偽駅の特徴/名古屋市

提供:chakuwiki

偽駅の特徴 > 偽駅の特徴/東海 > 偽駅の特徴/愛知 > 名古屋市

名古屋駅[編集 | ソースを編集]

偽名古屋駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 1964年の東海道新幹線開業以来、当駅通過の新幹線は1本もない。
    • のぞみ301号も当駅停車。
    • AC50Hzと60Hzの境界駅で周波数は地上切替。
    • むしろ、すべてののぞみが通過するただのひかり停車駅だ。
  2. 駅ビルは名古屋城天守閣を模して造られ「名古屋らしい」と評価が高い。
    • その駅舎、実は戦前に建てられたもの。名古屋デザイン博のときも塗り直しただけ。
    • 別名「大名古屋ビルヂング」
    • 99年には世界最高の高さを誇る、2棟の純和風の塔が完成し海外からの観光客からは「日本らしい」と好評である。
  3. JR名古屋環状線がきている。
    • 路線の一部を中央線と共用。勝川~小田井間は城北線を通る。
  4. 迷いやすいので「迷駅」と言われている。
  5. 東海道線と中央線の直通列車が多い。
  6. 在来線列車は全て電車で気動車は1本もない。
    • もちろんJR関西本線は近鉄線など足元にも及ばない、三重県方面の大動脈だ。
  7. 9番ホームがある。
    • 0番ホームもあり番号を変える予定はない。
  8. 東海交通事業城北線が乗り入れている。
  9. この駅で快速の待避を行う各駅停車は存在しない。
  10. ビックカメラへ直結する連絡改札口が存在する。
  11. 駅ビルには阪急百貨店が入居している。
  12. JR西日本の新快速が乗り入れている。
  13. 駅前にはヨドバシカメラがある。
  14. あおなみ線の次の駅は「ささしまコンサート駅」だ。
  15. この駅の東側より西側の方が栄えている。
  16. 名古屋市営地下鉄の駅は「名駅」が正式名。
  17. 地下鉄とJRが直通している。
  18. 駅名標には「め~駅」と書いてある。
  19. 地下鉄では到着時の案内放送が15カ国語で放送される。

偽名鉄名古屋駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名鉄の名古屋は、多数の線路・ホームを使ったゆとりのあるダイヤを形成している。
    • そのため、迷子になる乗客が多数。
    • よって、どけよホーンを鳴らす必要はないため、どけよホーン絶滅。
      • そもそも、特急系統が1日数本しか来ないんだから聞けなくて当然。
  2. 普通ホームと急行ホームと特急ホームが分かれている。
    • ミュースカイ専用ホームもある。
  3. 今でも近鉄に線路が続いている。
  4. 中部国際空港駅発の特急は全て当駅を経由する。
  5. 現在も「新名古屋駅」と名乗っている。
  6. 頭端式ホームである。
  7. 一部の準急と急行は当駅を通過する。

偽近鉄名古屋駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. JR名古屋駅の新幹線側にある。
  2. 名鉄名古屋駅の容量が逼迫しているため、構内の一部を名鉄に譲渡した。
    • むしろ逼迫しているのはこっち。列車裁きは名鉄の駅より迫力がある。
  3. 特急列車が出発する時間になると「ドラゴンクエストのテーマ」が流れる。
  4. 阪神電車も乗り入れてくる。
    • 山陽姫路まで直通する急行もある。所要時間約5時間。
  5. 「伊勢電名古屋駅」として開業した。

偽名古屋駅(あおなみ線)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名鉄、地下鉄、JRからの乗り換えには30分かかる。
  2. 始発駅ではない。
  3. 正式名称は平仮名で「なごや」駅である。
  4. ホームは地下にある。
  5. 1番線から4番線まである。

あ行[編集 | ソースを編集]

偽相生山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 相生山の山頂に駅がある。
  2. 兵庫県相生市にある。

偽味鋺駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 地下鉄上飯田線の駅である。
  2. 「あじわん」と読む。
  3. よく見ると駅名標には「味」と書いてある。

