国道168号

提供:chakuwiki

国道168号の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 全線が片側2車線の走りやすい道と思っていた。(生駒市民)
    • 全線片側2車線とはいかないが、そのうち走りやすくなる・・・はず。
    • 王寺町香芝市付近に頑固な家がたくさんある。そいつらの敷地の地下を通したら広くなるわ。(by王寺町民)
  2. 奈良交通の日本最長距離路線バス「八木新宮線」の主な走行ルート。
  3. 国道24号との重複が少し長い。
    • 1日24時間と1週間168時間。
  4. 奈良県を北端から南端まで縦断。県面積は全国ワーストクラスの奈良県だが168に関しては奈良が広く感じる。
    • 大阪府の約2倍ですから。
  5. 和歌山県の3桁国道にしては走りやすい。

新宮本宮五條[編集 | ソースを編集]

  1. 新宮-五條間はあまりにも道が悪すぎるので、高規格道路「五條新宮道路」の建設が進行中。
    • 五條新宮道路は山陽道みたいに大半がトンネルとなる。
      • ダム湖の上30m位のところを長い高架にして抜ける区間もある。
  2. 大阪から紀伊半島南端の新宮までの最短ルート。全体的に狭い。十津川村風屋より小原まで、田辺市本宮町以南はハイペースをキープできる。途中、日本有数の酷道に行くことができる。
  3. この道を利用して大阪府南部から和歌山県那智勝浦まで3時間で到達した強豪がいる。
    • この狭い道を何キロで飛ばしてんねん!
  4. センターラインが無い区間があり、よく対向車がセンター割って対向車に突っ込んでくる事故が起こる。
  5. 北から十津川村へ入ってすぐの地点にある「谷瀬の吊り橋」は一見の価値あり。ただ上野地トンネルの旧道にあるので知らずに通過してしまうかも。
  6. 十津川の狭隘区間のミニヘアピンの先でたまにバン止めて携帯で喋ってる奴がいたりする。あれされると、対向車が来ててもすれ違えねえから困る。
  7. 平成の大合併により本宮町が編入されたことにより田辺市内も通るようになった。
  8. 本宮から新宮に向かっていると、越路トンネルを越えるまでは熊野川沿いを走る民家があんまりない山の中なのに、トンネルをくぐった途端市街地になるのでちょっとビビる。
    • 逆もまた然り。
  9. 1990年ころと比較して、大幅に道路改良が進んだ。
    • 当時は五新道路どころか上野地トンネルも宇井バイパスも無く、ひたすら細い道を行くしかなかった。
    • それでも十津川村や大塔村の辺りに酷道チックなエリアも若干残っている。
  10. 地すべりの映像が撮れたのは、まだ建設途中だった辻堂バイパス区間。

五條~高田王寺枚方[編集 | ソースを編集]

  1. 意外にも終点は大阪府枚方市内にある。
    • 交野市と生駒市の間にも結構狭い場所がある。
      • 県境の大阪側に「星のブランコ」という有数の大きさを持つ吊り橋がある。
        • 通学のときよく原付で通ってたけど、あの観光客はみんな吊り橋目当てだったのか。
      • 通称磐船街道。地元の走り屋のスポットとして有名らしくたまに見かける。交通量は比較的多く大型トラックが通ることもある。
    • 国道1号線枚方市「天の川」交差点が終点。
  2. 1981年(昭和56年)に終点が大和高田市から枚方市へ延長、400番台前半国道と同期だからか葛城市以北は400番台前半国道色が漂う。
    • 大阪都心からそう遠くないのに交野市と生駒市の境界付近に狭隘区間が存在する。