国家

提供:chakuwiki
  1. 一定の領土と排他的な経済組織を供えた政治共同体のこと。
    • あと国民も必要。
    • 領土は自然に形成された部分がないとダメらしい。
  2. 近代以降は国1つの重要性がかなり重くなってきている気がする。
    • 勝手に国家を作ることは世界的にタブーになりつつある。
    • 失敗国家はある意味重要性が増した結果の弊害と言ってもいいだろう。
    • 国民国家という概念ができる前と後で国家というものの意味合いが大きく変わっている気がする。
      • 端的に言うと支配者だけが意識するものか国民全員が選挙などを通し意識させられるものかという感じ。
        • 良くも悪くも国民の声をどうするかが重要視してきているような気がする。
  3. ここ50年ほどは併合より分割する方が容易になっている。
    • ただしどのみち一悶着は起きるし、安定するのも難しい。
    • 昔の未来予測では逆に連邦国家や世界統一国家が誕生すると想定するものもあった。
      • 多分植民地があることが前提だったんだな。
      • なお世界統一国家の成立には、現行の世界中の政治体制だと無理そう。
        • 民主主義は統制する範囲に限界があるし、独裁は(SNSとかが普及しているとはいえ)ヘイト管理や統制を世界規模でやるにはまだ無理がある。(個人的な考えだけど)
    • 独立も併合も大国の意向が多い。
  4. これを愛する=その国の国家の体制を愛している。
    • 中国ではこれが顕著になりつつあるが、あそこは歴史的に考えると国家=体制だからな。
    • 日本でさえ天皇制廃止を主張する人は反日という意見があるからな。
    • つまり体制や思想・人物が同じなら土地がどうであっても同じ名前の国家が成立するということもできる..ってこれ亡命国家やん。
  5. シンボルとなる旗や紋章がある。
    • 特に旗は愛好家がたくさんいる。
    • シンボルとなる歌もある。
    • これに敬意を表さない人は国内外にいるが当然批判があるのはどこも同じ。
  6. 必ずしも国民一人一人はこれの分身ではない。
  7. 隣国同士の仲が悪いのはどこも一緒らしい。
    • 仲が良かった一つの国家になっているともいえる。
  8. 近年はグローバル化によって国家間の垣根が薄くなった結果、ぶっちゃけ国なんてなくてよくねと思っている人が出てきている。
    • 一方でグローバル化だからこそ国の意識が大事という考えもある。
  9. 政治体制はいろいろだが君主制国家新設はあまりない。
    • 近代以降にそれをやった人間は全て短期間で失脚した。

関連項目[編集 | ソースを編集]