偽熱田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 熱田神宮が目の前にある。
  2. ホームに鳥居があり、自動券売機は賽銭箱を模している。
    • みどりの窓口では、巫女さんが切符を売ってくれる。一緒にお守りも売られている。
    • 駅スタンプではなく、御朱印を押してくれる。
    • ホームにはもちろん玉砂利が敷き詰められている。
  3. 周辺は田園風景が広がっており、高温の温水による稲の耕作が行われている。
  4. ネイティブの発音に合わせて駅表記も「あった」だ。
    • 八田駅も熱田駅も名古屋駅に隣接しているので「駅員の発音が紛らわしい」との苦情がオレンジボックスに多数ある。
  5. 名鉄の駅と統合され「JR神宮前」に改称されることが決まっている。
  6. 車両留置の都合によりこの駅まで営業運転を行う特急が存在している。
  7. 駅のホームは鉄製のため熱い。

偽新瑞橋駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. イオンモール新瑞橋に直通している。
  2. 名城線の全電車がここで終点となって折り返す。

偽池下駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 池の下(底)にある。
    • かつては地上にあったが水没した。

偽一社駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「いちやしろ」と読む。
  2. 隣の駅は「二社」である。
    • その隣の駅は「三社」。

偽稲永駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 読み方は「いねなが」
  2. 稲の産地として有名。
  3. 駅周辺では稲が永久に収穫できるので食糧不足の時に役立つ。

偽今池駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 筑豊電気鉄道の駅である。
  2. 今にも池に沈みそうな駅である。
    • 隣の池下駅は既に池の下にある。

偽いりなか駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字では「圦中」または「入中」または「炒中」と書く。

偽植田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 福島県の駅である。

偽大須観音駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 既に廃止された路線の終点である。
  2. 堤防の近くにある。
  3. 駅前のお寺には、かつて戦争で使用されたカノン砲が展示されている。
  4. 駅は駐留軍の兵士がよく利用している。「米兵」など。
  5. 「名古屋の秋葉」というだけありSKE48の活動拠点がある。
  6. 大須芸場の最寄り駅。
  7. お年寄りは「おお、好かんのう」と言って寄りつかない。
    • 昇天近づく「冥土喫茶」があるため。
  8. この駅の近辺で「TVA」といえばテネシー川流域開発公社のことだ。
  9. 駅構内で「大須ういろ・ないろ」が売られている。
  10. 駅と商店街の全ての店との間に地下連絡通路がある。

偽大曽根駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅食堂のメニューはすべて超大盛り。
  2. 名城公園駅とラブラブ。
  3. 大阪府豊中市にある。
  4. 構内は有毒気体のオゾンで満たされていて入れない。
  5. 近くに「中曽根」駅、「小曽根」駅もある。
  6. 当駅発で名鉄神宮前まで行く電車がある。

偽大高駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅のホームは東京ドームよりきく、東京タワーよりい。
  2. 家康が「おお!高い」と言ったことが由来。
  3. 大高緑地の最寄り駅である。
  4. 緑区役所の最寄り駅である。

偽大森・金城学院前駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 金城学院高校の最寄り駅。
  2. 金城学院中学の最寄り駅。

偽小田井駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 上小田井駅との連絡通路がある。
  2. 名鉄の駅である。
  3. 本来は「小小井田井」駅であり、「おお、いたい」と読む。
  4. 小小井田井駅に到着すると全ての乗客が体のどこかが痛くなる。

偽尾頭橋駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅舎に魚の尾と頭の彫刻が付いている。
  2. 駅内で魚の尾と頭(切り身にした時の残り)を販売している。
  3. 名古屋と金山の間にあるのでもちろん快速も止まる。

偽小幡駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 群馬県の駅である。

か行[編集 | ソースを編集]

偽笠寺駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 近くに「笠寺」という寺がある。
  2. 新幹線が止まる。
  3. 名鉄本笠寺駅と1分で乗り換えできる。

偽烏森駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 鉄道発祥の地にある。
  2. 読みはもちのろんの如く「からすもり」
  3. 駅のホームにカラスが密集している。

偽金山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東海道線の普通しか停まらない。
    • あるいは中央本線にしかホームがないため、東海道本線の列車は通過。
  2. 名古屋の地下鉄全路線がきている。
    • 名鉄も全路線が来ている。
      • あおなみ線も来ている。
  3. 金が採れる。
  4. 名鉄は「金山橋」だ。
  5. 駅前に「あすなろ金山」がある。
  6. 東海道線豊橋方面から中央線に直通する列車が当駅をスイッチバックする。
  7. 根室本線の駅である。
  8. ここから鶴舞までの乗車率が異常に高く新幹線を越える金蔓になっている。
  9. 読みは「きんざん」だ。
    • 佐渡金山と並んで「名古屋金山」として有名。
  10. 戦前から総合駅だった。
  11. 近鉄の始発駅である。
  12. 当駅発長野行の特急が運行している。

