせず、丙助の家で暮らしている。
  4. 推理に挑戦したことは無い。
    • 挑戦してみたが、刑事に止められた。
  5. 名前は「にさん」と読む。
    • 或いは「ふたみ」。
    • 実は「かねだひふみ」と読む。
    • 実は「きんだいちワンツースリー」と読む。
  6. 縦書きにすると「金田三三」になる。
  7. ドラマでも登場。
    • しかしアニメには未登場。

偽速水玲香の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 生まれた時から「玲香」が本名。
  2. ネックレスが大好きで、外したくないほど。
  3. 金田一は追っかけているが、本人はあんまり想っていない。
  4. 芸能界から失踪したこと等あるはずがない。

偽ゲゲゲの鬼太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

偽作品の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. フジテレビ以外でもアニメ化された事がある。
  2. 舞台は基本的に鳥取県内。
  3. 作者が考えた妖怪しか出てこない。
  4. 紙芝居の頃からタイトルはずっと「ゲゲゲの鬼太郎」。
  5. 1968年の初放送以来、一回も途切れることなく続いている日本一の長寿アニメである。
    • 日本全国で「日曜の9時といえば鬼太郎」というのが50年以上当たり前の光景になっている。

映画[編集 | ソースを編集]

  1. 鬼太郎を演じている人はこの人
  2. ねずみ男を演じている人はこの人

偽キャラの特徴[編集 | ソースを編集]

偽鬼太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は丸刈りである。
  2. 一人称は「あっし」である。
    • もしくは「おいら」。
  3. 母親は健在。
  4. 「父さん妖気が!!!」と言って立ったところが股間
  5. 実はシンセサイザー奏者である。
  6. レレレのおじさんは親戚だ。
  7. 長靴をはいている。

偽ねずみ男の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 鬼太郎とは善友。
  2. 清潔好きで一日に何回も風呂に入る。
    • ドラえ●んの●ずかちゃん並に風呂好き。
  3. 金にまったく意欲がない。
  4. 大金持ちだ。
  5. 猫娘から好かれている。
  6. 趣味はアロマテラピー。
  7. 「ビビビのねずみ男」だけに、この人に関係がある。
  8. 大阪弁で話す。

偽目玉おやじの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. とにかく不潔。
    • いつもハエがたかっている。
  2. 野太い声で話す。
  3. たいていの場合服を着ている。
  4. 左目担当と右目担当の2人構成。
  5. 胴体を引っ込めて転がって移動することがある。

偽猫娘の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 古来から伝わる妖怪をキャラクター化したもの。
  2. 鬼太郎のことを恋愛対象とはみなしていない。
  3. 服装は原作でもノースリーブ。
  4. マタタビ関連のエピソードがやたらと多い。
  5. 未だに漫画版に登場したことがない。

偽GetBackers奪還屋の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 真島ヒロの『RAVE』より先にアニメ化された。
  2. 裏秋葉原が舞台。
  3. 戦闘力がインフレしない。

偽五等分の花嫁の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は主人公の嫁が×××された事件を扱ったサイコホラー作品。
  2. 登場する女性キャラは全員貧乳。
    • 原作者が読者の「巨乳が一人いてもいい」という意見を無視し全員貧乳で通したことは有名。
  3. 舞台は茨城県東海村。

偽サイコメトラーEIJIの特徴[編集 | ソースを編集]

偽明日真映児の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 成績優秀だ。
  2. 小中時代の方が大人しかった。
  3. 足の裏でサイコメトリーをする。
    • あるいはサイコメトリー自体できない。
  4. 羽根山警部から拍手喝采を受け、逆に志摩さんからは完全無視。
  5. 地味な髪型だ。
    • もしくはどう見ても武藤国光だ。
  6. 祖父もサイコメトラーだった。
  7. 両親と同居。
  8. 実は「今日真」か「昨日真」のどっちかだ。
  9. 実はサイコロの目しか読めない「賽の目トラー」だった。

偽さよなら絶望先生の特徴[編集 | ソースを編集]

