山形の駅

提供:chakuwiki

日本の駅 > 東北 > 山形

保護解除
このページは、「LTAによる編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。


山形県にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

置賜[編集 | ソースを編集]

板谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:米沢市大字板谷

  1. 1990年まではスイッチバック構造の駅だった。
  2. ホームはスノーシェルターの中にある。
  3. 実は山形県最南端の駅。
  4. ここから庭坂駅までが長く感じる。民家も街灯も基本無いので、特に夜だと車窓が真っ暗で手持ち無沙汰。
    • 実際距離的にも14kmちょいあるので長い。

峠駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:米沢市大字大沢字峠

  1. 電車が到着すると、ホームに「峠の力餅」の売り子がいる。
    • 「つばさ」の車内販売で売っている「峠の力餅」とは全く別物。峠駅が本家である。なお安くて賞味期限が当日中なのが米沢の「峠の力餅」、賞味期限が3日間なのが本家の「峠の力餅」。パッケージは瓜二つ。
  2. ここを車で行くと途中の険道で軽く死ねる。さらに、この奥を20分ほど車で走って先に、滑川温泉と姥湯温泉という究極の秘湯がある。
  3. 4駅連続スイッチバックのうち通年停車駅はここだけになる。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

関根駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:米沢市大字関根

  1. (福島方面への列車の場合、)まだ辛うじて降りる人がいる。
    • ここから先は福島県内に入るまで乗客の顔ぶれはほぼ変わらない。峠駅でお餅買う人はいるけど。
    • ともあれ米沢駅より南の区間なので大して列車の本数は多くない。降りる人も多いわけではない。
  2. 駅前には小集落が広がり、商店なども存在している。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

米沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

よねざわ
米沢
Yonezawa
せきね
Sekine
おいたま
Oitama
中に入れば地平を新幹線が通ります。

所在地:米沢市駅前1丁目

  1. 米沢牛の駅弁が有名
    • 改札を挟んで両側に違う業者の売店が立っている。
    • 場所は一月おきに交代するそうだ。(売り上げを均等化させるため)
    • もっと頻繁に交代していますよ。(行楽シーズンだとほぼ毎日変えてるのでは?)
    • 評判の高まりもあってか、現在では割と多くの駅で売っているイメージ。
  2. 上りのつばさ自由席にはまず座れない。
    • 福島駅まで30分我慢すれば、ガラガラのMaxやまびこの自由席に余裕で座れる。
      • でもその前に「福島ダッシュ」が待っている。
    • 座れないどころか自由席車内に入れないため、指定席のデッキに誘導されることも。
  3. 最近Suicaが使えるようになった。
    • ただし新幹線限定。(在来線は使えない)
    • なぜか山形新幹線駅の中でSuicaが使える店が1番多い。(山形よりも…;)
    • 他の駅では自販機しか使えない駅もある。(例:高畠駅)
  4. 電化の幹線と非電化ローカル線の両方が通る駅の定めではあるが、米坂線は改札入って右奥の方に追いやられている。
    • 線路幅が違うからという面もあると思う。
  5. 駅舎は旧米沢高等工業学校をモチーフにしたモダンな見た目。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線) 米坂線
  • バス - 山交バス 米沢市市民バス レトロバス・マスコットくん レインボー号 オリオンバス

置賜駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:米沢市大字浅川字狐塚

  1. 地域名を冠する駅…だが至って普通の無人駅。
    • しかも両隣を新幹線停車駅に挟まれているせいで存在感が薄い。高畠は一部列車だけどさ。
    • 所在地名が「置賜」なわけでも、村山駅や最上駅みたいに地域名を冠する自治体にあるわけでもないし、なんでこの名前が付いたのかが気になる。
    • 「蔵王温泉に行きづらい蔵王駅」と似たようなものを感じる。
  2. 地域名同様「おいたま」か「おきたま」かで悩みがち。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

高畠駅の噂[編集 | ソースを編集]

た か は た
高 畠
Takahata
おいたま
Oitama
あかゆ
Akayu

所在地:東置賜郡高畠町大字山崎

  1. 「~温泉駅」ではないが、駅舎に温泉施設が併設されている。
  2. 山形新幹線ができる少し前まで「糠ノ目」駅だった。
    • 当時は今と逆に駅の西側に駅舎があった。
  3. 国鉄時代は特急どころか「津軽」など一部急行列車すら通過していた。
    • 山形新幹線の停車駅(山形以南)で、その祖先筋といえる特急「やまばと」が停車していなかったのはこの駅だけ。
  4. かつては高畠線が接続していた。
    • 当駅と高畠の市街地を結んでいた。今の高畠駅は町外れにある。
  5. 駅舎がお城のような個性的な見た目をしている。太陽館というそうな。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線)

