寝屋川市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 大阪北河内寝屋川



枚方
摂津 寝屋川 交野

守口 四條畷
門真 大東

寝屋川市の噂[編集 | ソースを編集]

寝屋川市駅前を流れる寝屋川
  1. 衛星都市(宅地都市)として発達したが近年都心回帰の影響で人口が減少した。(大阪中心部も都心というのだろうか・・・?)
  2. 大阪ナンバーを発行する、近畿運輸局大阪運輸支局は市内にある
  3. 田んぼだった土地をそのまま住宅地にしたところが多いため、道が迷路のようで行き止まりも多く、目の前にある場所になかなかたどり着けないことも多い。更に(元)用水路らしき水路が町中に張り巡らされ、気分はヴェネツィア??
  4. 東寝屋川高校、西寝屋川高校、南寝屋川高校はあるが、北寝屋川高校だけがない。作ろうとしたが予算がなく断念した。ちなみに「寝屋川高校」は第四学区内では四条畷に次ぐ名門校。
    • 南寝屋川高校も今はない。
      • バレーボールでは、全国大会にも出てたのにねぇ。
    • 東寝屋川高校も今はない
  5. 市のマスコットに「はちかづきちゃん」というのがいる。石像が駅前や道端に立っている。
    • 御伽草子の「鉢かづき姫」という話を元にできたキャラクター。初瀬姫がいたと言われる伝寝屋長者屋敷が、JR星田の近くにある。
    • 絵の感じからも分かる通り、このキャラクターは1990年から存在する(大阪の花博の「花ずきんちゃん」と同時期)ので、近年のゆるキャラブームとかで作られたキャラではない。
  6. 地元以外で知れ渡るような有名スポットなどは何もない
    • 名物グルメもない。
    • その点は、北河内全般に共通する。
  7. 現在市内の高校に野球部とサッカー部が無い らしい。
    • 寝屋川高校と同志社香里高校には野球部あります。
      • 寝屋川高校はかつて甲子園に出場したこともある。
      • 昭和32年の事。しかし2回戦で当時投手だったあの王貞治にノーヒットノーランを食らった。
  8. 都市の規模に反して市民病院がない。
    • 寝屋川市自体が財政難だから仕方ないのでは・・・?
    • 守口市もない(松下記念病院がその代わりを果たしている)。
  9. 寝屋川在住の大助花子はとても気さくな夫婦だ。
    • 大助花子は生駒じゃねぇのか?
      • 元々は寝屋川だったが、現在は生駒に移住。
  10. 隣接する枚方市よりも都会かもしれない。いや都会だ。
    • 以前、探偵ナイトスクープで、枚方と寝屋川のどっちが都会かというネタが取り上げられていた。
      • 「都会」の寝屋川は順調に人口減少中、「田舎」の枚方は順調に人口増加中という皮肉……
    • どっちもど(ry
    • 因みにたまたま通りかかった高槻の人は「目糞鼻糞やな!」とコメントしてた。あれは実にChakuwiki向けな依頼だった。
      • 人口密度はともに高槻市を上回っている。高槻市は丹波国だった旧樫田村が足を引っ張るから。
  11. 合言葉は「わっぱら!」
  12. 自治体名としての「寝屋川」は明治の町村制でできたが、由来となった川「寝屋川」は交野に水源を持ち、大阪市にまで及ぶ。これって僭称?
    • 寝屋川の起点が寝屋川市にあるから問題なし。
      • その辺りには「寝屋」という地名もある。但し位置的にはJRの星田駅に近い。
      • 寝屋を流れる川だから寝屋川。その寝屋があるのは寝屋川市内。これで僭称地名を疑われたら、寝屋川市が可哀想である。
    • 京阪本線は天満橋駅の京都寄りで寝屋川を渡っている。
      • そしてここで大川と合流。
    • 京阪の寝屋川市駅前に流れているのは言うまでもなく寝屋川だが、ここから大阪市内に至るまでかなり迂回しているような…。実はJR住道駅前にも流れている。
    • それを言うと「○○川市」という自治体名は全て僭称ということに…(近隣では加古川市木津川市などがある)。
  13. 犬の糞がやたらと多い道がある
  14. ナショナル住宅(現パナホーム)の第一号の建物が某企業の社宅として現存する
  15. 秦河勝の墓が太秦にある。淀川の河川工事を行って、茨田堤を築いている。ちなみに、京都の太秦と関係があるとかないとか。
  16. 赤字日本一をたたき出したことがある。
  17. 90年代以降、やたらと店じまいするスーパーとか市場が多い。
    • 寝屋川市の駅前にはかつてイズミヤのほか長崎屋もあったが撤退し、跡地はブックオフと100円ショップになった。
      • ブックオフも撤退済み。
  18. 淀川を挟んだすぐ向こう側を新幹線が走っている。しかしあんまり実感が湧かない。
  19. かつて京阪本線 寝屋川市-香里園間に「豊野」という駅があった。寝屋川市駅の移設(昔の寝屋川市駅は現在より萱島寄りにあった)により昭和38年5月15日で廃止された。
    • 豊能町と間違えそう。豊能町が町制したのはその14年後(当時は東能勢村)だが。
  20. 人口・面積は伊丹市と同規模。でも市バスは存在しない。
    • 委託ですが市コニュミティバスは走っています(京阪バス)
    • その割に自動車教習所が2か所ある。
