勝手にライダー怪人/平成2期

提供:chakuwiki
項目分割の提案
この項目は、記事の一部を「何かしら」に分割することが提案されています。議論はトークページを参照してください。なお、分割作業を行う際にはサイト趣旨に沿った形に編集するように注意してください。

勝手に新ヒーロー > 勝手に仮面ライダー > 勝手にライダー怪人 > 平成2期

勝手に新ヴィラン > 勝手にライダー怪人 > 平成2期


  • 基本ルールとして「既存作への追加」をお願いいたします。勝手に種族や組織を作るならオリジナルモチーフだらけのクライシス帝国辺りで頼みます。
    • モチーフ被りに関しても、サボテンバットとかドクロイノシシとかが有るのである程度は見逃すものとします。
      • 109体目のロイミュードとか、偉人アイコンとネタが被った眼魔とかも可とします。
    • スペースショッカーやノバショッカーなど元が昭和組織を題材とした組織の怪人であれば勝手にライダー怪人/昭和でお願いします。

ドーパント(仮面ライダーW)[編集 | ソースを編集]

  1. アクター・ドーパント
    • 「俳優」の記憶を宿したアクターメモリで変身するドーパント。顔はのっぺらぼうだが、それ以外の全身に様々な表情をした能面のような顔がついている。
    • 認知した人間の姿をコピーし、その人物を言動を完璧に演じる能力を持つ。ダミーとは違い無生物や人間以外の生物にはなれない。
  2. ギャンブル・ドーパント
    • 「ギャンブル」の記憶を宿したギャンブルメモリで変身するドーパント。
      • 顔はカジノのルーレットに目鼻を付けたような感じで、体にはスロットマシンがそのままついている。
      • 両肩には巨大なサイコロがついており、手足はチップを模した鱗で覆われ、ジョッキーが使う鞭を武器として使う。
    • 能力は単純に「ギャンブルの結果を操る」ことだが、その能力を応用して可能性を操ることすら可能。
    • 何らかの攻撃を受けるたびに体のスロットマシンが回り、出目によってダメージを軽減することができる。ただし絵柄が揃うと強制変身解除。777ならメモリブレイク。
  3. アルケミー・ドーパント
    • 「錬金術」の記憶を宿したアルケミーメモリで変身するドーパント。
    • 胸部分が巨大なフラスコになっており、背中に無数のパイプが伸びている。頭部はロバ耳。
    • 触れた物体を違う元素に変えてしまう力があり、水に手を浸しただけで硫酸になったり、石ころをダイナマイトに変えたりできる。
    • これさえあれば世界経済をも牛耳れると言われるメモリであるが、残念ながら使い続けるとドンドン体に水銀や硫黄が蓄積されて行き、最悪死に至る。
  4. マグネット・ドーパント
    • 磁石の記憶にしたマグネットメモリで変身するドーパント。
    • くっつくほど何でもくっつける。
    • スーパー戦隊の定番であるが仮面ライダーは磁石をモチーフにすると話が入っていた。
  5. フリクション・ドーパント
    • 「摩擦」の記憶を宿したフリクションメモリで変身するドーパント。
    • 体にかかる摩擦を何十倍にも、ゼロにもできる能力を持つ。
      • そのため、手で触った物質が螺子・釘・歯車・糸などで留めてあった場合、一瞬で分解してしまう恐るべき能力を持つ。
      • 全身を摩擦ゼロにすることで、どんな物理攻撃もナマズをヒョウタンで捕まえるがごとく躱してしまう。(早い話がス●スベの実だな)
        • アイスエイジ・ドーパントよろしく地面を猛スピードで滑走することもできる。
    • 逆に摩擦力を上げることにより、壁をヤモリのように駆け上がったり、大気摩擦を上げることで疑似バリアーを貼ったりもできる。

ヤミー(仮面ライダーオーズ/OOO)[編集 | ソースを編集]

