北海道の駅/空知

提供:chakuwiki

日本の駅 > 北海道 > 空知

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

函館本線[編集 | ソースを編集]

上幌向駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:岩見沢市上幌向

  1. 無人駅だからどうせ地上駅だろうと思ったら、まさかの橋上駅。
    • しかも駅前の国道を跨ぐ自由通路付き。無人駅のくせに出口が3つもある。
  2. 新篠津村へはここからも行ける。

岩見沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

いわみざわ
岩 見 沢
Iwamizawa
かみほろむい
Kami-Horimui

しぶん
Shibun
  みねのぶ
Minenobu

所在地:岩見沢市有明町南

岩見沢駅
  1. 2000年に旧駅舎が全焼したため、プレハブ仮駅舎で営業していたが、2007年新駅舎が開業。
    • ただし、2007年開業部分は最低限の機能を暫定的に開業しただけで、全面開業は2009年3月の予定。
      • 建て替えによって改札口の構造が変わるため、今まで作れなかった北口も設置。
      • 2009年3月30日に北口・複合施設も全面開業しますた。でも、外壁あたりが手抜き。
    • 乗る電車が1番ホームであっても、1階から2階に上がって改札を抜けて、階段を下りる必要がある。
      • ただ、改札を抜けると跨線橋に直結しているため、意外と不便には感じない。
        • それ、JRに上手く誤魔化されてない?連絡橋がやたら長い橋上駅(小樽築港とか発寒とか)が普通にある事を考えると、ただの手抜きとしか思えないけど…。
    • 新駅舎で使用するレンガを1個1500円で買えた。(イニシャルをきざんでくれるはず)
    • 新駅舎は2009年度グッドデザイン賞受賞。
      • しかも「大賞」まで獲っちゃった。
      • 他にも日本建築学会賞やブルネル賞など、知名度は低いけど凄そうな賞をちゃっかり受賞。
  2. 釜飯が有名。
    • 3・4番ホームの馬ぞりは駅の隠れたシンボル。
    • かなり昔から馬ぞり像は存在していた。駅の歴史を見守ってきたようなものではある。
      • でもばんえい競馬は帯広に行っちゃった。
    • 新駅舎2Fにスイーツの店があるが、次々に店が入れ替わる。で、現在は市内の菓子メーカーの直営店が入居。この店が落ち着けば、釜飯に続く新名物になる…かなぁ?
      • 残念ながらそれも消えて、最終的に自販機置き場になってしまった。
  3. JRグループでは、公募型設計競技でデザインを決めた最初の駅。
  4. ガラス越しに見える内部のレンガ壁は、夜になると照明によって色が引き立つので綺麗。
  5. 駅舎のガラス張り部分には、サッシに古レールを使用している。
  6. 駅前広場内に通称「シンボルツリー」と呼ばれる樹があり、冬はイルミネーションで飾られる。
  7. 出発指示装置(発車ベル)が3・4番ホームと6・7番ホームに設置されている。
  8. 旧駅舎の火事の後、1番ホームの屋根がただの鉄板みたいなやつになった。しかも前より長さ短縮。前の屋根は古くて貫禄があったのに。道内主要駅なんだから、もう少し立派な屋根にしましょうよ。
    • 主要駅と呼ぶには利用客が少なすぎる。
  9. この節の駅名標テンプレートにもあるように、室蘭本線の隣駅「志文駅」は忘れ去られている。しかもChakuwikiの外、現実の岩見沢駅の駅名標にも「しぶんShibun」は書かれていない。
    • 1番ホームにあった駅名標には書かれていた。火災後1番ホームには駅名標は無い。
      • 屋根と一緒に新しくするのかと思いきや、結局付けないで済ませるみたい。
        • 2018年(時期不明)に1番ホームにも「しぶん」が書かれた駅名標が設置された
  10. どことなく鳥栖駅の劣化版のような感じがする。
  11. 無駄に、下りエスカレーターは追い越し可能な2列仕様物だ。
    • よそ者は無駄と言い、地元住民は上りが1列だけで不便と言う。どっちの言い分が正しいんでしょう?
  12. 駅前に、駐輪場がない。
    • 実は、駅の2階に隠してある。
      • 注:有料です!
    • ちゃんとあります。頑張って探してみよう!
  13. あまり知られていないがICカードで乗車可能な鉄道駅はここが日本最北端。
    • バスだと更に北まで使えるが、鉄道だとここが北端。
  • その他の路線 - 室蘭本線
  • バス - 北海道中央バス 新篠津交通

美唄駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:美唄市東1条南

  1. 砂川駅と同程度の利用客数ながらこちらは立派な橋上駅舎、自動改札機設置、終日有人と優遇されている。
  2. ここだけ高速バスが来ないこともあって、人口の割に特急の利用客が結構多い。
  3. 炭鉱が栄えていた時代には南美唄支線や三菱鉱業美唄鉄道の分岐駅だった。

