勝手に鉄道車両購入・譲渡/私鉄

提供:chakuwiki

勝手に鉄道車両購入・譲渡 > 私鉄

鉄道車両の購入や譲渡はこちらでどうぞ。

  • 新規追加は車両形式が若い順にお願いします。

東武鉄道[編集 | ソースを編集]

6050系→○○[編集 | ソースを編集]

秩父鉄道9000系[編集 | ソースを編集]

  1. 急行「秩父路」指定席車設定のため譲渡。
    • 同時に東武の豪華特急「TOJOゆのそら」設定のため、その接続電車のためでもある。
    • 譲渡と同時に大改造実施。
  2. 元西武新101系の6000系と併結可能にする。
    • 5両編成で運用し、三峰口寄りに連結。
  3. 三峰口寄り車両の車内は展望車、羽生側の車両は一般車とする。
    • 展望席車は指定席券を持っている乗客のみ利用できる。
  4. 一般車車内は回転リクライニングシートとし、デッキとの仕切り扉も設置する。
    • 連結面寄りのドアを閉鎖する。
  5. 展望席車は連結面寄りのドアを閉鎖、運転席寄りのドアに柵を設置(要するに乗降ドア廃止)、自然の風を味わえるスペースとする。
    • 座席は窓向きのベンチとする。(一部、ボックスシートを残す。)
    • 便所の車いす対応化。(さすがに指定席車のため、便所閉鎖という訳にはいかない)
  6. 駅では基本的に三峰口寄りの1両はホームからはみ出して停車する。(該当車両には乗降ドアがない)
    • 交換駅の5両対応化を実施する。

8000系→○○[編集 | ソースを編集]

静岡鉄道1000系[編集 | ソースを編集]

  1. 野田線でお役御免になった8000系を静鉄に譲渡。JRとの乗り換えがスムーズにできる路線に改善させる。
  2. ワンマン運転対応化。

大井川鐡道8000系[編集 | ソースを編集]

  1. 同じく野田線でお役御免になった8000系を大井川鐡道本線(金谷~千頭間)に譲渡。
  2. 廃車になった元京阪3000系の代替と増発を目的にする。
  3. 東武仕様のドアチャイム設置。
  4. ワンマン対応化
  5. 塗装は東武時代のものを維持。

近江鉄道1000系[編集 | ソースを編集]

  1. 同じく野田線でお役御免になった8000系を近江鉄道に譲渡
  2. ワンマン運転対応化。ドアチャイムは東武仕様に。
  3. こちらも塗装は東武時代のものを維持。

30000系→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄30000系[編集 | ソースを編集]

  1. 東武の50050系でお役御免になった30000系を長野電鉄に譲渡
    • 3500系・3600系、ついに大ピンチ
  2. ワンマン運転対応化
  3. 中間車の一部も先頭車に改造。

秩父鉄道8000系[編集 | ソースを編集]

  1. 上記同様東武から30000系を譲り受ける
  2. 車両番号は書き換え
  3. 中間車両一部は先頭車に改造
  4. ワンマン運転対応化
  5. 座席の一部はクロスシート化
  6. トイレ設置

50000系→○○[編集 | ソースを編集]

青い森鉄道青い森50000系[編集 | ソースを編集]

  • 20XX年に何らかの理由で運用離脱となった東武50000系の50001Fを青い森が購入。
  • 交流電車に改造
  • ワンマン運転対応。運賃箱・LCD式運賃表示機も新たに設置。
  • ドア上のLED表示機は、沿線の観光案内のみを流すようになった。。

西武鉄道[編集 | ソースを編集]

新2000系→○○[編集 | ソースを編集]

近江鉄道1000系[編集 | ソースを編集]

  • 500系の置き換え目的
  • ワンマン改造
  • 車内はLED表示機を設置以外ほぼ原形
  • ドアチャイムも設置(30000系などと同じ)

三岐鉄道2063系 元西武2063F[編集 | ソースを編集]

  • ワンマン改造 3両編成化
  • 車内は西武新2000系更新車と変わらず。
  • 外観も西武新2000系更新車と変わらず。

3000系→○○[編集 | ソースを編集]

