名前の秘密/女性

提供:chakuwiki

名前の秘密 > 女性

保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

あ行[編集 | ソースを編集]

あい・愛[編集 | ソースを編集]

  1. 2004年ごろスポーツ選手で流行。
  2. 愛と書いて「まな」と読む人もいる。
    • 愛と書いて「めぐみ」と読む人もいる。
    • 愛と書いて「まなみ」と読む人もいる。
    • フィクションだが、愛と書いて「いとし」と読む男性もいる。
      • 新聞にも飯○愛と同姓同名の男性が取り上げられたことがある。こちらはVOWのネタにされたこともあった。
    • スポーツ界でも愛と書いて「めぐむ」と読む競輪選手(当然男性)がおる。
  3. 六代目三遊亭圓楽(戸籍名:會泰通(あい・やすみち))さんの長男の妻は「会愛(あい・あい)」さん。
  4. 幼い頃、童謡の「アイアイ」が好きな曲であり嫌な曲だった。
    • イニシャルがIだと尚更で、成長してからのニックネームも「アイアイ」だったりする。
  5. 「愛」だけでなく「亜衣」表記もいる。
  6. 愛という漢字から「らぶたん」と呼ばれる。

あきえ[編集 | ソースを編集]

  1. 吉本新喜劇ファンからは姿形に関わらず不細工だといわれてからかわれる。
  2. 世代によってはおニャン子クラブでソロ活動もしていたメンバーのひとりを思い出す。
  3. 政治家ファンだと安倍晋三の奥さんを思い出す。

あきこ[編集 | ソースを編集]

  1. あきこさんの88パーセントは「春子とか夏子のほうがよかった」と気にするが、周囲は「気にし過ぎだよ」と言う。
  2. あきこさんの92パーセントは「、、、和田?」と言われる。
  3. あきこさんは、苗字が特徴的じゃない限り、「アッコ」と呼ばれる。
    • 「あきちゃん」or「あっちゃん」というベタなパターンも。
  4. あきこさんの85パーセントくらいは、コンパクトの鏡に向かって「テクマ(略」を言った経験があるが、元ネタの主人公の名は「あつこ」である。
  5. 「あ、紀子様」と呼ばれる。
  6. 某コンビニチェーンのイメージキャラクターを思い出す。

あつこ[編集 | ソースを編集]

  1. 大体は「あっこ」と呼ばれる。
  2. 最近では某アイドルグループの元メンバーの影響からか、「あっちゃん」と呼ばれることも。

あや[編集 | ソースを編集]

  1. 基本「綾」と「彩」の二択。たまに2文字で「亜矢」もいる。
    • 「絢」も忘れないで。
    • 「文」「史」は「ふみ」か「あや」か悩むところ。
    • かつてのSKE48のメンバーは 「阿弥」 。
  2. 「あや」がつく名前は女性声優に多い。
    • 一番有名なのは涼宮ハルヒの中の人、最近だと妖怪ウォッチフミちゃんの中の人。
  3. 一時期この人の影響からか「あやや」と呼ばれたりも。
  4. ChakuwikiのユーザーIDにも1名いる模様。

[編集 | ソースを編集]

  1. 「あや」が主流だが、稀に「さやか」と読む人がいる。

あやか[編集 | ソースを編集]

  1. 上にもあるように声優に何人かいるが、なぜかスポーツ選手には少ない。
    • 「あや」ならけっこういるが。
  2. アーティストやアイドルには結構いるイメージ。
    • アーティストなら平原綾香や絢香が、アイドルなら村上綾歌や小松彩夏が真っ先に思い浮かぶ。
    • AKB48のメンバーだと初めは不幸だったがその後派生ユニットのメンバー入りするなど成り上がったケースも。
      • 何気にNMBに多い気がする。菊池あやかも梅田彩佳とともに移籍をオファーされたが、あえなく卒業した。
        • 最近では山本彩加が加入し、山本彩との混同が懸念される。
    • ももクロのピンクは?
    • Perfumeのあ~ちゃんは?