赤湯駅の噂[編集 | ソースを編集]

赤 湯
あかゆ
高畠   中川
Takahata Akayu Nakagawa

所在地;南陽市郡山

  1. 山形鉄道との乗換駅にも関わらず2020年5月までページが作られなかった。
  2. 東口はドーム状の近代的な駅舎、西口はログハウス風の駅舎である。
    • 西口は山形鉄道の開業とともに使用開始されたもので、山形鉄道の窓口がある。
  3. 赤湯温泉の最寄り駅である。
    • 最寄りと言いつつも割と距離がある。しかもバスは一日3~4本の循環バスしかないという。
  4. 赤湯ラーメンの有名なお店龍上海はここからちょっと離れたところにある。
  5. 山形鉄道との乗り換え駅でもあるために跨線橋にも電光掲示板がある。

中川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南陽市小岩沢字前田

  1. 利用客は大してない無人駅にもかかわらず、朝と夕方は駅の中を頻繁に人が通り抜ける。
    • かわでんという会社の本社兼工場が駅前にあるが、道路事情からか従業員の駐車場が駅の反対側(国道寄り)にあるので、駅舎及び駅の跨線橋を通り抜けないと駐車場に行き来できないため。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

羽前小松駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東置賜郡川西町大字上小松

  1. 川西町の中心駅。
  2. 置賜農業高校の最寄り駅であるため利用者も比較的多い。
  3. ここにもねこ駅長がいる。
    • 但し第2・4日曜は窓口がお休みなので会えない。
  • 路線 - 米坂線

今泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:長井市今泉

  1. 米坂線と山形鉄道の乗換駅。
    • ただその割に駅前は閑散としている。
  2. ここから白川信号所までは米坂線と山形鉄道の共用区間となっている。
  3. 米沢方面への終電が19時30分前に終わってしまう。
    • 一応20時台まで走っている山形鉄道に乗れば赤湯で米沢方面に乗り換えることはできる。
  • 路線 - 米坂線 山形鉄道フラワー長井線
  • バス - 長井市営バス

羽前椿駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西置賜郡飯豊町大字椿

  1. ここで折り返す列車が多い。
    • この先から1日6往復しか走っていない。
  2. 学校の統廃合により利用者が減っている。
  • 路線 - 米坂線

小国駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西置賜郡小国町大字岩井沢

  1. 米坂線の中心駅。
    • 規模は小さいがみどりの窓口もあり運行する上では重要度の高い駅。
  2. 米坂線の終電は上下線ともにこの駅まで。
  3. 上りの最終が18時台である。
  • 路線 - 米坂線
  • バス - 小国町営バス

南陽市役所駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南陽市三間通

  1. 長井線の三セク転換と同時に開業した駅。
  2. 駅名の通り南陽市役所への最寄駅だが、利用者はあまり多くない。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線

宮内駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南陽市宮内

  1. 国鉄・JR時代の駅名は「宮内町」だった。
  2. 一時期無人駅となっていたが2010年から再度有人駅に。
    • その2010年から数年間、ウサギが駅長を務めていた。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線
  • バス - 南陽市市内循環バス

おりはた駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南陽市漆山

  1. 国鉄・JR時代の駅名は「西宮内」だった。
  2. 現在の駅名の由来は駅の近くを流れる織機川から来ている。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線

西大塚駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東置賜郡川西町大字西大塚

  1. 山形鉄道に飛び地のように存在する、唯一の川西町所属駅。
  2. 国鉄時代からある木造の駅舎が素晴らしい。国の登録有形文化財にもなっている。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線
  • バス - 長井市営バス

長井駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:長井市栄町

  1. 長井市の中心駅。今泉駅よりも賑わっている。
  2. 山形鉄道の本社がある。
  3. 三角屋根の駅舎が特徴的だったが解体されてしまった。ここに市役所の新庁舎を兼ねた新駅ができるとのこと。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線
  • バス - 山交バス 長井市営バス

あやめ公園駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:長井市幸町

  1. 沿線にある長井工業高校に通う通学生とPTAの請願によって2002年に開業した駅。
  2. 待合室は高校の生徒・職員・PTA・OBの手作り。
  3. 名の通り長井あやめ公園が近くにある。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線