  1. ラーテルサザエヤミー
    • ラーテルとサザエの能力を併せ持つ合成ヤミー。見た目はラーテルの右肩にサザエの貝殻を乗せた様な姿をしている。
    • 鋼鉄をも引き裂く爪が武器で更に右肩の貝殻で相手の攻撃を防ぐ等攻守に優れている。
  2. ホタテハチヤミー
    • ホタテガイと蜂の能力を併せ持つ合成ヤミー。顔の右半分に巨大なホタテが張り付いた蜂の姿をしている。
    • ホタテの持つ無数の目玉から蜂の毒針を発射する。また、顔の二枚貝を強く閉じることでジェット噴射が可能。
    • 裏モチーフはゲルショッカーのハエトリバチ。
  3. ヒグマヤミー
    • ヒグマの能力を持つ重力系ヤミー木を切りたいと言う希望を実行。
    • 鋭い爪で攻撃が仕掛けてくる。
    • とても凶暴で襲ってくる、とても重い?。
  4. ツバメヤミー
    • ツバメの能力を持つ鳥類系ヤミー。子供を守りたいと言う欲望実行。
    • 翼の武器でカッターウィング出して攻撃する
    • スピード出して飛ぶ。
  5. ツルヤミー
    • ツルの能力を持つ鳥類系ヤミー。演技したいと言う欲望を実行。
    • 足が長くてめちゃくちゃ恐ろしいやつ。
    • 突いてしまうようです。
  6. ヒトデヤミー
    • ヒトデの能力を持つ水中系ヤミー。子供がヒトデを取りたいと欲望実行し卵から生まれた。
    • 普段は小型で手裏剣のようで戦う。
    • レーダー駆使してビームを放つ。
  7. ツチノコヤミー
    • ツチノコの能力を持つ幻獣系ヤミー。エレキギターにコアメダルを投入することで生まれた。
      • エレキギターの持ち主はかつてギタリストになろうとしたが挫折してしまった過去を持つ。そのため、ミュージシャンや歌手など音楽に関係がある人間を襲い彼らの夢を破壊し続けてきた。

ゾディアーツ(仮面ライダーフォーゼ)[編集 | ソースを編集]

  1. カシオペア・ゾディアーツ
    • 天高水泳部の有馬ひろみが変身するゾディアーツ。変身者の体型を如実に反映してかメリハリの利いたギリシャ彫刻体型。
      • 肩と背中、手首には椅子の背もたれや腕置きを模した長い角+甲羅が付属。
    • 右ひじに赤、首に青、腰帯に黄色、左腿に桃色、右足首に緑色に輝くオーブが光っており、それらを金色のラインでつないでいる。
      • これらからそれぞれオーブの色を模した光球を生み出して混ぜ合わせ、水球のサーブのように叩き飛ばすことで爆撃を行う。名前はもちろんカシオペア・ハリケ(ry
  2. ホロロギウム・ゾディアーツ
    • 天高の教師が変身する時計座のゾディアーツ。
      • 無生物ルールの裏モチーフは「デスウォッチ」の英名を持つシバンムシ。触角が時計の針型になっている。決してジ○ウを見て思いついたわけではないよ
      • 変身者は機械のように正確に毎日同じ時間に決められたことをしなければ気が済まないタイプの几帳面な中年男性。そのため遅刻や門限破りを「死ね! 虫ケラ」と吐き捨てるほど嫌っている。
    • 首からぶら下げた振り子は抜き取って剣にして使う。催眠術にも使える。
    • 固有の能力として、10秒間だけ時間を停止・巻き戻し・早送りのいずれかを行うことが可能。

ファントム(仮面ライダーウィザード)[編集 | ソースを編集]

