北海道の廃駅/道央・道南

提供:chakuwiki

日本の駅 > 日本の廃駅 > 北海道の廃駅 > 道央・道南

廃止された北海道道央・道南にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


渡島[編集 | ソースを編集]

知内駅の噂[編集 | ソースを編集]

しりうち
知内
Shiriuchi
よしおかかいてい
Yoshioka-kaitei
  きこない
Kikonai

所在地:知内町字湯の里

  1. 新幹線開通時には知内駅は廃止されるのだろうか。
    • 信号場に逆戻り?
      • それはそうと、信号場に戻す際に名前を旧名と異なるものにする必要性はあったんだろうか。
    • ちなみに知内駅は、北島三郎にあやかって危うく「さぶ駅」になるところだった。
  2. 旧松前線には渡島知内駅があった。
    • 実際は湯の里駅のほうが近い。
  3. 新幹線開業後、100%廃止される
    • 地元には頑張って存続運動をやってほしいものだ。
    • 駅前には「道の駅しりうち」があるだけだからねえ……
    • 信号場になる模様。
  4. 一日二往復くらいしか停まらないよな。海峡線の駅では一番訪れにくい(海底駅は除く)
    • といっても、海底駅以外の途中駅ってここと津軽今別くらいしかなかっただろ(三厩方面のみ停車の中小国を除く)。

吉岡海底駅の噂[編集 | ソースを編集]

よしおかかいてい
吉岡海底
Yoshioka-kaitei
たっぴかいてい
Tappi-kaitei
  しりうち
Shiriuchi

所在地:福島町館崎

  1. 日本一低い位置にある駅
    • ちなみに地上駅だと弥富・近鉄弥富が最も低い。
    • ここと竜飛海底が廃止になると六本木駅が最深になるんだろうか。
  2. 昔はこの近くに渡島吉岡駅があった。
  3. ドラえもんのイベントをやっていたのはこっち。
  4. 竜飛海底と違って地上に記念館がないからか先に休止された。
    • 一応こっちにもケーブルカーがあるが地上側にあるのは公園。
  5. やはり北海道新幹線は停車できない。
  • 路線 - 海峡線

東山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 森町字駒ケ岳

  1. 結構秘境感がある駅。
    • しかしアクセスがとても困難というわけではない。
  2. 2017年春のダイヤ改正をもって営業終了。
  • 路線 - 函館本線

姫川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:森町

  1. 駅のすぐ横を国道5号が通っているが、何故かその国道に出るのは困難である。
    • 駅舎は国道と反対側の高台にあり、駅舎から伸びている道(未舗装)を辿っていくとどんどん国道から離れた林に突っ込んでしまう。
    • その国道には函館バスの函館~長万部線が走り、この区間での降り鉄の助け舟にもなっているが、上記のような状況なのでこの駅だけは路線バスを当てにしてはいけない。
  2. 2017年春のダイヤ改正をもって営業終了。
  • 路線 - 函館本線

蕨岱駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:長万部町字蕨岱

  1. JR駅を五十音順にすると一番最後になる駅。
    • 京浜東北線あの駅が最後だと思ったらもっと後ろがあったですたい。
      • 2017年春のダイヤ改正をもって営業終了するので、それ以降はその駅が五十音順で最後になる。
  2. なお、私鉄含めると石川県の私鉄・北陸鉄道割出(わりだし)駅が最後。
  3. 周囲は国道5号線くらいしかない。いわゆる秘境駅になりうる駅。

流山温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:七飯町字東大沼

  1. 200系新幹線が置いてあったが、北海道新幹線開業前に解体されてしまった。
    • 今は鼻と車輪だけが残骸として残っている。
  2. 砂原支線のド田舎にある駅だが、こう見えてもJR北海道在来線最後の新駅である。
    • しかし、まさかその次の新駅と入れ替わりで廃止になるとは…。
  • 路線 - 函館本線(砂原線)

渡島知内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:知内町字重内

  1. 海峡線知内の事実上の前身。
    • とはいえ廃駅から海峡線知内が開業するまで2年くらいのブランクはある。
    • ただ海峡線知内への隣の湯ノ里駅のほうが近い。
  2. 駅名は青森県にあった尻内駅(現:八戸駅)との同名回避。

