偽鉄道事業者の特徴/関東

提供:chakuwiki

独立項目[編集 | ソースを編集]

大手私鉄
その他(文章量が多い物)

茨城[編集 | ソースを編集]

偽関東鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全線完全電化
    • もちろん直流。
    • そのため柿岡の地磁気観測所ではありえない数値が出ている。
    • 当然、「排ガスの影響で職員は女の子しか子供を授かることができない」なんて都市伝説とは無縁。
  2. その名の通り関東全土を網羅している。
    • 関東地方の大手私鉄の集合体である。
    • 近鉄と並ぶ関東の雄で、7都県+福島山梨静岡に路線を持っている。
      • そのため、関東平野の広さもあって営業キロが日本一。その合計は1000kmを超えている。
      • 当然、大手私鉄の一社なので、京成グループには入っていない。
      • 関東の近畿日本鉄道と言えば関東鉄道のことだ。
  3. 独立した鉄道路線がない。
  4. 実は元国鉄線で、かつて国鉄車が多いのはそのため。
    • すなわち、第三セクター鉄道の一つである。
  5. 長距離運賃が東急・京王並みに安い。
  6. 実は南満州鉄道の子会社だった。
  7. 戦時統合でできた。

偽竜ヶ崎線の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅によって開くドアが違う
  2. 入地駅に立派な駅舎がある
  3. 旧型車が真っ先に消えた。
  4. JRに合わせて佐貫駅を龍ヶ崎市駅に改名した。

偽常総線の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 女装しないと乗車できない
    • どうしても乗りたい方は「女装専用車両」をどうぞ。
  2. 取手から常磐緩行線を通って東京メトロ千代田線に直通している。
  3. ありがたい駅名の駅など無い。
  4. 発車メロディなんて使っていない。
  5. 取手市内の294号線沿いでは全列車とも130km/hで爆走し、渋滞する道路の車を置き去りにしていく。
  6. 新型車なんて入っていない、未だに国鉄のお下がりで頑張っている。
  7. 朝夕は通勤ラッシュを捌くため常磐快速線と同じく15連で爆走。
  8. 駅ビルに突っ込むなんてことは絶対にない。
    • アジ電とかになるわけない。
  9. 千葉県まで延びている。

栃木[編集 | ソースを編集]

偽真岡鐵道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 宇都宮と真岡を結ぶ路線を新設した。
  2. 水戸線小山方面へ直通できる。
    • それどころか、延長で東北本線上野方面へ直通する特急列車も存在する。
  3. 全線電化、全線複線。
  4. 全駅有人駅。
  5. 真岡・益子・茂木に自動改札機を新設。
  6. SL列車を廃止し、代わりに快速を新設。停車駅は史実のSLと同じ。
  7. 何故かここの真岡まで伸びている。

偽宇都宮ライトレールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 開業したのは平成時代。
  2. レール幅は標準軌だ。
  3. 路面電車なので、快速などあるわけがない。
  4. かつての宇都宮市電が第三セクター化されたものだ。
  5. 貨物輸送も行っている。
    • ホンダの工場で使う部品などの輸送がこの路線で行われる。
  6. 宇都宮駅から西への延伸は「宇都宮レフトレール」という別会社が行う予定。
  7. 電車の色は焼き餃子をイメージした茶色だ。

群馬[編集 | ソースを編集]

偽上信電鉄の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 下仁田から中込に路線が延伸され、文字通り上州と信州を結ぶ路線になっている。
    • それどころか松本まで延伸している。
      • 上州富岡駅で東武東上線と直通し、川越街道ルートを経由する中央線・高崎線のバイパスとして活躍している。
  2. 現在も急行や準急が運行されている。
  3. 上新電機が経営している。良くみると上「」電鉄になっている。
  4. 阪神電鉄からの譲渡車が多い。自社発注車の1000系・6000系も武庫川車両製だ。
  5. 運賃がとても安い。
  6. 電車内での揺れはほとんどない。
  7. 本当は上野駅が起点となるはずだった。

偽上毛電気鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 前橋~桐生間の乗客を両毛線から奪っている。
  2. 西武鉄道が筆頭株主だ。

埼玉[編集 | ソースを編集]

