小郡市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 福岡筑後小郡市

福岡 那珂川 筑紫野 飯塚 嘉麻 添田
筑前 朝 倉 東峰
基山 小郡 大刀洗



鳥栖
久 留 米 うきは
 
大川 大木 筑後 広川  
柳 川 八  女
みやま
有明海 大牟田 熊  本
荒尾

テーマ別[編集 | ソースを編集]

小郡市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 山口県小郡町(現山口市)と勘違いされる。
    • ちなみに大分道のインター名は「筑後小郡」である。
    • 甘木鉄道の小郡駅も、国鉄時代の名称は「筑後小郡駅」。
    • 西鉄の「小郡」行きの電車を見た時一瞬山口県まで行くのかと勘違いしそうになった。ちょうど近鉄の「準急|長野」と同じような感覚だがこちらの場合関門海峡を挟んで隣の県だけに余計に紛らわしい。
      • 別にそんな事は無いと思うが。
        • 俺はなった。冷静に考えればありえないのは百も承知だが一瞬びびる
    • 国鉄時代は鹿児島本線に関門トンネルをくぐって山口県の小郡まで行く列車があった。紛らわしい?事に基山駅も通っていた。
    • こちらの小郡は市にまでなったのに、山口県の小郡の方が有名なのはおかしい。こんなことは許されない。
  2. 急速にベットタウン化が進み、小学校が新設→増築を繰り返し、最近ではそれでも足りずプレハブでの仮設校舎だったりする。公立学校が「もう転入は受け付けません」と堂々とおっしゃるのは日本でここくらいか。
    • しかし南部は過疎もいいとこ。味坂なんか無人駅だぞ。
      • 小中学校も1学年1クラスの学校が4校もある。
  3. その癖中学の学区は三井郡も含まれるんだよなぁ・・・。
  4. 「筑後小郡」というインターチェンジがあるが、それがあるのは大分道
  5. 小郡高校の最寄り駅は小郡駅では無く、三国ヶ丘駅である。
    • 筑紫野市に近い。市内には三井(みい。みついではない)高校もある。創立は三井高校が古い。
  6. 西鉄天神大牟田線の中で一番新しい駅である「三国ヶ丘駅」がある。
    • が、2010年3月に、筑紫野市に「紫駅」が出来るため、もう「大牟田線の中で新しい駅」とは言われなくなる。
    • この駅は周辺に西鉄が開発を進めてきた住宅地の為に新設された。
    • 正確には「三国『が』丘」ですね。「三国『ヶ』丘駅」は大阪・堺市の駅。
      • 筑前・筑後・肥前の国境だから。三国ヶ丘は摂津・河内・和泉の国境。
  7. 西鉄は通るが、JRは通らない。
    • かつて旧国鉄時代に甘木線があった。
      • この路線は現在、甘木鉄道甘木線となっている。
    • JRは小郡を避けて鳥栖の方に行っているため。
    • 特産の櫨の木が汽車の煙でだめになるという噂で、明治時代に鉄道が通るのに大反対があったらしい。
      • 国道3号も小郡市を通らない。
      • 当時は小郡よりも田代の方が栄えていたから現ルートで妥当(鳥栖で佐賀への分岐もあるし)。ただの鉄道忌避伝説に過ぎない。
  8. 市を丁度縦断する様に天神大牟田線が走っている為か、他の市の中でも西鉄の駅が多い。
  9. 隣の筑紫野市とニュータウン事業を展開している為か、筑紫野市との仲は良い。
    • もう一層の事筑紫野と合併してしまえばいいのに。
    • かつては隣の佐賀鳥栖市との合併の話もあった。
      • それで鳥栖市は福岡県になろうとしていた。
    • ちなみに、筑紫野市は隣の太宰府市と合併しようとして断られた。
    • 今でこそ人口は増加しているが、つい数十年前までは大刀洗町旧北野町とほぼ互角の人口であったらしい。
  10. 筑後圏であるが、ほとんどが福岡市に通勤している。
    • 実際市民のみんなはここが筑後だとは思っていない。
      • とかいいつつ、高校は久留米市にある所を選ぶ奴が多い癖に。
        • 久留米高校も明善高校も学区内
    • 一応福岡都市圏内に属している。
      • しかし久留米ナンバー
    • 久留米や柳川も5%通勤通学圏。筑後圏自体ほぼ福岡都市圏と言える
      • 小郡は10%都市圏だから久留米や柳川よりもまだ福岡都市圏色が濃い。
      • それに、筑後地区で福岡都市圏といえるのは柳川以北の西鉄及び甘鉄沿線だけだと思われる。
  11. 市内を走っているバスは「西鉄バス佐賀
    • 隣の筑紫野市の方も、そこのバスが走っている地域がある。
    • 小郡市コミュニティバスも佐賀ナンバー。
  12. なぜか古本市場がある。ちなみに福岡ではここしかない。
  13. 大規模商業施設がなかったが、ついにイオン小郡がオープンした。
  14. 高松凌雲生誕の地
  15. 九州各地にゲームセンターを展開するワイドレジャー(楽市楽座)とアム・スペース(サンゲームス)の本社は、どちらも小郡市にある。地の利だろうか。
  16. ビジネスホテルは無い。すぐ隣の鳥栖市にはルートインを始めとして鳥栖駅前にビジホが林立しているのに・・
    • 因みに山口の方の小郡には東横インα-1などがやはり駅前に林立している。