彩子[編集 | ソースを編集]

  1. 「あやこ」だろ、と思いきや「さいこ」と読む人もいる。
    • 「サイコ」にアレな意味があるとは思わなかったのだろうな…。

[編集 | ソースを編集]

  1. 「あん」かと思いきや「きょう」も一定数いる。
    • アニメキャラだと「きょう」のイメージが強い。

いくよ[編集 | ソースを編集]

  1. 「私は妹が居るよ」と友達に言うと高確率で「名前は『くるよ』?」と聞かれる。勘弁してくれ…。
    • ちなみに女性漫才コンビの「今いくよ・くるよ」は他人同士。
  2. 漢字で変換しようとすると「逝くよ」なんて出てくる。

えりか[編集 | ソースを編集]

  1. 「エリカ」は外国人女性の名前でもある。
  2. 漢字2文字にしようとしても読み2文字の候補が「襟」ぐらいしかないため、必然的に3文字それぞれに漢字を当てることになる。
    • 「え」も「り」も「か」も候補の多いこと多いこと。組み合わせは無限と言ってもいい。|え‖り‖か| を揃えるスロット台が出てもおかしくない。
    • 芸能人で漢字のままだと、余程メジャーにならない限り漢字の組み合わせを覚えてもらえないので、平仮名か片仮名でデビューした方が無難と言えば無難。
    • 「衿」を使う人も一定数いる。
  3. 高飛車な印象がありそう。
    • 様付けで呼ばれがち。
  4. 「家なき子2」ファンにとってはあのたとえ話をしたくなる。
  5. 実は、この方の本名でもある。
  6. 乃木坂46のメンバーや初代ポケモンのジムリーダーの影響で、お嬢様な印象もありそう。

かさ行[編集 | ソースを編集]

かおり[編集 | ソースを編集]

  1. 「香織」が一番メジャーな表記かな?
  2. 語尾に「ちゃん」をつけると磯野カツオのクラスメイトや某お茶のキャラクターを思い出す。
  3. 何気に声優に多い名前の一つである。

かな[編集 | ソースを編集]

  1. 「おおば」さんと結婚できない。
    • 下記の「かなみ」さんや「かなこ」さんも同様である。
  2. 「あやか」と同じく女優、タレント、声優には多いが、スポーツ選手にはあまりいない。
    • バレーボールの大山加奈もう忘れられたのか。
  3. 「〇〇かな?」とダジャレを言われやすい。

かなえ[編集 | ソースを編集]

  1. えりかと同様三文字ガチャになるケースが高い。
    • ただ「苗」を使うパターンもあるので二文字のパターンもあるにはある。ただ「奏」は見たことないが。
      • 「叶」を使うパターンもそこまで多くないな。いなくはないけど。
    • 一文字の「鼎」はそれ以上にレア(2004年に人名用漢字に追加)。
      • かつて鼎と付けられた男性が名付け親の父を殺す事件も発生した。難読で画数も多いし三本足の器という意味だけど…
  2. 「叶え」と命令形になってしまいそう。

かなみ[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は 「かなみん」 になることが多い。
    • それもNACK5リスナーやClef Leafファンにとっては伊原佳奈美 (Clef Leaf) を指すことが多い。
    • しかし神奈川中央交通のキャラクターにも 「かなみん」 がいるのだった (神奈川中央交通による紹介) 。

和子[編集 | ソースを編集]

  1. 昭和生まれの女性に最も多い名前。
    • 平成生まれにもたまにいるが、どうしても古臭く感じてしまう。
    • 今や「シワシワネーム」の代表格。新元号が「令」なので、これから生まれる女児に「シワシワネーム」として流行するのだろうか?
  2. 「かずこ」と読むのが一般的だが、まれに「わこ」と読む場合もある。

さくら[編集 | ソースを編集]