  1. ゴブリン
    • 後頭部より長く伸びた2本の角を持つ、白と紫の斑の浮いたピエロのような姿をしたファントム。
      • 外見のモデルは『ウルトラマンティガ』に登場するパラサイト宇宙人イルド。
    • 宿主は元々は特にとりえもない小柄な少年。変貌後は只管に悪辣で下衆な性格。
    • 普段はサバイバルナイフで攻撃するが、角の先端より取り出した毒針を突き刺すことで毒を注入し、全ての人間がファントムに見える幻覚を映し出す。
      • 自身がさして興味のない相手であればうすぼんやりグールに姿が変わったりして見えるだけであるが、対象を愛していればいるほど、より醜く悍ましい姿のファントムに見えてきてしまう(声も恐ろしくドスの利いた声や、金属の擦れるような耳障りな音に聞こえてしまう)。更に対象のトラウマも反映されるため、火事に遭った人には全身から炎を吹き出すフェニックスが、刃物でケガをした人には無数の刀剣を構えたヘカトンケイルが、本物より毒々しい姿となって映し出される。
        • この能力を用いてゲートを恐怖のどん底に陥れ、自身の最も愛した人間を最も醜い姿でしか見ることができなくしてしまうという卑劣極まりない方法で絶望させようとする。
          「クヒヒ、お前さんの愛した人はどれだけ素晴らしく見えるかい? さぁ、抱きしめてやれよ…その大切な大切な人を、目ぇ見開いて愛してやれよ! ヒィッヒッヒッヒッ!!」
        • もちろんお約束通りゴブリンが倒されたらこの毒は消滅する。また、魔法使いには通用しない。
      • ゴブリンが繁殖力の強い魔物という伝承があるのは、この毒を盛られた人間が周囲全ての人間をゴブリンだと思い込んでしまうことから由来する。
  2. デュラハン
    • 全身が黒ずんだ銀色の騎士の鎧を着たファントム。かなり大柄であるが、首部分はただの飾り。
      • 外見のモデルは『ウルトラマンマックス』に登場するギルファス。
    • 宿主は元自衛官で、日食前は優秀な成績を収めていた士官候補生だったが、ファントムになってからは自分の理想のために他人を痛めつける性格に激変した。
    • 長い突撃槍とファントムの紋章の入った盾を持ち、首部分を自在に飛ばし目や口から火球を打ち出す。
      • 虚空からバイクを生み出し、ヘルハウンドのように乗り回し人馬一体となって戦う。
    • 「そんな回りくどいマネをしていられるか!」が口癖で、ゲートに対し「決闘」を申し込み泣いて謝っても暴行を加え続けるという単純極まりない方法で絶望させようとする。
      • 「決闘」といっても実際はリンチ同然であり、逃げられないような場所に監禁し、その辺の角材や鉄パイプ(つまりファントムであるデュラハンには何のダメージも与えない物)を与えて自分に立ち向かわせるというもの。逃げれば「卑怯者めが!」と吐き捨てて無理やりにでも武器を持たせ、相手が負けを認めても、手足がへし折れて戦闘不能になっても、「俺が勝ったと思わない限り、まだお前は負けてない! 決闘を続けろ!! 戦え!!」と暴行を加える。サイコだが、デュラハンにとってそれ以外の方法で相手を絶望させるのはポリシーに反するらしい。
        • ただ、人質を取ったり、グールを呼び出して集団で痛めつけたりする行為は「ファントムが人間より下の存在だと認めるも同然」と嫌悪しており、邪魔立てをすればグレムリン相手でも襲い掛かる。
      • そんな性格なので、ウィザードが分身しようが拘束魔法やらなんやら使おうが「やるな、さすがだ!」と称賛こそすれ卑怯とは言わない。
  3. コカトリス
    • 南米の鳥のような派手な外見をしたファントム。勿論飛行も出来る。
      • スーツはラームに似ている。
      • 外見のモチーフは『ウルトラマンメビウス』に登場するアリゲラ。
    • 宿主はいかにも根暗そうな外見のやせこけた男性。
    • 羽根をペン状にして投げ刺すことにより、刺さった人が「手で触れたもの」を全て石に変える呪いを齎す。
      • 流石に生物は石に出来ないが、器物は衣服や食料に至るまで全て石に変えてしまうため、仕事や勉強はおろか食事すらロクにできなくなってしまう。
        • その呪いで孤独と飢え、更には周囲からの怪物視といった二次災害まで引き起こしたうえで相手を絶望させるのを好む。過去にはあまりのショックで発狂したゲートすら居たと豪語する。
    • メデューサのことは「メデューサ姐さん」と呼んでいる。
    • 先述の羽根の呪いは魔法使いには効かないらしい。
  4. 鳳凰
    • 中国の伝説の鳥と言われる鳳凰。
  5. ウェヌス
    • 人魚のような外見をしたファントム
      • 外見のモチーフは『ウルトラマンガイア』に登場するゾグ第1形態?
    • 人間態はかわいい女子。
    • 絶望させる相手の親や友人、親戚を自分のやることを無視するように洗脳する。
      • 洗脳は魔法使いには効かない。
    • 最初は相手の男子を誘惑させてから自分に告白させて付き合って後からキ〇ガイな言動で動揺させて絶望させる。
    • 水中戦を得意にする。
      • 地面に潜り込んで泳ぐ事も出来る。
    • 武器は三叉槍。
  6. スライム
    • まるで液体のように見えるがぷにぷにした巨大ファントムではなく小型ファントム。
      • 何度も間直出しても戻る

インベス(仮面ライダー鎧武)[編集 | ソースを編集]

