偽長崎屋の特徴

提供:chakuwiki
  1. 四国と沖縄にも店舗を持っていた。
  2. 一度も倒産していない。
    • よって現在でも東証一部に上場している。
  3. 火事を起こしたこともない。
  4. 本社は長崎県にある。
    • 発祥の地も長崎県である。
      • このため現在でも九州に多くの店舗が存在する。
      • 宮崎県では「宮崎屋」という名前で出店。
      • 長野県では「長野屋」という名前で出店。
      • 川崎市では「川崎屋」という名前で出店。
      • 尼崎市では「尼崎屋」という名前で出店。
      • 静岡県では「シヅオカヤ」という名前で出店。
  5. 郊外型の店舗が多い。
  6. 近年大型ショッピングセンターの形態での出店が相次いでいる。
  7. かつて京都でカステラを製造販売していた。
  8. 今でも千林商店街に店舗を構えている。
  9. イメージキャラクターは「サンダーバード」だ。
  10. 実は「ヨンバード短崎屋(みじかさきや)」である。
  11. イズミヤに吸収された。
    • 以後、長崎屋各店舗のイズミヤへの業態転換が急ピッチで進んでいる。
  12. ドン・キホーテを吸収合併した。
    • 「ドン・キホーテ」の店舗が次々と長崎屋に業態転換している。
  13. 実は大阪と北陸を結ぶ特急列車だ。
  14. セブン&アイグループの一員。
  15. 実はスバルが販売している軽トラックだ。

関連項目[編集 | ソースを編集]