四季の郷駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西置賜郡白鷹町鮎貝

  1. 比較的最近新設された駅。フラワー長井線の中だと一番の新顔。
    • そういうこともあってか、お隣鮎貝駅とは割と近い。
  2. 同じ路線のあやめ公園駅と違って、別に近くにそういう名前の施設があるわけではない。
    • どこからこの名前が来たのか?と思えば公募の結果らしい。
      • 候補には「鮎貝さくら」もあったらしい。こっちになっていたら間違いなく隣県のさくら駅とセットでネタになっていただろう。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線

荒砥駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西置賜郡白鷹町大字荒砥甲

  1. 長井線の終点。
  2. かつては左沢まで結ぶ計画があった。
  • 路線 - 山形鉄道フラワー長井線
  • バス - 山交バス 白鷹町営バス

村山[編集 | ソースを編集]

かみのやま温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

かみのやま温泉
かみのやまおんせん
羽前中山   茂吉記念館前
Uzen-Nakayama Kaminoyamaonsen Mokichikinenkammae

所在地:上山市矢来1丁目

  1. 「〜温泉駅」ではあるが、駅舎に温泉が併設されている訳ではない。
  2. 駅前の時計のデザインがなかなか洒落ている。
  3. 上山城が近くにある。
    • 駅舎のデザインも上山城モチーフ。
  4. 温泉街のホテルや旅館の利用客が利用する時間帯はもちろんのこと、近くに高校があるので通学時間帯はかなり混雑する。
  5. かつては「上ノ山」駅だったが、山形新幹線開業と同時に改称。ちなみにここが新幹線停車駅で初めてひらがなが使われた駅だったりする。
    • くりこま高原の存在を忘れてないか…?
  6. 東北一高いタワーマンションの最寄り駅だったりする。駅からも建物がよく見える。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線)
  • バス - 山交バス 上山市営バス

茂吉記念館前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:上山市北町字弁天

  1. もともとは北上ノ山駅。山形新幹線開業と同時に斎藤茂吉の記念館が近くにあることから改称された。
  2. 駅前に記念館以外の建物がないため、一見すると秘境駅っぽい。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

蔵王駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:山形市大字松原

  1. ここで降りても蔵王温泉へ行く交通手段がない。
    • 山形駅からバスに乗ることをおススメする。
  2. 東海大山形高校の最寄り駅。センバツに出た際にNHKの学校紹介で取り上げられていた。
    • 他にも東北文教大学の最寄り駅。近年は学生の利用客が増えている印象。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

山形駅の噂[編集 | ソースを編集]

山形
やまがた
かみのやま温泉   天 童
Kaminoyama-Onsen Yamagata Tendō
山形
やまがた
蔵 王   北山形
Zaō Yamagata Kita-Yamagata

所在地:山形市香澄町1丁目

  1. 上りつばさの自由席の行列はいつ見ても凄い。
    • 需要の割に供給があまりにも少ないのと、山形人は自由席志向が高いというのがその理由。
    • 自由席に座るのなら、山形始発のつばさに1時間以上並ぶというのは当たり前の感覚。
      • 新庄始発のつばさだと、山形からでは既に座れないことが多い。
    • 逆に座れない場合は、福島駅到着後に併結しているMaxやまびこの自由席へ移る。(通称福島ダッシュ
  2. 山形新幹線開業時に駅構内を改造したが、新庄延伸時に再改造した。
  3. 言わずと知れたご当地メロディ先駆けの駅。「花笠音頭」を発メロとして導入したのは1992年。蒲田行進曲より先。
    • 本来は車内チャイム用に製作されたが、東北新幹線のチャイムが統一されため、発メロに流用した説がある。
    • 途中で切られると萎える。
    • 一方で仙山線と左沢線のホームの発車メロディーは横浜線洗脳メロディーである。
  4. 「海苔屋のケンちゃん」と呼ばれた有名人が日中待合室に佇んでいたが、山形新幹線開業後姿を消したのがさびしい。
  5. 「べんとぉ~」って言ってる弁当屋のおじさんは、なんだか旅情をそそる。
    • 現在、駅弁は売店販売が主流だから、そのおじさんは貴重な存在である。
  6. 乗車客はなぜか10000人強。もっといてもおかしくはないが。ちなみに同じ東北だと仙台の長町や北仙台よりも少ない。
    • 仙山線が高速化し、仙台まで直通する列車の本数があれば利用者が増えていたかも。
  7. 山形駅の東口の通りは強い雨が降るとかなりの確立で冠水し川になる。
  8. 高速バスに乗る際TOKYOサンライズ号とレインボー号はここで待っていても乗れない。
  9. 一応suicaが使えるが、あくまでも仙台から来た仙山線利用者や新幹線利用者のためのものと化している。
  10. 近年西口はチェーンホテルが乱立するようになった。
  11. 西口にはきてけろくん(山形県のゆるキャラ)デザインの自販機がある。収益は山形県の観光振興に使われているらしい。

