勝手にライダー怪人/昭和

提供:chakuwiki

勝手に新ヒーロー > 勝手に仮面ライダー > 勝手にライダー怪人 > 昭和

勝手に新ヴィラン > 勝手にライダー怪人 > 昭和

  • 基本ルールとして「既存作への追加」をお願いいたします。勝手に種族や組織を作るならオリジナルモチーフだらけのクライシス帝国辺りで頼みます。
    • モチーフ被りに関しても、サボテンバットとかドクロイノシシとかが有るのである程度は見逃すものとします。
  • スペースショッカーやノバショッカーなど元が昭和組織を題材とした組織の怪人であればこちらでお願いします。

ショッカー(仮面ライダー)[編集 | ソースを編集]

  1. くわがた男
    • カブトロングのサポート用として改造されたノコギリクワガタ型改造人間。
    • 頭の大顎の間から稲妻を発射する。両腕からはクワガタのアゴのような刃が突き出ており、相手を挟み込んで穴だらけにしてしまう。
  2. プラナリアン
    • 全身がいくら千切れても無限に増えていく性質を持つプラナリア型改造人間。
      • ただし、千切れるのは痛い(改造しても無駄だった)ため本人は自切するのを嫌がっている。
      • 破片を散乱させる爆弾を盗み出し、気球に乗って東京上空で自爆、破片から復活した数千体もの物量で攻め落とすのが狙い(本人はやりたくなさそうだったが)。
    • 口から溶解液を放ち人間を溶かす力を持つが、パワーはライダーより劣る。
    • ベースとなった生物が指標生物の為、高熱(乾燥)や毒・汚染物質に弱いという欠点を持つ。
  3. テッポーズ
    • 鉄砲魚型の改造人間。
    • 大量の水を飲んで爆発的な水鉄砲を口から発射し、遥か遠方のヘリコプターすら一発で撃墜できる。
      • 眼は魚眼レンズに改造され、1㎞先に置いた英字新聞が読める。
    • この狙撃能力で要人抹殺や脱走者の処刑を行う。
    • ただし水鉄砲以外の能力が泳いで逃げるくらいしかないので、水切れになると何もできない。

ゲルショッカー(仮面ライダー)[編集 | ソースを編集]

  1. バンブーパンダ
    • ジャイアントパンダとモウソウダケを合体させた怪人。
    • モトになっているのは動物園から強奪した本物のパンダであり、倒すと国際問題になるということも踏まえて作られた怪人である。
    • 背中から生やした竹をミサイルのように発射する他、地面から猛烈な速さで竹を伸ばして広範囲の相手を攻撃できる。
    • 最後はライダーキックで変身装置を破壊されて、元の愛らしいパンダに戻ることが出来た。

デストロン機械合成怪人(仮面ライダーV3)[編集 | ソースを編集]

  1. ミラーピーコック
    • 孔雀と鏡を合体させた機械合成怪人。
    • 変身前は絶世の美貌を持つ優男で、一人称は「この美しい私」というナルシスト。
      • 自分の体を傷つけたり汚した相手に対しては「何と醜い! 許せん!」と怒りを露にする。
    • クジャクの羽根をミサイルのように飛ばし、相手を貫く。
      • 羽根の丸模様は鏡になっていて、この鏡の中の光の反射に乗り光速で移動しすれ違いざまに相手を切り裂く。(ジョジョのハングドマンやNARUTOの白のような感じ)
    • 胸の鏡で太陽光を反射させレーザーに変えることもできる。
  2. キャタピラアンコウ
    • チョウチンアンコウとキャタピラを合体させた機械合成怪人。
    • 女性怪人であり、額のアンテナを用いて催眠術が使える。
      • 手下の女性戦闘員はなぜかピンク色のタイツで、奇妙なダンスを踊る。
    • キャタピラの突進力を活かしたパワーファイター。
    • 元々某国の戦車隊の女隊長だったとか言う噂であり、用兵術に長ける。この辺にしとかないと怒られそうだなあ…。
  3. シールドシップワーム
    • フナクイムシ(二枚貝の一種)とシールドマシンを合体させた機械合成怪人。
      • シールドマシンはフナクイムシが板を食い破る姿を見て考案された機械である。
    • 志半ばに散った変態野郎ドリルモグラの遺志を継ぐ地底工作用怪人。
      • 猛スピードで地中を掘り進み、地下に貝殻型の爆弾を設置して地上の建物を破壊しようとした。
    • 戦闘はそこまで得意ではないらしい。
  4. スカラベローラー
    • フンコロガシとローラーを合体させた機械合成怪人。
    • 体重の1000倍を超える重量の物体を軽々押す怪力を宿し、ローラーであらゆる物体をひき潰してしまう。
      • 体も丸みを帯びた分厚い装甲で覆われている。
    • 足もローラースケートになっているので鈍重な見た目に反してかなり素早い。