  21. 隣の守口市から見ると地下鉄が通っていないので田舎に見えてしまう。
    • 電話番号的にも(守口市は06、寝屋川市は072-8)。
  22. 服部平次が住んでいる市。家は純和風の豪邸である。
    • 寝屋川在住の割には大阪弁は濃いしすぐに御堂筋いってるし…
      • 淀屋橋まで市駅から準急乗ったら20分。仮に住んでるところが香里丘陵の上やったとしても家から1時間もあれば着くんで、それほど違和感はない。
  23. 意外にも淀川を挟んで高槻市と隣接している。摂南大学の近くにある淀川新橋の対岸は高槻市になる。
    • 淀川新橋を経由して寝屋川市と茨木市を結ぶ京阪バスはほんのちょっとだけ高槻市内を掠めている。
    • 大東市とも隣接(下記の河北地区)。
  24. びわこ号復活プロジェクト実施中。市民の力で復活させ、寝屋川市のシンボルとするらしい。
    京阪寝屋川車庫に保存されているびわこ号
    • しかし当の寝屋川市民はほとんど関心がなく鉄道ファンが主なターゲット。有名人を雇ったり京阪電車1編成をジャックするなど、景気よくPR活動をしている。
    • 寝屋川市よりひらかたパークで保存されていた時代の方が遙かに長い
    • 市の方針では京津線所属時代は黒歴史。特急退役後も守口車庫を本拠地に通勤電車としても活躍し、寝屋川市民は戦前戦後を通じなじみのある車両ということになっている。
      • ただ京津線と石山坂本線を走ったことは明記されている。
  25. 「浦安鉄筋家族」の登場人物・西川のり子の生まれはここ。
  26. 萱島駅から少し京阪の線路沿いを寝屋川市駅方向に歩いた所に神戸の南京町に本店がある「民生廣東料理店」の暖簾分け店がある。周囲は何でもない普通の住宅地なので「どうしてこんな所に?」と思ってしまう。
  27. 国道170号線を境に東西で雰囲気が違うような気がする。西側は平地でほとんどが住宅地だが東側は田園風景が広がり丘陵地も多い。
  28. 豪栄道関が大阪からは前の山(隣の守口出身)以来44年ぶりの大関昇進。
    • 相撲界では宇良も寝屋川出身。
      • その豪栄道が初優勝(しかも15戦全勝)、おめでとう!
    • ご当地となる春場所での豪栄道コール(特に横綱戦)は見もの。
      • 当然だが、春場所に於ける境川部屋も市駅の近くに設けている。
  29. 打上川治水緑地で毎年8月末に“寝屋川まつり”が行われる。
    • 毎年、地元の子供たちは祭りに行くか、放ったらかしにしていた夏休みの宿題をやっつけるかの究極の選択を迫られる。
      • 当時、洗脳真っ只中だった元X JAPANのTOSHIがドサ回りで寝屋川まつりに歌いに来た事がある。
        • X時代では考えられない、ユ○クロで揃えたような出で立ちとブヨブヨの体型はある意味“ヴィジュアルショック”だった。
        • 曲の合間合間にMCを挟んでいたが、洗脳真っ只中ということもあり宗教的トーク全開で、大観衆をドン引きさせていた。
      • 昔は打ち上げ花火も打ち上げられていた。
  30. 市内にある京阪牛乳は今は牛乳を作っていないらしい。
    • かつては作っていたが、雪印の食中毒事件をきっかけに牛乳の製造を停止したそうだ。
    • 特に京阪電鉄とは無関係なようだがシンボルマークは鳩。京阪特急を意識したか?
    • 現在は牛乳業時代に築き上げた病院・学校等への販路を活用した設備販売や売店営業をしている。
    • 社名とのギャップに自覚はあるようで「牛乳以外のことならおまかせください」の面白キャッチコピーを謳っている。
    • 類似商品に「阪急牛乳」というのがあり阪急の駅売店などで販売されていたようだがこれは阪急グループの会社がここに製造を委託していたもの。
  31. 深夜は緊急自動車のサイレンでうるさいらしい。
  32. 寝屋川バーガーというハンバーガーが存在する。
  33. ワガヤネヤガワなるキャッチフレーズがある。
    • 京阪寝屋川工場の入換車(旧72号車)に「ワガヤネヤガワ号」という愛称が付けられている。
  34. 第五小学校があるが、第一~第四小学校はない。
  35. イオンモール四條畷は敷地の一部が寝屋川市内にかかっている。
    • 鉄道駅から離れているためにバスが出ているが、本数はJRの四条畷駅からよりも京阪の寝屋川市駅からの方が多い。位置的・距離的には京阪萱島駅とJR忍ヶ丘駅の中間くらいに位置する。
  36. 旧外環、府道15号、府道18号、府道20号旧道は狭い。
  37. 全ての小中学校の全国学力テスト結果の傾向が広報誌に掲載される。
    • そのせいで成績があまり良くない学校は雰囲気が悪いとか。
  38. 市内を管轄するJAが2つある。平成合併組でもないのに……
    • 寝屋川市域の半分はJA九箇荘。残り半分は枚方、交野、門真、守口と同じJA北河内。
    • そんなところ、そうそうないやろと思いきや、意外にも近いところで東大阪もJAが2つある。(グリーン大阪と中河内)
  39. ワガヤネヤガワとかいう歌がある。たまに市駅の前の寝屋川一番街で流れている。
  40. そこらじゅう川とか井路だらけ。(西部の平地)
    • 埋めたやつも含めりゃ、マジで水郷都市かというレベル。