  1. 『男はつらいよ』ファンにとってはなじみが深い名前。
  2. 最近では女性アイドルにこの名前が目立つ傾向がある。
  3. 春生まれの人が多そう。
    • しかし横峯さくら(プロゴルファー)は12月生まれである。
      • 藤原さくら(歌手)も。
    • 安藤サクラ(女優)は2月生まれ。
    • 遠藤さくら(乃木坂46)は10月生まれ。
      • 彼女(えんぴー)の「さくら」の由来はコブクロの「桜」からである。
        • そんなに若いのか…と思って調べてみたところ、メジャーとしての作品発売は2005年だが、2000年にはインディーズで発表してたんだな。
  4. 2000年前後生まれだとカードキャプターに由来する人が多い(特に春生まれでない場合)。
  5. 漢字だと「桜」またはその旧字体の「櫻」が多いが、「咲良」「咲楽」も一定数いる。

幸子[編集 | ソースを編集]

  1. 両親が不幸そう
  2. 小林さんにプロポーズされて悩む
    • 「私の名字をあげるから使ってちょうだい。」と返せばいい。
  3. 「ゆきこ」か「さちこ」かわからない
  4. わざとだよ?
    • 『NANA』乙
  5. 「さちこ」の場合、童謡の「さっちゃん」をネタにされやすい。
    • 世代によってはばんばひろふみの「SACHIKO」を関連付けられる。
    • あだ名ももちろん「さっちゃん」になる。
  6. 課長バカ一代で「幸子という名前の女は落としやすい」みたいなネタがあった。名前の割には薄幸だから、だとか。
  7. 新潟出身の演歌歌手のイメージが強そう。
    • 何気に新潟と縁がありそうな気がする。桜井幸子がヒロインを務めた『高校教師』では最終回で先生と一緒に新潟へ行くシーンがあった。

さやか[編集 | ソースを編集]

  1. メジャーな名前なのに、漢字をあてにくい。
    • 「沙也加」「紗耶香」のように、1文字ずつあてる万葉仮名パターンが多い。
    • 意味に合った文字を当てるとしたら「明香」「清香」とかになると思われる。でもそう読んではもらえまい。
    • しかし、「才加」や「彩」まで「さやか」かよと…。
      • 別の読みかと思った?残念!さやかって読みでした!
      • 山本彩(さやか)のいるNMB48に山本彩加(あやか)が加入しさらなる混乱が。
        • デレマスの声優陣にも大橋彩香(あやか)と原田彩楓(さやか)がいるが、後者が新人だった為かやはり混乱が起こった。
    • 9nineの西脇彩華は姉(Perfumeのあ~ちゃん)が「綾香」なので紛らわしい。
  2. この名前のお笑いコンビがいる。しかし2人とも男性である。

朱里[編集 | ソースを編集]

  1. 「じゅり」と「あかり」の2通りの読み方がある。
    • 48グループには双方いる。
    • 「しゅり」と読む人もいる。

しょうこ[編集 | ソースを編集]

  1. 表記は「祥子」「翔子」など。
    • タレントの中川翔子の本名は「しようこ」(なぜそうなったのかはこちらの20番を参照)。
  2. 1990年前後、某宗教の歌のせいでからかわれて嫌な思いをした人も少なくないとか…

たな行[編集 | ソースを編集]

ちなつ[編集 | ソースを編集]

  1. ちはるやちあき等と異なりこれはまず女性名。
    • 漢字も大体夏を使うのが普通。
      • 夏を使う場合「ちか」と読む場合もある。
  2. ちふゆという名前はいるのだろうか?

