堅田

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 滋賀大津市堅田


堅田の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 滋賀の風景として真っ先に取り上げられる浮御堂がある。
  2. 大昔、海賊ならぬ「湖賊」がいた。
  3. びわ湖タワー跡地の今後が気になる。
    • イズミヤになった。
    • 巨大な観覧車は健在。
      • あるだけで乗れない。月に1度くらい点検で動いてるらしい。
      • 2013年にベトナムのダナン市が買い取り、同市に移築。現在は「Sun Wheel」という名で遠き彼の地で頑張っている。
    • (今更ながら)それにしてもまさかびわ湖タワーが潰れるとはなあ…
  4. しかし、その代わりにダイエー堅田店が閉店してしまった。
    • ダイエー跡地にACTが入り、近々オープン。パチンコとゲーセンとボーリング場が投入されるらしい。
  5. 平和堂VSダイエー → 平和堂VSイズミヤ
  6. 「かたた」なのか「かただ」なのかは人によって呼び方が違う。
    • 携帯やパソコンで変換したら二つとも堅田とでてくる。
    • ちなみに駅名は「かたた」
    • 地元民も「かたた」という
    • ただ初期のGoogle Earthには「Katada」と表記されていた。
      • google マップの地形で見ると依然「Katada」表記である上、場所が琵琶湖の中にある。
  7. 休日は守山市北部の学生がたくさんいる。
    • 琵琶湖大橋を渡れば、そこは守山。
  8. 志賀町が大津入りした時、堅田警察署がいちいち「大津北警察署」に名前を変えた。
  9. フェラ爺と呼ばれる、男に声をかけるおじいさんが住んでいる。
    • ペラ爺とも呼ばれている。堅田漁港で釣りをしていれば高確率で出くわす。
      • 数年前、死んだとも噂されたが、まだ生きてる。対処方法は無視するべし。
  10. 堅田駅付近の国道161号沿いはかなり発展している
    • しかし混んでる。昼飯時の王将でとんでもなく待たされた。
    • あのへんは関西で大手の外食チェーンは一通り揃ってる。
    • あの辺のR161は県道に格下げされました。
  11. 昔は自治都市だった。商工業者にも安い税率を課すなどの特権もあったらしい。
  12. 延暦寺とゆかりがある割に、延暦寺に焼き討ちされている。(堅田大責)

仰木[編集 | ソースを編集]

  1. 雄琴から山の方へ行ったところにあるエリア。
    • ええ感じの里山が広がる。
  2. 古くから比叡山の麓の農村として栄えたらしい。
    • 恵心僧都が開いた真迎寺とかも残る。
  3. 比叡山焼き討ちのときには、仰木では、明智軍による大量虐殺が行われたとか。

真野[編集 | ソースを編集]

  1. 真野浜は歌枕にも使われていたほどの景勝地だった。「真野の入江」と呼ばれていたらしいが、
    • 水泳場があるが、水質は結構きれいらしい。
  2. 春日山古墳群という古墳群がある。前方後円墳もあるらしいよ。

びわ湖ローズタウン[編集 | ソースを編集]

  1. 大津市と志賀町にまたがるニュータウンだった。
  2. ニュータウン住民の小学生は真野北小学校に通うものと思いきや、場所によっては小野小学校へ通う。
    • それくらいならまだいいが、中学校になるとニュータウン内に真野中があるのに、わざわざ志賀中まで通わさせられる人もいる。
  3. 古墳群をぶっ潰して造られている。
  4. ニュータウンは2つに分けられている。間にある山林は、住宅地造成で地名という観点でも大部分が削り取られてしまった真野普門町。