山口放送

提供:chakuwiki

山口のメディア > 山口放送

山口放送[編集 | ソースを編集]

  1. 本社が周南市にある。
    • しかも、住所が『公園区』。
    • 動物園に行ったついでに見学するリスナーもそれなりにいる。
      • 今は気軽に見学できなくなっている。
    • 周南市の名前はここが周南合併として度々取り上げ続けたから決まったものだと思う。
      • そんなことはないんじゃない? 誰がどう見ても周南地方(全部じゃないけど)の合併だし。
  2. 1961年~1964年にかけて、民放一社が2つの独立する親局を受け持つ(徳山本局:NTV/関門:NET)全国初の出来事があった。
    • 中国で言う『一国二制度』。
    • 当時の関門はフジ+NET(プラス、徳山からのフィルム番組)。ちょうど同じ組み合わせだったKBC(当時)のおこぼれを拾っていた。そのようなKBCとの関係は、クロスネット解消前の名古屋テレビ中京テレビの関係に類似。
    • テレビ欄でもアナログテレビ終了まで「関門 4ch」扱いだった(他局は下関中継局)
      • コールサインもアナログ終了まで健在(JOPM-TV)だった。「JOPM」自体はラジオで現役。
    • 当時の関門地区:TNC(日テレ系)、RKB(TBS系)、KBC(NET系とフジ系のクロス)。同一エリアにTNCが既に開局していたから、こんな編成をする羽目になった(当時の山口県西部は北九州・筑豊地方と同一エリア扱い)。TNCがフジ系に変わった(日テレ系が空いた)タイミングで徳山と番組を統一した。
    • 関門地区の民放テレビ局としては4局目、つまり最後発だった。
      • なので山口県西部は、南関東と京阪神に次いで民放が4局揃った3番目の地域でもある。
      • 関門地区の民放の割には、RKB福岡局(4ch)のせいで福岡県方面にはまともに電波が飛ばせないハンデを押し付けられた。なので北九州市へのエリア拡大は失敗した。
        • もしかして、地デジ化の際の区域外再放送断固反対の姿勢って、この逆恨み?
      • しかも現在のも一致。
  3. 最近、現役キャスターが急死した。
    • ちょうど60歳になった月だったけど嘱託で番組に出続ける予定だったそうです。
    • スウィングサタデーのトークは芸術ともいえるほど。
      • 県外からだけどちょくちょく聴いてました。惜しい人を亡くしたもんだ…
  4. 日テレ系で唯一「11PM」を放送しなかった局。
    • これは誤認。始めは放送していたし、打ち切った局なら複数ある。
    • 当初は放送していたが、あまりにも中身がお下劣だから改善しろといったのに直す気すらなかったのが原因。いかにも教育県らしい理由
    • その割には「熱湯コマーシャル」でお馴染みだったスーパージョッキーは、同時ネットで放送していた。
  5. 「探偵!ナイトスクープ」を開始してまもなくネットした。
  6. 「ONE PIECE」をフジテレビより5年遅れで放送している。
    • 「こち亀」のときは大して遅れてなかったのに(テレビ宮崎よりも1か月放送が早かった)
    • フジ系だと「こち亀」「ONE PIECE」を立て続けにやっていたのにKRYは後枠にしちゃったからなぁ
  7. ズームインの第1部が放送されていない。
    • 理由は下記の通り。
    • 関根麻里ZIP!の第1部も放送されていない。
      • ZIP飛び乗りは意外とスムーズ。全国的には5時50分に流れるオープニング映像(お天気カメラとの合成)の変わりに水色の背景が付く。
  8. 自社制作番組がローカル局では多い。朝の「さわやかモーニング」(ズームイン第1部の差し替え)、夕方の「熱血テレビ」。2000年ごろは全国ネット番組もあった。
    • 朝のローカル番組は徳島のほうで撤退してNNN非基幹局では唯一となったり。
  9. マスコットのマウはかわいい。がどうみても見た目が「山」だ。
    • そりゃ局名が口放送ですから。
  10. かつて全国放送で「ドシロウト」を制作していた。
  11. 地元での人気は抜群なのだが、ネットでの人気は今一つ。アニメ番組が極端に少ないことも影響してるのだろうか。
    • 区域外再送信の件が周知されれば、その立場も危うい。
    • アニメといえば、アンパンマンすら放送していない時期があった。
  12. 「スッキリ!!」は2009年4月から9時半で飛び降り。
    • 空いた時間にはフジの月9に加え関テレのドラマも放送開始。
    • 2017年からは日テレ系で唯一。
    • 2019年9月30日より9時半以降も放送されるようになり、飛び降りは解消。
  13. Wikipediaによると大昔は基幹局だった・・・らしい。
    • 一応、TNC脱退からFBS開局までNNN空白地の九州の取材とか、クロスネットでFNN側の基幹局のHTVにNNNの基幹局を任せることができない・・・とかいう根拠があるにはある。
      • なお、当時TSSは、もちろん開局前。
      • TNCのNNN脱退~FBS開局前の九州の取材は日テレが九州支局を置いて直接取材してた。
  14. 県内のCATV局でTNC以外の福岡民放の再送信が行われないのは、ここが原因。
    • FBSはわかるが、系列が完全に被らないTVQにまでちょっかいを出す。
  15. 知らぬ間にアナウンサーの顔ぶれが変わっている。
    • ラジオで時報を、テレビで夕方のニュースを読んでいた方が、いつの間にTOKYO MX移籍していた。
      • 今では、モーニングショーのリポーター。
  16. プロ野球ニュースをネットするため「だけに」自前でタイムシフト機材を開発した。
  17. 山口支社の建物は、妙に細長い。9号線沿いにあるので印象に残る。
  18. 「ふるさとの川を美しく」「たくましい防長っ子を」のキャンペーンを結構昔からやっている。
  19. アナログテレビ放送の頃は、夜8時に数十秒ほど時刻表示を出していた。2時間特番であっても、番組途中に容赦なく表示していた。ちょっと不自然。
  20. KRYはKabushikikaisya Radio Yamaguchiの略だった知ったときは、ぶち驚いた。しかも、それを知ったのは立派に大人になってから。それまでまわりの誰に聞いても知らんかったんちゃ。
    • テレビが見られるラジオ局♪っていうCMがあって、ラジオだと結構このフレーズ流してた。まぁテレビだとラジオが聴けるテレビ局♪って流してたけど。
      • そのメロディは「地域果汁100%」と同じだった。
  21. AKB48のチーム8のオーディションの山口県内の応募先はtysだが、そのチーム8のメンバーがレギュラー出演する「ミライ☆モンスター」はここが放送。
    • スポンサーがトヨタから旭化成に替わった時にKRYを含む系列外で打ち切りに。旭化成は山口県にも事業所があるのだが、県内の放送局との関係は薄い模様。
  22. 笑点の山口での公開収録のときは、楽太郎→六代目円楽師匠は、必ずこのようなギャグを言う。
    • 「山口に来ると、歌丸師匠のご機嫌が悪くなるんです。なんでかなと思ったら、山口放送さんがKRY・ケーアールワイ・けーあるわい・毛あるわい!」
      • 歌丸師匠がいなくなった後(2017年)の公開収録でも言ってたぞ。
  23. KRYの番組やCMソングの大半は同じ人が作曲しており、作曲者のYouTubeアカウントで公開されている。
    • KRYの番組では、さわやかモーニングとテレビニュース(2006年9月以前のやつ)に防府読売マラソンのBGMが聴ける。
  24. アナログテレビの頃は次番組の予告時に「マウ」のマークが挿入されていた。今もそうかは知らない。
    • ちなみに地デジでは常にウォーターマークとしてマウが表示されている。
    • とか言ってたらウォーターマークのほうが「KRY」だけに変わった。