しなの鉄道3000系[編集 | ソースを編集]

  • 115系非リニューアル車の一部を置き換えるために購入
  • 座席は車端部を除いて転換クロスシートに改造。

富士急行7000系[編集 | ソースを編集]

  • 5000系を置き換えるために西武から購入。
  • 二代目トーマスランド号になる。
  • 座席は転換クロスシートに改造。

大井川鉄道3000系(二代目)[編集 | ソースを編集]

  • 老朽化で廃車になった3000系(元京阪車)の代替に西武から購入。
  • 塗装は登場時の黄色とベージュのツートンカラー。

JR西日本3000系[編集 | ソースを編集]

  • 8両や6両の固定編成が活かせる黄色い路線……ということで岡山地区や広島地区の山陽本線向けに西武が譲渡。
  • とりあえず113系や115系、117系の置き換え用に。
    • 体質改善車は対象外。

4000系→○○[編集 | ソースを編集]

秩父鉄道4000系[編集 | ソースを編集]

  • 西武池袋・西武秩父線から秩父鉄道への片直通から相互直通へ変更するため、1本譲渡。
    • 考え方としては東武6050系野岩鉄道・会津鉄道車と同じ。
  • 運用は今まで通り西武4000系と共通。
    • ただし、急行秩父路代走あり。
  • 便所を車椅子対応化。
  • 外装は塗装のみ変更。

6000系→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄6000系、6050系、7000系[編集 | ソースを編集]

  • 元東急8500系置き換え用
  • 1編成10両から3編成3両に組み替える。
    • 2M1Tとする。
      • サハ6700は廃車
    • クハ6100-モハ6200-モハ6300で1編成、サハ6400-モハ6500-モハ6600で1編成、モハ6800-モハ6900-クハ6100は方転したうえで1編成とする。
  • モハ6300、サハ6400、モハ6600、モハ6800は先頭車化。
  • 最初に譲渡する編成はGTO-VVVFのままだが、のちに譲渡する編成はIGBT-VVVFとする。
  • ステンレス車GTO-VVVF編成は6000系、ステンレス車IGBT-VVVF編成は6050系、アルミ車(IGBT-VVVF編成のみ)は7000系とする。
    • 既にVVVFが改造された6157Fは東芝IGBT-VVVF(PMSM)で譲渡、その他のIGBT-VVVF化改造編成は東洋IGBT-VVVFに改造
      • 地方私鉄で日立製のVVVFに改造された編成が存在しないため。
  • 抑速ブレーキ設置。

東京急行電鉄[編集 | ソースを編集]

1000系→○○[編集 | ソースを編集]

京成3800形[編集 | ソースを編集]

  • 日比谷線直通廃止で余剰となる東急1000系は、まだ新しく廃車はとてももったいないということで、京成が3500形置き換え用として購入。

京成に入線するによって、以下の改造がされた。

  • 保安装置・アンテナの改造
  • 台車を1435mm幅のモノリンク式ボルスタ付台車に交換。
  • 車体カラーを3700形に合わせた配色に変更。
  • 京急線乗り入れのために両端先頭車を中間の4、5号車の床下機器を使って電装化。
  • アクセス特急やエアポート快特運用にも就けるよう、設計最高速度を東急時代の120km/hから130km/hに向上。
  • 行先表示機をフルカラーLEDに交換。
  • 車内については座席モケットを紫色に交換し、各ドア上部にLCDを1台設置した。

編成表 左が成田空港方

  • デハ3800-1-デハ3800-2-デハ3800-3-サハ3800-4-サハ3800-5-デハ3800-6-デハ3800-7-デハ3800-8

静岡鉄道2000系[編集 | ソースを編集]

  • 老朽化した静鉄1000系電車は東急7200系をベースとしており、その縁で7200系の後継・東急1000系を導入することにした。
  • 改造方法は伊賀鉄道や上田電鉄とほぼ同じ。
    • ワンマン機器増設(運賃収受機器は無し)、運転台増設など。
  • 伊賀鉄道に譲渡された同系に施された松本零士の派手なラッピングに対抗して、さくらももこデザインのラッピング車両も登場。
  • 都会の電車をアピールするため、広告や方向幕はできるだけ東急時代のものを残す。
    • さくらももこラッピング車両以外は東急時代と同じ赤帯。
    • 「六本木や田園調布、ヨコハマを駆け抜けた車両がやってきた」と静岡人の誇りがまた増えることに。

