全日本プロレス

提供:chakuwiki

全日の噂[編集 | ソースを編集]

ツアートラック
  1. ジャイアント馬場が起こした、日本でも有数の老舗プロレス団体。
  2. 馬場さん亡き後、当時の所属選手のほとんどがプロレスリング・ノアに行ってしまい傾きかける。
    • 原因は×××さん。
      • 2018年に死去。
    • スパルタンのメタボオヤジは裏切り者。
      • 逝っちまっただ。
    • 外国人レスラーは大半が残留したが、某英国紳士レスラーは本当はノアに移りたかったそうな。
  3. その後、紆余曲折の末復活。
    • でもデンジャラスさんはフリーになっていた。
      • 本当の意味で王道を継承している数少ないレスラーの1人なのにフリーになった。
        • ハッ○ルなんかに出てるなら帰って来いよ。
          • 2010年を最後にプロレスラー休業。現在は世田谷でラーメン屋を経営している。
    • 現在の全日は(ファンも含め)半分かつての新日
      • レスラーもファンも上手く混ざったかな?
      • カシンは去ったが、最近(?)西村が来た。
        • 田中稔も来た。
      • 新日から分かれたゼロワンと対抗戦やってた。
  4. いい意味で、フリーや他団体参戦が上手くいっている。
    1. カカア天下の人とその弟子。
      • 「正直スマンかった」
    2. 渡辺美里ファンが率いるヒール軍団
    3. ゲームオタクの覆面レスラー
    4. 性格が悪い子煩悩
      • いつの間にか参戦していつの間にか居着いた。
  5. 社長は必殺技と頭がシャイニングで、多重人格。
    • ただ、別人格のほうが人気があるとか。
    • 影武者までいる。
      • ただし、影武者は流行や陽水になっていることも。
    • 社長のツテか、かつてWCWに所属していた選手が参戦する事がある。
    • 下記にもあるように2013年の分裂騒動でW-1を旗揚げし、最後は方舟で引退。
  6. 渕が全日存続最大の功労者かも。
    • 30年は伊達じゃない。
  7. 最近、荒谷が引退を表明した。まだ40ちょいなのにMOTTAINAI。
    • その一方で活きの良い若手も出て来た。征矢・KAI・大和に加え更に若い真田と未来は明るい。ついでに河野が帰ってきた。
      • ↑の項目に出てきた5人の選手はその後全員WRESTLE-1へ移籍(KAI・大和・真田は後にWRESTLE-1を退団)。
  8. 2010年頃から暗いニュースばかり。平井が控え室でリンチにあい意識不明の重症になる事件が起こったのに武藤社長はトンズラかまし逃亡。未来は非常に暗い。
  9. 2012年、また経営者が変更。更に言うと名前こそ似ているが全日本プロレスリングシステムズ株式会社という別会社・・・
    • その結果、また分裂してWRESTLE-1へ…。
  10. 今では、DRAGON GATEに、いいカモにされている感が否めない。
  11. かつては、巨人戦に並ぶ日本テレビのキラーコンテンツだった。
    • お正月の「番組対抗かくし芸大会」では、馬場以下所属選手・職員がコスプレをしてドラマを作ったのは、もはや伝説。
  12. 2022年末から退団者が続出。
    • 選手だと大森、石川、ヨシタツ、中島ブラックめんそーれが、スタッフだと2000年の分裂の際にも全日に残留した木原リングアナや、いつの間にか大日本から移籍した李日韓レフェリーが次々と退団している。
    • 黒幕は猪木の元娘婿のサイモン・ケリーとも言われているが…(なお本人は東スポの記事で否定)。