  1. クワガタインベス
    • クワガタムシの姿をした和風のインベス。
    • 腕には鋏を半分ずつに分けた様な刃がありこれを剣の様にして戦う。
  2. カブトインベス
    • カブトムシの姿をした和風のインベス。
    • 右腕甲は巨大な矛、左腕甲は巨大な盾になっており、相手の攻撃を受け流しつつ矛で突き刺す。
    • クワガタインベスとは息の合った戦いを見せる。(オーズで見たぞこの展開)
  3. キュウビインベス
    • 九尾狐の姿をした中華風のインベス。
      • メスの個体らしい。
    • 尻尾を回転させて空を飛ぶことも出来る。
    • 大量のヘルヘイムの実を喰うことで、巨大な狐の姿をした強化体に変貌を遂げる。
  4. ハエインベス
    • ハエの姿をした洋風のインベス。
      • 顔部分は仮面ライダーBLACK RXに似ている。
        • ていうか、リペイントすればそのままイナゴ怪人。
    • 高速で飛び回って爪で相手を切り裂く。
      • 触角で気流を読む力により相手の攻撃を躱すのを得意としており、相手の攻撃をワザと紙一重で避けて挑発し甚振る習性を有する。
    • 裏モチーフは「暴食」の悪魔ベルゼブブ。
  5. ムカデインベス
    • ムカデの姿をした和風のインベス。
    • 口から毒液を発射する。
    • 他の初級インベスを操る能力があり、ジェンガのようにくっついて巨大なムカデの姿になって襲い掛かってくる。
      • この状態でヘルヘイムの果実を大量に食して強化体になると、付属した初級インベスも全てムカデインベスに進化し、分裂・離合集散して敵を追い詰める。別にう●こを食わされているわけではない
  6. バッファローインベス
    • 野牛の姿をした洋風のインベス。
    • 非常にマッシブな体形をしており、怪力を誇る。
      • 前腕部分が太く、強力なパンチを放つ。
    • 二本の巨大な角からは稲妻を放ち、相手を痺れさせる。
    • 裏モチーフは悪魔モレク。
    • スーツは後に白にリペイントされてグリンシャに改造された。
  7. ダンゴムシインベス
    • ダンゴムシの姿をした和風のインベス。
    • 全身を侍の甲冑のような装甲で覆っており、カミキリインベス以上の頑強さを誇る。
    • 普段の動きはあまり速くないが、全身を丸める事でゴム毬のように跳ねて相手を圧し潰す。
      • デェムシュなどに率いられる個体は集団で出現してピョンピョン跳ね回りながら襲い掛かってくる。
    • 玉には玉という事なのか、スイカアームズ(大玉モード)に対しては質量差で負けてしまうので弱い。
  8. キリンインベス
    • 中華風インベスであり、ジラフの方ではなく霊獣の方がモデル。
    • スーツはセイリュウインベスの改造で、長い一本角が生えている。
    • 大量のヘルヘイムの実を食べた事でケンタウロスのような姿の強化体となる。
    • 声優はお笑い芸人の麒麟・川島明。(うなり声しかないけど)
      • 紘汰からは「なんか妙にいい声のインベスだな!」とか言われる。
  9. サメインベス
    • サメの姿をした和風のインベス。
    • 見た目は水軍風で、両腕の鋭いヒレで相手を切り裂く。
      • 口からは水の塊を発射して遠距離攻撃も可能。
    • 大量のヘルヘイムの実を食べた事で、人魚のような姿の強化体となる。
      • 水中活動に一日の長がある為、水上を移動する際にはオーバーロードインベスが騎乗することもある。
  10. クモインベス
    • 蜘蛛の姿をした和風インベス。
    • 忍者や傀儡師のような姿をしており、自在に壁や崖を這い回る。
    • 指からレーザーのように細く長い糸を放ち、物体を絡め捕ったり締め上げたりする。
    • 口からは毒牙を高速で射出することができる。
    • 大量のヘルヘイムの実を食べた事で、下半身から巨大な土蜘蛛の胴体を生やした強化体となる。(イメージ的にはディスパイダー・リボーン)

眼魔(仮面ライダーゴースト)[編集 | ソースを編集]

