偽NBAの特徴

提供:chakuwiki

偽NBAの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 春から秋にかけて開催される。
  2. 全チームがアメリカ国内。
  3. 国際ルールそのまま。
  4. Nihon Basketball Associationの略だ。
  5. いまだにナショナルチームへの選手派遣を拒否している。

東地区[編集 | ソースを編集]

偽ニュージャージー・ネッツの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. ここがスポンサー。

偽シカゴ・ブルズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. マイケル・ジョーダンから黒歴史にされている。

偽アトランタ・ホークスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実はMLBのチーム。
    • ここと提携している。

偽シャーロット・ボブキャッツの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. NBAでもっとも歴史があるチーム。
  2. よく見るとボブサップだった。

偽ニューヨーク・ニックスの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. NBAで最も新しいチーム。

偽デトロイト・ピストンズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. デニス・ロッドマンは最初からいなかったことにしている。
    • 永久欠番など以ての外。

西地区[編集 | ソースを編集]

偽ユタ・ジャズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 現在の地元もジャズが盛ん。

偽ロサンゼルス・クリッパーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. レイカーズより存在感がある。

偽ロサンゼルス・レイカーズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. クリッパーズより存在感がない。

偽フェニックス・サンズの特徴[編集 | ソースを編集]

  1. 実は「サンズ・フェニックス」だ。
  2. 今も田臥勇太が所属している。