偽鉄道模型メーカーの特徴

提供:chakuwiki
  • 新規項目追加の際は五十音順でお願いします。

独立項目[編集 | ソースを編集]

偽クラウンモデルの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通り会社の建物はトヨタのクラウンをモチーフにしている。
    • あるいは王冠をモチーフにしている。
  2. 遊戯銃は一切取り扱っていない。

偽グリーンマックスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 全車グリーン車の2階建て新幹線だ。
    • もちろん東北・上越新幹線内を走っている。
    • というより、緑一色の新幹線E1系とE4系のモデルしか発売されてない。床下パーツもライトも室内灯も緑。
  2. 完成品は一切作っていない。
  3. 全商品真鍮製だ。
  4. 完成品は安い。

偽関水金属の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 建設機械を販売している。
    • 特にパワーショベル、クレーン車を販売している。
  2. SONYの子会社だ。
  3. 積水化学は子会社だ。
  4. 実は「かんすいきんぞく」と読む。
  5. 現在は中国に工場を設けており中国に自社工場を設けている。
  6. Nゲージ業界では後発の会社だ。
  7. ほとんどの電車がアーノルドカプラーを付けている。

偽東京マルイの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. その名の通り会社の建物の形は丸い。
  2. 丸井の子会社だ。

偽マイクロエースの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 本社は東京都にある。
    • もしくは大阪府にある。
      • たぶん、富田林市にあって「トンダバヤシ市」と書いてあったり。
        • もしくは茨木市にあって「イバラキ市」と書いていたりする。
  2. HOサイズのプラモデル専門メーカーだ。
  3. 全商品日本製でカトーに委任を行っている。
  4. モーターに油の量が少ないので故障が少ない。
  5. レールも豊富に揃えており、珍しいレールも製品化されている。
  6. マイクロエースだけあってZゲージ規格の鉄道模型を販売している。
  7. JRの有名車両しか製造しない。