3000系(2代目)→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄30000系[編集 | ソースを編集]

  1. 東急から3000系(2代目)を購入。3両化、編成は長野寄りから元クハ3000形、デハ3400形、クハ3100形。1M2Tだが、モーターを強化型に交換したので加速度が3.5Km/h/s。なんと車内のLED案内表示機をLCDモニターに交換。
  2. 申し訳ないが、ここで長野電鉄30000系はもう使われておる!
    • すみません。改めて長野電鉄35000系に形式名変更します。

伊豆急行10000系[編集 | ソースを編集]

  1. 加速の遅い8000系の置き換え用。起動加速度は3.3km/h/sのまま。車内のロングシートを車端部を除きすべて固定クロスシートに交換。帯は8000系と同じ。半自動ドアを設置。

5000系(2代)→○○[編集 | ソースを編集]

IGRいわて銀河鉄道IGR8000系[編集 | ソースを編集]

  • 20XX年に何らかの理由で運用離脱となった東急5000系(2代)の5001FをIGRが購入。
  • 交流電車に改造
  • ワンマン運転対応。運賃箱も新たに設置。
  • 運賃表示はドア上のLCDで確認することになる。

8500系→○○[編集 | ソースを編集]

鹿島臨海鉄道8000形[編集 | ソースを編集]

  1. 東急から8500系を譲り受け、電動装置やパンタグラフ等を取り除いて気動車に改造
  2. 車両番号は百の位以降は書き換え
  3. 中間車の一部も先頭車に改造
  4. ワンマン運転対応化
  5. 座席の一部はクロスシート化

伊豆箱根鉄道1500系[編集 | ソースを編集]

  • 駿豆線用7000系置き換え目的のため東急から譲受後、改造
    • 一部中間車両も先頭車に改造
  • 将来的にJRとの相互乗り入れを想定して、JR東海乗り入れ対応機器を搭載
  • パンタグラフはシングルアーム式に変更
  • 車内は1100系・1300系同様、オールロングシート
  • 3色LED搭載であった車両の行先表示機はフルカラーLEDに変更
    • もともとフルカラーLEDの車両はそのまま
  • ドア上には9000系より少し小さめのLCDを1基ずつ新設
  • 都営タイプのドアチャイムを新設

伊豆急行8500系[編集 | ソースを編集]

  • 熱海~伊豆急下田間の列車増発に伴い、伊豆急8000系(元東急8000系)と共同運用するために譲渡。
  • 伊豆急8000系と同様の改造(リニューアル)を実施。

伊豆急行8800系[編集 | ソースを編集]

  1. 上記の8500系と似ているが、混雑時に対応するためこちらはオールロングシートのまま譲渡
  2. オールロングシート以外は上記と同じく8000系に準じた車内となる。
    • 便所設置・案内表示機設置などの改造をする。
      • 案内表示器は8000系のものではなく、17インチワイドサイズ(16:9)のLCDに変更
    • ドアスイッチを設置、長時間停車時は車内保温対策のために使用する。
      • 8000系連結時はドアスイッチではなく、3/4ドアカット機構を使用する。
  3. 3編成のみ譲渡の上、改造

9000系→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄9000系[編集 | ソースを編集]

  • 副都心線対応改造が困難な東急9000系を譲渡
  • 3500・3600系置き換え目的
  • 色は東急時代と変化なし
  • 3両編成および2両編成化。2両編成は50番台を名乗り、基本的に屋代線での運用が多い。

編成図 左が長野方

  • 3両:クハ9100-デハ9200-デハ9300 (東急時代の車体番号:クハ9000・デハ9200・デハ9300)
  • 2両:クハ9150-デハ9250 (東急時代の車体番号:クハ9000・デハ9300)