KRYラジオ[編集 | ソースを編集]

  1. ラジオは県境に1kWの送信所を設けているので北九州・広島もエリアに含めている。
    • スウィングサタデーの時間に918kHz(岩国)に合わせる広島市内のビリヤード場があったらしい。
    • 広島周辺では昼間は良好に受信出来るが、夜間はちょっと弱くなりかすかに「YBC山形放送です」と聴こえたりする。同じ岩国にあるAFNは昼夜問わず強力。
    • このうち広島方面はFM転換で聴きづらくなる可能性が高い…(カーラジオならなんとかなる)
  2. 「放送ネットワークの強靭化に関する検討会」への意見が2013年7月に公表されたが、KRYはテレビどころか、県外に電波が飛びやすいラジオも山口ローカル志向にあるらしい。
    • 仮にradikoを始めたとしても「エリア制限の撤廃には大反対!」だそうだ。対岸の南海放送すら「賛否両論」にとどめているのに。
      • 県外リスナーも大切にしていた「スウィングサタデー」の頃を思うと・・・。
      • しかし、KRYラジオ自身が21世紀の初っ端からエリアマップとともに「香川・熊本にも固定リスナーがいます!」と社屋1Fのオープンスタジオでアピールしていた。なんだこの矛盾。
      • 局としては直接受信を重視しているからradikoは導入しませんとのことだろうが、そんな局は他に秋田しかない…。KRYはラジオ沖縄と違って財政難って訳でもないし。プレミアムどころか山口県内向けにすら導入しないのはなんだか。
      • KRY自身がこんな意見を公表していたところから一転、2016年5月にradikoに参加することになった。それもプレミアム対応で。
      • その後、2015年から3年にわたってFM中継局を隈なく建てた。直接受信が基本という姿勢の有言実行。
  3. ラジオの時報は鐘の音。
    • radikoでは流れない。
  4. 2010年以降、「まいとたいむ」や「れいなたいむ」「LoVendoЯのらぶおん!」「道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」をネット受けするようになった。
    • モーニング娘。(2014年11月卒業)の道重さゆみが山口出身のため。
      • しかし後継番組である鈴木香音の番組はネットされていない。
        • これらの番組は2015年春に全て終了…
  5. radikoには非積極的であるのに対し、FM補完局には積極的らしい。ただし、国の補助付き。
    • 防府から1kWで飛ばすと福岡・大分・愛媛の海沿いに余裕で電波が届くが、それはいいということなんでしょうね。他県の電波が飛んできたり、他県の放送局を再送信するのには文句を言うのに。
      • あとAMではNHK(756kHz)の混信で潰され気味になる阿蘇でも、FMで受信できるようになったりする。
        • と思いきや、RKKが阿蘇中継局を92.3MHzで設置してしまった。
      • 予備免許交付時に公開された放送区域図には九州と四国が描かれていなかったが「明らかに福岡・大分・愛媛の海沿いに飛んでいるだろ!」と言わんばかりの線で途切れていた。FM山口並に飛ぶのは確実。
    • どうやら長門美祢はFMでカバーしようという魂胆らしい。
      • 美祢局と長門局は(山口県北部にも十分電波が届いている)V-air(FM山陰)の浜田局と0.2MHzしか離れていない。混信しないのだろうか。
      • 須佐田万川局も86.4MHzで開局してしまった。須佐・田万川はradikoを使わないとFM山口が聞けない地域だが、V-airを妨害して色々と問題はないのだろうか。
    • とりあえず美祢の他に日本海側にも3つFM局を置くのはほぼ確定。
    • そのFM放送、電波こそステレオで送出しているが、実際の音声はモノラル。鹿児島のコミュニティFM局(FMかのやの本局・FMきもつきの岸良向け中継局)と同じ。県域では前例があるのかどうか(ABSはステレオ化済み)。
      • もしかして、radiko非参加なのはマスターが対応できないとか技術的な理由・・・なわけはないか。
