和歌山の交通

提供:chakuwiki

和歌山の鉄道路線[編集 | ソースを編集]

JR
私鉄

廃止路線[編集 | ソースを編集]

野上電気鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. 撮影禁止をめぐる鉄ヲタとの軋轢しか印象にない。
    • ある意味鉄オタの地位を下げた一社。
      • ということにしたがるような、鉄ヲタ叩きが大好きな人の格好の材料であることは確かだな。
    • 以前はもっと謙虚だったが、末期になって横柄になった。
      • 指導者となりうるベテラン職員の退職と入れ替わる形で若手を大量採用したから。そのせいで職員の人間関係はもつれ、鉄ヲタはもとより、利用客に対しても横柄になった。
    • それどころかマスコミの取材でさえ断るまでに至った。今思えばここと鉄道マスコミの関係のようなもの。
  2. 終着駅は「登山口駅」。鉄ヲタはどの山への登山口か、最後までわからなかった。
    • 正解は生石高原である。
  3. 最後まで大手私鉄の影響下にない独立経営だった。
    • そのため、国の補助金が切られるとあっさり自主廃業。
      • そもそも補助金をアテにしすぎたため、どこからも援助を受けることもなく、悲惨な末路を迎えた。
        • その補助金をアテにして近代化を目論んだが、頓挫した。
  4. 1970年代にも廃線になりかけたことがあった。
    • オイルショックで利用客を取り戻したため、撤回された。
  5. かつて高野山まで延伸する計画があったらしい。
  6. 廃止直前は阪急や阪神の旧型車が走っていたので鉄道ファンに人気があった。
    • 阪神の中古車両の一部は廃止後阪神に里帰りし、尼崎センタープール前駅近くの高架下に保存されている。
    • 他に水間鉄道の車両置き換えで余剰となった南海旧1201形を譲受したのはいいものの、重量オーバーで使い物にならず廃棄されたらしい。なぜそんなことが事前にわからなかったのか…。
      • 軌道が軟弱すぎて就役できず、補助金をアテにしてまでやむなく新車を導入しようとしたが、バブル崩壊と同時期に補助金交付が打ち切られ、あえなく白紙に。
    • 富山地方鉄道の余剰車両も購入していたらしい。
  7. バス部門は地元の運送会社である大十に引き継がれた。
駅(廃線時点)

日方(海南駅と接続) - 春日前 - 幡川 - 重根 - 紀伊阪井 - 沖野々 - 野上中 - 北山 - 八幡馬場 - 紀伊野上 - 動木 - 龍光寺前 - 下佐々 - 登山口

有田鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. 紀勢本線の藤並駅から、有田川沿いに内陸に向かっていた路線。
  2. 元々は、湯浅駅が起点だった。
    • 紀勢本線の藤並~湯浅間は、後にできた路線。一時は両線が並行していた。
  3. ミカンなどの特産品の積み出しが主な目的。
  4. 末期は休日運休、1日2往復の運行だった。
    • 輸送量もレールバス1両で事足りていた。
    • 旧樽見鉄道のレールバスが来る前は元富士急行のキハ58を使っていたが、譲渡前と同じく旧国鉄線への乗り入れを行っていた。
      • オリジナルの国鉄キハ58にはなかった両運転台車も存在していた。
  5. 廃止後終点の金屋口駅は加悦鉄道の加悦駅と同じく「有田川町鉄道公園」という保存施設になっている。
  6. 廃線間際には、並行して走る系列の路線バスに鉄道線の切符で乗ることができていた。
    • 要は、鉄道が運行されていない時間はバスに乗ってくれということ。しかし、そのバスもマイクロバスだったのでその当時から輸送力はバスでも・・・。
  7. なぜか1駅だけJRに乗り入れていた。
    • もともときのくに線より早く開業したのだが湯浅町ー藤並駅間の区間がかぶってしまい戦時中に廃止されたため、その見返りで乗り入れていた。
    • ただし私鉄とJRの衝突事故で取り止めになった模様。
    • 全国版の時刻表の紀勢線のページには直通列車は列車番号がDがつかなかったためその列車だけ□の中に気と書かれていた。
  8. 末期の車両が樽見鉄道のレールバスだった。
    • ちなみにこの路線初の冷房車。ただし1994年運行開始。
  9. 和歌山県には有田(ありた)交通があるらしいが無関係らしい。
    • ちなみにここはありだと読む。
  10. 一時期バス車両にトヨタの乗用車が使われたことがある。
駅(廃線時点)