長野電鉄に入線のうえ、こんな改造をした

  • 信州中野寄りのデハ9300・デハ9250形は、東急時代のデハ9300形の先頭車化改造車。前面形状は元から先頭車の車両と同じ。
  • シングルアームパンタ化
  • 行先表示機をフルカラーLED化
  • 制御装置をGTO-VVVFインバータ制御からIGBT-VVVFインバター制御(日立製)に更新
  • 車内のリニューアル
    • 床材を東急7000系(2代)と同等のものに張り替え。
    • LCDモニターを各ドア上部に1基設置。
    • 座席のバケット化、模様を東急7000系(2代)と同じものに交換。
    • ドア・貫通扉に化粧版設置。
    • 長電にはもったないかもwwwww

秩父鉄道新1000系[編集 | ソースを編集]

  • 元都営6000系の5000系と元国鉄101系の1000系置き換え用として東急9000系を購入
  • 色は7000系と同じ色に変更
  • ワンマン改造、およびドア開閉ボタン設置、車内LED、ドアチャイムの設置
    • 車外スピーカーは元からついてますよ。車内LEDとドアチャイムは更新ってことか。
    • 情報サンクス。車内LEDとドアチャイムは7000系と同じものに更新ということで。
  • 三峰口・羽生方先頭車を電動車化。
  • これにより、8090系の購入は中止。
  • 制御装置はそのまま。秩父鉄道初のVVVF車。
    • そのままで平気か?IGBT素子に変装した方がいい気が。
  • 行き先表示機は7000系と同じタイプに変更。
  • パンタグラフはひし形のまま。
  • 中間車両の座席はクロスシート化、両先頭車の座席はロングシートのまま。

伊豆急行9500系[編集 | ソースを編集]

  • 田園都市線8500系と共に、列車増発用として譲渡。
  • 伊豆急8000系(元東急8000系)と同様のリニューアルを実施。車両座席の片側をクロスシートに変更。
  • 車端部の対面式シートはそのままにする。
  • ロングシート部分に袖仕切りを設置。

南海5000系[編集 | ソースを編集]

  • 老朽化した南海線の7000・7100系の置き換え用として譲渡。
  • 基本的に改造前のまま使用するが、VVVF制御装置はIGBT式のものに取り替え、抑速ブレーキを新設する。
  • 編成は4両あるいは6両固定編成。

京成電鉄[編集 | ソースを編集]

AE100系→○○[編集 | ソースを編集]

秩父鉄道10000系[編集 | ソースを編集]

  1. 京成AE100形を購入。6000系置き換えの目的&特急化
  2. 狭軌対応に改造。

京王帝都100系[編集 | ソースを編集]

  1. 高尾山への観光特急用に2編成(地下鉄へは乗り入れない)
  2. 馬車軌対応n(ry

阪神電鉄10000系[編集 | ソースを編集]

  1. 近鉄との直通運転が始まり、近鉄はそれなりに格式のある特急電車を持っているにもかかわらず阪神は持ってない。それでは顔が立たない。
    • 一方の京成は新AE導入により一部お役御免となったAE100形の処遇を悩んでいたところ両者の思惑が一致。
  2. 軌間も一緒で、貫通扉もあり、建築限界的にも特に問題はないということで導入となる。
  3. 基本的には保安装置の交換等の最低限の改造を受け、低コストで導入に成功する。

近鉄25000系[編集 | ソースを編集]

  1. 阪神・山陽乗り入れ用団体専用車両。
    • 山陽電鉄線の車両限界が近鉄20m車の乗り入れに対応していないため、余剰となった京成AE100形を購入。
  2. 車内は京成時代をベースに液晶モニターの設置など団体運用を考慮して最小限の改造を行う。
  3. 編成は6連に短縮。
  4. 塗装は20100系初代「あおぞら」を復刻。

富山地方鉄道13040形[編集 | ソースを編集]

  1. 京成AE100形の車体を購入。10030形の置き換え。
  2. 台車は東急8500系の廃車発生品に交換。
  3. 先頭電動車化を行う。
  4. VVVFインバーターは新品に取り換え。

3600形→○○[編集 | ソースを編集]