偽上飯田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 飯田市にある。
  2. 同路線に下飯田駅もある。
    • 東隣の駅は飯田駅、その次の駅が下飯田駅だ。

偽神沢駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋市営地下鉄で利用客の多い駅TOP3に入っている。

偽上前津駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 隣の駅は「下前津駅」である。
  2. 名城線で最も乗客数の多い駅である。

偽上社駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 隣の駅は「下社駅」である。

偽亀島駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 構内で亀が飼育されている。
    • 近くの川で見つかった外来種の亀もここで保護される。
  2. 東山線の中で最も乗客数が多い駅である。

偽喜多山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現在もレンガ造りである。
  2. 神が初めて「来た山」に由来する。

偽金城ふ頭駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. レトロでんしゃ館の最寄り駅。
  2. JR東海の車両が乗り入れることも珍しくない。
  3. よく見ると「金城埠頭」と全て漢字で表記されている。
    • あるいは「金城不頭」と誤字で表記されている。
  4. 金城学院大学の最寄り駅だ。

偽車道駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ホームが車道にあるため非常に危険。
    • 名古屋都市高速の本線地下トンネルとホームを共用している。
  2. 千種駅と地下道で直結。
  3. 井上陽水「Make-up Shadow」が流れる。
  4. 駅の両側に歩道駅がある。
  5. 車しかやって来ない。
  6. 読みは「しゃどう」である。
  7. 路面電車の駅だ。

偽黒川駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 読みは「くろごう」である。
  2. 佐賀県の駅である。
    • あるいは川崎市。
  3. 黒川智花が駅長である。
  4. 隣の駅は「白川駅」だ。

偽黄金駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅舎が黄金色。
    • 改札・ホーム等は全て純金でできている。
  2. 駅の隣には「堆肥」の加工工場が隣接している。
    • オリジナル土産として「黄金駅特製堆肥」が売られている。
  3. 読みは「おうごん」
  4. 偽金山駅と同様に金の産地として有名。

偽御器所駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「おんうつわどころ」と読む。
  2. 熱田神宮に供える土器が作られる駅であり、熱田神宮の最寄り駅である。

偽国際センター駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 日本の国際会議は全てこの駅の周辺にある施設で行われる。

偽米野駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. アメリカが管轄している。
  2. 読み方は「べいの」駅である。
  3. 正式名称は「亜米利加野」駅である。

偽小本駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅の中に小型本が大量に置いてある。
    • 誰でも自由に読める。

さ行[編集 | ソースを編集]

偽栄駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅名は嘘っぱち、駅周辺はかなり寂れている。
    • ホームはいつも閑散としており、テレビドラマやCMのロケをよくやっている。
    • その打開策として地元商店街ではJRを誘致することにし、先に「JR栄」と駅名を改称しようとする運動が起こったことがある。
    • 開業当時から無人駅であり、切符販売などの業務は隣接する日産ギャラリーに勤務する日産自動車社員に委託されている。
  2. 地下鉄東山線、名城線、名鉄瀬戸線の各ホームはお互いに見渡すことが可能で、それをネタに有名な推理小説が作られた。
  3. ホームからエレベーターに乗ると、テレビ塔の展望台に上がることができる。
  4. 神戸電鉄粟生線に乗り換えができる。
  5. 住居表示施行前に開業した地下鉄の駅が「栄町」、施行後に開業した名鉄瀬戸線の駅が「栄」。
  6. 東山線ホームに名城線や名鉄瀬戸線の車両が乗り入れる。
  7. 名鉄瀬戸線で更に南に行くことができる。

偽左京山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 相棒ファンの聖地。
  2. 京都市左京区にある。
  3. 広大なオオタカの営巣地がある。

偽桜駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 三重県四日市市にある。
  2. 地下鉄の駅である。
  3. 特急が停車する。
  4. 上り線と下り線の線路の間には桜の木があり、成長しすぎると電車の運行を妨害する。

偽桜本町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 神奈川県横浜市にある。。
    • JR根岸線と横浜市営ブルーラインが乗り入れている。
      • かつては東急東横線が乗り入れていた。
  2. 名鉄名古屋本線の駅である。

偽桜山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 桜本町駅、桜駅の隣の駅である。
  2. 「桜山」という山がある。