藤並 - 田殿口 - 下津野 - 御霊 - 金屋口

バス[編集 | ソースを編集]

大十バス[編集 | ソースを編集]

  1. 旧野上電気鉄道のバス事業を親会社から継承。
  2. 愛称は「大十オレンジバス」。その名の通り車体カラーは橙色基調。

中紀バス[編集 | ソースを編集]

  1. スケールの大きそうな名前と裏腹に、和歌山県の路線バス会社の中では特に存在感が薄い。
    • ここだけ大型時刻表に一切掲載されていないという事情もあるだろう。
  2. 一応有田市湯浅町広川町由良町をエリアとしているが、自社路線は6路線しかないうえ本数も少なくさらに休日全休の所も。
    • 車両も路線車は中型車かマイクロバスのみ。
  3. 貸切バスは結構繁盛しているようで、都内など意外な所で見かけたりする。

龍神自動車[編集 | ソースを編集]

  1. 田辺市北部を主な運行エリアとするバス会社。
    • 以前は田辺、南部龍神の間だけを走る事業者だったが、西日本JRバスが栗栖川~熊野本宮間を廃止した際意外にも明光バスでなくここが路線を引き継いだため、本宮までエリアが大幅に拡大した。
  2. この社名ながら本社は旧龍神村ではなく田辺市の中心街にある。
  3. シーズン限定で龍神温泉から護摩壇山までの路線を運行し、護摩壇山で南海りんかんバスの路線と接続することで龍神温泉と高野山とを結んでいる。
    • 京阪神から龍神温泉へ行く場合の穴場ルート(乗り換えが多いが田辺回りより近くて早い)。

道路[編集 | ソースを編集]

  1. あいさつ代わりにオービスで記念撮影をしてくれる。
    • 阪和道で紀州へ入るときの話。
  2. 道路を走るとそこら中に「つれもって行こら」という標語が書かれている。
    • 沿道には、この看板とミカン農家の無人販売所と、オークワと、那智黒の看板くらいしかない。あとは、海と山と畑と、熊野詣の人と、年寄りだけ、それが和歌山の道。
  3. 割と広い領域を持つ和歌山県だが、まともな道路が、高速2本と阪和国道、42号線、24号線、168号線、311号線(田辺~本宮)、371号線(紀見峠~橋本、高野山~龍神)、480号線(かつらぎ~高野山)と一部県道、紀ノ川広域農道くらいしかない。
    • これでも高野山と熊野古道の世界遺産登録前よりは、随分よくなった。それより前は480号もあまり走りやすくなかったし、阪和国道も24号もよく渋滞するクソみたいな道路だった。
  4. 軽自動車・大型トラック・一般車のスピードの差が激しい。

高速道路・国道[編集 | ソースを編集]

和歌山県道[編集 | ソースを編集]

7号粉河加太線[編集 | ソースを編集]

  1. 国道24号線と和泉山脈の間を行く県道。
    • 道幅の割には、それなりに交通量が多い。
  2. 駅の規模の割に紀伊駅前に月極駐車場が多い理由。
    • 岩出あたりの人が、駅前までこの道でやってきて、ここに車を停めて、大阪の会社へ出社することが多いため。
  3. 和歌山バス那賀にとって、命綱となっている紀伊粉河線は基本的にこの道を行く。
    • 近大和歌山キャンパスがなくなったら、おしまいやろね。2000年頃には、30分に1本くらいあったのに、今は毎時1本あるかないかやし。
  4. 岩出市内では、国道24号に接続させるバイパス建設が検討されている。
  5. 和歌山市街から加太へのアクセスルート。
    • 加太の人にとっては、この道は命綱。

14号和歌山打田線[編集 | ソースを編集]