      • 2016年秋(予定)のラジオマスター更新で、ローカル番組はステレオ化するそうです。なお、番組自体は既にステレオに対応している(『松村邦洋のOH-!邦自慢』のネット局などで確認可能)
        • 『OH-!邦自慢』は外部の制作会社による番組なようで、ステレオなのは例外なようです・・・(別のKRY制作の番組を他局で聴いたら音楽部分もモノラルだった)
        • 2016年9月26日からローカル番組はステレオ化。全国ネットの生番組はモノラルのままです(こればかりはキー局と個別に回線を結ぶしかないので・・・)
    • 2016年度には萩と柳井にもFM中継局を設置予定。萩は元からAM中継局があるし、柳井は岩国局の電波が十分に届いていそうなものだが。
    • 2017年度は下関と岩国。将来的にはFM山口並に置局するらしい。
      • 同じFMの周波数で、同期放送できるシステムを開発したらしい。
        • FMの同期放送システムを初めて開発したのは対岸の局(RNB)で、ここが2例目らしい。
        • その関係か、このシステムを開発した会社(日本通信機)のCMがやたらと流れる。
    • 2018年12月に周防大島(テレビの東和局の場所)が開局し13局体制。お隣の広島FMと並んで、日本で最も多くFM送信所を持つ民放ラジオ局となってしまった。
      • そして2021年8月に豊田FM局を設置したことで、名実ともに最多のFM送信所を持つラジオ局となる。
    • 周防灘(瀬戸内海)側は92.3MHz、日本海側は86.4MHzに統一されている。お隣のRCC(94.6MHzのみ)程ではないが、わかりやすい。
    • 同期放送を行う副産物なのか、下関や岩国などいくつかの局はNHK-FMやFMYよりも高出力だったりする。
    • FMの豊浦局と豊田局、美祢局の送信条件がいいのか、本来下関局でカバーするエリアでも割と86.4でいけたりする。ワイドFM非対応なやや古めのカーラジオでもそのまま聴けて便利。
      • 特に豊田局が開局してから安定感がぐんと増した感ある。
  6. ラジオカーを廃止した数少ない放送局でもある。
    • 名前は「アロー号」。由来は多分サンフレッチェと同じ。
      • KRY本社周辺が徳山毛利邸跡地であり、ゆかりはあった。
  7. 一昔前のラジオ昼ワイドは「宇宙船かたつむり発進」。タイトルが謎。
  8. 『OH-!邦自慢』はネット番組でありながら、山口(とその周辺の)のディープなラジオネタが披露されることがある。
    • やきそばかおる氏がゲスト出演した回に至っては「ミーハークイズ」で盛り上がる始末。
      • 2003年に終了したKRYのラジオ番組の一コーナーの話を、2020年にする番組。
        • 番組サイトに「他県でお聴きの皆様すみません」とちゃんと書いてあった…。
          • 全国で考えたらリスナーの大半が、そんな番組聞いたことねえよ状態になるところではあるが、むしろそれが何故か面白くて仕方ない。まっちゃんの話芸の凄さを感じる。
    • その『OH-!邦自慢』、ネット局が着々と増えている。
    • 山口では本放送と再放送で週2回聞くことができるこの番組だが、実は大阪・京都・滋賀でもラジオ関西とKBSラジオでネット受けしている関係で週2回も聞くことができる。
  9. 安全運転を呼び掛ける10秒CMのBGMは、何十年経って変わらない。
  10. 2024年夏に事実上AMラジオを終了する。沖縄の極東放送→エフエム沖縄はコールサインも変わっていることから、純粋なFM転換としては日本初。
    • 結構早い段階からFM転換を公言していたとはいえ、2015年以前の車両もまだまだ現役の段階でのFM転換に踏み切るとは…。
  11. 夏の高校野球県大会の中継を1回戦から行っている。全国的にも珍しい。
    • プロ野球の中継も比較的熱心なほうだけど、リスナーが多いのか、単にKRY自体が野球好きだからなのか。
  12. 冒頭にもあるように、21世紀に入る頃までは一般リスナーも番組観覧ができた。
    • 1Fオープンスタジオから放送している番組だと、普通に観覧客をいじっていたり。
    • エフエム宮崎の『耳恋』もごく初期は見学可・客いじりありだったそうなので、この頃までは全国的にOKだったのかも。
日本テレビ系列