寝屋川市駅周辺の噂[編集 | ソースを編集]

ねやがわいちばんがい
  1. 早稲田実業の王貞治投手に甲子園でノーヒットノーランを食らったのは寝屋川高校だった。
    • その寝屋川高校はかつて北河内地区では四條畷高校に次ぐ進学校だった。
  2. 寝屋川市駅周辺は都会的な町並みである。今後、駅東側に文化施設と宿泊施設、商業施設、住宅を組み合わせた複合型施設ができる予定である。
    • そんなに都会かな、同程度の人口の八尾(近鉄八尾)や茨木に比べても田舎に見える気が済んだが。
  3. ♪ベルおぉ~としぃ~。
    • 作詞・作曲が「飛んで、飛んで・・・」の円広志なのは有名。
  4. 駅周辺はスーパー飽和状態。
  5. 府内唯一の高専がある。最近あそこの学生はマナーが悪い気がするが…。
  6. 駅から市民センターまでの間に、魔女の帽子、魔法使いの弟弟子、豊喜自動車(魔女が箒に乗ったマーク)、魔女のマークのパン屋、などなぜか魔女一門が多い。
  7. 駅前の商店街にやたらとマネキンを店の前に並べた紳士服店がある。
    • 2014年6月いっぱいで閉店したそうです…。
  8. 駅前に入るバス通りはどこも狭い…。特に駅の西側は一方通行ですらないのですれ違いは大変。
    • 東側から駅前に入る道は西行き一方通行で「アドバンスロード」の愛称が付けられている。因みに「アドバンス」とは駅前再開発地域の愛称である「アドバンスねやがわ」から取られている。
      • その道の地面には何故か亀の絵が書かれている。ゆっくり走ろう、ということなのか?
    • ようやく拡幅されることになったそうです。
  9. 商店街の中の楓華っていうつけ麺屋、昼時にはいつも行列している。
    • 北海道産全粒粉入りの自家製麺が旨い。あと冷製つけ麺なんかもあって、夏場はありがたい。
    • 閉店しました…。ただその代わりというかアドバンスロードに面してらーめんStand R&Rや京阪の高架下に神座ができた。
  10. 中華料理と言えば華洋。