[編集 | ソースを編集]

  1. 男性でもいないわけではないらしいが、ほとんどは女性。
  2. たいていは架空キャラだがムギちゃんを思い浮かべる人が多い。
  3. 現実でもテレビ朝日のアナウンサーなどに存在する。
    • なおテレビ朝日のアナウンサーの場合は実家が呉服店であることに由来している。
  4. 2021年にはこの年生まれた新生児の名前ランキングで女児では1位となった。

なおみ[編集 | ソースを編集]

  1. 英語圏の女性名「Naomi」は、読みは同じだが語源的な繋がりはないらしい。
  2. 男性の「なおみ」もいるにはいるが(冒険家等)、それをもって男女共通の名前というほどでもない。
  3. セガのアーケードゲーム基板。

ななみ[編集 | ソースを編集]

  1. あだ名は橋本奈々未 に代表されるように 「ななみん」 になることが多い。
    • そこから発展して、乃木坂46ファンと鉄道ファンを兼ねる人は橋本駅 (京王相模原線・JR横浜線・相模線) を 「ななみん駅」 と呼ぶ姿も見られる。
  2. 漢字表記は「七海」が多いかも。
  3. 苗字が 「七海」 や 「名波」 の人とは結婚しづらい。
    • さらに下の名前が 「七海」 の人が七海姓の男性と結婚したら…?
      • その場合は新婦が 「私の苗字をあげるから使って!」 と要求すればいい。
  4. 漢字に「七」を使う場合、七味唐辛子と関連付けられる。
    • 七味唐辛子の七味を「ななみ」と読み間違われ反応してしまう。
    • 「なな」「ななこ」「ななせ」と同様、数字の7にこだわる。
      • 「ななみ」という読みから「73」も好きな数字。

は行[編集 | ソースを編集]

はな[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字は「花」か「華」。
  2. 欧米人で発音の似ている「Hannah」「Hanna」がいるので、覚えてもらいやすい。
    • 意識して名付けられたハーフの人も。

花子[編集 | ソースを編集]

  1. 最も日本人女性を代表する名前だが、「太郎」同様、現代では珍しい。
    • と言うか「○子」自体が絶滅危惧種。
  2. これも「太郎」同様、名前を書く書類のサンプルによく使われる。

はるな[編集 | ソースを編集]

  1. 某芸人の影響で「角野卓造じゃねーよ」といじられる。
  2. というか、何気に女優やアイドルに多い気がする。
  3. 「春名」「榛名」などは苗字。
    • 「とっとこハム太郎」のヒロイン・ロコちゃんの苗字。

陽菜[編集 | ソースを編集]

  1. 読みは「はるな」と「ひな」に分かれる。
  2. 2000年代前半に急増した名前。
    • 小嶋陽菜(1988年生まれ)は時代を先取りしすぎ?
    • 川後陽菜(1998年生まれ)も先取りした名前となった。

日菜[編集 | ソースを編集]

  1. ぽーっとしてると白菜と見間違える。

陽葵[編集 | ソースを編集]

  1. 「ひまり」と読む。なんか予測はできなくもない。
    • 向日葵(ひまわり)の向を抜いて、陽向のように日を陽にしたものだが…
    • そのまま読めば「まわり」になってしまいそう。
  2. これで「はるき」と読む男もいそうだが、案外少ない。

ふみえ[編集 | ソースを編集]

  1. 日本史の授業で隠れキリシタンの話になるとネタにされる。
  2. あだ名はふーみん。

穂波[編集 | ソースを編集]

  1. 名前にも使われるが、苗字にも使われる。
  2. 政治ファンだと五寸釘…

ま行[編集 | ソースを編集]