GOD神話怪人(仮面ライダーX)[編集 | ソースを編集]

  1. ベレロフォン
    • ギリシャ彫刻を思わせる屈強な肉体の戦士型怪人。
    • 背中には巨大な羽を生やし、右腕に装填された巨大なライフルから鉛玉を発射する(ギリシャ神話において、キマイラの口に鉛を投げ入れたのが元ネタ)。
    • 小さな虫などを非常に嫌う。
  2. オルトロス
    • ケルベロスの兄弟機。
    • ただしフォルムはダブ●スM2とかパン●ンのような感じ。
      • 右の赤い首から火炎を、左の青い首から冷凍ガスを放つ。
  3. アルゴス
    • クジャク型怪人。
      • 飾り羽から生えた目から自在にレーザー光線を放ち、相手を焼き尽くす。目は全て感覚器官なので死角が全く無い。
    • とても働き者。睡眠という概念が無いので、戦闘員を「寝る暇があったら働け!」と扱き使う。
  4. ミューゼス
    • 9人一組の女性型改造人間。15歳から28歳までの美女をベースに改造された多国籍改造人間チーム。ギリシャ彫刻の女神像のようなガワをしている。
      • 9人の奏でる歌声で人々を洗脳し、GODに引き入れるのが役目。
    • いずれも壮絶な過去を抱えたうえでGODに脳改造を受けたので、一見アホの集まりに見えるが、組織には病的なほどの忠誠心を有する。
    • メンバーは以下の通り。
    1. 『Ⅰ』:ポニーテールの女性。メンバーの司令塔であり、最も優れた頭脳を有する。発達した脳の力で自在に物体を操り、テレパシーによる超長距離通信を行う。ハラショー。
    2. 『Ⅱ』:サイドテールにした長い髪が特徴の女性。自在に空を飛び、変身時には天使のような翼を生やす。ちゅんちゅん。
    3. 『Ⅲ』:燃えるような赤い髪を持つ女性。常人の数千倍の五感を持ち索敵の要を担う。武器がやかましい『Ⅳ』とは犬猿の仲。ヴェーイ。
    4. 『Ⅳ』:ツインテールの少女。ミサイルやマシンガン、レーザーブレードなど、神話怪人の意味を問いたくなるような武装を有する。キラッ☆
    5. 『Ⅴ』:最年長の豊満な美女。鉄腕アトラスを凌駕する怪力と、鋼鉄の身体を持つワンマンアーミー…やで。
    6. 『Ⅵ』:最も幼い外見。口から火炎熱線を吐き、地中を溶かして進む。『Ⅶ』とはいつもいっしょだニャー。
    7. 『Ⅶ』:眼鏡っ娘。身体を透明にすることができる。変身能力だとチートすぎますから。
    8. 『Ⅷ』:東洋風の外見をしている。Xライダーやネプチューンに匹敵する水中戦を可能とする。『Ⅱ』『Ⅸ』とは同期であり陸海空の攻撃の主体ですよ。
    9. 『Ⅸ』:頭の横でサイドテールにした女性。9人の切り込み隊長的な立ち位置であり、最速の機動力を有する肉弾戦型。ファイトだよ!
  5. 吸血ハーピィ
    • 美しき姿で男性を惑わさせ、首に噛みついて生き血を吸う。
    • マッハ2の飛行能力を持つ。
    • 鋭い爪と牙を持つ。
  6. 怪医アスクレピオス
    • 神話怪人軍団の主治医。
      • 元々は人体実験を行い死刑が求刑された極悪医師であったが、呪博士に助けられ、改造された。
    • 超低価格で病気やケガを治す名医のふりをして、人々に蛇の毒を注射し、GODの手下に改造しようとした。
      • 体に蛇が巻き付いている。
    • 医者の怪人なのに電気ショックに弱い。