千軒駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:福島町字千軒

  1. 開業した1938年から1972年までは「碁盤坂駅」を名乗っていた。
  2. 駅の跡地には登山者用の休憩施設が設置されている。
  • 路線 - 松前線

渡島福島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:福島町字福島

  1. 福島町の中心駅。利用客も松前線内で松前駅に次ぐ多さだった。
  2. 駅の跡地には福島町役場が建っている。
  • 路線 - 松前線

松前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:松前町字博多

  1. 松前線の終点であり、松前町の中心駅。
    • ここから大島地区まで延ばす計画もあったらしい。
  2. 駅の跡地には石碑と観光案内所が残っている。
  • 路線 - 松前線

檜山[編集 | ソースを編集]

江差駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 江差町字陣屋町

  1. 駅前の道路を渡ると、すぐに日本海を見下ろす崖に出る。
  • 路線 - 江差線

上ノ国駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 上ノ国町大留

  1. 瀬棚線廃止〜江差線末端廃止まで北海道最西端の駅だった。
    • 隣の江差駅は北海道最西端の有人駅
    • この関係性は根室と東根室のものに似ている。
  • 路線 - 江差線

今金駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:今金町字今金

  1. 今金町の中心駅。
  2. 町名や地名は「いまね」だったが、駅名は何故か「いまね」と読み方には違いがあった。
  3. 駅の跡地には函館バスの待合所や駅名標(レプリカ)が設置されている。
  • 路線 - 瀬棚線

北檜山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北檜山町字北檜山(現せたな町北檜山区北檜山)

  1. 旧北檜山町の中心駅。
  2. 当初の駅名は「東瀬棚駅」だったが、自治体名と合わせる形で1966年から「北檜山駅」に改称された。
  3. 駅の跡地は函館バスの北檜山バスターミナルとなり、駅舎も待合所として使用されている。
  • 路線 - 瀬棚線

瀬棚駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:瀬棚町字本町(現せたな町瀬棚区本町)

  1. 瀬棚線の終点であり、旧瀬棚町の中心駅。
  2. 北海道最西端の駅だったが、瀬棚線の廃線後は函館本線の鷲ノ巣駅にその座を譲った。
    • 2016年の鷲ノ巣駅廃止後は同じく函館本線の八雲駅が北海道最西端の駅となっている。
    • 江差線があった時代は江差駅の一つ手前の上ノ国駅が最西端だった(同線末端の廃止後は鷲ノ巣駅→八雲駅に)。
  3. 駅の跡地はせたな公営温泉浴場やすらぎ館という温泉施設の敷地に転用。
    • 施設の敷地内には瀬棚線の全駅名が記載された記念碑・レプリカの駅名標・48kmポストが設置されている。
  • 路線 - 瀬棚線

後志[編集 | ソースを編集]

張碓駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:小樽市張碓町

  1. かつて張碓海水浴場への最寄り駅として栄えた。
  2. しかし駅に跨線橋がなく利用客の事故が多発していたことから、臨時駅を経て通年通過扱いに。
  3. 長い間休止状態だったが、2006年に正式に廃止された。
  • 路線 - 函館本線

喜茂別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:虻田郡喜茂別町字喜茂別

  1. 喜茂別町の中心駅だったが、市街地からは2kmほど離れていた。
  2. 駅の跡地は住宅地となっている。

南京極駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:虻田郡京極町字更進

  1. 国有化までは「川上温泉」という駅名だった。
  2. 駅の跡地は広い空き地となっている。
  • 路線 - 胆振線

京極駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:虻田郡京極町字京極

  1. 京極町の中心駅。
  2. 1970年までは脇方駅までの支線が接続していた。
  3. 駅の跡地は農協の貯蔵施設の敷地となっている。
  • 路線 - 胆振線

胆振[編集 | ソースを編集]

北湯沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:有珠郡大滝村北湯沢温泉町(現・伊達市大滝区北湯沢温泉町)

  1. 当初の駅名は「優園」だったが、国有化の際に「近くに温泉が多いから」という理由で「北湯沢」に改称した。
    • 駅名に「北」があるのは奥羽本線の湯沢駅と区別するため。
  2. 駅の跡地にはホテルが建築されている。
  • 路線 - 胆振線

新大滝駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:有珠郡大滝村字本町(現・伊達市大滝区本町)