高松琴平電気鉄道3600形[編集 | ソースを編集]

  1. 元京急1000形(1080形)の置き換え用。
  2. 2両編成化。
  3. 先頭車を電動化、中間車は先頭車化改造、もしくは部品取り。
    • VVVF化は必至。よってことでん初のVVVF車となる。
  4. 琴平線用。
  5. 塗装は下側は琴平線のラインカラーである黄色のラインが引かれる。上部はクリーム色。

京浜急行電鉄[編集 | ソースを編集]

1500形→〇〇[編集 | ソースを編集]

高松琴平電気鉄道1400形[編集 | ソースを編集]

  • 1070形(旧京急二代目600形)と1080形(旧京急初代1000形の初期型)の置き換え用に導入。
  • 大師線を中心に運用されている、初期に製造された界磁チョッパ制御車を2両編成に減車して導入。
    • 数が足りないので一部は中間車を先頭車改造して導入。
  • 塗装変更や幕の交換等の最低限の改造以外は原型のまま。

2000形→○○[編集 | ソースを編集]

京成電鉄(新)3300形[編集 | ソースを編集]

  • 3400形の代替車として導入。
  • 上野~成田空港間の特急・快速特急専用(車両のグレードアップ実現)。
  • 【重要】京急→京成1000形(初代)の実績有り。それを利用する

2100形→○○[編集 | ソースを編集]

東武鉄道21000系[編集 | ソースを編集]

  • 日比谷線直通ライナー用に購入。
  • 狭軌台車に履き替えと塗装変更以外は原型のまま投入。
  • 主に秋葉原-南栗橋間の「ISライナー」に使われる。

山陽電気鉄道2100系[編集 | ソースを編集]

  • 直通特急用に購入。
  • 塗装変更以外は原型のまま投入。
  • 車体尺が短いため「はずれ特急」と呼ばれる。

小田急電鉄[編集 | ソースを編集]

1000形、2000形→○○[編集 | ソースを編集]

伊豆急行2100系、2000系[編集 | ソースを編集]

  • 使い勝手の悪い1000形のワイドドア車と8連、2000形を現行車両置き換えとして導入。
  • 海側にボックスシート搭載。
  • 車イス対応トイレ、半自動ドアを設置。
  • 帯の色は8000系と同じ塗り分けに変更。

東武1000系[編集 | ソースを編集]

  • 増備の止まってしまった60000系の補填として野田線8000系置き換え用に購入。
  • 多少座席定員は減るもののワイドドア車6連を購入して編成組み換えを省く。

7000形→○○[編集 | ソースを編集]

秩父鉄道7000形[編集 | ソースを編集]

  • やたらに叩かれている6000系を一般車に格下げの上、後継車両として導入。
  • 現在残っている2編成を双方とも4両連接に縮める。
  • 急行「秩父路」の運用を主任務とするが、東武や西武と折り合いをつけて寄居や飯能まで乗り入れさせると面白い。

20000形→○○[編集 | ソースを編集]

伊豆急行21000系[編集 | ソースを編集]

  • 2100系「リゾート21」の置き換え用として二編成購入。
  • 一編成は黒船塗装、もう一編成はアルファ・リゾート21と同じ塗装。
  • 愛称は「ニュー・リゾート21」。
  • 3・4号車は「ニュー・ロイヤルボックス」となる。JR線内はグリーン車なのは変わらず。

営団地下鉄・東京メトロ[編集 | ソースを編集]

2000形→○○[編集 | ソースを編集]

広島電鉄1200形[編集 | ソースを編集]

  • 宮島線の直通計画中止による高床車復活のため購入。
  • もちろんパンタグラフ化される。

8000系→○○[編集 | ソースを編集]

伊豆急行9000系[編集 | ソースを編集]

  1. 東京メトロから半蔵門線の8000系を譲り受ける。
  2. 中間車両の一部は先頭車に改造
  3. 車両番号も新たに振りなおされる
  4. トイレを設置
  5. 海側の一部座席はクロスシート化
  6. 自動放送装置は伊豆急の8000系(元東急8000系)と同じものに付け替え
    • ドアチャイムも伊豆急8000系と同じ
  7. ドア上部と天井に車内案内の液晶モニタを設置
  8. ワンマン運転対応化
  9. 1・2次車の爆弾ドアは健在