GOD悪人軍団(仮面ライダーX)[編集 | ソースを編集]

日本モチーフ[編集 | ソースを編集]

  1. アゲハヨシツネ
    • 源義経とアゲハチョウを合成した改造人間。
    • 外見は「牛若丸」時代の水引+高下駄の上から「九郎判官」時代の鎧を着せたような感じ。背中には巨大な翅。
    • 体重を瞬間的にゼロにすることが可能(重力を操るとかではなく体重移動的なアレらしい)であり、アゲハチョウの持つ紫外線すら視認する360度の視界を有しあらゆる攻撃を躱す。もちろん空を飛ぶこともできる。
      • 攻撃力は刀のみとやや貧弱(Xライダーに傷を負わせるくらいはできる)。
    • どういうわけかジンギスカンコンドルとは仲が良かったらしい。
  2. タコベンケイ
    • 武蔵坊弁慶とミズダコを合成した改造人間。
    • かなりの巨体であり、背中から4本の腕を生やし薙刀・鎚・鉞・金棒・さすまた・槍・熊手を次々に持ち替え連撃を繰り出す。
      • 触腕は伸びるし切れてもすぐ生える。タコなので。
    • 生前から主君であったアゲハヨシツネとの息の合ったコンビネーションを得意とする。
  3. ヒジカタウルフ
    • 新撰組副長・土方歳三とオオカミを合成した改造人間。
      • 写真に残った軍服の上からダンダラ羽織を纏っている。
    • 狼の持つ俊敏性と嗅覚、持久力に加え、優れた剣技で相手を追い詰める。
      • 「俺の鼻から逃げられると思うな」が口癖。
    • また集団で狩りをする狼の怪人なので戦闘員の指揮に優れるが、少しでも規律を乱した者はその場で処刑する。
  4. ヤギュウムネノリ
    • 野牛と江戸時代の剣豪・柳生宗矩を合成した改造人間。
      • 十兵衛でもいいんだけど、宗矩の方が悪役のイメージあるし。
    • 野牛の持つすさまじいパワーと突進力に加え、柳生流の凄腕の剣技を有し、その一撃は巨岩を断ち割るほど。
    • 極めて頭の回転が速く、狡く抜け目のない性格。牛のくせに。
    • また、侍のくせに忍術を使える。
  5. カメゼニガタ
    • 銭形平次とカメを合成した改造人間。
    • 十手と銭手裏剣が武器。
    • カブト虫ルパンやガマゴエモンとは仲が悪い。
      • 逆にトカゲバイキングとは仲が良い。
    • GODを正義の組織、Xライダーを悪人だとカン違いしていた。
      • 最後どうなるかは諸君の想像に任せる。
        • 多分PS『スーパーヒーロー烈伝』(に当たるゲーム)では味方になる。
  6. ティラノブナガ
    • 安易な発想ですんません。
    • 南極の氷の中で発見されたティラノサウルスの遺伝子と織田信長を合成した改造人間。
    • 「暴君」と「魔王」の合成怪人だけあって、実力はタイガーネロ並みの強豪。
      • 口からは火炎を放ち、あらゆる物体を灰燼に帰す。
        • 「恐竜が火を吐くな!」と敬介からツッコまれた。
    • 指揮能力に優れ、戦闘員を鉄砲隊に鍛え上げた。
  7. ヒデヨシチンパンジー
    • 安易な発想ですんませんパート2。
    • チンパンジーと豊臣秀吉を合成した改造人間。
    • 知略に優れ、経済面からGODを支援した。
      • 人心掌握にたけており、巧みな話術で敵を苦しめる。
    • 武器は千成瓢箪を模した六尺棒で、孫悟空のように振り回して戦う。
      • 「中国大返し」を成し遂げた俊敏性を受け継いでいるので、攻撃を受け流すのが得意。
  8. タヌキイエヤス
    • いやもうほんとマジで安易な発想ですんませんパート3。
    • 狸と徳川家康を合成した改造人間。
    • でっぷりと太った体躯が特徴的で、腹鼓を打つ事で衝撃波を発生させる。そんな狸いるか。
    • 我慢強く、上記2名よりも防御力の面では上回る。
      • 武器は巨大なバズーカ砲。
  9. カモノヤスノリ
    • 鴨と平安時代の陰陽師・加茂保憲(安倍晴明の師匠)を合成した改造人間。
      • あまりに安易なネーミングであることについてはヤギュウムネノリと一緒に酒を交わしながら愚痴っていたらしい。
    • 飛行しながら羽根をばら撒き、その羽根から式神と称し死んでいった怪人たちを生き返らせる。
    • 元々公務員だったので根がかなり真面目。ただし悪事には手を抜かない。
    • そもそも70年代の視聴者に陰陽師なんて伝わるんだろうか…。

