大分/国東

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 大分国東

大分・国東

 
豊前 国東
西
中部

南部
宮崎

国東地方の噂[編集 | ソースを編集]


豊後
高田

姫島
杵築
日出
由布 別府
  1. つまり「国東地方=半島+姫島」というわけか。
  2. 国道10号で付け根を素通りする傾向のある地方。
  3. 紅葉シーズンに行くと素敵かも。
  4. 桃鉄九州編ではカード駅の宝庫。唯一の妨害系売り場もここに。
  5. この地域で“セブン”といえばホームセンターのこと。決して業界最大手のコンビニではない。
  6. 国東半島ってきれいな火山だよなあ……

主な市の噂[編集 | ソースを編集]

豊後高田市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 仏の里
    • これは国東市に当てはめても通じる。というか国東半島自体が仏の里だったりする。
  2. 昭和の町
    • 老朽化した中心部の商店街を観光資源としてそのまま活用したのが始まり。週末はなかなか賑わっている。
    • ボンネットバスもこの辺りを走る。
  3. 国宝である富貴寺大堂をイマイチ観光資源にすることができていない。
    • そこに到達するまでの道路は日本屈指の難路。普通車同士が離合する事すら困難なのだが、観光バス運転手だけは神業、いや、仏技でそれをやってのける。
    • OBSで毎晩その姿を見ることはできる(お坊さんが箒で落ち葉を払うシーン)
  4. 駅がない
    • 最寄り駅は宇佐。隣町なのでどうにも手が出せないが、なんとかがんばって駅には豊後高田の看板が・・・。
    • 昔は宇佐と豊後高田を繋ぐ民鉄があったんだけどねえ…。
    • 豊後高田~宇佐駅間のバスは平日日中で時間2~3本、休日等日中で時間1~2本。人口を考えたら多い方ではある。
  5. バスターミナルが微妙
    • 昔の駅の跡が見え隠れ。昭和の町とあわせて整備してほしい。
    • バスの本数も微妙。
      • 主要路線以外はことごとく乗合タクシーに転換された。
  6. 江戸時代は島原藩の飛び領。島原の殿様が参勤交代のために(高田から船に乗って大阪に行く。そのまた逆も)確保していたらしい。
  7. 実は豊前にもちょびっとだけ跨っている。
  8. 警察署名は平成の合併で初めて「豊後高田」になった。
  9. 都会からの移住者を積極的に受け入れている。人口を3万人程度に増やすことが目標なんだとか。
  10. 名将・立花宗茂公生誕の地である。
  11. 「しじみ習慣」で有名な会社の本社がある。

真玉[編集 | ソースを編集]

  1. 元知事による「一村一品運動」。
  2. 「またままち」って、何となく噛みそうだ。
  3. 「中真玉」に対しての「西真玉」はむしろ、南西っぽい。

香々地[編集 | ソースを編集]

  1. 読み仮名の表記は「かかぢ」。
  2. 町制施行前は「岬」といった。
  3. 「香々地少年自然の家」は県内小学生の臨海学校の定番地。

国東市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. この市も含めて「国東地方」と言うが、何で「国東」で「くにさき」と読むのやら…。
    • 旧町名の"東国東郡国東町"なんてほかの地域の人には読めない。
      • 豊後国の東の先なんで「くにのさき」とか。東は日の出が最初に見えるから「さき」とか。色々と言われますが、実はちゃんと理由が決まっている。景行天皇の言葉で「そこに見えるのは国の崎であるか」というのがあり、そこから命名したと『豊後国風土記』にあります。
    • とくダネ!の笠井アナウンサーでさえ「こくとう」と読んでしまった。
      • その後佐々木アナウンサーが「くにさき」と訂正していた。
  2. 大分空港があるのはこの市(旧武蔵町)
    • 旧安岐町にも跨っているんだけど。でも、どっちみちにしろスッポリ国東市だな。
  3. 滋賀人には、「栗東市」に見えるぞ!
    • だからといってはほとんどいない...と思う。
  4. 実は西国東郡は全く含まれていない。
    • 真玉と香々地は豊後高田市、大田は杵築市と合併した。
  5. 鉄道の最寄り駅は杵築or宇佐
    • どのみち遠い。大分交通国東線が残っていれば…