北山形駅の噂[編集 | ソースを編集]

北山形
きたやまがた
山形   羽前千歳
Yamagata Kita-Yamagata Uzan-Chitose

所在地:山形市宮町1丁目

  1. 昔は交番やバス路線があって駅前は賑やかだった。今じゃもう・・・
  2. 小便小僧が有名。近くの専門学校生がたまに着せ替えに来る。
  3. 朝は高校生で賑わう。その高校生が学校へ通うための自転車の無料駐輪場がある。
  4. ホームが多い。5面6線。1日に1回しか使わないホームも。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線) 左沢線 仙山線
  • バス - 山交バス

羽前千歳駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:山形市長町二丁目

  1. 仙山線の分岐駅にもかかわらず、ろくに駅舎もない無人駅。
  2. ホームから眺めると駅の北山形側の方にポイントがあるように見えるが、実は単に山形新幹線(奥羽本線)と仙山線が交差しているだけ。
    • 線路幅が違うので分岐できる訳がない。
    • なのにここで仙山線の列車が下り「つばさ」の通過待ちをさせられることがある。構造を知っていると逆に釈然としない気持ちになる。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線) 仙山線

南出羽駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:山形市大字七浦

  1. かつては数えるほどしかいなかった利用客が中央病院が移転してから急増した。
  2. ホームと駅舎の間に不自然なスペースがある。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

天童南駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:天童市大字北目

  1. サッカー場から一番近くなった。
  2. 屋根がなかったらホームだけという簡素さ。でも6億円かかったらしい。
  3. 県内では羽前前波駅以来の新駅。
  4. 目の前にイオンモール。まさにイオンのための新駅。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

天童駅の噂[編集 | ソースを編集]

天 童
てんどう
天童南   乱川
Tendō-Minami Tendō Midaregawa

所在地:天童市本町一丁目

  1. 天童市の代表駅ということもあり新幹線「つばさ」が停まる。
  2. 将棋の資料館が駅ナカにある。
    • 駅の時計も将棋の形をしている。
    • アニメ「3月のライオン」とコラボしたポスターがある。
  3. 山形発の下り最終列車はこの駅止まり。
  4. 冬至の日にはキャンドルライトで駅前一面が照らされるらしい。
  5. 駅舎デザインは将棋駒をモチーフにしているらしい。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)
  • バス - 山交バス 天童市市営バス オリオンバス

乱川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:天童市大字乱川

  1. 待合室のデザインがなんかスタイリッシュ。
    • 割と最近に新築されたものらしい。以前はよくある感じの古い待合室だった。
  2. 駅を境に東側は住宅街、西側は農地(果樹園?)が広がっている。ので、駅の東西で結構景色が違う。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

神町駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東根市神町中央一丁目

  1. ”かみまち”駅ではない。
  2. 駅舎がリニューアルされこじんまりとしてしまったが、JIMMACHI STATIONの表記は受け継がれた。
  3. 山形空港が近い。がここから歩くには結構遠い。
  4. 東根(→さくらんぼ東根)駅ができる前までは東根市の玄関口として特急も停車していたが、実はかつて天童市(の飛び地)に存在した。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

さくらんぼ東根駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東根市さくらんぼ駅前一丁目

  1. 山形新幹線延伸に伴って蟹沢駅を移設して作られた駅。
  2. 最近新しい学校が出来たため利用者が増えている。
  3. 駅前の銅像にはさくらんぼが飾られているが、度々盗難に遭っている。
  4. 一応河北町の最寄駅でもあるため、駅前の顔はめパネルには東根市のそれに並んで河北町のゆるキャラもいる。
  5. 東根市のスタンスと違わずさくらんぼ推しの強い駅。
    • 所在地名を見て貰えばわかる通り、所在地が「さくらんぼ駅前」である。すごい地名だ。
    • 駅舎外観には複合施設の名称である「さくらんぼ タント館」の文字がデカデカと掲げられており、駅名の「さくらんぼ東根」よりも存在感を放っている。
    • 駅構内にも東根のさくらんぼをアピールする幕が複数掲げられている。
  6. 駅前の小さな公園にはさくらんぼが植えてある。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線)
  • バス - 山交バス 東根市市民バス 河北町路線バス