東京都交通局[編集 | ソースを編集]

5300形→○○[編集 | ソースを編集]

北総7700形[編集 | ソースを編集]

  • 7260形・9000形の置き換え用に導入。
  • 最高速度を120km/hに引き上げ。
  • 塗装は黒の部分を青に、赤の部分を水色に変更。

豊橋鉄道5300形[編集 | ソースを編集]

  • 1800系(元東急7200系)の置き換え用。
  • 3両編成に短縮。1両は電装解除。
  • 台車は静岡鉄道A3000形と同じものに乗せ換え。
  • 「渥美線カラフルトレイン」のカラーパターンを継承。

7700形→○○[編集 | ソースを編集]

広島電鉄7700形[編集 | ソースを編集]

  • 市内線用に導入。
  • ステップ新設改造。
    • 豊橋鉄道モ3500形とほぼ同じ外観になる。
  • 台車を軌間1435mmに対応改造。
    • 長崎電気軌道700形で実績あり。

横浜市交通局[編集 | ソースを編集]

3000A形→○○[編集 | ソースを編集]

高松琴平電気鉄道3000A形[編集 | ソースを編集]

  • 元京急車両置き換えのために購入。
    • 購入にあたって屋根の補修などを実施。Tc車のMc化、パンタグラフ取り付けも実施。
  • 琴平線か長尾線用になりそう。
  • 琴電初のVVVF車となる。

名古屋鉄道[編集 | ソースを編集]

1000系→○○[編集 | ソースを編集]

伊豆急行3000系[編集 | ソースを編集]

  1. リゾート21置き換え用として導入
    • 置き換え用種車は4、5次車とする。
  2. 愛称は名鉄時代の名称を活かして「リゾートパノラマSuper」とする。
  3. 4両2編成を7両1編成に組み換え
    • 中間に組み込まれる元先頭車は展望席部を撤去した上で接合する。
  4. 便所の車椅子対応化
  5. 足回りは名鉄側で5000系に供出したため、ボルスタレス台車、VVVF制御を採用。
  6. 空気ブレーキは電気指令式に変更、抑速ブレーキを設置。
    • こちらも名鉄側で5000系に供出したため。
  7. ミュージックホーンはそのまま残置する。
  8. 乗降扉は折戸式から片開き式に改造する。
  9. 海側の窓を大型化する。
  10. 普通列車用になるため海側座席の窓向きロングシート化、山側座席の転換クロスシート化を行う。

5300系→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄5000系[編集 | ソースを編集]

  1. 2扉転換クロスシート車であることから、快速用として投入
  2. クロスシートを取り替える。
  3. 3両編成に縮小
    • モ5400のパンタグラフを撤去、電装解除。
      • その他の車両はVVVF化
        • 3300系と同様のものを採用
    • 抜かれたモ5450は1両だけ5309Fに組み込むが、あとは廃車。
  4. モ5350と5309Fに組み込まれたモ5450は2パンタ化。
    • シングルアーム式パンタグラフに取り替え、片方は霜取り対応。
  5. 抑速ブレーキ設置
  6. 空気ブレーキの電気指令式化。
  7. 編成表(5700系からの改造車も含む)←長野
    • Mc5000(モ5300/ク5600)-M5050(モ5350(5309Fのみモ5450)/モ5750)-Tc5100(モ5400/ク5800)

5700系→○○[編集 | ソースを編集]

長野電鉄5000系[編集 | ソースを編集]

  1. 2扉転換クロスシート車であることから、快速用として投入
  2. モ5850を脱車して廃車。
    • 残りはVVVF化、ク5700を電装化。
      • 台車はモ5850から流用。
  3. モ5750を2パンタ化。
  4. あとは5300系からの改造車と同じ。
    • 5000系を名乗っているのは改造後、形式区別ができなくなるため。

6750系→○○[編集 | ソースを編集]

能勢電鉄2000系[編集 | ソースを編集]