偽栄生駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 近くにテレビ塔がある。
  2. 自社系列の病院を移転させてホームを増設した。
  3. 岐阜方面と犬山方面の乗換駅ということで、全列車が停車する。
  4. 名古屋一の繁華街に立地する。
  5. 読み方は「さかえしょう」だ。
  6. 名鉄瀬戸線の始発駅である。

偽ささしまライブ駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく見ると「ササシマらいぶ」と書かれている。

偽山王駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東京メトロ銀座線・南北線の駅である。
  2. 名鉄名古屋駅の隣なので当然利用客数は多い。

偽塩釜口駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 宮城県にある。
  2. 実は「塩口」駅である。

偽志賀本通駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 滋賀県にある。

偽柴田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 柴田勝家の出身地として有名。
    • そのため全国から観光客が訪れる。

偽清水駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 静岡市清水区にある。
  2. 大阪メトロ今里筋線が乗り入れる。
  3. 清水寺の最寄り駅である。
    • 駅名はもちろん「きよみず」
  4. 清水ミチコが駅長である。

偽自由ヶ丘駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東京都の駅である。

偽浄心駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅前にジョーシン本店がある。

偽庄内緑地公園駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 所在地は大阪府豊中市
  2. 駅の両端に阪急庄内駅と北大阪急行電鉄緑地公園駅があり、乗り換えができる。
  3. 山形県にある。
  4. 駅名が長いため、かつてここが終点だったとき電車の方向幕には「浄心の次」と書かれていた。
  5. よく見たら「しょうもないりくちこうえん」駅だ。
  6. 駅の近くにしょうもない川が流れている。
  7. 鶴舞線の中で最も乗客数が多い駅である。

偽神宮前駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. JRにもホームが出来る。
    • 神宮前総合駅となる。
  2. 東京メトロ千代田線、近鉄橿原線の駅だ。
  3. 地下鉄にもホームがある。

偽新栄町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線の駅である。
  2. 隣の駅は「栄町」駅である。

偽新守山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 滋賀県にある。
  2. 快速停車駅である。
  3. 改札口が広く出口も多くて便利。

偽浅間町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 浅間山の山麓にある。

た行[編集 | ソースを編集]

偽大同町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋大学と同じく、大同大学の構内に駅がある。

偽高岳駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 富山県の駅である。
  2. 付近にある「新高岳」駅は新幹線の駅。

偽千種駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 読み方は「ちたね」だ。
    • いや「せんしゅ」だ。
  2. 駿台予備校の予備校生がよく利用する駅だ。
  3. 彼女らの関係が修復された際、それを記念して長与駅(長崎県/JR九州)から飛鳥駅(奈良県/近鉄)を経由した同駅までの記念切符が発売された。
  4. 駅構内はこんなイラストであふれかえっている。
  5. JRのほとんどの電車が通過する。

偽茶屋ヶ坂駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「ちゃやけさか」と読む。
  2. 名古屋市港区にある。
  3. 近くにイオンモール名古屋茶屋がある。

偽築地口駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東京都の駅である。

偽鶴里駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 構内に鶴がいる。
  2. 桜通線の中で最も乗客数が多い駅である。

偽鶴舞駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 読み方は「つるま」。
  2. 近くにある公園は「つるまこうえん」。
  3. 構内に鶴がいる。

偽伝馬町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 熱田神宮の最寄り駅である。
  2. JR東海道線と地下鉄の乗り換え駅である。
  3. 正しくは「イニム」馬町である。

偽東海通駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東海市の駅である。
  2. 茨城県東海村の駅である。

偽道徳駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 小学校の道徳教育発祥の地。

偽徳重駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 北名古屋市にある。
    • 名古屋芸大の最寄り駅。
  2. 徳重健太が駅長である。
  3. 「とくじゅう」と読む。

偽戸田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 戸田恵梨香が駅長を務める。

偽豊田本町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん豊田市内にある。
    • 豊田市の中心駅である。
      • 名鉄豊田線の駅である。

な行[編集 | ソースを編集]

偽中小田井駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は、小中井田井(おなかいたい)駅だ。
    • 下り列車しか停車しない。
      • 下り列車しか通らないんだから、当然だ。

偽中島駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 中島みゆきが駅長である。
    • あるいは、中島美嘉が駅長。
    • あるいは、中島健人が駅長。

偽名古屋大学駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大学が管轄している。
  2. 学内をLRTが走っている。