偽埼玉高速鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 方式は第三軌条だ
    • リニアだ。
  2. さいたま高速鉄道だ。
    • いや、さいたまこうそくてつどうだ。
      • 案内も駅名標も全てさいたま語
        • 凡人には理解不能。
          • もちろん、漢字が読める日本人に馬鹿にされてる。
  3. 名実ともに東京メトロの路線だ。
    • 南北線のはずなんだが、さいたま語で案内されるので知られていないだけ。
  4. 全線動物園内
    • SRZOO
  5. 埼玉高速鉄道の運賃は北総線よりもはるかに高額であるため、埼玉高額鉄道と社名を改称した。
    • 初乗りですでに1万円を超え、1か月定期はサラリーマンの平均月収をゆうに超える。
      • 「命落としても定期落とすな」は沿線民の常識。
  6. レッズファンの為に赤色の列車を走らせている。
    • 大宮戦の際は「さいたま線ダービー」と呼ばれ、オレンジと赤い列車を交互に走らせるサービスが好評だ。
  7. 埼玉県内を網羅している大手私鉄。さいたまではJR・東武・西武を凌ぎ民鉄最大規模である。
  8. 鉄道博物館が沿線にある。
  9. 蓮田まで開通済み
  10. 東京高速鉄道もある。
    • 幻の新橋駅ももちろん通る。
  11. 武州鉄道が改名して出来た鉄道だ。
  12. ナンバリングは南北線のを継承して「N-○○」となっている。

偽秩父鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 今でも社名は上武鉄道だ。
  2. 大手私鉄の一つ。
  3. SuicaやPASMOなどのICカードが使える。
  4. 急行電車は乗車券があれば無料で乗れる。
  5. 自社製造車両を走らせており、東急都営地下鉄西武から車両を譲り受けたりはしない。
  6. 本社はもちろん秩父市にあり、社屋は秩父駅に隣接している。
  7. 現在も熊谷駅から高崎線の電車が乗り入れている。
  8. 武川駅から三ヶ尻線が分岐していて、旅客列車も運行している。
  9. パレオエクスプレスはD51が牽引している。
  10. 貨物列車は昭和のうちに消えた。
  11. イメージカラーは沿線出身の人気落語家と同じオレンジだ。

千葉[編集 | ソースを編集]

偽新京成電鉄の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. なぜか京成系列ではなく京阪系列
    • 社名の由来は、たに(都)と(田)を結ぼうと考えていたため。しかし成田にはたどり着けず。
  2. 全線複々線。線形はほぼ直線。
    • 三条松戸間ノンストップ特急を毎日運行。松戸の次は津田沼、さらに京成線に乗り入れて成田
    • その名もN特急。
  3. 運転士と車掌はみんな神経に持病がある。
    • 朝晩寒い日はひざ・腰が痛む。
      • 神経性電鉄だ。
  4. まっすぐ。
    • 上に書いてありますが…
  5. 駅の自動アナウンスの声は至って健全である。
    • 元気ハツラツで、大原さやかなど相手にならない。
      • 最近声が変わって元気になった気が…(2020 年)
  6. 京成千葉線直通のため、千葉線のホームを延長させた。
  7. 大手私鉄に入り、相鉄が準大手に逆戻り。
  8. 東京都にも乗り入れる。
  9. 実は「京成松戸線」。
  10. 全線複線。
    • 新津田沼折り返しなんて当然なし。
  11. 「茅原みのり台」がある。
    • 京成津田沼駅経由で「ちはら台~みのり台」なら可能だぞ。
  12. 京成電鉄の完全子会社である。
  13. 成田新高速鉄道線の開業に伴い北総鉄道と社名を交換する予定だ。
    • 向こうは新たに東京都内と成田空港を結ぶメインラインの1つとなり、正真正銘の「新京成電鉄」となる。
    • 一方の新京成線が「北総鉄道」を名乗っても何ら違和感がないようにも思う。
    • ついでに運賃基準も交換し、現・新京成線は屈指の高額運賃になる。
  14. 頑なに古い技術にこだわり、未だVVVF車導入率0%。それどころか21世紀の今でも全車つりかけ駆動。
    • 車両が古いため、とにかく鈍足。
  15. CMキャラクターに地元松戸出身の押切もえを起用している。
    • 松戸つながりで、戸松遥も起用される。
  16. 松戸と津田沼を結ぶ路線のほか大宮と船橋を結ぶ野田線を保有している。
    • 津田沼駅は京成ではなくJRの津田沼駅に乗り入れている。
  17. 曲線となった理由は、地元民の鉄道忌避と我田引鉄のせいだ。
    • 首都圏唯一のナローゲージを今でも運行している。
  18. 駅間平均距離は26.5km。とにかく長い。
  19. SLを運行している。
  20. 今でも自衛隊の演習用に使われている。