  1. 機関車眼魔
    • 頭に煙突、両肩にカウキャッチャー、胸に煙室ドアを付けた豪壮な鎧を纏う巨漢眼魔。
      • 下半身は蒸気機関車の動輪型を模したデザインのズボン。
    • 凄まじい怪力を持ち、頭の煙突から黒煙を放ち相手の目をくらませる。時速100㎞を超す速さでの走行が可能。
    • 裏モチーフはイギリスの機械技術者「鉄道の父」ジョージ・スチーブンソン。
    • 依代となったのは石炭を入れるシャベル。
  2. 大砲眼魔
    • 左腕が巨大なキャノン砲となった眼魔。トレンチコートなど近代イギリス軍をモチーフとした服装をしている。
    • 両肩に大砲の車輪を模した巨大なリングがあり、回転させて敵を弾き飛ばせる。
    • 裏モチーフはウィリアム・アームストロング男爵。
    • 依代となったのは砲丸。
  3. 人形眼魔
    • 文楽の人形遣いのような姿をした眼魔。
    • 手からワイヤーを放ち、触れた人形を自在に操ることが出来る。
      • この能力で町中のマネキン人形や玩具を操り人々を襲う。
    • 裏モチーフは近松門左衛門。
    • 依代となったのは文楽人形。
      • 古道具屋の奥底で誰からも演じてもらえなくなった人形の怨念が宿っているとかいないとか。
  4. ギロチン眼魔
    • 中世フランスの議員風の外見の眼魔。頭部デザインは音符眼魔の流用。
    • 両肩からギロチン台の支柱が突き出しており、自らが首枷をはめられているという非常に子供の教育に悪いデザイン。
      • 両腕に巨大な刃が生え、ウルトラ戦士のように斬撃光線を飛ばして物体を切り刻む。
    • 更に枷型のエネルギー波を作って相手を拘束することも出来る。
    • 裏モチーフはマクシミリアン・ロベスピエール。
    • 依代となったのは首枷。
  5. ポラロイド眼魔
    • 胸部分が巨大な箱カメラになっている眼魔。
    • 迷信通り、撮影した人間から魂を抜き取る力を持つ。西郷どんもびっくり。
    • 特撮のカメラモチーフの怪人のイメージ通り、フラッシュによるエネルギー弾とか、フィルムを投げての拘束もできる。
    • 裏モチーフはカメラを発明したフランスの画家、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール。
    • 依代となったのは古めかしいカメラ。
  6. 蹴鞠眼魔
    • 平安貴族風の外見をした眼魔。
      • 一人称は「マロ」で語尾には「おじゃる」。
    • 脚力に優れ、様々な軌道で変化する蹴鞠で相手を攻撃する。
    • 裏モチーフは平安貴族の「蹴聖」藤原成通と、戦国武将の今川氏真。
  7. 蛇棒眼魔
    • 青龍刀眼魔の弟分。
      • 丸々とした体形で、首周りに虎のオブジェがくっ付いている。
    • 豪快かつ単純な性格で短気で狂暴、部下の扱いが横柄。
    • 裏モチーフはもちろん張飛。
  8. 双剣眼魔
    • 青龍刀眼魔の兄貴分。
      • 耳の部分が巨大な翼になっており、頭の冠に鳳凰の飾りがある。
    • スピードに優れ、素早い動きで敵を切り刻む。
      • 普段は中性的な物腰で蛇棒眼魔相手にも「もっと落ち着きなさい」と諫めるようなところがあるが、本性はとても凶暴で苛烈。
      • 青龍刀眼魔を倒したタケルとベンケイを激しく憎悪している。
    • 裏モチーフは言うまでもなく劉備。
  9. 鎖鎌眼魔
    • 山賊のような外見をした眼魔。
    • 一人称は「アタシ」で軟弱な喋り方をする。でも声はオッサン。
      • キレると「ンマ~! 何て失礼な!! お仕置きよ~!!」と激高する。
    • 右腕が巨大な鎌、左腕が長い鎖分銅になっている。それなんてア○トロモンス。
      • 流石に本当に全部そんな手だと日常生活が大変なので、あくまで手首から伸びてることになりそう。
    • 裏モチーフは真田十勇士の由利鎌之介。ちなみに十勇士の中では珍しく実在が確定している人。
  10. ハンマー眼魔
    • 西洋の王様のような外見をしたやや太めの眼魔。
    • 巨大な鉄球を振り回して相手を押し潰すパワータイプ。
      • ベンケイ魂をライバル視している。
    • ことあるごとに自らを「ハンマー眼魔!!」と称する。
      • というか喜怒哀楽の全部が「ハンマー眼魔!!」である。
      • 勿論声優は某お笑い芸人。
    • 裏モチーフはカール・マルテル。
    • 依代はなんと玩具のピコピコハンマーであった。
  11. フィルム眼魔
    • 世界の●ロサワのような外見をした眼魔。
      • ポラロイド眼魔とは仲が良かったらしい。
      • エジソン魂には全く歯が立たなかった。
    • 両肩に映写機のような車輪があり、首からタオルのように大量のフィルムをぶら下げている。
    • 「カッチン」を合わせることで、映画と現実の世界の垣根を払い、自然現象や敵キャラなどを呼び出すことができる。
    • 裏モチーフは黒●明…ではなくチャーリー・チャップリン。
    • 依代は古ぼけた映画のフィルム。
  12. 相撲眼魔
    • 巨体を有する眼魔。
      • マワシを締め、大イチョウを結っている。
    • 口癖は「ごっちゃんです」、一人称は「自分」、語尾には「ごわす」を付ける。
    • 見た目通りの怪力を有する。
      • ノブナガ魂を見た際には、「おお! 一度お会いしたかったでごわす!」と喜んでいる。
    • 裏モチーフは雷電為右エ門。
    • 依代は行事の軍配。
  13. 棍棒眼魔
    • 大リーガーを思わせる筋骨隆々の眼魔。
    • 軍服を着用しており、「Hey Boy!」「Year!」などアメリカかぶれの言葉で話す。
    • 棍棒を自在に振り回して相手を殴り飛ばす。
    • 裏モチーフはベーブ・ルースとセオドア・ルーズベルト。
    • 依り代は木製バット。
  14. ペンチ眼魔
    • 閻魔大王のような姿をした眼魔。
    • 人々に質問をし、そのことが嘘であれば即座にペンチで魂を引き抜き殺害する。
      • しかもその際の質問は、本人が隠したいことや、社会的信頼を失いかねないものばかりである。
    • 近接戦においてもペンチを巨大化させて振り回し暴れる。
    • 裏モチーフは五胡十六国時代の極悪非道で名高い前秦二代皇帝・苻生。
    • 依り代は錆びたペンチ。
  15. 鋼鉄眼魔
    • 背中が巨大な溶鉱炉になっている大柄な眼魔。
      • 頭や肩から煙突が伸びている。
    • あらゆる鉄を自在に操る力を有し、鉄棒や槍を自在に作って相手を攻撃する。
    • 一人称は「吾輩」でかなり尊大な性格。
    • 裏モチーフは鉄鋼王アンドリュー・カーネギー。
    • 憑代は鉄板。