  1. 旧・国道24号。
    • 岩出バイパスができるまでは、この道が幹線国道だったという貧弱さ。
  2. 出島~岩出は紀ノ川の南側の堤防上を行く。
    • そんな場所を走るから、増水時に規制がかかる。というか紀ノ川水害のときは、これのせいで、緊急路が水没みたいな状況になったらしい。

22号吉備金屋線[編集 | ソースを編集]

  1. なんでかようわからんけど、沿道人口の割に、それなりに交通量がある道。
    • まあ、金屋のあたりが、人口の割にそれなりに街になってるからやろけど。
  2. 旧道と新道がある。両方とも全区間が県道に指定されている。

40号樫野串本線[編集 | ソースを編集]

  1. 串本から樫野崎まで行く道。
  2. 紀伊大島の命綱。
    • 島内部分は、地味にアップダウンが激しい。
  3. 末端部分まで、全線にわたって片側1車線が確保されていて走りやすい。

41号潮岬周遊線[編集 | ソースを編集]

  1. 串本町串本から串本町串本までを結ぶ道路。
  2. その名の通り、潮岬の陸繋島部分をぐるっと一周する道路。
  3. 海沿いを行くから、結構景色がいいかなと思いきや、西半分は、そこまででもない。
    • 東半分と比べ、森林の中を走るため、むしろ、あまり海が見えない。

46号那智山勝浦線[編集 | ソースを編集]

  1. 那智山青岸渡寺熊野那智大社へのアクセス道路。

53号高野天川線[編集 | ソースを編集]

53号高野天川線

62号泉佐野打田線[編集 | ソースを編集]

  1. いわゆる粉河街道とか犬鳴越と呼ばれるルート。
  2. 和歌山バスがこの道に沿って粉河から熊取までバスをぶっ飛ばしている。
  3. 犬鳴山温泉へ行くには、この道路で。
  4. 和泉葛城山へ登る紀泉高原スカイラインへのアクセスもある。
  5. 泉佐野岩出線と並んで、昭和の頃から、比較的使い勝手の良かった阪和間を結ぶ山越え県道の雄。

63号泉佐野岩出線[編集 | ソースを編集]

  1. マリンブリッジだのスカイブリッジだの洒落た橋が続く。割とドライブ好きには楽しい道であった。
    • 最近はりんくうプレミアムのせいで渋滞することも多いため正直イライラする事のほうが多い。特に南行。
  2. 最近風吹峠~根来付近が4車線化されたが、わりと山賊パンダが居ることが多いので要注意。特に下り坂になる岩出方面行。
  3. 岩出市には毎朝通勤に和泉砂川までこの道を走って、そこから電車で大阪市内へ出るという人も多い。
    • なぜそのまま直進して湾岸飛ばして大阪まで出ないのか疑問。

198号龍神中辺路線[編集 | ソースを編集]

  1. 龍神中辺路を結ぶ三桁県道。
  2. 実は新宮~和歌山の下道で比較的走りやすい割には、比較的速く行けるルート一部を構成した道路。
    • 168号→311号→県道189号→424号→県道22号→42号。
  3. 高速南部までしかなかった頃は、中辺路の国道311号との交差点に、道路公団設置の「阪和道 吉備IC →」の大きな看板が出ていた。
  4. すぐ近くを国道371号が通っているが、不通区間だったようなただの酷道だったような。
  5. 正直な話、水上栃谷トンネルは、南紀の山間部へ旅行するときにはマジでネ申。

731号二見御幸辻停車場線[編集 | ソースを編集]

  1. 御幸辻から大和二見まで行く県道。
  2. 農道と合わさって国道24号のバイパスルートになっていた。
  3. 五條から大阪方面というのはあまりなかった(国道309号経由の方が速いから。)が、五條から林間田園都市の月極駐車場まで車で出て、南海電車で会社に行く五條市民もちらほらいた。

752号和歌山阪南線[編集 | ソースを編集]

国道26号

その他の道路[編集 | ソースを編集]

紀ノ川広域農道[編集 | ソースを編集]

  1. 京奈和道が完成するまでは、国道24号のバイパスだった。
  2. これと、御幸辻二見線を使えば、岩出から大和二見まで、渋滞知らずの快適なドライブができた。