偽芝山鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本一長い私鉄。
    • 近鉄東武など長いうちに入らない。
    • もちろん自社線内だけの夜行寝台列車も走っている。
    • その次に長い私鉄は紀州鉄道だ。
  2. 自社線内でちゃんと自社の車両を走らせている。
  3. 京成なんかに乗り入れるなんてありえない。
    • JRに乗り入れている。
  4. 20m4ドア車両が当たり前。
  5. 成田空港、空港第2ビル駅に行かれる。
  6. ホームには全て芝生が敷き詰めてある。
    • たまに芝を刈るため芝刈り機の音が聞こえる。
    • ホームに芝生が敷き詰められている理由はヒートアイランド対策のため。
  7. 日本一○い私鉄、という汚名返上のため、紀州鉄道に路線を短縮するように依頼している。
  8. 実は「京成芝山線」。
    • 京成成田から。
  9. 社長は、スイーツ好きの相撲部屋の親方。
  10. 20m車110両編成で運行されている。
    • なので動力費かからない。
  11. 「芝鉄」と呼ばれている。
  12. 京成グループの一員。
  13. PASMOの利用が可能である。
  14. 終点は総武本線の松尾。
    • 最近、九十九里海岸、横芝・光方面に支線が出来た。
      • なので、「山武鉄道」に改称。ナンバリングは「SR」で変わらず。
  15. ヒートアイランド対策のため線路に芝生が敷き詰められている。
    • もちろん芝刈り電車も走っている。
  16. 線内乗務員は当鉄道会社が担当。
  17. スカイライナーを運行しているのはこの会社。
  18. 芝山とは「武郡横光町」のことである。
  19. 埼玉高速鉄道を運営している。
    • 両線の路線記号がSRとなっているのは芝山千代田と赤羽岩淵を結ぶ鉄道路線を建設する計画があるため。駅番号から分かる通りこの区間に計画されている途中駅の数は17。

偽千葉都市モノレールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 市が運営している。
    • なので、千葉市営モノレールである。
  2. 千葉市内の全ての区に乗り入れている。
    • 千葉~海浜幕張~新検見川~稲毛~都賀~鎌取~千葉を結ぶ環状線だ。
  3. アニメ、漫画とはコラボせず、副業として縄文クッキーを作っている。
    • それで大赤字から黒字になった。
  4. 栄町駅が秘境駅として保護され、鉄オタがよく来る。
  5. 2駅間の距離は1.5km以上ある。
  6. 1号線の方が先にできた。
    • 1号線は2号線より儲かっている。
  7. 世界一短い懸垂式モノレールだ。

偽銚子電気鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 煎餅屋が本業。
    • 煎餅を焼く金を稼ぐために鉄道を始めた。
  2. 最近、本当にまずいまずい棒を作り始めた。
  3. 関東でも屈指の黒字路線であり、そのことを威張り散らかしている。
  4. 大河ドラマに登場したことがある。
  5. 総武本線との直通が基本だ。

東京[編集 | ソースを編集]

偽多摩都市モノレールの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 立川駅がある。
    • 周辺のビル群の中を無理矢理貫通。
  2. 実は懸垂式。
  3. 高松市を通る。
  4. 沿線には、大学や体育館など1つもない。
  5. 全線100円均一運賃。
    • 「100均鉄道」と呼ばれている。
  6. 多摩センターでは、小田急・京王の真下に潜り、乗り換えが便利。
  7. 東西に長い。
    • 甲州街道に沿って走っている。
  8. ここを走ってる。
  9. 全駅にねこ駅長がいる。
    • 両備グループの会社だ。
  10. ワンマン運転は行ってない。
  11. 駅のカラーは上北台から多摩センターまですべて同一の色。
  12. アニメとは無縁。
  13. 23区内にも路線がある。
  14. 将来的に東京モノレールと直通する予定。

偽東京臨海高速鉄道りんかい線の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 臨時快速だらけ。
  2. 世界初の、原子力駆動車輌を採用。
    • 「原子力」とおおっぴらに書くと周りがうるさがるため、婉曲表現に。
  3. 天王洲アイル駅で東京モノレールとの乗換を便利にするため、地下から66.7‰勾配でよじ登る。
  4. 建設費カットのため、東京テレポート-新木場間は併用軌道。
    • コミケ開催日には、余興として併用軌道デスマッチを披露する。この日に限り、国際展示場駅周辺で軌道が不必要に引き回される。
  5. 東急大井町線と相互直通運転している。
    • 京葉線とも相互直通運転している。
  6. 実は「JRりんかい線」だ。
    • 別会社として追加料金をとられることはない。
  7. 何故か相鉄が直通してくる。

神奈川[編集 | ソースを編集]