東洋モチーフ[編集 | ソースを編集]

  1. セキトバリョフ
    • 中国・三国時代最強の暴将呂布奉先とその愛馬である赤兎馬の死体を合成して作り上げられた、ケンタウロス型の改造人間。
    • 武器は身の丈を超える長さの奉天戟と、戦車の装甲をも貫く高性能ボウガン。狙いはコンピューターをもしのぐ精度。
    • 人間と馬の心臓、合計二つ持つため疲れ知らずであり、一日で地球を一周できるほどの機動力を有する。
    • 性格は粗野であるが卑怯な手を好まず、弱者は名前すら覚えない。
    • まさかFGOで本当にやらかすとは…。
  2. アンルマジロクザン
    • 中国唐代の奸臣・安禄山と、アルマジロを合成した改造人間。駄洒落って言うな。
    • 外見はブクブクに太った中国武将、といった感じ。鎧はアルマジロを模している。
      • しかし極めて俊敏であり、前身を丸めることで体当たりするよくあるアルマジロ怪人の能力に加え、当たると爆発する蹴鞠を自在に操る。
    • 普段は人気のお笑いタレントに化けている。
      • 各国要人を会場に招き、一気に爆弾で殺害しようという作戦を建てた。
    • 生前故にムカデヨウキヒからは不俱戴天の仇と恨まれており、名前を聞いただけで「国忠様の仇!」と殺しかねないほど激怒していたらしい。

西洋モチーフ[編集 | ソースを編集]