まい[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字のパターンはいくつかあるがいちばんポピュラーなのは一文字では「舞」二文字だと「麻衣」になるのかな?
  2. 80年代半ばから90年代前半生まれの世代だとクラスに必ず1人か2人はいるイメージ。
    • 実際にこの年代の女性芸能人でもこの名前はかなり目立つ。
      • 乃木坂46には主力メンバーに「麻衣」が2人いる。
        • さらに2期生にも 「眞衣」 がいる。
  3. かつてのNHK教育テレビの食育番組「ひとりでできるもん」の主人公の女の子の名前
    • 先述のように視聴者世代の女の子に「まい」ちゃんが多かったこともあり、関連付けられやすかった。
      • 新内眞衣がレギュラーのラジオ番組のコーナーに「まいちゅんのひとりでできるもん」というものがあったので、まい違いを意識したと思ってしまう。
  4. あだ名は「まいまい」が多い。
  5. 渕上舞(声の方はガルパンとかアルペジオで有名、純粋なアイドルは博多)という混同してしまう名前。
  6. その名前からイントネーションを変えて「○○(苗字)米」と呼ばれやすい。
    • 例 深川麻衣→深川米
    • 「魚沼」「伊賀」などだとブランド米っぽくなる。
  7. 「My name is Mai」という駄洒落で良くも悪くも覚えられやすい。
  8. 格ゲープレイヤーは餓狼伝説に出てくる女忍者を思い出す。

真夏[編集 | ソースを編集]

  1. 子供が夏以外 (とくに冬) に生まれるとつけづらい名前。
    • かといって冬生まれの子供に 「真冬」 とつけるのも気が引ける感じがする…。
    • 秋元真夏 も誕生日は8月20日。
  2. 「『真夏』の夜の~」と、某ビデオあるシェイクスピアの戯曲のタイトルへ続けられてしまう。

まゆ[編集 | ソースを編集]

  1. 女性アイドルに何気に多い。
    • その名前故にAKB48の元メンバーの影響からか、「まゆゆ」と呼ばれることも。
    • ツインテールにしてそう。
  2. 1990年代には某学園ドラマが流行っていたためか、そのヒロインにあやかってつけたことも。

まゆみ[編集 | ソースを編集]

  1. 「真由美」「麻由美」「真弓」などこちらも表記は意外と様々。
    • 「麻由美」だと女優が、「真弓」なら歌手や声優を思い浮かべる人が多い。
      • 「真弓」の場合、苗字と間違われてしまうこともある。
        • 阪神ファンなら尚更ネタにされる。
  2. 檀れいは本名が「まゆみ」であり、「檀」の文字が「まゆみ」と読めることからこの芸名になった。
  3. 本宮市では市の主催で名前に「まゆみ」が付く人を集めようという会がある。
    • 市の木が2の檀れいの芸名の由来にもなった「檀」だかららしい。
    • なお必ずしも名前が「まゆみ」ではなくても、苗字が「まゆみ」だったり、苗字と名前の途中に「まゆみ」があったりといった場合でも会には入会できる模様。

まり[編集 | ソースを編集]

  1. 「おだ」さんや「みずた」さんとは結婚できない。
    • 「まりこ」さん「まりえ」さんも同様。
      • 「まりあ」さんもお忘れなく。
        • 「まりか」さんも忘れずに。
    • 「ふんづ」さんとも結婚できない。
    • 「ゆきど」さんとも結婚できない。
    • 「ゆきづ」さんとも結婚できない。
    • 「はなづ」さんとも結婚できない。
    • 「ちだ」さんと結婚したら・・・ ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
    • NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」でヒロインの妹が鞠子(まりこ)という名前で結婚相手が水田さんだったので、役名とは言え「大丈夫か?」と思えた。
  2. そんな憂鬱を描いた「まりッジブルー」というエッセイが存在する。
  3. 「真理」の場合、稀に、「まさみち」、「まこと」と読む男性だったりする。

まりあ[編集 | ソースを編集]

  1. 姓が「あべ」だとキリスト教徒と思われる。
    • 実はAKB48のメンバーに実在する。
      • 現在は台北に移籍。
  2. 「まりや」と書き間違えられやすい。
  3. 真莉愛とかいう「当て字」も、もちろん存在する。

みき[編集 | ソースを編集]

  1. 表記は「美紀」「美樹」「未希」など。
  2. 「三木」は苗字。
    • 某兄弟漫才コンビのコンビ名はコレ。

みなみ[編集 | ソースを編集]

  1. 表記は「みなみ」がほとんど。
    • たまに「美波」も見かける。
    • 「南」と書けば苗字。
      • 「タッチ」のヒロインは「浅倉南」。
    • 女子プロ野球選手の「みなみ」は登録名で本名は「南海」と書く当て字。
  2. アイドルに多いイメージがある。
    • AKB48にも乃木坂46にもいる。
  3. 世代によっては「タッチ」のヒロインのイメージが強い。
    • 甲子園に連れてって!

