司法試験

提供:chakuwiki

試験 > 試験/試験別 > 資格試験 > 資格試験/法学・経済・不動産系 > 司法試験


司法試験の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 法曹三者になるための試験だが、これまで大きな制度改正を経てきている。
    • その改正論議を見ていると、関係各界(法曹界、産業界、官僚界など)の利害のぶつかり合いが大半。受験者のことはほんの片隅。
  2. 司法浪人、という階層まで生んだ。
  3. その受験対策指導だけで1つの産業が成り立っている。大学受験もそうだが。
  4. 現在、予備試験ルートという、本来は傍流の筈のコースが事実上の主流になってしまっている感がある。
    • 今では司法試験本体よりも予備試験の方が圧倒的に難しいともっぱらの噂。
    • 予備試験以外では法科大学院(ロースクール)を修了することで受験資格が得られる。
    • 受験資格の有効期間は予備試験合格または法科大学院修了から5年間であり、この間に司法試験に合格できなければもう一度予備試験または法科大学院からやり直しになってしまう。
      • かつては受験資格を得てから司法試験を受けられるのは3回までと言われていたが、現在は5年以内で有れば回数の制限が無くなった。
        • ちなみにかつては受験資格が消滅することを俗に「三振」と言っていた。
  5. 英語圏では「Bar Examination」というが、飲み屋のマスターになるための試験ではない。
  6. これに合格すると法曹三者だけでなく、弁理士税理士、社会保険労務士、行政書士にもなれる。
    • つまり法律系試験の王様的存在である。
    • これに合格すると公認会計士試験も一部の科目が免除される。しかしその逆パターンは無い。
    • 司法試験の合格者は、不動産鑑定士試験の一部科目も免除される。勿論、その逆パターンは無い。
    • ただし司法試験の出題範囲に宅地建物取引業法が含まれていないため、宅建士の資格を自動的に取得することはできない。
  7. 弁護士と公認会計士のダブルライセンスを実現したJijiという人が「司法試験は本体より予備試験の方が圧倒的に難しい。司法試験本体は今や公認会計士試験より簡単」と言っていた。
    • ちなみに最近の司法試験はJijiさんが受験した頃よりもさらに易化しているらしい…。
  8. かつては東京大学医学部医学科の入学試験(理科三類)に匹敵する最難関試験の一角だったが、現在は東大文科三類より簡単らしい。
  9. 合格点に達していれば合格者数無制限の免許試験ではなく、事前に決定された合格定員枠を争う事実上の競争試験である。
    • この点が司法試験と肩を並べると言われている医師国家試験との大きな違いである。
  10. 天才東大生の河野玄斗くんが医学部医学科(理科三類)在学中に予備試験と司法試験に合格したことは有名である。
    • その後、医師国家試験にも合格し、医師免許とのダブルライセンスを実現している。
      • さらに2022年(令和4年)の公認会計士試験にも挑戦する予定である。
  11. 最近はやや易化しているもののかつては日本国内で実施されている資格試験の中ではダントツの最難関であり、「日本版科挙」と呼ばれていた。
  12. 短答式試験と論文式試験がある。
    • 旧司法試験にあった口述(面接)試験は廃止された。
      • ただし予備試験には口述試験がある。
  13. 短答式試験では憲法、民法、刑法の3科目が課される。
    • 平成26年度までは公法系科目、民事系科目、刑事系科目と呼ばれていた。
    • 短答式試験はマークシート方式。
  14. 論文式試験では公法系科目、民事系科目、刑事系科目が必須であり、他にも選択科目がある。
    • 選択科目は倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際公法、国際私法の中から1つ選ぶ。
    • 論文式試験では「司法試験用法文」と呼ばれる六法が貸与される。
  15. 医師国家試験、公認会計士試験と並ぶ三大難関国家試験の一角。
  16. 法曹(弁護士、検察官、裁判官)になるためにはこの試験に合格した後、司法修習と呼ばれる実務研修を1年程度受講する必要がある。
    • 修了後、司法修習生考試に合格できれば晴れて法曹になる資格が貰える。考試は3回まで受験できるが、それまでに考試に合格できなければ再度司法試験に合格しなければならない。
      • とはいえ、考試の合格率は例年90%以上であり、司法試験に合格できる実力のある者で有れば普通に勉強すればほぼ受かると言っても良い。
  17. 日本の超難関試験の代表格であることから、他の分野の最難関試験のことを「○○(業)界の司法試験」と揶揄することも多い。
    • 例えば不動産鑑定士試験は「不動産業界の司法試験」、技術士国家試験は「理工系の司法試験」、第一種電気主任技術者試験は「電気業界の司法試験」、 ITストラテジスト試験は「IT業界の司法試験」などと呼ばれる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

資格試験検定試験
資格試験 技術系 | 医療・福祉・衛生系 | 食品系 | 法学・経済・不動産系 | 交通系

電験 | 危険物取扱者 | 衛生管理者 | 宅建 | FP検定 | 司法試験 | 税理士試験
キャリコン | 管理栄養士 | 公認会計士 | 運転免許証(種類別)
証券外務員 | アクチュアリー | AFP・CFP

情報処理技術者試験(IPA) ITパスポート | セキュマネ | 基本(分野別|出題内容) | 応用 | 高度
簿記検定 日商簿記(社会的評価)
パソコン検定(パソコン検定/公的試験) MOS | オラクルマスター | Cisco
英語検定 実用英検 | TOEIC
偽モノの特徴 偽情報処理技術者試験 | 偽日商簿記
もしwiki もし情報処理技術者試験が○○だったら
もし日商簿記検定が○○だったら
もし運転免許証が○○だったら
ざんねんなモノ事典 IT系|技術系|法律・会計・金融系|医療・衛生・食品系|語学・教育・教養系
関連項目 ベタの法則(オススメと言われる資格の法則) | 取る意味がない資格の法則

似たモノ同士 | 新・日本三大○○
不必要だと勘違いされているモノ