奈井江駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:空知郡奈井江町本町

  1. 奈井江町の中心駅で、かつては急行列車が停車していたが、現在は普通列車のみ。
  2. 浦臼との間にバス路線があるが、平日しか走らない。
    • 札沼線があった頃、浦臼でもご当地入場券の販売があったりしたため、ここと浦臼を行き来する鉄も結構いた。歩いて移動する人もいたとか。
  • バス - 北海道中央バス 奈井江町営バス 浦臼町営バス

砂川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:砂川市東2条北3丁目

  1. 少なくとも毎時1本以上特急列車が来るのに、自動改札機がない。
    • 隣の特急停車駅美唄ですら自動改札機があるのに…
      • 18:30以降無人になる、という事情もあるからと思われる。
  • バス - 北海道中央バス

滝川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:滝川市栄町4丁目

  1. 貨物駅を併設している。
  2. 2階は地元運輸会社のコンテナセンター事務所。
  3. 駅構内には流雪溝があって真冬でも雪が溜まっていないんだけど、雪を溶かすのに滝川発電所のお湯を使っていたけど発電所廃止になっちゃった………。その後どおなったの?
  4. 立ち食いソバを食いに行ったら、店のマスターが中で横になっていた。よくあるのかなぁ?
  5. ここから釧路まで「日本一長い普通列車」が走る(所要時間は8時間2分)。ホームにも「滝川駅は『日本一運行時間がなが~い定期普通列車』出発駅です」と堂々アピール。
    • でも今(2016年11月現在)は台風による災害のため東鹿越止まり。
  6. 駅そばがなくなり、待合室がガランとした雰囲気に。
    • キヨスクも旅行センターも消えた・・
  7. 2018年3月限りで中央バスの滝川ターミナルが廃止された結果、駅前にバスが乗り入れるようになり、案内所も駅前にできた。
    • 滝川市の過疎化を象徴するようであまり喜べない…
      • 駅前の廃墟ビルを覗いたら中に草木が生えていた。
    • 高速バスはJR側からロータリー乗り入れを断られ北東の外辺部で客扱い。
  • その他の路線 - 根室本線
  • バス - 北海道中央バス 空知中央バス

江部乙駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:滝川市江部乙町西

  1. かつては滝川からここまでのチョン行列車も存在した。何のためにあったのだろう?
  2. 自治体の中心駅でもないのだが、かつて急行が1往復だけ停まっていた。
  3. 駅前の温泉ホテルがいい味出している。
    • 建物の外観も内部も昭和臭が漂うが、泉質は特徴があって良いのでお勧め。
  4. 東に10分ほど歩いて国道に出ると、道の駅たきかわはすぐそば。

妹背牛駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:雨竜郡妹背牛町妹背牛

  1. 妹背牛町の中心駅。
    • だが、かつて江部乙に停車する急行が何故か、利用客数のさほど変わらないここを通過していた。
      • 末期になってから停車するようになった。

深川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:深川市一条・北光町・太子町

  1. かつて赤字83線・特定地方交通線であった深名線(しんめいせん、深川-名寄)が分岐していた。
  2. 近くの滝川駅は「たきわ」だがここは普通に「ふかわ」。でもつられて「ふかわ」と読んでしまう。
  3. ここも駅舎内に駅そばがあったがなくなった。
    • 「SLすずらん号」運行の勢いに乗っかって登場した駅弁も運命を共にしたもよう。
  4. ただ、待合室隣で営業する物産館では、深川ご当地グルメの「そばめし」や「ウロコダンゴ」などのほか、アマランサス入りの餅など少々変わった食べ物とかも売っている。

納内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:深川市納内町字納内

  1. 普通列車しか停車しない(しかも本数が少ない)が、駅舎は立派に整備されている。
    • 深川市の支所が入居している。
  2. 深川の第二市街地という位置づけということもあり、急行列車の末期に妹背牛とともに停車するようになった。
  3. 当駅から芦別駅までの路線が計画されていたが頓挫。

室蘭本線[編集 | ソースを編集]

由仁駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張郡由仁町本町

  1. 由仁町の中心駅。
  2. 1928年から使用されていた駅舎は2006年に解体。
    • 現在は由仁町が設置した交流施設の「ポッポ館 ゆに」が駅舎を兼ねている。
  • バス - 北海道中央バス 夕張鉄道

栗山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:夕張郡栗山町

  1. かつては夕張鉄道も乗り入れていたが、今は単独駅。
    • 5線まであったが、今では2線にまで縮小してしまった。
  2. ホームはボロボロだが、跨線橋や駅舎はピカピカ。
  • バス - 北海道中央バス 夕張鉄道

栗丘駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:岩見沢市栗沢町栗丘

  1. この区間で3駅連続する、頭に「栗」のつく駅の中でここだけ利用客が飛び抜けて少ない。
    • 他の2つのように町の中心街に面している訳ではないので・・

栗沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:岩見沢市栗沢町北本町

  1. 旧栗沢町の中心駅。当初の駅名は「清真布駅」だった。
  2. かつては2面3線のホームを有していたが、現在は1面1線に縮小されてしまった。
  • バス - 北海道中央バス 岩見沢市営バス