香里園の噂[編集 | ソースを編集]

香里園

東寝屋川の噂[編集 | ソースを編集]

東寝屋川駅周辺は団地が多い
ビバモール寝屋川
  1. 京阪沿線ばかり行き来していると、市内にJRがあることをついつい忘れてしまう。
    • 大阪府下有数の敷地を有する寝屋川公園はJR東寝屋川の方が近い
      • あれだけ大きな敷地がありながら遊具がほとんどないのは子供を持つ家庭には優しくない。
    • 寝屋川市は京阪電車のイメージが強いが、JR学研都市線が地味に東部を通っている。
      • 東寝屋川駅は寝屋川市内唯一のJR駅。でも市内の駅で一番地味。
        • 場所によっては隣の星田駅(駅そのものは交野市にある)が最寄駅になる地域もある。今まで京阪の寝屋川市駅に向かってバスが延びていた場所も星田駅に快速が停まるようになって星田駅方面にも運行されるようになった。
  2. 寝屋川公園。
    • 2019年3月に「寝屋川公園駅」に改称することになったらしい。(これで最寄り駅らしくなるだろうか?)
  3. 古墳がある
  4. 基本的には丘陵地で緑が多い。寝屋川市や香里園駅周辺と同じ市内だとはとても思えない
  5. 最近ビバモール寝屋川という商業施設ができた。
    • そこにビバホームの関西1号店があって、さらにバローの大阪府内第1号店が開店して、近くにある万代とビバモール内の平和堂(フレンドマート)とで商業戦争勃発。
    • バローに限っては府内第1号店、と言うより府内唯一の店舗である。(2017年6月現在)
      • バローが2019年度中に2店目を高槻の170沿いに、3店目は淡路に出来るらしく、あまりチラシを入れないEDLP店舗である寝屋川店が府内唯一では無くなりそうだ。
    • 第二京阪開通に伴う発展が目覚しいエリア。ビバが出来る以前は付近にスーパー(現在は閉店)が一つしかない不毛地帯だったのに。
      • ライバルは畷イオンモールと松井山手。
      • その閉店したスーパーがあのオークワだったとか…
  6. 大阪サナトリウムや寝屋川市清掃工場がある。
  7. フジモンは香里園出身だが、原西は東寝屋川育ち(生まれは吹田市)。
  8. 1961年まで北河内郡水元村だった。
    • ね。
  9. 国守は最寄り駅が忍ヶ丘(四條畷市)。
  10. 東寝屋川駅は1979年開業でホーム内にトンネルがある珍しい駅。島式ホームとあってか自殺が絶えない。
    • そのためか下りホームの一部にホーム柵がある。
    • 駅構内もコンクリート打ちっ放しで冷たく暗い感じ。
  11. 枚方市東部が交野市や京田辺市と間違えられやすいように、JR沿線とあって交野市や四條畷市と間違えられやすい。
    • 事実寝屋川市内では唯一の旧交野郡だった。そのためか雰囲気も違う。
  12. R20枚方富田林泉佐野線(枚富線)の旧道は東高野街道。
  13. 駅前ビルの一角に市立の埋蔵文化財資料館がある。
    • イズミヤもあるが、2019年5月で一旦閉店。
    • 同じビル内に「平成」という中華料理店もある。
      • 恐らく平成になったころに開店したのだろうが、令和に改元しても屋号はそのままみたい。