  1. リクガメラスプーチン
    • ロシアの怪僧グレゴリー・ラスプーチンとリクガメを合成した改造人間。
    • 毒を盛られ銃で撃たれ燭台で頭を殴られても生きていたとされるラスプーチンの持つ凄まじい生への執念を宿しており、GODの中で最も頑丈な五体を有する。
    • 催眠術の使い手で、市民を操り暴動を起こさせようとした。
  2. ジャック・ザ・ウィーゼル
    • イギリスの伝説的な連続殺人犯<切り裂きジャック>とイタチを合成した改造人間。
    • 全身からおびただしい数の鎌が突き出しており、霞が関ビルの屋上まで飛び上がる程の跳躍力を有している。
      • 両腕をクロスさせて振り抜くことで鉄塔をも両断する巨大な鎌鼬を発生させる。
    • GODを文字通り「神」として狂信的に崇拝している。
      • 大の女性嫌い。
  3. ハンマーキッドシャーク
    • スコットランドの海賊ウィリアム・キャプテンキッドとシュモクザメを合成させた改造人間。
    • 外見は海賊の頭部に巨大なハンマー型の顔を付けたような姿。右腕がハンマーになっている。右腰には巨大な拳銃を提げている。
      • 頭部のハンマーは高性能なレーダーであるが、それ故に電磁波を忌み嫌う。舞台が70年代でよかったね。
    • 非常に短気かつ粗暴であり、その辺にあったバケツで部下の戦闘員を殴り殺したこともある。
  4. エリザベートカマキュリー
    • ハンガリーの猟奇殺人犯エリザベート・バートリー伯爵夫人とカマキリを合成した改造人間。
    • 顔の右半分がカマキリの首あたりから突き出し、残る半分がアイアンメイデンのような仮面で覆われている。服は真っ赤なドレスだが四本の脚がコルセットのように腹に絡みつき、右腕が巨大な鎌になっているので不気味を通り越して滑稽な姿。
      • 美意識が高すぎるため、常日頃から「このような姿で生まれたくなかった」と嘆いている。
    • 血を浴びれば浴びるほど力の増す体質であり、右手の鎌はチタン合金すら一振りで切り裂く。
  5. コンモドゥスドラゴン
    • ローマ17代皇帝コンモドゥス帝と、コモドドラゴンを合成した改造人間。その通り、駄洒落だ。
      • 何? トカゲバイキングと被ってる? あれはトカゲとしか言われてないからセーフ!
    • グラディエーター風の外見をした巨漢怪人で、怪力を有する。
      • 毒を盛られても平気だったコンモドゥス帝の生命力と、コモドドラゴンの持つ毒を合わせ、口から毒ガスを放つ。
    • 短気かつ自意識過剰で警戒心が強い。
      • 「トカゲ」と言われるのを極端に嫌い、「俺様はドラゴンだ!」と威張る。
  6. オルカコロンブス
    • シャチと冒険家クリストファー・コロンブスを合成した改造人間。
    • 人々を攫って強制労働させRS装置を作らせようとした。
    • 一人称は「吾輩」で傲慢な物言い。自らを「冒険王」と名乗り、「海賊」呼ばわりされると憤慨する。
    • 巨大な脳を持つシャチの怪人だけあって頭の回転が速く、発想が非常に柔軟。

獣人(仮面ライダーアマゾン)[編集 | ソースを編集]

  1. サソリ獣人
    • ゲドン残党の名古屋美里(獣人ヘビトンボの回でアンチゲドンのふりをしてた赤ジューシャの人)がガランダーに拉致され改造された獣人。巨大なハサミと鉄をも貫く鞭のような長い尾で攻撃する。砂中での高速移動が得意。
    • 尾の毒は麻痺毒、強酸、即死性などに変換できる。
    • 元の絶世の美女(提案者主観)の姿に化け暗躍する。ゲドンのトゲアリ獣人同様人間だった頃の肉体を有している(赤ジューシャが人間なのかどうかは微妙だが)
  2. 獣人アルマジロ
    • ミツユビアルマジロ型の獣人。
    • 体を丸めて突撃するほか、穴掘りも得意(モグラ獣人よりは劣る)。
  3. ゴリラ獣人
    • 怪力を有するゴリラ型の獣人。
    • 長い鎖を全身に巻き付けている。
      • 上記獣人アルマジロに鎖をつないで振り回すことで周囲を破壊しつくす。

デルザー軍団(仮面ライダーストロンガー)[編集 | ソースを編集]

  1. 伯爵ノスフェラトゥ
    • 蝙蝠を模した改造魔人。かの吸血鬼ドラキュラの子孫である。
      • 狼長官、隊長ブランクとは幼馴染だったらしい。
    • 美女の生き血を何より好む慇懃無礼極まりない性格で、たとえどれだけ慌てふためこうが決して敬語は崩さない。
    • 指パッチンすることで特殊な音波を発生させ、物体を爆砕する能力を持つ。
      • 常に携えているステッキの中に銃とサーベルを仕込んでいる。
  2. キャプテンローレライ
    • 人魚を模した改造魔人。
    • 流石に人魚型ではなく、外見は女海賊を思わせる風体。
      • 手下の戦闘員も海賊風。
    • 水を自在に操る力を持ち、歌声で相手を洗脳する。音痴と言われると逆上する。
      • 自らの声をTV回線を通して世界中に流し、人々を暴徒化させて仮面ライダーを襲わせようとした。

ネオショッカー(スカイライダー)[編集 | ソースを編集]