志文駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:岩見沢市志文本町

  1. かつては万字線が分岐していたが、今では隣の岩見沢にすら忘れられるほど影の薄い駅。
  2. 80年代には受験生向けに切符がバカ売れしていた。
  • バス - 北海道中央バス

石勝線[編集 | ソースを編集]

新夕張駅の噂[編集 | ソースを編集]

錆色の駅舎

所在地:夕張市紅葉山

  1. ここから新得までなら料金なしで特急に乗れる。
  2. 2面4線だが、特急は1番線、普通列車は基本3・4番線とホームはほぼ種別別に使用。
    • 特急から普通列車に対面乗り換えができないので不便。
    • 夕張支線が廃止になってから、事実上1面2線しか使っていないようだ。
  3. 特急停車駅だが、日祝は終日駅員がいない。
  4. 駅前に旧駅名「紅葉山」の駅名標が立っている。
  5. 駅前の階段を少し降りると道の駅がある。
  6. 耐候性鋼材を使用しているのか駅舎が錆色をしている。
    • 衰退著しい所在地の寂寥感を増幅させている。
  7. 夕張駅が廃止されたことで、「わがまちご当地入場券」の発売駅が夕張駅からこちらにスライドした。
    • ただ日祝は営業してないため、マウントレースイホテルでも発売。でもそこって廃止された夕張駅の駅前…
  8. 「新」夕張駅といいながら、開業は夕張駅と同日。
    • 新山口駅と被るものがある(しかもそちらの場合は「新」の方が先に開業)。
  9. 夕張支線が廃止になった今、夕張市内で一番大きい駅となったが、市の中心駅にしてもらえない。
  10. もはや特急列車の方が停車本数が多くて、公式ウェブ時刻表は特急が無印。
  • バス - 夕張鉄道バス

根室本線[編集 | ソースを編集]

赤平駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:赤平市美園町

  1. 駅舎は6階建てと超立派。
    • しかし普通列車しか来ないローカル駅なので、ホームは1面2線。
  2. こう見えてもかつて全国で貨物取扱量1位になったことがある。
  • バス - 北海道中央バス

茂尻駅の噂[編集 | ソースを編集]

謎のスペース

所在地:赤平市茂尻元町南

  1. 駅名は「もしり」だが、実は地名は「もじり」。
  2. この駅もかつては石炭積出駅として栄えていた。
  3. 駅が高台にあり、長めの階段を上る必要がある。
  4. 立派な木造駅舎が残り、中はがらんとしているがコンクリート製の出札窓口が2つもあるなど、往時の繁栄を偲ばせる。
    • 鶴の絵が飾られた謎のスペースがある。
  5. かつては急行列車も停車していた。

芦別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:芦別市本町

  1. 駅前に謎に五重塔があった。
  2. 1989年までは三井芦別鉄道が当駅から分岐していた。
  3. 開業当初は「下芦別駅」だった。
  4. 北の大地の入場券の販売駅だが、窓口が平日日中しか開いておらず、トップクラスにハードルが高い。
    • ご当地入場券の頃は道の駅でも売っていたのに…
  • バス - 北海道中央バス 空知交通 共立タクシー

上芦別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:芦別市上芦別町

  1. かつては周辺の炭鉱へ専用線が分岐し、貨物取扱で栄えていた。
  2. かつては急行列車も停車していた。
  • バス - 空知交通

留萌本線[編集 | ソースを編集]

北一已駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:深川市一已町

  1. 開業当初の駅名は「北一己(きたいちゃん)」だったが、1997年から現在の駅名に改称された。
  2. かつては交換設備があったが1984年に廃止されている。

秩父別駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:雨竜郡秩父別町

  1. 有人駅の頃は旅館の仲居さんがお守り代わりに入場券を買い求めたらしい。
    • 間違って「ちちぶべつ」と読んでるなら理解できない。
  2. 妙な事件で全国に名を晒してしまった。
  3. 秩父別町の中心駅であり立派な駅舎が残るが、完全無人駅。
    • 留萌本線で2番目に利用が多い駅ではあるが、通過列車がある。
  • バス - 空知中央バス

石狩沼田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:雨竜郡沼田町北1条3丁目

  1. かつての札沼線の終着駅。今は留萌本線ではそこそこ客のある駅。
    • 朝は当駅の利用が多すぎて1両編成では足りないらしい。
      • というか、高校生が車内で通せんぼしたから乗れなかった。
    • そこそこどころか、留萌本線で一番利用者数の多い駅。
      • 留萌本線の廃止で困るのは留萌ではなく、石狩沼田だったりする。
  2. 1910年11月23日開業。開業時は沼田駅だった。しかし、14年遅れて開業した上野沼田駅に「沼田駅」の駅名を奪われた。
  3. 空知にあるのに「石狩」を名乗っている…。
    • 空知局もかつては「石狩国」所属だったため。
  • バス - 空知中央バス 沼田町営バス
北海道の駅
札幌市中央区 | 石狩・後志 | 胆振 | 渡島 | 空知
上川・宗谷 | オホーツク・十勝・釧路・根室
廃止(道東・道北 | 道央・道南) | 偽モノ