バグスター(仮面ライダーエグゼイド)[編集 | ソースを編集]

  1. ワイルドバグスター
    • 「ナイトオブサファリ」のラスボスである「ワイルドキング」をモデルとしたバグスター。外見はサファリクエストゲーマーを黒豹色にして、禍々しい爪や牙を付けたような外見。
    • お前はアンノウンかと言いたくなるほど台詞は少なく唸り声ばかりであるが、ゲームの際には相手が敗北の恐怖を感じるまで徹底して追い詰める。
      • ただ脳筋なので意外とおっちょこちょいな所もある。
    • 元ネタは某動物擬人化アプリゲームの主人公とその敵キャラの黒いアレ。
  2. アビスバグスター
    • 「バンバンシミュレーションズ」のラスボスである「アビスエンプレス」をモデルとしたバグスター。声や言動は完全に女性である。船は姉妹艦って言うくらいだからな。港が女で船が男じゃないのかって? 知らん。
    • 外見はシミュレーションゲーマーレベル50に似ているが、海賊コートのようなボロボロの上着を羽織り、フジツボや白骨、海底のゴミを思わせるごつごつとした装甲を持つ。そして巨乳である(笑)。
      • 頭部は艦橋と海賊帽子がモデル。
    • 性格は豪快にして冷酷。「海の藻屑とおなりなさい!」が口癖。
    • 言うまでもなく元ネタは某シミュレーションゲームの悪役の皆様。
  3. ギロチンバグスター
    • 乙女ゲームをモチーフにした「断頭台のセレナーデ」ガシャットに登場する悪役令嬢「カテリーナ・ザンケ」をモデルとしたバグスター。
    • 黒いドレスを纏った令嬢風のデザインをしており、肩口から巨大なギロチン台が飛び出している(またこのネタかい)。頭部はゴテゴテした冠に覆われている。
      • 極めて苛烈な性格であるが、保身を第一としており部下を盾にしてでも逃げようとする。
    • 元ネタ?そんなもんはない。最近こういうのはやってるんでしょ?
  4. ディーラーバグスター
    • カジノゲーム「777パラダイス」ガシャットに登場するディーラー「ストロイカ様」をモデルとしたバグスター。
      • CV.井上麻○奈。
    • ルーレットやスロットを実体化させて敵を弾き飛ばしたり、相手を巨大なツボの中に閉じ込めて振り回したりと、日曜の朝にはふさわしくない攻撃手段を取る。
    • 相手のいる所が偶然地盤沈下を起こしたり、流れ弾が偶然電柱に命中して敵を押し潰したりと、反則なまでに運が良い。
      • 体のどこかにある開運のコアを破壊しない限り周囲は不幸な目に遭い続ける。
  5. クリフォトバグスター
    • 80年代のPC用横スクロールRPG(開発元は幻夢コーポレーションではない)の復刻版「スクロールダンジョン」ガシャットに登場するラスボス「邪竜クリフォト」を模したバグスター。
    • 見た目は黒いドラゴン。
    • 惑星直列の力を借りて無数の隕石を落としたりして攻撃してくる。
    • ガシャットの元ネタは「ソーサリアン」。
  6. ブレインバグスター
    • ロボットを操作して暴走した人工知能と闘うシューティングゲーム「マニューバロボッツ」のラスボスを模したバグスター。
    • その場からは動けないが、電気コードのような触手や自立型ロボット、強力なレーザーで攻撃してくる。
    • ゲームの元ネタは「武者アレスタ」など。 
  7. ダービーバグスター
    • 「ダービーガールズ」のラスボスを模したバグスター。
    • 見た目は白い馬で、高速移動が得意。
    • ゲームの元ネタはウマ娘プリティーダービー。
  8. ブロックバグスター
    • 「ブロックビルダー」のラスボスを模したバグスター。
    • 剣、弓、爆弾といった些細な攻撃手段を持つ。
    • ゲームの元ネタはマインクラフト。