  1. カブトジン
    • カブトムシの能力を持った怪人。素体はデコトラの運転手。
    • 鋼鉄を砕く程の威力を持つ角が武器で更に凄まじい怪力の持ち主でもある。
  2. ヤンマジン
    • 対スカイライダー用に考案されたギンヤンマ型改造人間。
    • トンボの怪人なのでスカイライダーと同様に飛翔し、高速で相手を切り刻む。
      • ただし体を軽量化したため、ナイフによる切り裂き以外の火力は低く、防御力に難あり。
    • プライドが非常に高い。

ドグマ王国(仮面ライダースーパー1)[編集 | ソースを編集]

  1. シャコスタ
    • モンハナシャコをモデルとしたドグマ怪人。
    • 古今東西のあらゆる格闘技を覚えているというか、格闘技以外の知識を何も持たない、純粋なヒットマンとして育成された怪人。
      • そのため片言でしかしゃべれないほどのバカ。
    • そのパンチ力はスーパーハンドに匹敵し、本気を出せばパワーハンドとすら渡り合える。
    • 更にシャコの怪人のため視力がずば抜けてよく、300m先のビー玉を目視できる。

ジンドグマ(仮面ライダースーパー1)[編集 | ソースを編集]

  1. テルデンワー
    • 固定電話型の怪人。
    • 日本中の電話線から催眠音波を出して、電話に出た相手を洗脳させようと目論んだ。
    • 受話器部分は巨大な棍棒になっていて振り回すだけでダメージがあるほか、音波砲にもなる。
      • 当然ながらコードでスーパー1を締め上げた。
    • 人間態から変身するときは電話ボックスに駆け込む(笑)。
  2. ノコギルデス
    • 鋸型の怪人。
      • 頭部がモヒカンのような西洋鋸、腹部と両足がチェーンソー、左腕が丸鋸、両腕の籠手がノコギリ刃になっている。
      • 右手からは糸鋸を放つ。
    • ビルの柱を切り倒してドミノ倒しのように制御解体し、都市を破壊して大量殺人を目論もうとした。
    • 実験と称して高速道路や新幹線、ガスタンクなどの脚を切り落とす凶行に出た。
    • 喋る際には「ソーだ、その通り」「ノコらず片づけてやる」などと一々まだるっこしい喋り方をする。
  3. マグナロク
    • 拳銃型の怪人。
    • 頭部がリボルバー弾奏、右腕が銃身になっている。
      • 砲弾ほどもあるサイズの銃弾をベルトに入れて片掛けしている。
    • 凄まじい破壊力を持つ銃撃が得意だが、ニヒルを気取っており一々キザったらしい。
      • 喋る前には必ず「フッ」と鼻で笑い、妖怪王女を「レディ」、魔女参謀を「マダム」と呼んで馴れ馴れしく接する。

バダン(仮面ライダーZX)[編集 | ソースを編集]