国見[編集 | ソースを編集]

  1. 「ケベス祭り」という祭りがあるが、ちょっと文字入れ替えたら語感が悪くなる…。
  2. ここにある竹田津港から徳山港行きのフェリーが出ている。
    • 大分~広島を結ぶ高速バス「別府ゆけむり号」は途中でこのフェリーを利用する。

国東[編集 | ソースを編集]

  1. 昔は国東町鶴川まで鉄道があった。
    • さらに富来まで延伸する予定で工事が進んでいたが路線自体の廃止で中止に。
    • 現在の国東消防署~富来までの国道213号線がその線路予定地跡。
  2. 合併前から東国東郡の中心地だった。
    • 主要な施設やお店はたいていこの町にある。
  3. 弥生時代を再現した「弥生の村」がある。

武蔵[編集 | ソースを編集]

  1. 藤波辰爾の地元(旧武蔵町)

安岐[編集 | ソースを編集]

  1. ミニトマトが盛ん。
  2. 大分キヤノンの本社と工場がある。

東国東郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 平成大合併以降は、1つの島で構成している。
  2. 旧国東郡はそれほど大きい郡ではなかったのだが、中央に両子山が鎮座していて交通が悪かったのか、東西に二分割された。

姫島村の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 成人式に出席する際、着物禁止らしい。
    • もし着物で出席するとえらい怒られたあげくにその家は…
      • その家は…どうなるんだ?
        • 出席させてもらえない、ってことじゃないの?
  2. 村長がかたくなに合併を拒んだため、現在では住民から総スカンを喰らっているらしい。
    • 漁業権の絡みで、住民の大多数は合併反対。
  3. なぜか山口県の地図に載っていたのを見たことがある。
  4. みーんな公務員にして雇用を維持しているらしい。どんな雑務であろうとも。
    • この事が久米宏の番組でも取り上げられたことがある。
      • その代わり給料は、公務員にもかかわらずものすごく安い。週3勤務だから仕方ない。
    • 言うなれば島の中で程よく資本主義を取り入れながら社会主義をやっているようなもんである。一次産業が盛んで車海老をはじめとする魚介類が輸出物として島の経済を支えているから成り立っているが……
  5. 大分県に残る唯一の“村”。
  6. 車海老が名物。
  7. バスがない。なので島内観光はレンタサイクルかミニカーの2択。
  8. 半世紀近くずっと藤本一族(と西村一族)による村政が行われてきたが、ここ最近血縁関係のない藤本さんとの村長選が行われた。
    • 上にある合併反対も公務員云々も全部藤本一族によるものである。
    • 長年、無投票当選が続いていたが、それは選挙をやると狭い島内・一族で敵味方に分かれての戦いとなり、選挙結果が、その後の人付き合いから何から何までに負の影響を与えてしまったという過去の反省から来ているらしい。
  9. 日本では10番目にできた島。
  10. 昔リンチ殺人事件が起きたことがある。
    • 事情を知れば知るほど、殺された側が圧倒的に悪いと思う。警察も検察も裁判所もそう判断したらしく、殺人罪ではなく傷害致死罪で起訴された上に、裁判所もかなり軽い刑にとどめた。
  11. 実は火山島。
  12. 崖に黒曜石が露出している。
  13. 比売語曽社では阿加流比売神を祀る。
    • 瀬戸内海の東端、大阪市にも姫島という街があり姫嶋神社という神社があるが、ここでも阿迦留姫命(阿加流比売神と同じだろう。)という女神を祀っている。古代から繋がりがあったのではないだろうか。
  14. 姫島七不思議というのがある。
  15. その七不思議の1つ「拍子水」は湧き水だが、成分が非常に濃い(炭酸水素塩)こともあって温泉法の基準を満たし、島では貴重な天然温泉として営業している。
    • 拍子水は炭酸を多く含むので、飲むと結構おいしい。