国立競技場

提供:chakuwiki

日本の陸上競技場・球技場 > 関東 > 東京 > 国立競技場

国立競技場の噂[編集 | ソースを編集]

現在の国立
  1. 2020年東京オリンピックを目指し、旧国立競技場を建て替える形で建設。
  2. 建て替え後のデザイン予想図はかなり賛否両論を呼んでいる。
    • 一度決まっていたデザインは建設費が相当巨額になることとデザイン自体の評判の悪さから撤回し改めて決め直した。
    • これが原因で建設時期がずれ込み、2019ラグビーワールドカップには間に合わないことの濃厚に。
  3. 陸上競技場として建設されるが、陸上競技をやる上で必要な常設サブトラックの用地確保が困難なため、オリンピック後はトラックを潰して球技場に改修するとか。
    • また、オリンピック後に開閉式屋根を付けるかどうかも議論されたが、経費に加えて芝の生育への影響もあり断念。
    • 2025年に世界陸上が東京で開催されることが決まったためかトラックは潰さないことに。
  4. ネーミングライツを募集するらしいが、そもそも国際大会では正式名称でしか呼ばないので応募してくれそうな所は?
  5. 旧国立競技場の前身の明治神宮外苑競技場から数えると三代目になる。
  6. 「オリンピックスタジアム」はあくまで五輪のための名称である。
  7. 外周には東京五輪・パラメダリスト一覧のパネルが掲げられた。
  8. Jリーグの試合開催も増えている。東京以外のクラブによる主催も含め。

国立霞ヶ丘陸上競技場の噂[編集 | ソースを編集]

旧国立正門
  • 通称名:国立競技場、旧国立競技場、旧国立
  1. 正式には「国立霞ヶ丘陸上競技場」
    • 国立の競技場は他に代々木体育館、西が丘サッカー場などもあるが、「国立競技場」と言えば普通は霞ヶ丘。
    • なお、「国立霞ヶ丘競技場」だと秩父宮ラグビー場も含まれる。
    • 「国立霞ヶ関競技場」と誤って記述される。
      • ネット検索すると結構多い。
  2. 東京オリンピックのメインスタジアムだった。
    • なので海外では「National Olympic Stadium」と呼ばれる。
      • 博多華丸川平(かびら)さん的には、「ナショナルスタジアム」
    • そして、次の東京オリンピックに向けて改築へ。
  3. サッカーの聖地。
    • 全国高校選手権ではベスト4に入れば、ここで試合できる。
      • 開会式もここで行われるので、「国立に帰ってくる」が出場選手の合い言葉。
      • 開幕戦もやる。東京B代表は優先権がある(組み合わせ抽選の都合で、都内の会場で試合をできない場合もあるため)。
      • 2008年度は準決勝が埼玉スタジアム2002に。
        • 2014年度以降は開会式&開幕戦が駒沢、準決勝以降は埼玉。
    • 天皇杯ナビスコ杯、全日本大学選手権の決勝も。
    • 1993年の記念すべきJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎 vs 横浜マリノス)もここだった。
  4. ラグビーの試合も行われる。
  5. 夜は聖火が燃え盛る。
    • ごま油で磨いているらしい。
  6. かつては「明治神宮外苑競技場」だった。
    • 日本がサッカーのW杯予選を初めて戦った試合はここで。そのときは、まだこの名前。
      • 初のサッカー日韓戦とも言える。
      • 「玄界灘へ身を投げろ。」
    • 学徒出陣壮行会も開かれた。
    • これを含めれば新国立競技場は三代目にあたる。
  7. 最近になってコンサートが解禁された。
    • ももクロの目標。
      • 実現の運びとなった。
    • 嵐のイメージが強い。
    • ラルクだな。
  8. 今は東京ドームに移ったが、アメフト日本一を決めるライスボウルもかつてはここで行われていた。
    • 三が日は、元日:サッカー天皇杯決勝、2日:ラグビー大学選手権、3日:ライスボウル というスケジュールだった。
      • 元日 2日は、今でもこのスケジュール。
  9. 昔、芝生は冬場、枯れ草の色になっていた。
    • 日本のサッカーレベルの象徴だったが、当時の日本人にとっちゃ「そりゃ冬だもん、枯れるでしょ」というレベルでしかなかったんだろう。
  10. なんでリンクを貼ってないの?
  11. 2009年、石原裕次郎の追悼イベントとして、大掛かりなセットをここに建てて行われた。
  12. 2002年にここで行われた格闘技イベント「Dynamite!」は国内PPV最高記録を樹立した。
  13. 女性用の立ち小便器がある事で有名。
  14. 東京体育館陸上競技場と代々木公園陸上競技場をサブトラックと位置付けていたが、オリンピック及び世界陸上では仮設のサブトラックで対応した。