  1. 名鉄から瀬戸線用6750系を譲り受け、老朽化した1500系及び1700系の代替とする。
    • 名鉄6750系の車体は1986~1991年製造で比較的新しいため。
  2. 名鉄6750系からは車体とSIV・CPを流用。
    • 車体は阪急マルーンに塗り替えた上、車内を7000系更新車などと同等に改装する。
  3. 台車は廃車となった阪急6300系のものを流用、ブレーキ装置は電気指令式とする。
  4. 主電動機と制御装置はVVVFの新品を搭載。
  5. 車内には液晶式の案内装置を取り付け。

東濃鉄道モハ300系[編集 | ソースを編集]

  1. 塗装をマルーン+クリームのツートンに塗り替え
  2. パンタグラフを低屋根化
    1. 基本編成
      • ←土岐方面 モハ300+モハ310 東駄知/新多治見・尾張瀬戸方面→
      • ←土岐方面 モハ300+サハ320+モハ310 東駄知/新多治見・尾張瀬戸方面→
      • ←土岐方面 モハ300+サハ330+サハ320+モハ310 東駄知/新多治見・尾張瀬戸方面→

南海電気鉄道[編集 | ソースを編集]

10000系・7000系・7100系[編集 | ソースを編集]

名鉄1800系・2400系[編集 | ソースを編集]

  • 一部座席指定システムが同一ということで導入。
  • 南海時代とは違い、固定6連の一部座席指定の為、4連の10000系の内先頭車と中間車の2連にする。7000系(7100系)側は4連2本の内和歌山市(豊橋)寄りの先頭車を廃車し、もう一本の中間車を挿入して10000系と組み合わせる。
    • 勿論、それだとM車不足になるため、改造後の豊橋寄り2・3号車を廃車にした先頭車から機器流用して3M3Tにする。
  • 特別車の内装は南海時代のままだが、流石に一般車の内装はボロ過ぎるので、3300系と同一の床、座席に更新。ついでにLED案内表示も取り付け。座席指定○号車の表示機は特別車○号車に。
    • 但し、カーテン、壁は南海時代の物を引き続き採用。
  • 色は名鉄らしく白に赤ラインに

2000系→○○[編集 | ソースを編集]

和歌山電鐵2000系[編集 | ソースを編集]

  • 2270系置き換え用に2両編成のみ購入。
  • ほぼ原型のまま投入。
  • 2000系導入と同時に和歌山電鐵の架線電圧は直流1500Vに増強。
  • 2代目の「いちご電車」、「おもちゃ電車」、「たま電車」に改造された車両も存在する。

しなの鉄道2000系・妙高はねうまライン2000系[編集 | ソースを編集]

  • 軽井沢-小諸、妙高高原-直江津の区間に投入。閑散区間で急勾配のため最適。
  • 横軽が復活したならば、元々の高野線の50‰を超える66.7‰に抜擢。

秩父鉄道2000系[編集 | ソースを編集]

  • 影森-三峰口を中心に投入。閑散で急勾配があるため。

阪急電鉄[編集 | ソースを編集]

7000系[編集 | ソースを編集]

能勢電鉄7000系[編集 | ソースを編集]

  • 1700系置き換えのために阪急7000系を購入。
    • 購入に当たっては10両編成の減少などにより余剰になった車両も活用する。
  • 能勢電移籍にあたっては内装の張替えのほか車いすスペースやLCD案内表示器の取り付けなどバリアフリー対策も行う。

神戸市交通局[編集 | ソースを編集]

3000形[編集 | ソースを編集]

能勢電鉄9000系[編集 | ソースを編集]

  • 1700系置き換えの目的で購入。
    • 購入の際は1300・1400形を脱車し廃車した上で4両化、一部パンタグラフ撤去。
  • VVVFはGTO素子からIGBT素子orSIC素子に更新。

高松琴平電気鉄道2000系[編集 | ソースを編集]

  • 元京急・京王車置き換え目的で購入。
  • 移籍に伴い2両編成化しVVVFもSic素子に更新。
    • 車内には大型LCD案内表示を設置。
  • 3000形のほか1000形の比較的新しい車両や2000形も購入。
  • 琴平線と長尾線で運用。