東根駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東根市宮崎3丁目

  1. 「さくらんぼ東根」が出来てから一気に寂れた。
    • だだっ広い待合室がそれを物語る。
  2. 駅前に「くだものえき」という永久に列車が来ない駅がある。
  3. 東根温泉はここから行くのが近い。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

村山駅の噂[編集 | ソースを編集]

村 山
むらやま
東根   袖崎
Higashine Murayama Sodesaki

所在地:村山市楯岡新町一丁目

  1. 山形新幹線が来るまでは楯岡駅だった。
  2. ここで折り返す列車もあるが、山形発の下り終電が天童まで短縮されて来なくなった。
  3. どでかい大わらじが展示されている。
  4. 3月になるとたくさんの雛人形が展示されているらしい。
  5. ここの駅そばが全国で3番目にうまい駅そばらしい。
    • 他にも焼きそばやフランクフルトも取り扱っているが、そばも含めて全てほぼワンコインで済む。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線)
  • バス - 山交バス 村山市営バス

大石田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北村山郡大石田町大字大石田乙

  1. 駅前の雰囲気を見てとてもじゃないけど新幹線が停まる駅とは思えないくらい閑散としている。
  2. 一応尾花沢市の最寄り駅。とともに銀山温泉もここで降りる。
    • 元々は山形交通の鉄道路線が接続していた。
  3. 駅舎上部は階段状になっている。展望スペースっぽいのもあるし、登れるのかな?
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線)
  • バス - 山交バス 尾花沢市営バス

北大石田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北村山郡大石田町大字鷹栖

  1. 「大石田」の名を冠するが、尾花沢市との境目みたいな場所にある。
    • 実際尾花沢市の野黒沢地域の住民にとっては、(鉄道需要があるのかはさておき)最寄り駅となっている。
  2. 駅自体はホームに待合室がポツン、という山形線の他の無人駅とあまり変わらない感じ。
    • 強いて言うなら山形線の無人駅の中でも質素な方だろうか。駅舎無いし。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

芦沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:尾花沢市大字芦沢

  1. 一応尾花沢市にある。
  2. 道の駅尾花沢が近くにある。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

山寺駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:山形市大字山寺

  1. 立石寺の最寄り駅であり快速も停まる。
  2. 山形では数少ないsuicaが使える駅。
  3. なぜか早稲田大学の入試に使われたことがある。
  4. ホームが1面しかない上そこまで広くないので、紅葉シーズンなど利用客の多い時は結構混む。
    • その上仙台方面と山形方面の列車がほぼ同時刻に発車することもあるので、慣れない人の誤乗車を防ぐためか仙台方面には七夕飾りが、山形方面には花笠が描かれた看板が大量に設置されている。
  5. 立石寺が描かれた特別仕様の駅名標が置かれている。
  6. 展望スペースが設けられており、立石寺方向を望むことができる。
    • 眺めは悪くはないんだけど、正直五大堂からの眺めを経験した後だと景色がだいぶしょぼく見えるという…
  • 路線 - 仙山線

羽前山辺駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東村山郡山辺町大字山辺

  1. ”やまのべ”町の”やまべ”駅。
  2. 2019年から無人駅になった。
  • 路線 - 左沢線
  • バス - 山交バス 山辺町営バス

羽前長崎駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東村山郡中山町大字長崎

  1. 西口を作るために交換設備を撤去した。
  2. 山形県野球場の最寄り駅。プロ野球開催時はそれなりに混む。
  3. ここが長崎駅でその隣が羽前金沢駅である。
  • 路線 - 左沢線

寒河江駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:寒河江市本町一丁目

  1. 左沢線の中心駅。ここ発着の列車も多い。
  2. 駅前にさくらんぼのモニュメントがある。
  • 路線 - 左沢線
  • バス - 山交バス 天童市市営バス 西川町路線バス

羽前高松駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:寒河江市大字八鍬

  1. 最近駅舎が改装された。
  2. 山形交通三山線が接続していた
  • 路線 - 左沢線
  • バス - 西川町路線バス

左沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西村山郡大江町大字左沢字前田

  1. 左沢線の終着駅。
  2. 駅舎がとんがり屋根なのが特徴。
  • 路線 - 左沢線
  • バス - 山交バス

最上[編集 | ソースを編集]

舟形駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡舟形町舟形

  1. 観光物産センターと一緒になった駅。
    • ただ肝心の駅は無人駅である。
  2. 山形新幹線開業で中線が撤去された。
  • 路線 - 奥羽本線(山形線)