偽糸色望の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本名は「メ布望(めぬの・のぞむ)」だ。
    • 「名前は縦書きで書け!」と命令する。
    • 「原頁望(げんけつ・のぞむ)」だ。
  2. いつもスーツ姿だ。
  3. 何が起こっても物凄くリアクションが薄い。
  4. 5人兄妹の四男ではなくて長男。
  5. 口癖は「感動した!」である。
    • 「ガッカリだよ!」だ。
  6. とにかくポジティブ、無駄にポジティブ。
    • 高校時代は「ポジティ部」に在籍していた。
  7. ガンダムヴァーチェのガンダムマイスター。
  8. 実は吸血鬼である。
    • お陰で余計×××が出来ない。
  9. 口癖は「はーん」。
  10. こっちに出演している。
    • は史上最年少の空手チャンピョンで植物学者、息子は元大学教授のお花屋さん、は史上最弱(?)のプリキュアである。
    • 正体は伝説の妖精で、糸色望は仮の姿である。

偽風浦可符香の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. これが本名。
  2. ベタなメインヒロイン。
  3. ネガティブで周囲をげんなりさせる。
  4. トラブルに巻き込まれることが多い。

偽音無芽留の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 携帯電話を持っているのはワンセグを見るためだ。
  2. 身長が高い。
  3. フルキーボード付きケータイで、なめらかなブラインドタッチ入力をやってのける。
  4. ホッチキスを常備。
    • それを使って糸色望を攻撃させ絶望させる。
    • 体重は5キロだ。
  5. 饒舌
  6. 名前の由来は「大人 締める」。
  7. 糸色望を幸せにするために何回も時間を巻き戻している。

偽加賀愛の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 某アイドルグループのメンバーだったが、喫煙でクビになった。

偽木津千里の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「きづ せんり」と読む。
    • 名前の由来も京都の木津と大阪の千里だ。
    • 「格好悪いふられ方」「夏の決心」などのヒット曲で知られている。
  2. だらしない性格だ。
  3. ふなっ!
    • つなっ!
      • うだっ!

偽木村カエレの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 可符香の護衛役だ。
  2. カエラだ。
    • アエラだ。
    • キャエレだ。
  3. パンツの中身まで見せてしまう。

偽小節あびるの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小学校時代窃盗事件を起こした。
  2. 傷だらけの理由は姉の「あびせる」に殴られた為。
  3. 目からビームを出す。
    • 「あ、あ、あびるビーム!」

偽小森霧の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「筋肉大移動」などの技を使える変態的な兄がいる。

偽関内・マリア・太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 苗字は「かんない」だ。
    • 横浜出身だ。
  2. 常に上半身裸だ。
    • そのため他の生徒は彼女が出てくるたびに胸隠しに必死。
  3. 女性の戸籍を買った男性だ。

偽常月まといの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 婦人警官だ。
    • 実家は寿司屋だ。
    • やけに時代がかった幼稚園児の妹がいる。
    • はとこは同僚の警察官だ。
  2. 男嫌い。
    • 望には常に反発している。

偽日塔奈美の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 主人公。
  2. あまりに特徴がなさすぎて背景キャラになっている。
  3. やっぱり普通
  4. 名台詞は「各停って言うな!」
    • そのあとに「準急って言え!」と続く。
      • 関西に行けば「新快速って言え!」という。
  5. 本名は「バベルの塔奈美」だ。
    • 3つのしもべを従える超能力少女。
  6. ひだまり荘に住んでいる。

偽うろペンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 『うろうろする癖がある皇帝ペンギン』の略だ。

関連してほしい項目[編集 | ソースを編集]

トークに、偽週刊少年マガジンの特徴に関連する動画があります。

偽GTOの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 主人公の名前は小野塚英吉。
    • したがってGTOは「グレート・ティーチャー・オノヅカ」の略である。
  2. 内山田教頭の愛車は日産スカイライン。
  3. 京急協賛。
  4. 鬼塚の愛車は三菱・GTOだ。
    • いや、フェラーリ250GTOだ。
  5. 内山田教頭はクレスタを一度も壊されたことがない。
  6. 実は電車のVVVF制御装置に使用されている半導体だ。
    • 現在は「IGBT」という続編が制作されている。
    • 主人公はいつも「ウィーンウィーン」という音を発している。
    • さらに「IPM」「DDM」「PMSM」なども登場している。
  7. GTAからGTNまでは黒歴史。
    • ちなみに「GTR」も制作予定。
  8. 全教師の姓が「大山」「小田」など読みが「お」で始まるので、全員「グレート・ティーチャー・オ***」略して「GTO」を名乗り大混乱。