日本テレビ/BS日テレ 読売テレビ 中京テレビ
札幌テレビ 青森放送 テレビ岩手 ミヤギテレビ 秋田放送 山形放送
福島中央テレビ 山梨放送 テレビ信州 テレビ新潟 静岡第一テレビ
北日本放送 テレビ金沢 福井放送 日本海テレビ 広島テレビ 山口放送
西日本放送 四国放送 南海放送 高知放送 福岡放送 長崎国際テレビ
熊本県民テレビ (テレビ大分) (テレビ宮崎) 鹿児島読売テレビ
()はクロスネット

NRN

文化放送 ニッポン放送
北海道放送 STVラジオ 青森放送 IBC岩手放送 東北放送 秋田放送 山形放送
ラジオ福島 LuckyFM茨城放送 栃木放送 山梨放送 信越放送 新潟放送 静岡放送
北日本放送 北陸放送 福井放送 東海ラジオ MBSラジオ 朝日放送ラジオ
ラジオ大阪 京都放送 KBS滋賀 和歌山放送 山陰放送 RSK山陽放送
中国放送 山口放送 四国放送 西日本放送 南海放送 高知放送 KBCラジオ
長崎放送 NBCラジオ佐賀 熊本放送 大分放送 宮崎放送 南日本放送 ラジオ沖縄

JRN

TBSラジオ 北海道放送 青森放送 IBC岩手放送 東北放送 秋田放送 山形放送
ラジオ福島 山梨放送 信越放送 新潟放送 静岡放送 北日本放送 北陸放送 福井放送 CBCラジオ MBSラジオ 朝日放送ラジオ 和歌山放送 山陰放送 RSK山陽放送 中国放送 山口放送 四国放送 西日本放送 南海放送 高知放送 RKB毎日放送 長崎放送 NBCラジオ佐賀 熊本放送 大分放送 宮崎放送 南日本放送 琉球放送