新庄駅の噂[編集 | ソースを編集]

新庄
  しんじょう 升形
南新庄 Masugata
Minami-Shinjō Shinjō 泉田
Izumita
新庄
しんじょう
舟形  
Funagata Shinjō

所在地:新庄市多門町

  1. 日本一マイナーな新幹線の終着駅。八戸はまだ先に延びるが、ここはもう先に進みようがない。
    • 進むばっかりが人生じゃないさ。
    • でも、階段を上らず新幹線に乗れる。バリアフリーの最先端。
    • 山形県民は庄内延伸、秋田県民は大曲延伸を望んでいる。しかし羽越線高速化のほうがよっぽど現実的。
    • 最上だからこれ以上の北上が出来ないの?
    • 湯沢や横手や大曲は奥羽線改良なのでわかるが、酒田へは陸羽西線を改良するらしいようだ。
      • 最も酒田や鶴岡辺りなら山形新幹線延長より羽越線高速化して新潟駅まで直通させた方が東京へのアクセスに関しては便利だと思う。新潟駅の特急ホームが高架され、新幹線と羽越線特急とのアクセスが向上したから尚更。
  2. 改札内に階段がないため、どのホームに行くにも平面移動で済む。
    • 新幹線乗換改札口すら無い。
  3. 駅前の「急行食堂」は有名。
    • 天国ラーメン、地獄ラーメンというメニューに興味をそそられた。
  4. 新幹線を持ってくるために、山形から新庄までの間に駅の分の駐車場を3000台分確保がJRからの条件を、よその駅があまりつくらなかったため(負担分もかなり新庄にしわ寄せ)新庄が半分ぐらいをつくり今の借金財政に落ちた。
  5. 無駄に広く、無駄な付帯施設もある。
  6. 5番線は陸羽東線の列車が発着しているが、実は線路が北へ延びているので、奥羽線秋田方面や陸羽西線に直通(しようと思えば)できるらしい。しかし利用実績はない?
  7. 「最上広域交流センターゆめりあ」が併設されている。
    • 広いスペースに大きめの机が沢山設置されているので、地元学生がよく自習している。
  8. ここから大曲駅まで新幹線を直通させれば秋田市民は秋田新幹線(盛岡駅〜大曲駅経由)より便利になると思うような…。
    • 特に横手や湯沢辺りは…。
  9. 最上地域の交通の結節点であるためか、売店には新庄市以外の最上地域の名産も並んでいる。
    • 実際陸羽東線・陸羽西線が伸びるだけでなく、鉄道のない大蔵村からも村営バスが来ている。鉄道駅があるはずの鮭川村からも来ている。
  10. 山形新幹線のホームには「新庄は、かなりソバである」という蕎麦の宣伝メッセージが掲示されている。
  11. 米沢駅名物の「牛肉どまん中」がここのNEWDAYSでも売っていた。しかも3種類くらい。
  12. 西口の木みたいなモニュメントが目立つ。山形新幹線開業記念でできたらしい。
  • 路線 - 山形新幹線 奥羽本線(山形線) 陸羽東線 陸羽西線
  • バス - 山交バス 新庄市営バス 鮭川村営バス TOKYOサンライズ号 特急48ライナー

羽前豊里駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡鮭川村大字石名坂

  1. 鮭川村唯一の駅だが、村の中心部からは結構離れている。少し北に行けばもう真室川町、というような位置。
    • そもそも奥羽本線自体、村の北東部をなぞっていく感じ。
  2. 豊里駅仲間が右隣の県にいる。そっちも◯前豊里駅だし。
  3. 駅前のバス停は単に「豊里駅前」だったりする。
  • 路線 - 奥羽本線
  • バス - 鮭川村営バス

真室川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡真室川町大字新町

  1. 一見するとお寺っぽい駅舎。
  2. ここから秋田方面へ行く列車が結構少なくなる。
  • 路線 - 奥羽本線
  • バス - 真室川町路線バス 鮭川村営バス

大滝駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡真室川町大字大滝

  1. 停車していた急行津軽が土砂崩れに巻き込まれたことがある。
  2. 近くにあった及位中学校は通学に使う中学生のために朝7時30分始業になっていた。
  • 路線 - 奥羽本線
  • バス - 真室川町路線バス

及位駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡真室川町大字及位

  1. 西の横綱と並ぶ難読駅名の一つである。
  2. 駅名が×××である。
    • 駅名が×××なのはもちろん、駅から出てる真室川町のバスの行き先、中の股も…×××やな。
  3. 仙台支社と秋田支社の境界駅である。
  • 路線 - 奥羽本線
  • バス - 真室川町路線バス