  1. 1940年に「徳舜瞥駅」として開業。
    • 1952年に村の名前と駅の名前を合わせることになったが、既に奥羽本線に大滝駅があったため「新」を冠することで区別した。
  2. 旧大滝村の中心駅。
  3. 胆振線の廃線後は駅の構内の一部が「平成ふるさとの道公園」として整備された。
  • 路線 - 胆振線

豊城駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鵡川町字豊城(現・むかわ町豊城)

  1. 国有化前までの駅名は「上鵡川駅」だった。
  2. 1943年までは沼ノ端駅から当駅まで線路が延びていたが、国有化の際に休止(事実上の廃止)となっている。

栄駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:穂別町字栄(現・むかわ町穂別栄)

  1. 国有化前までは「似湾」という駅名だった。
  2. 駅の跡地は木材加工場の敷地となっている。

豊田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:穂別町字豊田(現・むかわ町穂別豊田)

  1. 国有化前までの駅名は「杵臼駅」だった。
  2. 駅の跡地には消防団の建物が置かれている。
  • 路線 - 富内線

穂別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:穂別町字穂別(現・むかわ町穂別)

  1. 旧穂別町の中心駅。
  2. 駅の跡地は公園として整備されている。

富内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:穂別町字富内(現・むかわ町穂別富内)

  1. 国有化前までは「辺富内(へとない)」という駅名だった。
  2. 富内線の廃線後も駅舎とホームは残っている。
  • 路線 - 富内線

石狩[編集 | ソースを編集]

美々駅の噂[編集 | ソースを編集]

びび
美々
Bibi
うえなえ
Uenae
  みなみちとせ
Minami-chitose

所在地:千歳市美々

  1. 周辺に民家などほとんどない、いわゆる秘境駅。
  2. 新千歳空港と向かい合わせ(間は直線で3km程)なので稀に間違えてここで降りる客もいるらしい。
    • でも滑走路を挟んでいる為遠回りしなければならず、バスなどもない。
    • 間違えて降りてしまった客のためにタクシー会社の電話番号が貼ってある。
  3. 2017年春に廃駅になることが決まったそうです。訪れるなら今よ!
    • Suica系ICカード対応駅で初の廃止らしい。
  4. 廃駅になった後にラピダスの工場が近くに建設されることになった。

日高[編集 | ソースを編集]

日高門別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:日高町門別本町

  1. 旧・門別町の中心駅。
  2. 廃止後、駅舎は地域住民の交流施設として整備された。
  • 路線 - 日高本線

新冠駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:新冠町字本町

  1. 新冠町の中心駅。
  2. 当初の駅名は「高江」だった。
  • 路線 - 日高本線

静内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:新ひだか町静内本町

  1. 日高本線で1番まともな駅
    • その日高本線が今止まっているという悲劇
  • 路線 - 日高本線
  • バス - 道南バス

浦河駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:浦河町昌平町

  1. 日高振興局がある浦河町の代表駅。
  2. かつては交換設備があったが国鉄末期に廃止。
  • 路線 - 日高本線
  • バス - ジェイ・アール北海道バス 道南バス

様似駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:様似町大通

  1. 日高本線の終点であり、様似町の代表駅。
    • ここから襟裳や広尾まで延ばす計画があった。
  • 路線 - 日高本線
  • バス - ジェイ・アール北海道バス

日高町駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:日高町字日高

  1. 富内線の終点であり、合併前の旧・日高町の中心駅。
  2. ここから占冠駅を経由して金山駅まで延ばす計画があった。
  3. 廃線後の駅舎は農協の施設として使用されていたが後に撤去され、現在は「国鉄富内線の跡」と記された石碑が建っている。
  • 路線 - 富内線

空知[編集 | ソースを編集]

滝ノ上駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市滝ノ上

  1. 夕張市内最後の無人駅。
    • 街が発展して有人駅になったからではない、街が寂れて駅や路線を潰しまくったから。
    • ここ滝ノ上もかつては夕張鉄道バスが発着していたが、人口が減りすぎて乗り合いタクシーに転換してしまった。
  • 路線 - 石勝線

十三里駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市紅葉山

  1. 駅名の由来はここが追分駅から13哩(マイル)の位置にあったため。
    • 現在のキロ程だと約14マイルな模様。
  2. 2016年3月に信号所に格下げ。
  • 路線 - 石勝線