スマッシュ(仮面ライダービルド)[編集 | ソースを編集]

  1. ボルトスマッシュ
    • 万丈の親友を素体として誕生したスマッシュ。
    • 背中にある2本の角からボルティングレーザーという電撃を放つ能力を持ち更に体に電気を纏う事で格闘攻撃を仕掛けた相手に電流を流して攻撃する事も出来る。

アナザーライダー(仮面ライダージオウ)[編集 | ソースを編集]

  • 列記は元ネタの順番でいいかな?
    • ネタが被っても(案Ⅱ)とかで出すのもありかもしれない。
  1. アナザーV3
    • 仮面ライダーV3のアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 体を走るリングはタイヤの跡がモチーフで、「羽の折れたトンボが、車に轢かれて死んだ姿」が元という見るも無残な外見。
      • 全体的なフォルムはTHE NEXT版のV3を更に禍々しくした感じ。
    • 変身者は交通事故で妹を失い失意の淵に立たされていた青年。
      • アナザーV3の力で妹を死なせた者を殺すも、復讐を終えても空しさと憎しみを捨てきれず、その加害者の遺族や車を売ったディーラーにまで襲い掛かり、終いには「交通事故を引き起こしたのはこの国が悪い」とまで断じて無差別に道路や車を破壊して回る。
  2. アナザーX
    • 仮面ライダーXのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 全体的な外見は昔話に出てくる骸骨の海賊がモデル。(頭部はクモナポレオン、マントはアポロガイスト、左右非対称な造形はネプチューンが裏モチーフ)。
    • 変身者は水城姉妹で、1つのアナザーウォッチを無理矢理2人に使わせたことで融合した姿。
    • 武器のライドルを自在に操り、水を操って攻撃する。
    • 最後は元の時代でジオウ一行とXライダーに倒された事でアナザーウォッチが破壊され、救助された。
      • そして現代。ソウゴたちが海辺の病院を訪ねると、老夫婦が優しい笑みを浮かべて迎えてくれたのだった。
  3. アナザーアマゾン
    • 仮面ライダーアマゾンのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 見た目はまあアマゾンズ系列に近いが、全体的なモチーフは『仮面ライダーSPIRITS』に登場するゼロアマゾン。
      • 元から怪物っぽい外見なのでもはや完全に化け物である。
      • 変身者はゲドン最後の生き残りである名古屋美里(赤ジューシャ)。
        • ガランダー帝国に追われ、来る日も来る日も黒ジューシャや獣人に追われ続けて山奥に逃げ込み、完全に精神が磨滅し廃人化しかけていた所をアナザーライダーにされた。
        • その孤独から逃れるために「トモダチ」と称して女性や子供を攫い、自分の下から逃げないように監禁していた。
  4. アナザーストロンガー
    • 仮面ライダーストロンガーのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 顔はサタン虫のような髑髏がイメージモチーフで、ジェネラルシャドウのようにびっしりと血管が浮いている。
      • 更に体中に目ん玉が浮き出ており、コイルやネジが隊長ブランクのように突き出している。
    • 電気を浴びれば浴びるほど強くなる。
    • 変身者はデッドライオン。
      • 自分が何も功績を果たせずに忘れ去られ、朽ち果てていくことに焦りを感じており、自分の力で世界を征服する事で死んだタイタンに報いようとしている。
  5. アナザースカイライダー
    • スカイライダーのライダーウォッチを撃つかって生み出されたアナザーライダー。
    • 外見はアナザーアギトに少し似ている。
      • マフラー部分はまるで血染めのように赤黒い。
    • 重力を自在に操り、町の物を浮かせて暴れ回る。
    • 変身者は人力飛行機コンテストの出場者。
      • 金、周囲との軋轢、〆切、加齢などのしがらみに縛られていた為、「自由」を異常なまでに渇望する。
        • ゲイツからは「哀れな奴だ! 自分が世界一自由でなければ自由を感じれないなど! 貴様はこの世で一番不自由な男だ!」と断じられてしまった。
  6. アナザースーパー1
    • 仮面ライダースーパー1のアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 全身に焦げ跡があり、さながら「爆発事故でズタボロになった宇宙服」のような無残な姿。袖のヒラヒラも焦げており長さは不揃いで不格好。
      • 目玉は更に吊り上がっている。
    • 平成ライダーよろしくファイブハンドを自在に組み替えて戦う。
    • 変身者は町工場の工場長。
      • 宇宙船開発の為に尽力していたが、遂に金策が尽きて工場を畳まざるを得なくなった所をアナザーライダーにされた。