堺田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡最上町大字堺田

  1. 駅前に分水嶺がある。
    • 湯けむり号ではご丁寧に紹介アナウンスまでしてくれる。まあ当の湯けむり号は堺田駅をすっ飛ばして行くんだけど…
  2. 松尾芭蕉が泊まったとされる旧有路家住宅の最寄り駅。
  • 路線 - 陸羽東線

赤倉温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡最上町大字富澤

  1. 山形新幹線新庄延長と同時に、羽前赤倉駅から改称した。
    • 赤倉温泉というと新潟県の方が有名(急行列車の名前にもなっていた)。だから他に「赤倉駅」もないのに「羽前」を冠していた筈なのに、いきなり「赤倉温泉」に変えて新潟の方からクレーム等はなかったのだろうか?
  2. 赤倉温泉へはかなり遠く、徒歩では厳しい。
    • 以前はこの駅経由で温泉へ行く町営バスがあったのだが、廃止されてしまい今は送迎でも頼まない限り足が無い。
  • 路線 - 陸羽東線

最上駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡最上町大字向町

  1. 最上町の中心駅。
  2. 駅名が変わったのはつい最近。それまでは羽前向町駅だった。
  3. 実は日本初の公民館併設駅らしい。
  • 路線 - 陸羽東線

瀬見温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡最上町大字大堀

  1. ここも山形新幹線新庄延長と同時に瀬見駅から改称した。
    • 同時期に交換設備が撤去された。
  2. こちらは瀬見温泉の旅館街まで徒歩10分で行ける。
    • 瀬見温泉は義経弁慶伝説の残る温泉で、温泉街までの道も「義経通り」。
  • 路線 - 陸羽東線

長沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡舟形町長沢

  1. ここと東長沢駅は鉄道だけで見ると舟形町の飛び地。
    • 舟形町営バスも乗り入れていた。廃止された今も何故かバス停が残っている(2023年現在)。
  2. 今では交換設備は撤去されているが、かつては堺田とともに陸羽東線では珍しい相対式ホームの駅だった(他は島式)。
  • 路線 - 陸羽東線

南新庄駅の噂[編集 | ソースを編集]

ホーム前を新幹線が通過

所在地:新庄市大字鳥越

  1. 陸羽東線の線路と並行して奥羽本線(山形新幹線)の線路もあるが、奥羽本線側はホームがないのでスルー。
  2. ホームがカーブしているうえ、奥羽線の線路との間に架線柱が無いので、ホームが「つばさ」等奥羽線側列車の格好の撮影ポイント。
  • 路線 - 陸羽東線

古口駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:最上郡戸沢村大字古口

  1. 陸羽西線の中間駅で唯一列車交換ができる。
  2. 最上川の舟下りの最寄り駅。快速「最上川」も停車する。
  3. 最近駅舎が改装された。
  • 路線 - 陸羽西線

庄内[編集 | ソースを編集]

鼠ヶ関駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鶴岡市鼠ケ関乙

  1. 新潟県との県境が近くにある。
    • そのためここで折り返す列車も多い。
  2. かつて急行「月山」が発着していた。
  • 路線 - 羽越本線

あつみ温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鶴岡市温海戊

  1. 温海温泉の最寄り駅。
  2. 特急「いなほ」はもちろん「TRAIN SUITE 四季島」も停まる。かつては寝台特急も停車していた。
    • 四季島が来るに至って駅舎が改装された。
  • 路線 - 羽越本線

羽前大山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鶴岡市大山一丁目

  1. 一応、加茂水族館と直線距離にして近い。
    • ただ、交通手段がない。
  2. 駅裏にTDKの工場がある。
  • 路線 - 羽越本線
  • バス - 鶴岡観光ぐるっとバス

鶴岡駅の噂[編集 | ソースを編集]

鶴 岡
つるおか
藤 島   羽前大山
Fujishima Tsuruoka Uzan-Ōyama

所在地:鶴岡市末広町

  1. 実は両隣の駅間は単線。
    • そのため、それぞれの駅間に信号所が存在。
  2. 以前は庄内交通湯野浜線と接続していた。
  3. 一昔前は駅周辺の放置自転車が多かったが、近年ではだいぶ減ってきている。
    • 行政の努力もあるが、やはり駅前ジャスコ閉店と少子化が大きな要因と思われる。
  4. 一日一往復だけ交流車両がくる。
  5. 最近駅舎が改装され居酒屋の「日本海庄や」もできた。
  • 路線 - 羽越本線
  • バス - 庄内交通 鶴岡観光ぐるっとバス O.T.B.ライナー キラキラ号