楓駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市楓

  1. 一応本線上にあったが、占冠方面には乗り入れず、各駅停車の終点となっていた。
    • 運行形態も新夕張で分断されており、事実上の支線扱いだった。
      • 1998年の時点で2往復のみ。うち夕張方面の1本だけ、追分始発に連結して夕張に向かっていた。
      • ただ、楓~占冠方面へは、新夕張で途中下車しない限りそのままの切符を使えた。
  2. 何度か移転している。
    • 初代及び2代目は登川支線にあった。同線を事実上転換する形で石勝線が開通した後も、楓駅はしばらくは存続していた。
  3. 2004年に信号所に格下げ。
    • 駅舎は撤去されたが、現在も楓支線上のホームは保線車両用に使われている。
  4. 駅名の由来となった地名は周辺に楓の木が多かったことに因む。
  5. 開業当時は1日6往復の列車が運行されていたが、その後は利用者の減少に伴う減便を繰り返し末期は日曜運休の1往復のみだった。

夕張駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市末広2丁目

  1. 駅舎とトイレは市が管理。
  2. 駅前がスキー場。
    • 駅前のバス停名はスキー場&ホテルの総称「レースイリゾート」。夕張駅前じゃダメなの?
  3. 最初行ったとき駅前のホテルを駅舎と勘違いして感動した。30秒後に駅舎発見。
  4. 夕張駅は2度移転してる。初代は炭鉱の村の辺り、2代目は市役所の裏。今は3代目。2.1㎞も手前に駅が移ってしまうなんて例がないやろね。
    • 初代の夕張駅があったところは今は人口0人らしい…。
  5. 2019年3月に廃止の決定…。

南清水沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市南清水沢1丁目

  1. 石勝線夕張支線の駅で、一番賑わっていた駅。
    • 市役所のある夕張駅や清水沢駅をも上回っていた。
  • 路線 - 石勝線(夕張支線)
  • バス - 夕張鉄道 北海道中央バス

石狩月形駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:月形町字月形

  1. 札沼線非電化区間唯一の有人駅。
  2. 札沼線非電化区間で一番利用者数が多い。
    • 実は根室や留萌に僅差で勝っている。
      • が、それ以外に有力な駅がないので廃止が確定している。
        • 花咲線には厚岸、留萌本線には石狩沼田があるからなぁ…
        • 浦臼か新十津川が根室留萌並で、ここもそれ相当の乗客数だったらまだあり得たけど…
  3. 札沼線非電化区間で唯一列車交換のできる駅。
  4. 一部区間営業休止により一時期当駅が札沼線の終点だったことがある。
    • そのままこの先が復活しなければ石狩月形まで電化して永久に存続したかもしれないのに…
      • 可部線における河戸駅…ポジションは医療大学だから、安芸飯室あたりのポジションかな。
  • 路線 - 札沼線
  • バス - 北海道中央バス

浦臼駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:浦臼町字浦臼内

  1. 浦臼町の中心駅。
    • だが、1面1線しかない。
  2. 当駅で折り返す列車も多い。
  • 路線 - 札沼線
  • バス - 北海道中央バス

新十津川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:新十津川町字中央

  1. 札沼線非電化区間の終点。
    • 鉄道ファンにとっては札沼線の永遠の終点かもしれない。
      • 待て、石狩沼田が本来の終点であったことを忘れるな。
  2. 1日1往復しか来ない。
    • 廃止直前になって10分折返しから30分折返しに拡大するファンサービスを敢行。
    • だから晩年は始発も終発も同じ10:00だった。
  3. 実は浦臼よりわずかに利用者数が多い。
    • 葬式鉄による利用と思われ。
  4. 地理的には滝川駅とは近からず遠からずみたいな感じ。
  5. 平日は地元の園児たちのお出迎えとお見送りつきですっかりこの駅の名物、それ以外にも駅舎内でのグッズ販売や駅の周りがにぎやかなこともあって寂しい感じは一切しない。
  6. 自粛のせいで、廃止が早くなってしまった。そのせいで悲喜交々が…
  • 路線 - 札沼線
  • バス - 北海道中央バス

栄町駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:岩見沢市東町

  1. 国鉄時代末期の1980年に仮乗降場として開業した駅。
    • 民営化に伴い正式な駅に昇格したが、その3ヶ月後に廃線となってしまった。
  2. 駅の跡地には記念碑が建っている。