中小私鉄[編集 | ソースを編集]

  • 新規追加は東から順にお願いします。

遠州鉄道30形→○○[編集 | ソースを編集]

大井川鐵道30形[編集 | ソースを編集]

  • 湘南窓・つりかけ駆動の車両を解体するのは惜しいと、大井川鐵道に譲渡。
  • 塗装は全般検査の塗替えの都度、現在の白帯塗装←→登場時の真紅の姿の交互にされる。
  • 付随車に変圧器を積み、750Vの電装機器をそのまま使用する。
  • 長時間乗車に対応するため、2両の内1両はクロスシートに改装される。
  • ワンマン運転対応
    • ドアチャイム設置(東701系タイプ)

北大阪急行8000形→○○[編集 | ソースを編集]

大阪市営地下鉄80000系[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪市営地下鉄10系のチョッパ車置き換えのため、9000形投入で余剰となった北急8000型を譲り受け。
  2. 車番はそのままでは今里筋線の80系と重複するため80000系に改称。
    • 千の位は御堂筋線が1号線であることから「1」とする。つまり81000代の車両番号とする。
  3. その他は社章を大阪市交のコマルマークに変更する以外は基本的に北急時代のまま使用。
    • 但しバリアフリー化のため車内にLCD案内表示器及びドアチャイムを取り付け。

北近畿タンゴ鉄道KTR001形→〇〇[編集 | ソースを編集]

JR西日本キハ383系[編集 | ソースを編集]

  • 北近畿タンゴ鉄道からも購入。
  • 特急「スーパーあさしお」として、京都から福知山経由で鳥取・倉吉まで運行。
  • 自動放送装置設置。
    • 豊崎愛生とクリステルチアリに担当。
  • ドアチャイムはキハ127系タイプに。

JR四国2500系[編集 | ソースを編集]

  • 特急列車の増発に、タンゴエクスプローラーで余剰されたものを譲受。
  • アンパンマンと龍馬の装飾を施す。
  • 自動放送は豊崎愛生(通常)と戸田恵子(アンパンマン)
    • 英語はクリステルチアリ。

智頭急行HOT7000形→○○[編集 | ソースを編集]

JR西日本キハ381系[編集 | ソースを編集]

  • 超高性能なこの列車にJRが目をつけ、ついに購入。
  • まずひどい凋落ぶりの関西本線の復権のために快速「いせ」に導入。
  • 他、ここの特急にこれらに混じって走ってる。
  • ついでに北近畿タンゴ鉄道直通のはしだてに入れてみる。
  • 特急「スーパーおき」の二代目車両。
    • キハ187は急行かすがとワンマン普通列車に転用。
  • 豊崎愛生(スフィア)の自動放送を設置

近畿日本鉄道25000形[編集 | ソースを編集]

  • 昔自分が保有していた忍者飲兵衛に直通させるためにえげつないぐらいの安値で購入。
    • そしてまた倒壊をボコボコにする。

名古屋鉄道9000形[編集 | ソースを編集]

  • 北アルプスを復活させる。
    • もう見捨てられたような気がする。

JR四国2300系[編集 | ソースを編集]

  • 特急「なると」を新設するため智頭急行から譲受。
    • 運用区間は岡山〜徳島(徳島線経由)。
  • 自動放送は豊崎愛生とクリステルチアリ。

熊本市電8200形→○○[編集 | ソースを編集]

広島電鉄8200形[編集 | ソースを編集]

  • 軌道線の旧型車の置き換え用として熊本市電から8200形を購入。
  • ほぼ原型のまま投入。

高千穂鉄道TR100・200→○○[編集 | ソースを編集]

JR四国キハ32形1000番台[編集 | ソースを編集]

  • 経営難に悩むJR四国が乗り入れ先の阿佐海岸鉄道が高千穂鉄道より車両を購入したことを聞きつけ残りの全車両を購入。
  • 1500形の増備が中止された。
  • キハ40などとも連結対応に改造。
  • もちろん本家キハ32とも連結。
  • 松山運転所や高知運転所に配置され四国のローカル線の合理化に貢献する。