藤島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鶴岡市上藤島字鎧田畑

  1. 旧藤島町の中心駅。
  2. 庄内農業高校の最寄り駅。
  3. 駅舎がリニューアルされ周りもかなり変わった。
  • 路線 - 羽越本線
  • バス - 庄内交通

余目駅の噂[編集 | ソースを編集]

余目
  あまるめ 西袋
北余目 Nishibukuro
Kita-Amarume Amarume 南野
Minamino

所在地:東田川郡庄内町余目字沢田

  1. 旧余目町の中心駅。
  2. 特急列車は寝台を除いて全て停車する。
    • でも、寝台特急あけぼのは、寝台急行というべき、恐ろしい停車駅の数である。もちろん、余目にも停車する。
  3. 陸羽西線はこの駅で分割だが、ほとんどの普通列車は酒田駅始発。
    • 分割?「当駅が分岐点だが」じゃないの?
  4. 何もない駅だが、かつて周辺に天然温泉があった。
  5. 駅舎上に「ドップラーレーダー」を設置した。
  6. 駅舎には待合用の椅子とお土産屋しかなく狭い。
  7. 映画「おくりびと」のロケ地の一つがここの4番線らしい。
  • 路線 - 羽越本線 陸羽西線
  • バス - 庄内交通 庄内町町営バス 夕陽号

砂越駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:酒田市砂越字蛇尾

  1. 旧平田町の中心駅。
  2. ホームにブロンズ像が設置してある。それしか特徴がない。
  • 路線 - 羽越本線
  • バス - 庄内交通 酒田市福祉乗合バス

酒田駅の噂[編集 | ソースを編集]

酒田
さかた
東酒田   本楯
Higashi-Sakata Sakata Mototate

所在地:酒田市幸町1丁目

  1. 山形新幹線がここまで延伸されるらしい。
    • 絶対されない!!
    • これはJRの支店問題では山形県でも内陸は仙台支店、庄内は新潟支店。酒田と鶴岡は仲が良くないだからこんなねじれに…
      • 支店じゃなくて支社ね。
      • しかもこの駅を境に、北は秋田支社に切り替わる。
    • 対東京の最速ルートは上越新幹線・新潟経由。しかし最速列車でこそ3時間台だが、大抵は4時間半くらいかかる。
      • だから鶴岡ともども空路の方が早く、庄内空港が繁盛する。東北で航空有利なのはここと秋田だろう。
      • 近く新潟駅で「いなほ」と「とき」の対面乗り換えが実現するが、FGTへの布石となるだろうか。
  2. 米沢には自動改札が無いのに、なぜか酒田にはある。
    • よくお年寄りがひっかかるけどね…
    • これは新幹線が通ってないから、米沢・新庄は在来と新幹線の共通の改札だから。
  3. 列車接近時に、岸洋子「夜明けのうた」のメロディが流れる。
  4. かつてこの駅に茶店があって旨いササニシキのおにぎりが買えた。今はバブリーなシニア相手と思しきお土産物屋に変わってしまった。
  5. 某絵本を見て釜飯弁当を食べに行ったけどなかなかおいしかった。廃業は残念。
  6. 魅惑の0番線ホーム。
  7. かつては上野・大阪・仙台・山形に向かう優等列車が多く発着し、車両の配置もあり、にぎわっていたのだろうが、仙台・山形方面は高速バス、東京へは飛行機が主流になり、冬場は運休続出し、利用者は減少。駅前も長いこと再開発が進まない。何とか復活してほしいものだ。
  8. 夜行バス「夕陽号」に乗るにはここから少し歩く必要がある。

遊佐駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:飽海郡遊佐町遊佐字南田筋

  1. 特急「いなほ」が停まる。
  2. 駅の近くにご当地カレーの「遊佐カレー」を出すお店がある。
  • 路線 - 羽越本線

吹浦駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:飽海郡遊佐町吹浦字上川原

  1. 酒田方面への始発列車がある。
  2. この辺りから再び日本海沿いを走る。
  • 路線 - 羽越本線

狩川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東田川郡庄内町狩川字今岡

  1. 交換設備が撤去されたものの、今でも枕木が残っている。
  2. 開票当時の駅舎が今も残っている。
  • 路線 - 陸羽西線

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

  1. 山形県内でも多くの駅が東北本部(旧・仙台支社)管内に属するため、同管内タイプの写真入り駅名標がある。