偽鳴子北駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 鳴子駅の北側にある。
  2. もちろん緑区の駅である。

偽鳴海駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. この駅とはラブラブだ。
  2. この駅が成長した姿だ。
  3. ここの売店がある。
  4. 読み方は「めいかい」。

偽西高蔵駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 当駅、高蔵駅、東高蔵駅の順に並んでいる。
  2. 高蔵寺駅の近くにある。

偽野並駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「のならび」と読む。
  2. もちろん緑区の駅である。

は行[編集 | ソースを編集]

偽八田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 近鉄とJRが共通のホームを用いている。
  2. 「ハ田」と書くのが正しい。
  3. 八田亜矢子が駅長。

偽原駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 東海大相模高校の最寄り駅だ。
  2. 駅の回りは何もない。
  3. 東海道線の駅だ。
  4. トリオ・ザ・シンジの1人が駅長。
  5. 駅の回りは草原。

偽東名古屋港駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. この駅発の特急がある。
  2. 昼間でももちろん電車が運行されている。
  3. 貨物専用の駅である。

偽東枇杷島の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 枇杷島駅の真東にある。
    • 西枇杷島、枇杷島、東枇杷島の順に一直線に並んでいる。
      • 北枇杷島駅、南枇杷島駅もある。

偽久屋大通駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 隣の栄駅との距離は50m。
    • したがって栄駅を発車した電車は10秒で当駅に到着する。

偽日比野駅(地下鉄)の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 愛西市にある。
  2. 正しくは「日ヒヒ野」と書いて「ひひひの」と読む。

偽平針駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 駅は運転免許試験場のコースの中にある。
  2. バスターミナルは試験コースと兼用で、構内タクシーにはなぜかドアミラーが二つついている。
  3. 鶴舞線では名古屋市の最東部に位置する当駅、もちろん名古屋市民用の始発電車も多数運行されている。

偽吹上駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 埼玉県の駅である。
  2. 吹上ホールに直通している。

偽藤が丘駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜市にある。
  2. リニモの駅は高架駅。
  3. その昔市電が来ていたこともある。

偽伏見駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 伏見稲荷に隣接している。

偽平安通駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名鉄が管轄している。
  2. ここから新鵜沼まで直通の電車が毎日走っている。

偽星ヶ丘駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪府枚方市にある。
  2. 京阪交野線と連絡している。

偽堀田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名鉄、地下鉄の乗り換えは1分でできる。
  2. 名鉄特急が止まる。
  3. ここで名古屋本線と常滑線が分岐している。

偽本郷駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 広島県の駅だ。
    • または福岡県の駅だ。
  2. 駅長はバッタの改造人間だ。
  3. しばらくイギリス人が支配していた。

ま行[編集 | ソースを編集]

偽丸の内駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 清須市にある。
  2. あるいは、名古屋城の中にある。
  3. 鶴舞線から桜通線まで10秒で乗り換えできる。

偽瑞穂運動場西駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. よく見ると「西」は付いていない。
  2. 名城線の駅である。

偽港区役所駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 区役所と直通している。

偽妙音通駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋市営地下鉄の駅で乗降客数が最多。
  2. 呼続駅との連絡通路がある。

偽名城公園駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん名古屋城の最寄り駅。
  2. 名城大学の最寄り駅。

偽本笠寺駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. JR笠寺駅との連絡通路がある。
  2. 付近に有名な笠寺観音があるため全ての電車が停車する。

偽本山駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 未だに名古屋大学の最寄り駅である。
  2. 神奈川県、あるいは香川県、あるいは長崎県の駅である。

偽守山自衛隊前駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 常に自衛隊が警備している。

やらわ行[編集 | ソースを編集]

偽八事駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「はちじ」と読む。
    • そのため8:00と20:00以外は停車しない。

偽矢田駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 矢田川の真上に駅がある。

偽矢場町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. この駅で降りた客が「ヤバい」を連発する。
    • 駅員も「ヤバい」を連発する。

偽呼続駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 「よびつづき」と読む。
  2. 急行が止まる。
  3. 地下鉄名城線の駅である。

偽六番町駅の特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線が止まる。
愛知の駅
名古屋市緑区・南区/中区・熱田区/昭和区・天白区・瑞穂区/
北区・東区・守山区/千種区・名東区

西尾張 | 海部 | 東尾張・知多 | 西三河 | 東三河
偽モノ(名古屋市)