  1. ドラゴロイド
    • 上半身がドラゴン型をしたUFOサイボーグ。
      • 改造ベースは、銀河王軍のサドンダスとドグマのヤッタラダマス。
    • ZXやタイガーロイドと並ぶ幹部候補生の一人で、巨大な翼による飛行、爪からのロケット弾、口からのプラズマジェットなど非常に高い戦闘力を有する。
  2. カメロイド
    • 亀のUFOサイボーグ。
      • 勿論、体を甲羅の中に引っ込めて空を飛べる(笑)
    • 改造ベースはショッカーのカメストーンとデストロンのカメバズーカ。
    • 甲羅内部にはガトリングやミサイルなどを装備しており、鉄腕アトムのノース2号のように切り替えて攻撃する。
  3. コブラロイド
    • コブラのUFOサイボーグ。
      • 改造ベースはショッカーの改造コブラ男とデストロンのマシンガンスネーク。
    • 右腕が鞭、左腕がマシンガンになっていて、口から可燃性の猛毒を吐く。
    • 全身が極めて柔軟であり、締め技が得意。
  4. イカロイド
    • イカのUFOサイボーグ。
      • 改造ベースはイカデビル…にしたかったそうだが暗闇大使の反対によりデストロンのイカファイアとブラックサタンの奇っ械人エレキイカとなった。
    • ZXに対抗し、隠れ身の術、煙幕の術、壁登りの術などの烏賊様流忍術を用いる。
  5. サイロイド
    • サイのUFOサイボーグ。
      • 改造ベースはデストロン最強候補と言われるサイタンクとネオショッカーのサイダンプ。紛らわしい。
    • 暗闇大使が自信作と豪語する強豪で、全身が極めて強固であり、その突撃は戦車をも破壊するという。
      • 勿論角はドリルになってダイヤモンドにも穴を開ける。
  6. ウルフロイド
    • オオカミのUFOサイボーグ。
      • 改造ベースはデストロンのユキオオカミとブラックサタンの奇械人オオカミン。
    • かつてテラーマクロに献上されるはずだった名刀(と、本人は思い込んでいるが実はバダンが再現したレプリカ)を巧みに操る。
    • 極低温の冷凍ガスを吐き、相手を凍らせる力を持つ。
    • 狼長官を尊敬しているらしい。
  7. アルマジロイド
    • アルマジロのUFOサイボーグ。
      • 名前が安易だと言われると怒る。
      • 改造ベースはショッカーのアルマジロングとデストロンのナイフアルマジロ。
    • 全身がミサイルも跳ね返すほど頑丈な装甲で覆われており、回転を活かした拳法で戦う。
  8. フクロイド
    • フクロウのUFOサイボーグ。
      • フクロウロイドとかオウルロイドとかミミズクロイドとかしょっちゅう名前を間違われて呼ばれ、「フクロイドです」とキレ気味で訂正する。
      • 改造ベースはショッカーのフクロウ男とガランダー帝国のフクロウ獣人。
    • 一切音を立てずに飛翔する暗殺改造人間で、360度全方位の視覚情報を瞬時に把握、相手を鋭い爪で仕留める。
    • フクロウの改造人間だけあって冷静沈着な性格。
  9. サソロイド
    • いそうでいなかったサソリのUFOサイボーグ。
      • 改造ベースはショッカーのさそり男とGODのサソリジェロニモ。
    • 伸縮自在の尻尾と、その先から発射する溶解液で敵を攻撃する。
    • 鋏による攻撃も出来るが、威力はカニロイドより劣る。
  10. クラゲロイド
    • クラゲのUFOサイボーグ。
      • UFOサイボーグなだけあって飛行できる。クラゲのくせに。
      • 改造ベースはブラックサタンのクラゲ奇械人とネオショッカーのクラゲロン。
    • 全身がぶよぶよの軟体であり、体中に猛毒の刺胞を有する。
      • 凄まじい再生能力を持っているらしい。

ゴルゴム(仮面ライダーBLACK)[編集 | ソースを編集]

  1. クラゲ怪人
    • 様々なクラゲの能力を持つ怪人。性別は無く、女性のハスキーボイスのような掠れた声を出す。
    • ザンバラ髪のような触手を伸ばし、相手に絡みつかせて猛毒を注射する。触手はいくら千切ってもすぐに再生する。
    • 極めて乾燥に弱いのでBLACKのキングストーンフラッシュを大の苦手とする。
  2. カタツムリ怪人
    • 両手の刃を武器にする。
    • 弱点は貝、割られると萎む。
  3. カ怪人
    • 人間の生き血を吸う。
    • 瞬間移動を持つ。
      • 血を一度でも吸った人間の居場所にワープできる。
  4. サンゴ怪人
    • 体中が枝珊瑚で覆われている怪人。
    • 口から吐く毒ガスを吸った生物は一瞬のうちに体が石灰化し、そのまま美しい珊瑚になってしまう。
      • この毒ガスで美女を攫って珊瑚像にしてゴルゴム神殿に飾ろうとしていた。
        • 「きさまの所業、許゛ざん゛」と光太郎から詰られると、「何を言うか。永遠に老いることも病むことも無い美しさを与えてやったのだぞ」と開き直る。
    • サンゴの怪人なので低温が苦手。

関連項目[編集 | ソースを編集]