三笠駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:三笠市本町

  1. 三笠市の中心駅であり、幌内方面への本線と幾春別方面への支線が分岐していた。
  2. 1882年の開業から1944年までは「幌内太」と名乗っていた。
  3. 駅の跡地はクロフォード公園として整備されており、跨線橋とプラットホームが現存している。
  • 路線 - 幌内線(本線・支線)

唐松駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:三笠市唐松町

  1. 住友坂炭礦(現・住石マテリアルズ)の請願によって1929年に設置された駅。
  2. 廃線後の駅舎は荒れ放題になっていたが、地元の有志により駅舎の修復や周辺の整備が行われ、現役当時の雰囲気を取り戻している。
    • ナショナルジオグラフィックから出た「世界の廃駅」の本で、日本から取り上げられた3駅のうちの1つ。
  • 路線 - 幌内線(支線)

弥生駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:三笠市弥生町

  1. 地域住民の請願によって設置された駅。
  2. 廃線の半年前に駅舎が不審火で全焼してしまい、廃止の時点ではプレハブ小屋を駅舎として利用していた。
  • 路線 - 幌内線(支線)

幾春別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:三笠市幾春別町

  1. 幌内線の支線の終点駅。
  2. 駅の跡地には記念碑やバス停が設けられている。
  • 路線 - 幌内線(支線)

歌志内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:歌志内市字本町

  1. 歌志内線の終点であり、歌志内市の中心駅。
  2. 駅の跡地には郵便局や歴史博物館の「郷土館ゆめつむぎ」が建っている。

幌加内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:幌加内町字幌加内

  1. 幌加内町の中心駅。
  2. 廃線後も駅舎は集会所として残っていたが、2000年3月に火災で焼失。
    • 現在駅の跡地にはモニュメントが設置されている。

上幌加内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:幌加内町字上幌加内

  1. 国鉄時代は仮乗降場だった駅。
  2. 駅の跡地には木造のホームの一部が残存している。
  • 路線 - 深名線

政和温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:幌加内町字政和第一

  1. 国鉄時代は仮乗降場だったが、民営化後に臨時駅へ昇格した駅。
  2. 深名線全廃の5年前に廃止された。
  3. 駅前には「風呂上がりの腰にタオルを巻いただけの姿でジンギスカンが食べられる温泉旅館」があったが、駅昇格前に廃業した模様。
    • 跡地の近くにその温泉を利用した「せいわ温泉ルオント」ができている
  • 路線 - 深名線

朱鞠内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:幌加内町字朱鞠内

  1. 廃止時点では線内で2つしかなかった交換可能駅。
  2. 羽幌線の築別駅から当駅まで名羽線が接続する予定だったが、結局未成のまま1980年に工事凍結となった。
  3. 廃線後、駅舎は2000年初頭までは残っていたが後に解体。
    • 現在駅舎の跡地にはバスの待合所が置かれている。
  • 路線 - 深名線

北母子里駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:幌加内町字北母子里

  1. 戦後の日本公式最低気温(-41.2℃、1978年)を記録した駅。
  2. 駅の跡地はNTTの携帯電話中継の基地局になっている。
  • 路線 - 深名線

恵比島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:沼田町恵比島

  1. NHKの朝ドラ「すずらん」で「明日萌(あしもい)駅」として使われた。
    • 明日萌は留萌地方(道北)という設定であったが、恵比島駅はギリギリで空知支庁(道央)である。
  2. 恵比島駅舎は車掌車を改造した簡素なものだったが、すぐ隣に立派な明日萌駅舎が新たに作られた。
  3. 1971年までは当駅から私鉄の留萠鉄道が分岐していた。
  • 路線 - 留萌本線
  • バス - 沼田町営バス

シューパロ湖駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市鹿島明石町

  1. 大夕張ダム完成によるシューパロ湖の出現に伴い、観光開発を目的に1962年開業。
  2. しかし利用客の減少もあり僅か7年後の1969年に廃止されてしまった。
    • 辛うじて残っていた駅跡も2014年に水没。
  • 路線 - 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線

大夕張駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張市鹿島富士見町

  1. 大夕張の中心部にあった駅。
  2. 路線短縮による廃止後も駅舎は再利用されていたが、住民の移転に伴い1998年に解体された。
  • 路線 - 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線
北海道の駅
札幌市中央区 | 石狩・後志 | 胆振 | 渡島 | 空知
上川・宗谷 | オホーツク・十勝・釧路・根室
廃止(道東・道北 | 道央・道南) | 偽モノ