みほ[編集 | ソースを編集]

  1. 「美保」や「美帆」もそれなりに見かけるけどいちばん目立つのはやはり「美穂」。
    • もうちょっと年齢が下がると「未歩」とかになる。
  2. 某女性芸能人の影響で「ミポリン」というあだ名をつけられることも
    • ある年代では彼女にあやかって名付けられた、という娘も結構いるとか。
  3. 競馬ファンには女性の名前ではなくトレセンのあるところ、などと認識する人も少なくないかも。

みゆき[編集 | ソースを編集]

  1. 中島みゆきと無理やり関連付けられる。
    • 沢城みゆきはまさにこれが由来だとか。弟が「千春」だし…。
  2. 銀座をアイビールックで闊歩するイメージも。
  3. 顔がペコちゃん似だと「ミルキー」と綽名されることも(実際そういう同級生がいて…)。
    • NMB48ファンにとっても、「みゆき」といえば「みるきー」を思い出す。
  4. プロゴルファー兼牝馬三冠兼史上最多G1(Jpn1)勝利馬のジョッキー。
  5. 冬生まれの場合、漢字が「深雪」になりやすい。
    • 冬生まれなら美雪もある。

[編集 | ソースを編集]

  1. 99%の恵さんは、友達から「メグ」と呼ばれる。
  2. 「メグちゃん」「メグメグ」もいる。
    • 「めぐみお姉さん」の意味合いで「めぐねえ」とか。
  3. 「めぐみ」といっても纒を持って歩いている人は滅多にいない。
  4. 「めぐみ」だと思ってたら、実は「ケイ」ってこともある。
    • 「めぐみ」だと大抵女性だが、「けい」だと男性にもいる。
  5. 恵恵。これで姓名として通じる
  6. 稀に、「めぐむ」ちゃんがいる。
    • 「めぐむ」くんもいる。
    • 「めぐ」が本名な人も昔見かけたことがある。

めぐみ[編集 | ソースを編集]

  1. 上記の「恵」の他、「愛」「慈」などがある。
    • 旧字体の「惠」も人名用漢字なので使用可能。
    • 「慈愛」や「慈恵」という熟語が、同じ意味の漢字を並べたものだということに気づく。
  2. 他にも、そのまま平仮名で「めぐみ」とか。
  3. 二文字で「恵美」の場合も。
    • 「えみ」と間違えられやすい。

[編集 | ソースを編集]

  1. 普通はもえと読む。
  2. 細貝萌(ほそがいはじめ)のように男性もいるにはいるがそれをもって男女兼用というほどでもなさそう。

やらわ行[編集 | ソースを編集]

ゆきみ[編集 | ソースを編集]

  1. ぶきみちゃん、というあだ名をつけられる可能性がきわめて高い。
    • 「大福」とか。
  2. 「~なのです」

ゆな[編集 | ソースを編集]

  1. 漢字にもよるが「ゆうな」と間違えられやすい。
    • 「結菜」の場合は「ゆいな」と間違えられる。
  2. この読みに×××な意味があることは今では忘れられている。
    • 余程無理のある表記でなければすっかり定着していると言えよう。

ゆみ[編集 | ソースを編集]

  1. 「由美」「佑美」「祐実」など漢字のバリエーションが多い。
    • 漢字によっては「ゆうみ」と読む場合もいる。
    • 「ゆき」と「ゆうき」の関係みたくローマ字表記で混同されやすい。
  2. 松任谷さんにちなんで「ユーミン」と呼ばれやすい。

ゆり[編集 | ソースを編集]

  1. 主に「百合」「由里」「由利」など。
    • 「百合」の場合、女友達と仲良すぎるとイジられやすい。
  2. 余裕ッチ!