寝屋[編集 | ソースを編集]

  1. 寝屋のあたりには、堀之内とか今屋敷といった小字がある。
    • どうも寝屋川市教育委員会などでは、寝屋長者の屋敷がこの辺りにあって、その名残が地名に残ったんとちゃうかと考えとるらしい。因みに「萩原」は、どこにでもある地名だが、ここの場合、長者屋敷内にあった萩が植わった庭の跡やったとみてるらしい。
  2. 寝屋地区にあるのに東香里店を名乗る、商業施設が多い件。
    • スギ薬局、水春……
  3. 寝屋川の由来となった地名だが、寝屋川市の端っこにあるのはご愛嬌。
  4. 学研都市線沿線の子どもたちが遠足で一度は行かされたことのある寝屋観光農園があるのはここ。
    • JR星田駅から、延々と歩かされるのは、小さい子どもには結構きついものがあると思う。

太秦の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 外環の東の丘陵地の辺りに広がる地。寝屋川市駅周辺のエリアと東寝屋川エリアの間に位置する。
  2. 秦河勝ゆかりの地らしい。
    • 寝屋川沿いの川勝町や外環近くの秦町も含めいかにもそれっぽい地名が残る。
  3. 古墳もいくつかあったりして、よく見ると歴史的なエリアだとわかるが、一般的には香里ニュータウンの南側の延長線上にある住宅地に過ぎない。
  4. 大阪市の浄水場がある。
  5. 寝屋川市全体の噂にも出てきた打上川治水緑地があるのも太秦エリア。

河北・堀溝の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 市南端の河北地区は門真市四條畷市に挟まれた狭い所に無理やり割り込んでいるように見える。
    • 国道163号もほんのちょっとだけ市内を通っている。
      • かつて大和田駅~交野市駅を結んでいた京阪バス田原線18系統も寝屋川市域を走っていた。
    • この地区の中に四條畷市の飛地もある。四條畷市側の地名は雁屋西町。
    • 小中学校が遠いので、河北の子供は健脚だ。
      • すぐ横に四條畷市立のくすのき小学校があるのに、そこへ通えない哀しさ。
  2. 河北東町辺りの住民にとって寝屋川市駅は遠くの街の駅。電車に乗るときは四條畷駅まで歩きか自転車。(場所によっては歩いて9分くらいで着く。)
    • 東町の外環沿いにあるエッソ。店名が外環なわてSS
  3. アルファベットのL字状の回廊地帯。
  4. 国道170号を南から走ってくると野崎の跨線橋のすぐ先で寝屋川市に一瞬だけ入ることになる。いつの間に四條畷を過ぎたんやろと思いそうなもんだが、ロードサイドを見ても寝屋川アピールをしている店がないので、特に違和感はない。
    • 右を見たらまだ、飯盛山より少し南。左を見たら治水緑地なので、まだ大東か四條畷を走っている感覚。
  5. 四国うどんとかいう寝屋川市内にしか店舗のないチェーン店の本店がある。食べログかなんかでは四條畷の店として扱われとったで。