      • そのため、「ファイブハンドで銀行や宝石店を襲って金品を強奪、更に借金先である闇金融の代紋をその場に残して罪を擦り付け、あわよくば契約をご破算にしようとする」という姑息な真似を行った。
        • ゲイツからは「やつにあるのは金(カネ)の心だけだ」と言われてしまった。
      • 元は夢に燃える優秀な技術者だったらしいが、現在では上記の有様である。
  7. アナザーZX
    • 仮面ライダーZXのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 着ぐるみはアナザーシノビの改造。
      • 体中が固まった血糊のように赤黒く、まるで腐りかけの落ち武者のような外見。
      • 顔はバダン総統を思わせる三つ目の髑髏状で、両肘から長い刃が、頭部にはボサボサの棘髪が生えている。
    • 見た目通り忍法を自在に操り、タイガーロイドの大砲を思わせる大筒で相手を撃つ。
    • 変身者は売れない役者。
      • 元々斬られ役やチンピラ役ばっかりで長年の努力が実ってやっと主演を掴めたのに、監督がスキャンダルを起こして映画が製作中止になり、役者をやめなくてはならない帰路に立たされた中年男。
      • 様々な人間を針で刺して吸収する事で、無理矢理他者の人となりを吸収し、まるで憑依したかのごとき天才的な演技を会得する。
        • この能力を多用しすぎて演技と現実の区別がつかなくなってしまい、「俺は何にでもなれる可能性の塊! 全知全能の神だ!!」と言い出すまでに錯乱してしまった。
  8. アナザージョーカー
    • 仮面ライダージョーカーのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。見た目は全身を黒くしたアナザーW。
    • 手から放つ拳型の光弾が武器。
      • 一方で接近戦は苦手である。
  9. アナザーセイバー
    • 仮面ライダーセイバーのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 全身が落ち武者やデュラハンを思わせるズタボロに錆びついた鎧で覆われており、頭部にはねじ曲がった刀が突き刺さっている。
      • 首から下はシミーやメギド魔人がモチーフ。
        • 腹部の剣もどう見ても切腹刀である。
      • 携えた剣は燃え盛ってはいるがその炎はどす黒く、外見も闇黒剣月闇に似ている。
        • 変身者は子供の頃からの夢を叶えて小説家になったが、打ち切られ通しで出版社から出禁を喰らった売れないラノベ作家。
          • 元の編集者を悪役に準えた追放ものの陰湿なな●う系小説を書いていた所を見つかり、アナザーライダーにされた。
          • 性格はまさしく「裸の王様」そのもので、自分のワンダーワールドの中に図書館にいた人たちを攫い、自分を主人公とした英雄譚を無理矢理読ませ、面白くないと言った者はシミー(に似た怪人)を作り出して暴行を加え、面白いと言った者にはファンアートとして絵や彫刻や音楽を作らせるという、極めてみみっちい行動に出ていた。
          • 元の世界で評価を得られなかったことで精神が崩壊し力に溺れており、「うるせえ! 俺はこの世界の主人公だ! 異世界野郎が邪魔すんじゃねえ!!」と吐き捨てる等、もはや自分の妄想と現実が区別できなくなっていた。
        • アナザーライダーの力は「どす黒い炎を浴びせることで、自分の疲労や苦痛を他者に押し付ける能力」という飛羽真とは真逆の性質であり、この力で攫った人間(変身者曰く「俺の小説を幼稚と吐き捨てた愚物ども」)にダメージを押し付け、寝たり休んだりする事すら無くひたすら小説を書き続けていた。
  10. アナザーリバイ
    • 仮面ライダーリバイのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
    • 変身者は昔、家族との思い出にいい思い出が一つもなかった人。
  11. アナザーバイス
    • 仮面ライダーバイスのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
      • 見た目は生々しい悪魔。
    • 変身者はアナザーリバイ変身者と契約した悪魔。
  12. アナザーギーツ
    • 仮面ライダーギーツのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
      • 見た目は化け狐そのもの。
    • 変身者はかつて不慮の事故で妹を失った青年。
      • その昔神蔵蓮太郎とも面識があったらしい。
    • 恐らくスーツはギーツキラーの改造か、あるいはこいつの着ぐるみを改造したのがギーツキラーになる。
  13. アナザーガッチャード
    • 仮面ライダーガッチャードのアナザーウォッチを使って生み出されたアナザーライダー。
      • 見た目はバッタと列車を歪めた姿。
    • 変身者は錬金術で大切なものを蘇らせようとする人。

関連項目[編集 | ソースを編集]