ようこ[編集 | ソースを編集]

  1. 横須賀に多くいそうなイメージがある。
  2. 物理学の教室に陽子さんがいると、電子や中性子が「でんこ」とか「ちゅうせいこ」とか読まれたりする。
  3. 「洋子」と「陽子」に分かれそう。
    • 次点で「葉子」や「容子」あたりかな?
  4. やはりジョン・レノンの妻を関連付けられる。

よしこ[編集 | ソースを編集]

  1. これも昭和時代に多い名前の一つ。
    • ただし某お笑いコンビの片割れは平成生まれ。
  2. 表記は「良子」「芳子」「好子」など多岐に渡る。
    • 「良子」の場合、この名前か「りょうこ」かで真っ二つ。
      • なお、佐久間良子(女優)や榊原良子(声優)は前者、坂口良子(女優)や森山良子(歌手)は後者。
    • 「美子」だと日ペンの美子ちゃんと関連付けられそう(あっちは「みこ」だが)。
  3. 桑田佳祐の某楽曲
  4. 冗談は…(以下略)と言われやすそう。

りこ[編集 | ソースを編集]

  1. おそらく「○子」とつける名前の中では現代でも比較的なじんでいる名前。
    • その場合「○」に入る漢字は「莉」や「璃」が多い。
      • やや世代が古いと「○」に入る漢字は「理」や「梨」あたりになる。
  2. 現代の場合、「子」の部分が「心」や「瑚」になっていることもある。

りさ[編集 | ソースを編集]

  1. 日本のみならず英語圏でもそこまで違和感がない名前の1つ。
  2. 表記は「里紗」「梨沙」「理沙」など。
    • ひらがな表記の「りさ」や英語表記も芸能人を中心に多い。

りな[編集 | ソースを編集]

  1. コレも女優・タレント・アイドルに多そう。
    • 特に平成以降生まれに多い。
  2. 表記は「里奈」「理奈」「莉菜」など。

りん[編集 | ソースを編集]

  1. 苗字が読み2文字だとフルネームがゆるキャラっぽくなってしまう。
    • 場合によっては3文字でも。
    • 某キャンプ漫画のネタ。
  2. 「苗字の上2文字+りん」であだ名がゆるキャラっぽくなった人も。
    • アイドルにもいそうなニックネームである。

玲奈[編集 | ソースを編集]

  1. 「れな」と「れいな」の2パターンに分かれる。
    • 松井玲奈・能年玲奈は前者、トリンドル玲奈は後者。
    • というより、「れ」と読む漢字はほぼないに等しいので必然的に「れい」と読む字を使うことになる。
      • 田中麗奈(れな)と田中れいな(本名・麗奈)がもっと際どいケース。
      • モーニング娘。にはその後横山玲奈(れいな)が。なお「れな」はいない。

A〜Z[編集 | ソースを編集]

ann/anne[編集 | ソースを編集]

  1. 最後の「e」を付けるか付けないかでもめる。
    • 確か赤毛のアンにそんなくだりがあった。
  2. 「赤毛のアン」のみならず日本人の「杏」のおかげで覚えやすくなった。

Jessica[編集 | ソースを編集]

  1. アメリカ人では1980年代生まれに多い。
  2. 道端ジェシカや元少女時代のジェシカ、それにジェシカ・アルバやジェシカ・シンプソンやジェシカ・チャステイン、ジェシカ・ビールが浮かぶ。
  3. なぜDQ8のキャラは「ゼシカ」なのだろうか。

関連項目[編集 | ソースを編集]