偽戦隊大失格の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 五等分の花嫁よりも前に連載された。
  2. 「戦隊大合格」という続編が連載された。 
  3. アニメ版は東映アニメーションが制作し、テレビ朝日系列で放送された。
  4. レッドの声は浅沼晋太郎が担当。

偽デビルマンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 両親は健在である。
  2. 家は不動産屋を営んでいる。
  3. ドラゴンに変身する。
  4. 牧村ミキには弟でなく妹がいる。
  5. 悪の味方だ。
    • しかも天使の力を身に付けてる。
  6. 実写映画版そのもの。
  7. よくみたらデブルマンだ。
  8. 名前はデヴィ夫人にちなんでいる。
    • そして24時間レースに出場する。
  9. この人々の片割れだ。
  10. 漫画版はテレビアニメ版とほぼ同じ設定、ストーリー展開だ。
  11. タイガーマスクや新造人間キャシャーン、けものフレンズと公式でコラボした。

偽天才バカボンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 少年マガジン以外で連載されたことはない。
  2. 死人が出るなんてもってのほか。
  3. アニメ版は1971年の放送開始以来、一度も中断せず、2021年現在も続く長寿番組だ。

偽バカボンのパパの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 早稲田大学を首席で卒業。
  2. ちゃんと本名を名乗る。
  3. 職業はフリーター。
  4. 「バカボンが産まれる前はなんと呼ばれていたんだろう」と悩む。
  5. 最後に「これじゃ悪いのだ。」と言う。
  6. 生まれたときは非常にバカだったが、後にとてつもない天才になった。
  7. スーツを着ている。

偽レレレのおじさんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いつも掃除機を持ち歩いている。
  2. 不衛生。
  3. 保健所に就職した。
  4. レゲエのおじさんだ。
  5. ゲゲゲの鬼太郎は親戚だ。
  6. チキチキマシンのレーサーだ。

偽目ン玉つながりのお巡りさんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ピストルはめったに使わない。
  2. 両津勘吉のライバルだ。
  3. 不祥事が相次ぎ飛ばされた。
  4. 本名八頭勝三。
    • 人形が大好き。
      • 「かおるちゃん」と呼んでいる。
  5. 正式な公務員だ。
  6. 毎回ピストルを撃つたびに始末書をちゃんと書いている。
  7. 交通課に配属されている。
  8. 機関銃を水平打ちする。
  9. 拳銃の腕前は百発百中。

偽バカボンの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 伊賀忍者だ。
  2. いつもネクタイを締めている。
  3. 洋服を着ている。
  4. 名前のせいで学校でいじめられている。

偽ウナギイヌの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 巨人の正捕手だ。
  2. 捕まえられて食べられた。
    • 実際に食べられたエピソードは存在するのだが。
  3. ゲルショッカーの合成改造人間である。
  4. AKB48のチームBで活躍中。

偽バカボンのママの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 怪盗団の一味だ。
    • しかも時々裏切る。
  2. パートに出ている。

偽ハジメちゃんの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女の子だ。
  2. とても頭が悪く、みんなからあきれられている。
    • ただし事件を推理する時はとてつもない能力を発揮する。

偽東京卍リベンジャーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. タイトルが東京❀リベンジャーズ。
    • 佐野「万次」郎じゃなくて「花」垣武道が主人公だから。
  2. 良く見たら卍が逆。
    • つまりリベンジするのはヒ……、いや何でもない。
  3. リベンジ成功、つまりキヨマサを倒した時点で完結した。
  4. 黒龍が本当にドラゴンだったり、寺野サウスかと思ったらティラノサウルスだったりする。
    • ドラゴン研究家、略してドラケン。
  5. 東京卍會、天竺、梵、と名前の通りお坊さん集団。
    • 梵のリーダーである千咒の正体は尼さん。
    • 黒川イザナ「三蔵法師に俺はなる!」
  6. タイムリープ?そんな非科学的なことあるわけないじゃないですか。

偽バリバリ伝説の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全国各地で放送されている。
  2. バリバリ伝説のビデオがある。
    • もちろんDVDもある。
    • もちろんツタヤなどでレンタルできる。
  3. 頭文字Dと作者が同じなので頭文字Dのメンバーが登場する。
    • もちろん頭文字Dの走り屋のメンバーとバトルするシーンもある。
  4. マジックテープ式の財布を持つ男の一代記だ。
  5. 実は「ハリハリ伝説」だ。
    • 番組中には必ず鯨肉を使った「ハリハリ鍋」が登場する。