点野・葛原・仁和寺・対馬江・黒原・高柳・池田の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 摂南大学には安田美沙子が通っていたことがある。
    摂南大学寝屋川キャンパス
    • 「摂津の南」って意味でついた名前っぽいが、寝屋川は北河内。
    • 隣の門真市には「摂南総合病院」もあります。
      • 北河内そのものが位置的には摂津の南なんだが。
    • 「摂南」というのは元々大阪工業大学の前身である専門学校の名称に由来している。大阪工大も開設当初は「摂南工業大学」を名乗っていた。
      • 大阪工業大学があるのは大阪市旭区なので、確かに摂津国の南部に位置する。
    • 安田美沙子は中退らしい。
    • 市内には大阪電気通信大学のキャンパスもある。
  2. 1号線沿いに、ダチョウの肉を売る店があるようだ。(看板を確認)
    • 点野のあのお店かな・・・?
  3. 仁和寺(にわじ)という地名がある。京都仁和寺(にんなじ)の所領であったことに由来する。
  4. 摂南大学の裏手、淀川新橋へ行く道路(茨木寝屋川線)沿いにあるガソリンスタンドは北河内最安値を誇っていることで知られる。
  5. 池田の辺りでは古くより昭和の中頃まで古川が下水道の役割を果たしていたらしい。
  6. 仁和寺にある仁和寺氏神社。「にわじうじかみのやしろ」とでも読むのかと思いきや「にわじしじんじゃ」でいいらしい。
    • 仁和寺エリアの氏神のお社だから前者で正解でも良さそうなもんだが。別に仁和寺氏という氏族がいたわけでもないんだし。
    • 参道が60m位ある。そこそこ長い。
  7. 守口市金田町にある津嶋部神社は元々、対馬江に鎮座していたらしい。
    • 今でも対馬江は津嶋部神社の氏子地域。まあ地名から想像着くわな。
  8. 守口市佐太中町佐太天神宮は、仁和寺本町5丁目南部の住民から見たら、氏神の仁和寺氏神社よりも身近な存在。
  9. 点野の地名の由来は標野。
    • 淀川対岸の鳥飼にあった鳥養院で鷹狩りをするときの猟場とされたことに由来する。
    • 囲いで囲んで立入禁止にしたから締め野→占め野→点野らしい。
  10. 100円橋こと鳥飼仁和寺大橋は、元々府営の渡し船があったことの名残り。
    • 片桐且元の時代に遡ることができる仁和寺の渡しというのがあったらしく、戦後、それが府営で無料化されたとか。因みに淀川で最後まで残っていた渡し船だったらしい。
      • 枝切街道という街道をつなぐ渡し船でもあった。枝切街道は茨木から小阪をつなぐ街道筋で、淀川南岸側は今もその道筋の大半が残っている。
  11. だいたい九個荘町だったエリアの大部分。
  12. 黒原の辺りに黒原城内という地名がある。
    • 古い家も多く、中世にはお城でもあったのかと思いきや、元々城之内という地名があっただけらしい。城之内という地名も城があったからついた名前ではないとか。
    • あの辺り、結構立派な古い家も何軒かあり、農村部だった時代の豪農の暮らしぶりを偲ばせる。

木屋・太間・石津の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 枚方のあたりから遠く大阪市内まで、淀川の治水を目的に茨田堤という堤防が築かれていたが、太間にはこの歴史に関係する地名。
    • 堤防を造る際、最後の最後でどうやってもうまく完成させられない(堤防の絶え間)難工事箇所があり、対策として茨田連衫子を人柱にしようとしたものの、衫子が機転を利かせて難を逃れた伝説があることから、衫子の絶間と呼ばれた。そして絶え間が転じて太間になったとか。
    • 因みに今の古川の西岸は茨田堤跡が結構残っているらしい。江戸期に深野池や新開池が埋められるまでは、このエリア(茨田郡)は、同じ河内国といえど川向う、湖向こうのエリアよりも、陸続きの摂津国の地域との付き合いのほうが濃かったとか。
      • 摂津国といっても鳥飼とか柱本等、淀川向こうのエリアではなく、千林とか、清水、野江とか鶴見、放出等榎並庄エリアだった辺りの話な。

神田の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 神田天満宮のクスノキは不死身。
    • 太枝が傷もうが、何しようが、今まで何度も新芽が生えたりして復活してきた。
    • あれ、樹齢1,000年ものらしい。千年楠と呼ばれている。
  2. 上神田、地名を読むと、冗談抜きに噛みそうになる。(噛みそうな名前の地名という意味ではなく、純粋に発声がちょっとしにくい)
    • その読みが「かみかみだ」。よくできたオヤジギャグだと思う。
  3. 八尾からやってくる近鉄バスは萱島バス停で客を降ろした後、神田までやってきて転回する。
  4. 木屋門真線がメインストリート。