偽箱根登山鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小田原~箱根湯本間は「小田急箱根線」。
    • あるいは強羅まで「小田急箱根線」。
      • 小田急に買収された。
    • 小田急の車両しか走らないんだから当然だ。
    • 駅名標が小田急仕様。
    • この区間にはJRの湘南電車も乗り入れている。
    • むしろ箱根湯本まで小田急小田原線の一部だ。
  2. 箱根湯本から強羅までスイッチバック無しで行くことができる。
  3. 箱根湯本のみならず、強羅までロマンスカーが来ている。
    • ここだけのためにフリーゲージ・急曲線対応のロマンスカーを作った。
      • むしろ1067mmに改軌してしまった。
    • それどころかケーブルカー区間から早雲山、さらにロープウェイ区間の桃源台まで乗り入れている。
  4. 後ろに機関車を連結して勾配を越える。
  5. 最急勾配は90‰。
    • むしろ80%。
  6. 西武鉄道の子会社だ。
    • あるいはJR東日本の子会社で、湘南電車が乗り入れている。
  7. 沿線で咲き乱れるカキツバタが有名。
    • シーズン中は電車をバックにカキツバタを撮影する写真愛好家が多数押し寄せる。
  8. 箱根駅伝中に踏切で選手をはねたことがある。
    • そのため選手は電車が行くまで踏切で待つことになる
    • そのため、その踏切は、あの蒲田の踏切より先に立体交差化され、その大会において、5区と6区のランナーの走りを変えるきっかけにまでなる。
  9. アプト式である。
  10. スイスにも路線を持っている。
  11. 車内に紫陽花の花が咲いている。
  12. 箱根駅伝の5区と6区のコースになってる。
  13. 最高速度は160km/h。
    • ここここに乗り入れて直江津まで行く。(もちろん小田急ロマンスカーで)
  14. 箱根の山を越えて静岡県側まで路線がある。

偽横浜市営地下鉄の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 携帯電話を使うことを推奨している。
  2. 全席早い者勝ち席となっている。
  3. ブルーラインとグリーンラインが直通している。
    • もちろん完全電車方式。
    • 1号線から4号線まで全て直通。
  4. 一日乗車券はプラスチック製の磁気カード。
    • これは本当にプラスチック製磁気カードの1日券も存在する。
  5. 東急と相互乗り入れを実施している。
  6. 乗換え先で東京の地下鉄の車両がやってくることはない。
  7. 発車時「ぺー」という間抜けなブザーがなる。
  8. マスコットキャラはこれである。
  9. 大阪市よりも人口が多いので、路線延長も大阪市営地下鉄よりも長い。
  10. 恐ろしいほど運賃が安い。

偽ブルーラインの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全線横浜市内にある。
  2. 全線地下にある。
  3. 運行形態は関内で完全に分断されている。
  4. ホームドアは手で開ける。
  5. 下飯田~湘南台は「藤沢市営地下鉄」。よって別料金。
  6. よく見ると209系で大船行でした
  7. 開通当初から快速電車が走っている。
    • 停車駅は湘南台、戸塚、上永谷、上大岡、蒔田、関内、桜木町、横浜、新横浜、新羽、センター南、センター北、あざみ野、新百合ヶ丘。
      • 上永谷と関内と新羽で緩急接続。
  8. 京浜に直通している。
    • むしろこっちの京浜に直通していて、乗り換えなしで羽田空港まで行ける。
  9. 実はタイムマシンであり、旧青線区域へ連れて行ってくれる。
  10. 乗るとブルーな気分になる。

偽グリーンラインの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は東北・上越新幹線200系のことである。
  2. 正式名称は2号線。
  3. 実は都バスの都02のことである。
  4. よく見ると205系で八王子行でした。
  5. この路線と相互直通運転。
  6. ハマ線にも直通。
  7. 全車指定席・グリーン席のため、運賃は総じてお高め。
  8. 利用者層もそれなりのお方達のみである。
関連項目

偽横浜高速鉄道の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜市内の地下鉄路線の運行をしている。
  2. こどもの国線においても第一種鉄道事業者となっている。
  3. 全路線で運賃が統一されている。

偽みなとみらい線の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 青色のY000系が走っている。
  2. 実は鉄道を装ったタイムマシンであり、未来に行ける。
    • 過去に行ける「みなとかこ線」もある。
  3. 横浜高速鉄道が第一種鉄道事業者なのでもちろん運転業務を行っているのは横浜高速鉄道だ。
  4. 途中駅で折り返すことができる。
  5. モンスターズ・インクとコラボしたことがある。
  6. 横浜高速鉄道のロゴがやたら使われている。
  7. ロゴマークが某ハンバーガーチェーンにそっくりだ。
  8. 相鉄の車両も乗り入れる。
  9. Y500系に10両編成が存在する。

偽こどもの国線の特徴[編集 | ソースを編集]

偽東急電鉄の特徴#偽こどもの国線の特徴

偽鉄道事業者・バス事業者の特徴
鉄道事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
バス事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州