偽丸出だめ夫の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 成績も優秀で、スポーツ万能である。
  2. だめ夫の母親は健在。
  3. ずばり、「ちびまる子ちゃん」に登場する学級委員でしょう。
  4. 亀有公園前派出所で働いていたこともあるロボットの警官である。
  5. 父親が「ダメおやじ」である。
    • ただし頭はフサフサ。

偽名門!第三野球部の特徴[編集 | ソースを編集]

全般の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 舞台は佐倉高校。

偽キャラクターの特徴[編集 | ソースを編集]

  • 新規ネタ追加の際は五十音順でお願いします。

偽海堂タケシの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「桜高のタイロン」との異名をもっていた。
  2. 鬼頭監督に殴られて野球部を退部した。
  3. 医療現場を舞台にした小説を書く。
  4. いつも「サムライ街道」を口ずさんでいる。

偽桑本聡の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 右投げ左打ちだっぺ。

偽斉藤輪大の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. お父さんは牧師なんだな。

偽田村達郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ホームレス高校生だ。
    • テニスラケットなんて手にすることはあり得ない。
  2. 実家は美容院を経営。

偽檜あすなろの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 長身から投げ降ろすカーブが武器。
  2. 追い込んだらスライダーも投げる。
  3. スタミナがない。
  4. いじめっ子だった。
    • 海堂に恫喝されていじめをやめた。
  5. 実は女だ。
    • 本名は「明日菜」。

偽ラブひなの特徴[編集 | ソースを編集]

全般の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 浦島景太郎が京都大学を目指すストーリーだ。
  2. ひなた荘は元女子寮の温泉旅館。
  3. アニメはテレビ朝日系列で放送された。
  4. 連載10周年記念でドラマ化された。

キャラクター別[編集 | ソースを編集]

偽浦島景太郎の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ケーキ作り以外にも特技がたくさんある。
  2. CV:阪口大助
  3. プリクラが大嫌い。
  4. 実はハーバード大学並の学力の持ち主。
  5. 一人称は「僕」。

偽成瀬川なるの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ショートヘアー
  2. 常にメガネをかけている。
  3. とても頭が悪い。
  4. おっとりとした性格。
  5. 景太郎を「くん」付けで呼ぶ。
  6. 原作でもアイドルデビューを果たした。

偽前原しのぶの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 両親は離婚していない。
  2. 当初から巨乳でロングヘアー。
  3. 鬼殺隊の蟲柱だ。

偽カオラ・スゥの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 広島弁で話す。
  2. 常に大人の女性の姿だ。
  3. 本当にインド人だ。

偽青山素子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女言葉で話す。
  2. 当初から景太郎に好意を抱いていた。

偽紺野みつねの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. キツネが本名。
  2. 標準語で話す。
  3. 本当に景太郎より年上。
  4. ひなた荘の女子寮化は彼女とは無関係。

偽乙姫むつみの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 根暗で、怒りっぽい。
  2. 病弱ではない。
  3. 景太郎となるより年下。
  4. 一人っ子だ。
  5. 11巻以降も出番が多い。

偽浦島はるかの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. タバコが大嫌い。
  2. CV:宮村優子
  3. 瀬田を煙たがっていない。
  4. “おばさん”呼ばわりされても怒らない。

偽浦島可奈子&クロの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 序盤から登場する。
  2. 言葉遣いが荒い。
  3. 景太郎と血が繋がっている。

偽サラ・マクドゥガルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. しのぶやカオラより年上。
  2. 瀬田教授の実娘。
  3. 景太郎に暴力を振るったりしない。

偽瀬田記康の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 運転技術がF1レーサー並。
  2. はるかより年下。
  3. CV:関俊彦

偽ニャモ・ナーモの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. しのぶとは似ても似つかない。

偽成瀬川メイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 原作にのみ登場する。
  2. 『魔法先生ネギま!』の佐倉愛衣とは似ても似つかない。

偽温泉たまご(タマ)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 人語を話す。
    • 語尾に「みゅ〜」を付ける。
  2. 常にむつみの肩に乗っかっている。

偽青山鶴子の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. いまだに独身。
  2. 元々作者が付けたネーミング。